つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

テーブル修理

 ”テーブル”修理の依頼を貰いました。
応接セットにでも付いていたテーブルでしょうか、折り畳み式の”ローテーブル”です。
和室でも洋室でも合いそうな洒落たデザインです。

 10年程前に購入した様ですが、次第に足がガタガタとなり今では怖くて使えなくなったそうです。
安物なので捨ても良いと思ったそうですが、重くて(10kgもあります)処分するのも大変で、デザインは気に入っているので出来れば修理して使いたいとの依頼です。


テーブル修理 (7)
<修理前ローテーブル>


 折り畳みの脚は4本共グラグラしていて、手で強く引っ張ったところ簡単に抜けました。
脚は細い”ダボ”2本で横木と接着固定されていて、しかも接着剤の形跡がほとんどありません。
そもそもテーブルの脚で、それも折り畳み式の”片持ち脚”をダボ2本で接合固定する構造そのものに呆れてしまいました。(立派な欠陥家具です)

テーブル修理 (1)
<脚構造>

 流石中国製 !
元々の設計図では強度のある”ホゾ構造”だったのかもしれませんが、”ダボ構造”でも接着してしまえば外観上は全く同じに見えますから手抜き作業であっても分かりません。(マンションの杭打ちと同じですね)
たぶん受け入れ検査もズサンだったに違いありません。(こちらも大手ゼネコンと同じですね)
中国製品には良くある事です。(ちょっとの手間で長く使える物が出来るのですが、中国製はそこがダメですね・・・日本製でも杭打ちと同じで安心できませんが)

 おまけにこの折り畳み金具の使い方に疑問を感じました。
脚を直接金具で固定したほ方が強度的に安定すると良いと思いますが、わざわざ”横木”を固定するようになっています。
その為に脚の天板と接触する部分は微妙な角度が付けられて複雑な加工が必要となっていました。
理解に苦しみます。・・・??


 さてこの手の修理ではやることは単純で基本通りやるだけなので、早速取り掛かりました。
”ホゾ構造”にしました。
脚はそのまま生かしてホゾ穴を追加工し、新規に横木を作って嵌め込みます。


テーブル修理 (2)
<治具製作: 先ずホゾ穴加工部を水平とする為、端材で脚の曲線に合わせた固定治具(受け台)を作ります>


テーブル修理 (3)
<脚の追加工: ボール盤に”角ノミアタッチメント”を取り付けてホゾ穴加工>


テーブル修理 (4)
<横木ホゾ加工: テーブルソー+テノン治具使用>

テーブル修理 (5)
<新規横木: テーブルソー用治具使用(地獄ホゾです)>


 こんな時は手加工のスキルがないので、何時も機械加工です。
ホゾ穴はボール盤に取り付けた”角ノミアタッチメント”で掘り、手ノミで仕上げました。
横木は端材をビスケットジョイントで接合、ホゾはテーブルソーと”ホゾ加工治具(テノン治具)”を使いました。

 脚の組み立ては更なる信頼性向上の為、接着補強しました。
この構造なら軽く100年は使えると思います。(?脚だけは)

テーブル修理 (6)
<脚修理完了: 見た目修理前と同じです>


 ただこのテーブルの”折り畳み金具”は最悪で、精度が悪く大きなガタがあります。
折角強度のある脚を作ったのですが、この金具のお蔭でガタガタです。(購入当初からガタがあったそうです。通販で買ったので確認できなかったとの事・・・結局騙された様な物ですね)
この金具ではどうしようもありません。
設置してから脚を両側に押し開くようにして使うのがコツです。(ガタ詰めです・・・これで何とか使えます)
依頼者にも使用方法(コツ)を説明しました。

 「使ってみた結果で脚の折り畳みが出来なくても良ければ、確り固定する方法もありますから言ってください。」という事にしました。


2015.10.31
関連記事

”押し切り”改造

 前に試作した”ヤーコン茎茶”が思いの外飲み易いので、本格生産の検討をしていました。

 ヤーコンの茎は思った以上に堅く、前回フードプレセッサーで粉砕しようとしましたが、機械がまったく受け付けませんでした。
そこで結局包丁で1本1本切り刻むことになったのですが、これが思っていた以上に大変でした。
今回この何倍もの量を切り刻まないといけないので、方法(改善策)を検討していました。

 
 その結果、”押し切り”を使う事にしました。
この押し切りは奥さんの実家で、昔養蚕の桑の葉(枝)を切っていた物です。
何時の時代の物か分かりませんが、使われなくなって少なくても50年位は経過している代物です。


a-押し切り
<押し切り: 流石50年の埃が積もっています>


 押し切りは昔から非常に危険な刃物で、良く指を切った話を聞きました。
そこで安全性の配慮と、前の試作で幅5mm位の輪切りにするのが乾燥する上で有利になるので、それを考慮した改造をしてみました。


a-改造後
<改造後の押し切り: 刃には焼が入っていないのでドリルで簡単に穴明け可能でした>


 この”改造押し切り”で茎の輪切りを行ってみましたが、包丁の20倍以上(疲労度込み?)の加工時間で完了できました。
流石道具です!!

 これを今”干し網”に入れて天日乾燥しています。
この工法だと”ヤーコン葉”より簡単にお茶を作ることが出来そうです。


a-ヤーコン茎茶
<押し切りを使った茎の輪切り>


 ようやく”ヤーコン茎茶”の製造方式の技術確立が出来たのですが、肝心のヤーコンは先日の大霜のお蔭で枯れてしまいましたので、今年はこれが最初で最後となってしまいました。
残念ながら本格生産は来年のお楽しみです。


2015.10.29
関連記事

柿簾(すだれ)

 一気に寒くなってきました。
昨日朝の最低気温は1.4℃でした。
慌てて石油ストーブを使い出しました。


 この季節毎年”渋柿”を頂きます。
今年は新規1軒含め2軒から頂きました。
・・・と言うより押し付けられたのですが、嬉しいい悲鳴です!!


干柿2015 (1)
<頂いた渋柿の一部>


 早速干し柿作りを行いました。
干柿に使う紐は使い回しをしていますが、昨年はどこかにしまい忘れて急遽新しい紐を作って使いました。(ホップ棚の紐と同じものを使っています)
今年は頂いた柿が多かったので、昨年作った紐とそれ以前の紐も合わせて全て使い切りました。
例年の倍位あるという事でしょうか?



干柿2015 (2)
<青空に映える干し柿・・・秋ですね!!>



2015.10.27
関連記事

モバイルルーター使用結果

 ”モバイルルータ”の使用報告です。
前に投稿したLTE通信出来るモバイルルータの購入以来、外出時には何時も携帯して様々な環境で使っています。


携帯ケース
<携帯用ケース: 昔のPCソフトケースですが、ぴったんこ入りました>


 アンテナ1本の受信環境でも問題なく使えます。
普通のWEB検索では全く違和感なく使えます。(モバイルルーターを使っている感じは有りません)

画像検索でもほとんど違いは感じませんが、データ量の大きな画像では、少し遅いと感じることもありますが、ストレスはほとんどありません。
それでも動画はしんどくて時々データー待ちの停止時間がありますが、我慢できないほどではありません。


 今回このブログもモバイルルータ+ノートPC経由で投稿してみましたが、画像編集等を含めて全くストレスなく使う事が出来ます。
以上、普通に使うのであれば全く問題無く使えると思います。
これは購入前に想像していた以上に快適なPC環境です。

 という事は、フリーメールだけを使うことにすればプロバイダー契約も要らないのかもしれませんね。
月額で払っている結構な料金が不要でモバイルルーター購入の元が取れる?・・・バンザイ

これは少し気が早いと思いますので、もう少し研究してみたいと思います。


2015,10,25
関連記事

自作スモークウッド(完成型)でのスモーク結果

 先日投稿した”自作スモークウッド”を実際に燻製作りで使ってみた結果です。

 『スモークウッド専用チップ製造機(マイタソー)』を使って作った”最終形態のスモークウッド”でスモ-クチーズ作りを行いました。
使ったスモークウッドの樹種は”桜”です。
スモークウッドの重量は250g。

スモークウッド燃焼 (1) <点火時>


スモークウッド燃焼 (2) <2時間後>


 これまでの自作スモークウッドでは着火に苦労していて、どうしても途中で立ち消えが発生するので再点火回数が大体数度、少ない時でも3回くらいは行っていましたが、今回は1度の点火で最後まで燃焼しました。
粒子サイズが小さい(微粉サイズ)ので、燃焼性能が飛躍的に向上したと思われます。
更に最初からスモークの発生量は非常に多く、市販品より良好でした。
その為燃焼時間は3.5時間でした。(市販品は4~5時間)

 前のチェンソー加工のチップサイズでは燃焼時間が5~6時間でしたから、”チップ粒子サイズの調整”で、スモーク発生量と燃焼時間の調整が出来ると思います。(粒子が大きければ燃焼時間が長く、細かいと短い)
ただチップ粒子サイズの変更には、チップソーの歯数又は回転数を変えないといけないので、これはちょっと実現困難です。


 最終形態の”スモークウッド”の評価結果 ・・・ 二重丸です。


 スモーク発生量(発生密度)が高い影響か、香りが高く酸味が効いた私好みのスモークチーズに仕上がりました。
燻製としては本来大人しいハズの”桜”でこの状況ですから、”楢”を使えばよりパンチが効いたスモークが出来るのではないかと思っています。
これは楽しみです。


2015.10.23
関連記事

最新コイン精米機

 玄米の精米で”7分搗き”の出来るコイン精米機を見つけました。

 我が家は”8分搗き”の玄米を常食としています。
WEB情報によると、玄米は7分搗きが扱いやすく美味しいとの事です。
しかし近所にあるコイン精米機はどれも”8分搗き”か”5分搗き”かの2種類しか出来ない機種です。
調べると世の中にはもっと細かく分搗き出来るコイン精米機があるとの事で、捜していました。

 
 それが隣町を走っていた時、最近建てられたピカピカのコイン精米所が目に入ったので立ち寄ってきました。
そうしたらこの機械は、玄米では”1,3,5,7分搗き”が出来、白米では”無洗米”も出来る最新鋭機でした。(これまでとはメーカー違いです)
又”籾米”からでも任意の玄米が出来る様になっています。・・・機械も進歩していますね!

利用料金は同じです。
そこで後日早速玄米を持ち込んで精米してきました。


七分搗き (1)
<最新鋭のコイン精米機>

七分搗き (2)
<玄米は7、5、3、1分搗き、白米では標準、上白、無洗米が任意に選択出来ます>




 これまで使っていた機械は、籾と玄米を自動識別する機械ですが、センサーの具合が悪く硬貨を投入しても玄米を(籾も)正確に認識しない場合の方が多いです。
そんな時は払い戻しレバーでコインを一旦取り出し、再度投入することを数回繰り返してやっと認識して精米出来ると言った苦労がありました。(・・・このへそ曲がり機械の性格(性能)を知らない人は、途方に暮れるのではないかと思います)
しかし今回のコイン精米機は、籾と玄米をボタンで選別する様になっています。(たぶん認識センサーもあるのだと思います)
おまけに精米時間もこれまでの機械の半分位で非常に高速でした。

 今回念願の”7分搗き玄米”にしてきました。
外観的にはこれまでの8分搗きと区別が出来ません。(当然)

 食味は・・・?

 どうも我が家では、これまでの8分搗きの方が良さそうです。(・・・炊飯器が悪い?)
5分搗きも人気が無く、大分前に精米したままで中々減らないので、再度精米し直すことになりそうです。


2015.10.21
関連記事

『大菩薩嶺』登山

 所属する山岳会の月例山行で山梨県の『大菩薩嶺(2056.9m)』に登って来ました。

 日本列島全体が連日移動性高気圧に覆われている関係で、雨の心配が全くない山行となりました。
この安定して気圧配置のお蔭で、快晴無風の絶好の登山日和で、紅葉の山を堪能出来ました。


 大菩薩嶺 (1) 大菩薩嶺 (6)

<紅葉の登山道>

大菩薩嶺 (2) 大菩薩嶺 (3)

<富士山>


 東京に近く、自家用車やバスで標高1590mの上日川峠まで簡単に入ることが出来るということで、紅葉シーズン終盤のこの日大勢の登山客で賑わっていました。(我々もマイクロバスで入りました・・・参加者16名)
平日なので相変わらず高齢者グループが大半ですが、若い人のグループも多く、”登山ブーム”は続いている様です。


 上日川峠→大菩薩峠(1897m)→大菩薩嶺ー(唐松尾根)→上日川峠 の周回コースでしたが、登山道も良く整備されていて、特に危険箇所はありません。
登山客が多いので、すれ違い、追い越し(追い抜かれ?)が少し煩わしい程度です。(・・・多分昨日の日曜日はもっと大変だったと思われます)


 中でも大菩薩峠から大菩薩嶺までの稜線歩きは、振り返ると終始富士山が見られる非常に快適な山歩きでした。
特に山頂が冠雪した富士山をバックに紅葉が見られた最高の山行となりました。
こんなに好条件が揃った山行はめったにないものです。
・・・多分リーダーが良かったのだと思います。(そういう事にしておきましょう!・・・リーダーは私ではありません)


大菩薩嶺 (5)
<本日の参加メンバー: 雷岩で>


2015.10.19
関連記事

買い物行脚(その3)

 山梨県甲斐大泉周辺のパン屋巡りに行ってきました。

 ここは先月の大型連休明けの月曜日に1度同じ目的で行ってきたのですが、目的のパン屋はことごとく、”連休明けの為臨時休業”、”月曜日休業”等で閉まっていて購入できませんでした。
そこで今回再チャレンジです。


 この甲斐大泉周辺は狭い範囲に所謂”手造りパン店”が林立している地域です。
それと何れも別荘地内の細い道の途中に有って、非常に分かりずらい場所にあります。(ナビでも中々困難です)
本当の意味で”林立”ですね。
その代り、何処も味は素晴らしく、遠征する価値の十分ある処だと思います。

 今回廻ったパン店

甲斐大泉 パン店 (1) <バックハウス・ インノ>

甲斐大泉 パン店 (2) <コンプレ堂  >


甲斐大泉 パン店 (3) <くのパン>


甲斐大泉 パン店 (4) <おいしい学校・パン工房: パン工房はこの横の廃校の建物内に有ります>



 その他、”ゴリラのパン屋”、”麦の家”、”びーはっぴい”等は場所だけ確認してきました。(次回のお楽しみ?)
好きだからと言っても、全部の店でのパンの購入はとても無理です。

 どの店も駐車場は数台分で(おいしい学校除く)、店舗内は非常に狭く(6畳以下?)で並べられているパンの種類は多いのですが、1種類当たりの置いてある数は少なく評判の物は売り切れの物も沢山ありました。
それでも客(ほとんど県外ナンバー)は途絶える事が無い状況でした。

 全店で少しづつ購入しましたので、当分パンには困りません。
昼も購入したパンで済ませましたが、何処の物も生地は確りしていて中々美味しくて堪能できました。


 ただ今回のパン購入で、一つ疑問に感じたのですが、何処の店に入ってもあの焼きたてパン独特の香ばしい匂いが無いのです。
同じフロアで焼いているところも確り見えるのですが・・・?
それに車の中もこれだけの数のパンが入っていると、むせかえる位のパンの匂いがするハズなのですが、ほとんど感じられません。

  ・・・不思議です ???

2015.10.17
関連記事

ヤーコン・茎茶

 大分朝晩寒くなってきて、最低気温が10℃以下の日も多くなってきました。
夏の暑さで成長が遅れていたヤーコンでしたが、秋風と共に急に成長しました。

 例年通り”ヤーコン茶”製造に取り掛かっています。
これまでは葉っぱだけを乾燥させて、”ヤーコン茶”にしていましたが、昨年試験的にヤーコン茎茶を作ってみたところ、飲み易いお茶が出来ました。
そこで今年は本格的に”ヤーコン茎茶”にも挑戦することにしました。

ヤーコン茎茶 (1)
<今年の畑のヤーコン: 右側はコンニャクです>


 ヤーコンは株元から枝が沢山出るので、この横枝を根元から刈り取り、葉っぱも従来通り乾燥させ、茎は小さく切り刻んで乾燥させることにしました。
この茎は非常に硬く、最初フードプロセッサーで粉砕しようとしましたが、カッターが止まって全く切れません。
そこで包丁で数ミリ厚に輪切りして乾燥することにしました。


ヤーコン茎茶 (2)
<横枝: 葉っぱは別途乾燥させたました/輪切り・・・包丁でも中々切れずこれは大変です!>



ヤーコン茎茶 (3)
<乾燥機: ダンボール乾燥機に3段にセットして乾燥させています>



ヤーコン茎茶 (4)
<ヤーコン茎茶完成>


 天気が良いので天日乾燥でいきたいのですが、流石に秋の日差しでは中々乾燥できなくて、乾燥機(布団乾燥機)も併用しています。


2015.10.15
関連記事

屋根のペンキ塗り

 1週間以上晴天が続くという週間天気予報が出ていたので、重い腰を挙げて5年程前から懸案となっていた作業小屋の屋根のペンキ塗りを行いました。

 何故”重い腰”かと言うと、この屋根は昔から”コールタール”を塗り重ねてきた屋根なのです。
ですから厚いコールタールを剥ぎ取り、更にコールタールの上からでも塗装出来る”銀入りペンキ(実際はアルミ紛入り)”を塗る必要があり、非常に手間が掛かる作業なのです。


小屋ペンキ塗り (1)
 <作業前: 手前の赤さび屋根の小屋です>


 屋根に登ってみると、10年以上コールタールを塗っていなかったので脆くなっていて、靴底のコールタールが砂の様に崩れて非常に滑り易い事が分かりました。
転落の危険があるので、急遽”足場(単管)”を取り付けました。

 ”銀入りペンキ(名称:シルバー)”はコールタールが残っている上からでも塗れるものですが、この際全て削り取る事にしました。
(普通のペンキはコールタールを溶かしてシミになるそうです、ですからコールタールに塗れる塗料は唯一これしかありません)


小屋ペンキ塗り (2)
<設置した足場: 裏側の屋根はコールタールが確り残っています>



小屋ペンキ塗り (3)
<使用した道具類: ワイヤーブラシ(手持ち、及び柄付き)、スクレーパー、デッキブラシ・・・新品でしたが真っ黒になりました)


 小屋の屋根の面積は35㎡です。
この道具を使って屋根の上を這いまわっての作業となりました。
奥さんと二人でコールタールの剥ぎ取りと洗浄(水洗い乾燥)で1日、ペンキ塗りで1日掛かりました。
この”シルバーペンキ”は塗っている最中は、太陽の照り返しがきつくて、ピカピカで”ド派手”になるのかと心配しましたが、完成してみると以外に”地味”な感じで仕上がり安心しました。(良い感じです)


小屋ペンキ塗り (4)
<下塗り: トタンの目地内部を重点的に塗装>


小屋ペンキ塗り (5)
<ペンキ塗り完成: 空や周囲の風景を映して意外と銀色には見えません>


  これで一応ペンキ塗りは終わりましたが、足場に使った単管の下は未処理なので、単管を外して同じ作業が必要です。
又今回コールタール剥ぎ取り作業中に、トタンの繋ぎ目に処理が悪い箇所があり、雨漏りしているのが分かったので、この部分の補修も行う必要があります。
 以上後日又半日くらいの追加作業を行って完了となる予定です。


2015.10.13
関連記事