つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

”購入電柵電源”試験結果報告(3ヶ月目の最終報告)

 購入した”電柵電源”で計画していた3ヶ月間の試験設置期間が終了したので最終結果報告です。

 試験結果は『優秀な成績で合格』です。


 ■試験結果 :

・設置から3カ月、この間近隣の畑には相当の猿被害がありましたが、この電源を設置した我が家の畑の猿被害は皆無でした。
・但しトウモロコシの栽培では、一部で被害がありましたが、これはフェンスで使っている100mm目のワイヤーメッシュ(-電極)をすり抜けられる小動物(テンやハクビシン等?)で本来の防御対象の猿ではないので評価対象外とします。・・・これはこれで今後対策を検討します。
・又電柵(フェンス)の設置上のトラブルはありましたが、購入電源装置そのものの出力低下及び故障等は全く無く、電柵電源として必要十分な性能でした。
 又12Wのソーラーパネルで中古鉛蓄電池(乗用車廃品)を充電しながら使用していますが、3カ月後でもバッテリー駆動は可能で、消費電力も十分小さく問題ありませんでした。


小動物被害
<小動物の被害: 歯形が小さい・・・猿はもっと綺麗に食べます>


 以上これまでの自作電源では同じ3カ月間の試験期間中でも数多くのトラブルを経験しましたが、今回の市販電源ではトラブルもなく猿用電柵としても問題なく使用出来る事が分かりました。
お蔭でこれまでは栽培を諦めていた”トウモロコシ”がこの電柵電源のお蔭で収穫して食べる事が出来ました。


 尚購入電柵電源の試験はここで一旦区切りとします。
これからは継続して本格稼働します。(その違いは? ・・・特にありません)
但し問題発生した場合にはその都度報告させていただくつもりです。


================================

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■ 残念ながら、以下製品は現在製造中止となっています    ■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 2017.11.01




 さてこの電柵電源の購入時には当ブログで、この電源の詳細内容をあえて掲載しませんでした。(自信を持って紹介することができなかったので)
ここで設置試験が終了し、良好な結果が出ましたので改めて電源の詳細内容を自信をもって紹介をさせて頂きます。


ビリッとくん
<ビリッとくん: 小型で設置が容易です>



 ■商品名      : 畑のパートナー 『 ビリッとくん 』 
 ■製造販売会社  : セイデンテクノ株式会社 (新潟県佐渡市)
 ■購入価格     : ¥12,000/(メーカー直販、消費税・送料込み・・・2台セットで注文した時の1台当たりの価格)
 ■特記事項     : 今回購入した製品はこのメーカーの標準品(市販品)ではありません。
               猿対策用として特別仕様で作っていただきました。(出力間隔(パルス)が標準品と違ています)




 価格は自作品よりは少しだけ高目ですが、この仕様と安全性、信頼性を考えると、苦労して自作電源を作るより合理的だと思います。 
又この試験設置期間中にあの悲惨な電柵死亡事故が起こりました。
この事故を受けて現在国からの指示で、電気柵の調査が全国で一斉に開始されています。
自作電柵も調査対象のようですが、まだそこまで調査の手が回っていないのが現状で、いずれ調査されるのではと思っています。
自作回路に自信のある人以外は安心できる購入品を使いましょう。・・・周囲の目もありますから(自作品への風当たりが強い)

 又電柵設置のトータル費用は電源の費用より、畑を囲う柵(フェンス)そのものの設置費用の方が何倍も掛かりますから、同じ時間を掛けるなら、電源より柵設置方法の工夫に時間を掛ける方が投資対効果が大きく得策だと思います。




 さてこの電柵電源の購入元の”セイデンテクノ株式会社”の関係者の皆様には私のカスタム要求にも快く対応頂き大変ありがとうございました。
良い結果となり私もホットしました。
 この製品は他の有名市販電柵電源メーカー品と比べても遜色ない(それ以上の)製品だと思いますので、佐渡島内だけでなく是非全国展開を考えて、野生動物の被害に苦しんでいる小規模零細農家や家庭菜園を楽しんでいる人々を助けてく下さい。
尚、今後も是非低価格でお願いします。

・・・と云っても私が勝手にブログに書いているだけで、メーカーの人は誰もこのブログの存在すら知らないと思います。(笑!)


2015.08.31
関連記事

郵便配達はベルを鳴らす

 『大型郵便受(箱)』を作りました。

 奥さん名義で定期的に届く通販カタログがあります。
これまでは宅配便でしたが、最近郵便で届くようになりました。・・・背景はコストダウンでしょう。
送られて来るカタログそのものには変わりなく、大型で分厚い物で郵便受けには入らないサイズです。
宅配便の場合は玄関前に黙って置いて行ってくれていましたが、郵便屋さんは必ず玄関のチャイムを鳴らして手渡しです。
不在時には”不在配達票”を入れていきます。

 これが毎回非常に煩わしいので、今回配達員に宅急便と同じ様に玄関の外(タタキ)に黙って置いて行ってもらいたいと言ったところ、「郵便受けに入らない物は、直接手渡しする決まりになっているので出来ない。」との事です。(流石お役所仕事ですね)
この件でさらに話をしたところ、解決策を教えてくれました。
大型郵便物が入れられる大きさの”箱(郵便受け)”があればOKだという事でした。


 この煩わしさを改善するためにはどうしても”箱”が必要なんだそうです。(本当は郵便局の内規を変えればいいだけだと思うのですが)
”箱”であればどんなものでも良いそうです。(ダンボール箱でも?)
といっても玄関前に常時設置する物なので、早速廃材を集めて『箱』を作りました。


a-大型郵便受け1
<栗の一枚板です: 虫食いや割れだらけ・・・廃材の”タンスの裏板”です>


a-大型郵便受け2
<完成した”箱”: 表の節穴も裏の板の隙間(不足分)も内部を見る明り取りとして便利です>


a-大型郵便受け3
<玄関に取り付けた”箱”: 古家に見合った”箱”になりました>


 これで”郵便配達はベルを鳴らさず”に置いて行ってくれるでしょうか?



2015.08.29
関連記事

かぼちゃ専用電気柵

 少しまえから、畑の隅の”堆肥枠”の横からかぼちゃが成長している事に気が付いていました。
昨年食べたかぼちゃの種を堆肥の中に捨てたのが腐らずに発芽したものだと思います。
どうせロクな物は出来ないだろうと思っていましたが、そのまま成長するに任せてありました。
生えたのが堆肥の中からだったのでその成長は凄まじく、瞬く間に一面のかぼちゃ畑になってしまいました。
ところが先日この弦の中に大きく成長したかぼちゃがゴロゴロしているのに気が付きました。
実の形状の違うものが2種類程あります。


 最近の作物には”F1”と言われる物が多いのでこのかぼちゃもF1からの種(F2?)であれば、食べられるかどうかも分かりません。
実の形状が2種類あるというのも、F2である可能性が高いと思います。
しかし折角ここまで大きく成長したので、最後まで確認してみる事にしました。(勿体無いのが一番の理由?)

 このままでは確実に猿に取られてしまうので、このかぼちゃの廻りを電気柵で囲みました。


かぼちゃ専用電柵
<かぼちゃ専用電気柵>


 これには電気柵を設置する前まで使っていた、”ジャガイモ用猿防御網”を解体して使用しています。
既存の電柵の1辺を利用して残りの3方をこの防護網で囲っています。
電源(+電源)は既存の電柵から分離して、SUS線と”ペットボトル碍子”を使って引き回しました。
急遽でしたが2時間で”かぼちゃ専用電柵”が完成しました。(増設面積約24㎡)
材料は全て先に電柵を作った残りの材料を使いましたので新規投資0です。

 このかぼちゃが本当に食べられる代物なのかどうかは、今後のお楽しみです。


2015.08.27
関連記事

『西天狗岳(2646m)』登山・・・途中敗退

 昨日は所属する山岳会の月例山行で、八ヶ岳『西天狗岳(2646m)』に行ってきました。

 台風15号及び16号の接近で心配された山行でしたが、この日だけは雨の心配が無い日だと推測出来ましたので予定通りの実施となりました。
本日は一転朝から強風で、昨日の穏やかな1日が嘘のように思えます。
しかし天気とは裏腹で、残念ながら頂上を踏むことは出来ませんでした。


 山岳会では月1回程度の月例山行を行っていますが、今年は天候不順もあり雨で登山が出来ない時もあったりで久し振りの本格的登山です。
昨日の山行までの間2.5カ月の空白期間があり、そのお蔭か大幅なコースタイム遅れが生じていました。
原因は色々あると思いますが、一番はメンバーの体力不足。
その結果、第二展望台到着段階でリーダーの判断で途中撤退(敗退?)となりました。


 今回の”西天狗岳”は”唐沢鉱泉”から直登するコースで、一般的なコースとは言えません。
最初からひたすら樹林帯の急登で、最後の1ピッチだけこれまた急登の岩場を登ります。
上級者コースではありませんが、体力勝負のコースです。 
今回はここをピストンの予定でした。


 元々ハードなコースなのですが、前に登った時にはたいした苦労もなく登ったと思っていましたが、今回コースタイムの1.5倍の時間が掛かっていました。
そのまま強行しても多少の時間遅れで登頂可能だったかもしれませんが、疲労で下山時思わぬ事故に繋がる危険性があります。
メンバーに十分な体力が有る内に下山したのは正しい判断だったと思います。

 毎年平均年齢が1歳づつ上がっている山岳会なので無理もない気がしますが、この辺で本格的な登山への挑戦は検討が必要な時期に来ている様な気が一層強くなりました。



西天狗岳 (1) 西天狗岳 (3)

<本日の最終到達点・第二展望台から: この日終始ガスが掛かっていましたが撤退を決めた直後から晴れてきました>

西天狗岳 (2)
<登る事のできなかった西天狗岳の岩場の急登>


 この尾根にある2箇所の”展望台”は八ヶ岳の全景を見るには最適な場所です。
下山時はガスが無くなり、ゆっくり展望を楽しみました。


西天狗岳 (5)
<南八ヶ岳>

西天狗岳 (4)
<北八ヶ岳>


西天狗岳 (6)
<登山口にある唐沢鉱泉の源泉>



-------------

 尚この日は”グレートトラバース2”を実行している『田中陽希さん』と頂上で合流できる可能性のある日でした。
彼の当初計画では8月24日に天狗岳に登頂予定となっていました。
我々の計画は既に1月末には出来上がっていましたし、その時には彼の計画はまだ公表されていませんでしたので、これは本当に偶然の一致でした。
ところが当日の朝彼のHPで前日の23日に既に天狗岳登頂を果たしていたことが分かりました。
計画通りの登頂でも我々との接点の可能性は頂上に居る一瞬だけだと思っていましたので期待はしていませんでしたが、出来れば写真だけでも撮れればいいかなとの気持ちもあったのでチョッピリ残念な気もしました。
彼の計画は遅れる事はあっても、早まることはないと踏んでいましたが見事裏切られました。 ・・・流石です!!


=====================

  さてこの山行には最後に”落ち”がありました。
下山時登山口まで最後の5分程の処で、私の登山靴の底(ソール)が剥がれました。
最近山岳会の山行の中でも毎年この『靴底剥がれ』が発生して、補修部品(ガムテープ等)が必須携帯装備となっていました。
幸いこの時は、”テーピング用テープ”を持っている人(流石サブリーダーです)が居て事なきを得ました。

登山靴
<テーピング補修された登山靴>


 この登山靴は15年程ほとんど全ての山行で使って来たものですが、私が購入した靴の中で、唯一最初から非常に足に馴染んで一度もトラブルが無かった登山靴なので、今後もソールの貼替を行って履き続けたいと思います。
もし計画通り登頂していたら多分頂上付近で同じ現象が発生して、下山で相当苦労したと思いますので、この点でも途中撤退は幸いでした。(リーダーに感謝!!・・・反省も)


2015.08.25
関連記事

高所バリカン(その2)

  先日”物干し竿”で失敗した高所バリカンの再挑戦です。

高所バリカンは市販品もありますが、調べてみるとそこそこ使えそうな物は2m物でも4万円以上していました。(もっと安物もありますが、太い枝も切れるものだとこの程度です)
ただ植木屋さんを頼むと日当は¥20,000/日/人程だそうです。(これまでの実績は3人で2日間=12万円?)
ですから植木屋さんを頼んだと思って市販品を購入しても良いのかもしれませんが、改めて自作で再挑戦することにしました。


 今回は延長する棒に木材を使う事にしました。
色々検討しましたが、物干し竿の様な丸いものより、角材の方が手持ちでの方向制御が安定することがわかりました。
それに何といっても木は軽くて丈夫です。
そこで今回”長さ2.7mの1"×4"材”を幅30mmの角材に切断して使用しました。
これだと物干し竿の様にユラユラしません。


高所バリカン2 (1)
<自作高所バリカン2号>


高所バリカン2 (3)
<剪定結果:この部分は脚立が使えたので上まで刈り込み出来ました>



 これを使っての生垣の剪定は前の物干し竿よりはるかに安定した作業が出来ました。
ただこれでは4.5m位までしか届きません。
この生垣の高さは6m近くありますので、上から1,5mは上部から枝(幹?)を切り詰める事にしました。
この作業は後日にします。(涼しくなってから・・・たぶん来年?)


2015.08.23
関連記事

簡易乾燥機

 先日のホップ乾燥用に”簡易乾燥機”を作りました。

 これまでホップは収穫後全てを自作の大型乾燥機に投入して乾燥させていました。
ホップも最近は結構な収穫量があるので、コンパネで自作した大箱(50cm角、高さ90cm)に熱源として布団乾燥機を接続した物を使っています。
それを使って1回2日間程掛けて乾燥させていました。

 しかし今回は収穫したホップの大半を冷凍保存したので、残りのホップを乾燥させるのに大型乾燥機を使うのも無駄だと考えて小型の簡易乾燥機を作りました。(大型乾燥機は組み立て式ですが、組み立てが結構面倒でまだ組み立ててなかったのも理由です)

 
簡易乾燥機 (1)
<簡易乾燥機>


簡易乾燥機 (2)
<乾燥箱の内部>


 この簡易乾燥機は大き目のタンボール箱に番線を刺して棚受けとして、底の部分に布団乾燥機のホースを取りつける穴を明けただけのものです。(製作時間15分)

 乾燥作業はここに平らなザルにホップを並べて箱に入れます。(3段まで入れられます)
箱の上蓋は重しを置いて塞ぎ、側面の”取っ手の穴”部分から排気します。
この乾燥機は思った以上に効率よく乾燥作業が出来ました。(容積小さく断熱性が良いためか1回3時間で作業終了)
木製と違って軽く、又使わない時にはペッタンコにしておくことが出来るので、非常に具合が良いことが分かりました。


 さてこのブログを書くに当たって、布団乾燥機を使っての乾燥作業をNETで調べてみたところ、同じように使っている人が沢山居ることが分かりました。
という事でこの方法には独創性はありませんが、温度や風量で非常に使い勝手が良く、何といっても安全性が高い所が秀逸です。
なのでもっと大きなダンボール箱を捜して、これまで使っていた木製で重くて組み立て性も悪い自作乾燥機の代わりに”大型簡易乾燥機”も作る事にしました。


2015.08.21
関連記事

”生ホップ”の冷凍保存

 明日から雨という事で、本日ホップの収穫を完了しました。
今年は収穫時期が2~3週間も早かったのですが、出来はまずまずだったと思います。
それに昨年は1回だけだった”生ホップビール”の仕込みを今年は既に2回行いました。


ホップ冷凍 (2)
<収穫したホップ>


 この生ホップビールは従来の乾燥ホップを使うビールより香りが非常に良いビールが出来ます。(今年の物は未確認ですが)
又仕込み後のホップの処理も乾燥品だとベタついて洗浄など大変なのですが、生ホップは水洗いで簡単に洗浄可能るので、取扱いが楽です。
毬花の中にある苦み成分(ルプリン)が生の時は水溶性で、乾燥すると水溶性でなくなる変化が起こっているのではと推測しています。
それに何といっても生のまま使ウことが出来れば、収穫後の乾燥~真空パック詰め等の非常に大きな手間と光熱費が不要となります。(これが非常に有難い)


 良い事づくめの生ホップビールですが収穫後直ちに(理想は収穫したその日に仕込む)使う必要があるため、ホップ収穫期の1週間と非常に短期間だけしか仕込みが出来ません。
それと収穫期の夏場は、気温が高くラガー酵母での仕込みはもとより、エール酵母でも醗酵適温でないので、温度管理が出来ないと仕込みが出来ません。
そこでもっと長期間使用する方法がないか検討していたところ、大手ビールメーカーでは収穫後1~2日の間に冷凍保存するとの情報を見つけました。

 そこで物は試し”冷凍保存”を開始しました。
ただ大手ビールメーカではー50℃で瞬間冷凍するそうですが、こちらは家庭用冷蔵庫ですからせいぜいー20℃です。
それでも乾燥保存するよりは良いだろうと期待して実施しました。(乾燥設備も自作ですから)


ホップ冷凍 (1)
<仕込み1回分単位、200gづつ袋詰めして冷凍>


 今年は収穫したホップを従来通りの乾燥保存と冷凍保存と2通りに分けて保存しました。
これを使ってそれぞれ1年間ビール作りを行って比較検討して来年以降のホップの保存方法を決定したいと思います。


2015.08.19
関連記事

無気力試合

このお盆は義父の3回忌ということもあって、外出予定は無くもっぱら高校野球とテニスのTV観戦で過ごしていました。
しかしこの内テニスでは最後に非常に残念な試合を見てしまいました。


 カナダで行われている”ロジャーズカップ”です。
錦織圭が出場という事で、NHK・BSで錦織の全試合が中継されていました。
今年は中々調子が出ない様で、出場大会では上位入賞が出来ていなかったのですが、この前の大会(シティーオープン)では段々に調子を上げ優勝しました。
今回の大会ではこの大会の調子を継続していて、試合が進むにしたがって彼本来の非常にアグレッシブな試合展開をしてきていました。
特にこれまで一度も勝ったことのない”ナダル”との試合は圧巻でしたので、以降の試合も大いに期待して観ていました。


 ところが次の準決勝の”A・マレー”との試合は全く残念な試合でした。
負けたことが残念という事でなく、彼の試合態度が本当に残念でした。
優勝した絶好調のマレーとの力量の差は歴然で、1セット目の途中からこれはダメダと思いましたが、次の第2セットからは、全く投げやりの試合態度で、途中からは真剣にボールを追わず、対戦したマレーにも、観客にも非常に無礼な試合となっていました。
観ていて此の彼の試合態度には腹立たしく又情けなくなりました。

 
 この前のもう一つの準決勝の試合では、世界ランク1位のジョコビッチにランク49位のシャディー(仏)が挑む試合でしが、力量の差を越えてその全力を出し切っての試合に感動しました。
これまで一度も優勝に絡んだことが無かったシャディーだそうですから、これが絶好のチャンスに違いありませんが、その真剣さ、必死さに感動できました。

 一方の錦織、1セット目からファーストサービスは入らない、セカンドサービスは全てマレーに取られてしまう展開に戦意喪失して試合そのものを投げ出してしまう試合態度は観客の”ブーイング”を受けましたが、これは当然ですね。
これは完全にふて腐れの”無気力試合”です。
テニスに”没収試合”のルールがあるかどうか知りませんが、これは没収試合にしてもらいたかったですね。
これで世界での彼の評価は極限まで落ちたでしょうね・・・(恥!)

 
 それに引き換え、”高校野球”は面白いですね。
得点差が2桁の試合でも、最後まで全力投球です。
”無気力試合”などありません。


”錦織圭”は世間が騒ぐほどの男ではありませんでした!!  (・・・驚くほど器量がチッチャイ!)


2015.08.17
関連記事

LED間接照明(その2)

 前に作った”LED間接照明”の評判が良かったので、引き続き違うタイプの”間接照明機器”を作っています。

 今回は”ガム容器+LEDミニランプ”を使ったものです。

 ガム容器はDIY用のネジや小さな部品を入れるのに昔から便利に使っています。
しかし不透明なので、中に入っている物が分からないのが欠点です。

 この容器に試しで”LEDミニランプ(0,5W、百均)”を入れてみたら、中々雰囲気が良かったので、こんな照明器具を作ってみました。


a-ガムボトル3
<間接照明機器・第4弾: 構成部品>



ガムボトルLED証明 (3)
<点灯例1: 白色LED/流石百均のLEDランプなので色調のバラツキ大です>

ガムボトルLED証明 (1)
<点灯例2: 黄色LED/これは比較的色調のバラツキが小さいです>

ガムボトルLED証明 (2)
<点灯例3: 青色LED (1灯だけ/現在どこの百均にもありません)>


 今回青色LEDランプの光に非常に魅力を感じました。
しかし方々の百均を見ましたが、残念ながら最近は百均に青色LEDはないようで、手持ちの1個だけの確認になりました。


 今回作っては見た物の実用性は疑問です、なので何処に設置するかは思案中です。(・・・・・・お蔵入り?)


2015.08.15
関連記事

エーデルワイスの種採取

 エーデルワイスの種の採種に初めて成功しました。

 スイス旅行で購入した種から育てて2年目を迎えた”エーデルワイス”ですが、今年初めて種が出来ました。
1年目も沢山開花したのですが、どれも種は出来ませんでした。
今年は昨年より多くの花が開花し虫も付いているのを見たので受粉が出来た様です。

 この種が順調に発芽出来れば、我が家の庭での”エーデルワイスの大群落”が現実味を帯びてきます。



エーデルワイス種 (1)

エーデルワイス種 (2)
<エーデルワイスの種: タンポポの様な綿毛の根元に本当に小さい種があります>


2015.08.13
関連記事