つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ネパール大地震救援報告会

 昨日新聞のイベント欄に載っていた『ネパール大地震救援報告会』を聞きに行って来ました。


a-ネパール支援報告会
<報告会レジメ>



 ネパール大地震の発生は4月25日ですから、ここで丁度2カ月が過ぎました。
当初は大被害の惨状やエベレスト登山隊の雪崩死亡事故が大きく報道されていましたが、現在全く報道がありません。
かといってあの最貧国の復興が順調に行なわれているとはとても思えないのですが、報道も少なく又農作業が忙しくすっかり忘れていました。

 先日所属する山岳会の会長から上記『ネパール大地震救援報告会』があるとのメールを頂いたので二人で聞きに行ってきました。
会長も2度ほどネパールに行っていて、6000m以上のピークを踏んだ経験もあり、又現在ネパールに知人が住んでいるそうでネパールには大きな関心を持っていました。


ネパール支援
<講師の”伊藤ゆき”さんです>


 主催は”日本・ネパール会長野”と云うところだそうですが、”日本ネパール○○”と云う団体は方々に沢山あって実態は正直良くわかりません。

 しかし講師の”伊藤ゆき”さんと云う方は、40年間ネパールと関わってきた人だそうで、ネパールの日本大使館でも働いてい事もあったたそうです。
現在も現地でネパール女性の地位向上活動等で精力的に活躍されている方だそうです。
ネパール語にも堪能で、お蔭で今回の講演では最新の詳細で興味深いネパール事情を聞くことが出来非常に有意義な講演会でした。


 さて伊藤さんの報告の概要は以下の様です。

<被害の状況>
 ・地震の被害は中央ネパール地域に集中していて、特に山岳観光地域での被害が大きい。
  →現在でも復興は全く進んでいない。
 ・景勝地としてトレッキングで人気の高い”ラタン地区”は山崩れで一村が完全に埋まってしまったが現状そのまま。(死者500人)
 ・被害の大きい首都カトマンズは地方出身者や外国人労働者が多く、その被災人数の把握すら困難。
 ・崩壊家屋は1950年代以前の建物がほとんどで、特に下層階級の人々の被害が大きい。
  →既に世界遺産の建物は観光で公開されいるが、無対策の為崩壊の危険性が高い。(収入増対策の為)
 ・山岳観光が止まっているので、それに従事していた人々は収入の道が閉ざされて困窮している。
 
<支援の状況>
 ・ネパールはカースト制があり、被災した人のほとんどは下層階級の人で、上層階級の被害は少ない。
  →上層階級の人は資金豊富で、自力再建出来ている。
 ・為政者(上層階級の人間)は被災者(下層階級)への支援、援助をしたがっていない。 
  →ネパール国内での募金活動などは全く無い。
 ・義援金、支援物資等は政府、NGO、NPO等の分捕り合戦で、機能していないため被災者に全く届いていない。
  →国連、日赤、放送局等の大手で集めている義援金も将来も被災者に届く可能性は少ない。(山分け?)
 ・ネパール政府は既に大地震は過去の物(済んでしまったもの)として処理しようとしているらしい。



 ネパールは君主制が崩壊し、現政府も十分機能していない状況で階層社会(カースト制度)のあるアジアでも最貧国で、現在は国家としてのリーダーが居ないに等しい状態のようです。
したがって被害状況把握、復興計画等もほとんど出来ていないのが実情の様です。
ですから被災者自身が自力復興する事が必要となっており、資金に乏しいい下層階級の被災者は働く場所も無く地震前より一層貧富の差が大きくなっているというのが現状の様です。


 という事で日本でも義援金や支援等の動きが今でも続いていますが、今は焦って支援しようとしても無駄なようです。
これまでも色々の報道の中で、ネパールの内情を良く知ってる人々が、「支援金が被災者に確実に届くルートは無いのでは?」と口々に云っていましたが、図らずも再確認する場となってしまいました。
非常に残念です・・・!!


ネパール紅茶
<購入したネパールの最高級紅茶?: 代金は主催団体の今後の支援活動に使われるそうです>


 しかし今回の報告会は聴衆が20人弱と非常に少なかったのが本当に残念でした。
主催団体の規模が小さいのが要因ですが、ネパールに関心のある人が非常に少ないのだと思います。


2015.06.29
関連記事

市販”電柵電源”試験開始

 購入した市販電柵電源の試験を開始しました。



a-a-新電柵電源
<設置状態:自作の電源と置き換えました、下の黄色いケースに再利用のバッテリーが入っています>


 電源は今回12Vの自動車用バッテリーを新たに使っています。
新たにと云っても先日車検時に劣化の為交換して外した自動車用バッテリーです。
それを自作電柵電源で使っていたソーラーパネルから充電しながら使用していますが、問題なく作動しています。
電柵電源の消費電力は極小さいのでこんなバッテリーでも全く問題無いようで助かります。


 自作品と購入品で大きく違うのはパルスの”出力間隔”です。
自作品は”ガスレンジのイグナイター”ですから、ほぼ連続的に出力していました。(ガスレンジの着火時の”バチバチ”と全く同じです)
購入品はこれが約1秒サイクルです。(一般的な電柵電源と同じです)
ただその代り出力電圧は7000Vとなっていますから自作の約2倍の電圧があります。(測定器が無いのでカタログデーターです)
”格安”電柵電源ですが、仕様は一般的な市販電柵電源と全く遜色はありません。


 尚購入電源は今のところトラブルがありません。(当然ですが)
自作電源では、1カ月以内で色々トラぶりましたが、さて購入品ではどうなりますか?


 猿への効果ですが、最近は猿も学習効果で我が家の畑に近寄らないので、購入電柵電源の効果があるのかないのか本当のところは良く分かりません。
それでも設置から3カ月程度で一応の結果が分かるかと考えていますが、その効果をはっきりさせるのにはそれなりの時間が掛かるのではないかと思われます。

2015.06.27
関連記事

市販電柵電源購入

 とうとう市販品の”電柵電源”を購入してしまいました。

 自作の電柵電源を使い始めてここで丁度1年になります。
現在使っているのは”ガスコンロのイグナイター(着火装置)”を使った試作品ですが、冬場も含めて1年間連続で使用していますが、とりあえず今も使える状態です。
これまで時々故障もありましたが、原因は接続不良(コネクタの接触不良)がほとんどで一番心配していた”イグナイターの不具合”はこれまで一度もありませんでした。

 何時も畑に行った時には最初に確認するのが『電柵が生きているかどうか?』です。

 1カ月程前に行った時、朝確認した時には出力がありませんでした。
一旦スイッチを切って農作業を行い、昼頃にもう一度確認すると今度は出力がありました。
この間スイッチのON-OFFをしただけですが、このスイッチも家電品からの剥ぎ取り品なので心配なところがあります。
全て自作回路なので、制御回路も含め心配な箇所は山ほどあります。(汗)


 そこで暫く前から、今後の電柵電源をどうするか検討していました。
基本政策はブレる事無く”自作”です。
しかし自作電柵電源をより信頼性の高いものにする事を検討していて、費用の概算をしていたら結構の金額になってしまいました。
そこで今後も自作品は継続使用する前提ですが、市販品も並行して検討していました。
その結果『1万円以下の市販品』、が購入する場合の条件となりました。
自作の費用程度で、”もしもの時”に備えて安心して使えるものを1台持っていたいと云うが理由です。・・・自作品に自信が無い(涙!!)


 今回購入したものは、その比較検討の中で価格、仕様で最後に残った製品です。


購入電柵電源
<購入した格安電柵電源: 残念ながら送料込みで1万円は超えました・・・但しキットを使うより安いです>



 このメーカーは電柵電源は本業では無いようで、現在会社のHPを検索してもこれに関する記述は全くありません。
ですからこのメーカーに問い合わせた時、「猿用電柵の経験は全くないので保証出来ない。」との回答でした。
その為保証は不要との条件で購入しました。(そういっても世の中に”猿用”の効果を保証した電柵電源なんて皆無なのですが・・・このメーカー真面目なんです)
このメーカーが対象としているのは”タヌキ(ムジナ)”だけだそうです。(ひょっとしてこちらは保証している・・・?)


 この購入した電柵電源を自作電源と置き換えて暫く試験を行います。
3カ月後位には結果を報告できるのではないかと思います。
結果が出たところで改めて詳細を紹介したいと思います。(良い結果が出ればですが・・・?)

2015.06.25
関連記事

オヤマボクチ発芽

 先日はサクランボ狩りに行った折り、富倉蕎麦(オヤマボクチ繋ぎの蕎麦)を食べてきました。
この富倉蕎麦は最初の遭遇以来、私の蕎麦打ちの最終到達点になりました。
そこでオヤマボクチの栽培にも挑戦しているのですが、中々栽培が難しく、長年失敗続きでしたがそれでもようやく昨年種の採取まで漕ぎ着けました。

 前に種蒔をしてあった”オヤマボクチ”が発芽しました。
4月末にたプランターに種蒔をし、発芽まで約3週間掛かりました。


a-オヤマボクチ発芽
<発芽直後のオヤマボクチの双葉>


 種を採取した時には真っ白で未熟な種ではないかと心配していたのですが、立派に発芽しました。
今のところ40%位の発芽率です。


 昔オヤマボクチの種を購入したことがありましたが、その時は全く発芽しなかったので発芽率が極めて低い植物なのかと思っていましたが、今回の結果からは結構高い発芽率の様に思います。
 

 その昔購入した種は”発芽保証なし”の条件でした。(これでも売り物です・・・でした?)
¥1,000/6粒。 
今考えると種の色等の様子から採種してから相当の年月が経っていた様にも思われます。
”ノークレームでお願いします”は良心的な提供者で無い証だったかもしれません?
その時はどうしても欲しかったので、高いとは思つつ購入してしまいましたが、いい勉強になりました。

 もしかしてこの種子は確り低温貯蔵しないと発芽しない性質の物なのかもしれません?
この点は提供者も良くわかっていなかった可能性はあります。
そうだとすれば中々難しい種だと云えます。


a-オヤマボクチ移植前
<畑に移植する前の苗の状態>


 発芽以来慎重に育ててきた苗を先日畑に移植しました。
少し前には晴天続きで移植に躊躇していましたが、ここで梅雨に入って雨降りの日が多くなったので移植することにしました。
順調に育てば2~3年後には待望の葉の収穫ができるはずです。


2015.06.23
関連記事

サクランボ狩り

 初めてサクランボ狩りに行ってきました。

”いちご狩り”、”ブドウ狩り”、”リンゴ狩り”等色々な果物狩りがありますが、サクランボ狩りはそんな中でかなり満足度が高いものであると実感して帰ってきました。
それはやはりサクランボの価格が高い事が一番の背景にあると思います。

 前々から一度行ってみたいと思っていたサクランボ狩りですが、サクランボ狩りは普通予約が必要との事でこれまで中々機会が作れず行けず仕舞いでした。
ところが先日ラジオを聞いていたら、中野市で”サクランボ祭”の2日間だけ料金が¥1200(通常¥2000)で予約不要という事もあって朝起きると余りに天気が良かったので急遽行ってきました。

 ただ心配な点がありました。
サクランボ狩りは北信でも南信でも通常¥2000/人以上です。
それが¥1200ですからこれは非常にお得です。(実際は往復¥5000近い高速代を掛けていくので元は取れないのですが)
それに中野市は長野市の直ぐ近くなので、ラジオでのPR放送もあったことから人口38万人の長野市から人が大挙して押し寄せていたらどうなるかという心配です。

先日の諏訪市の”プレミアム商品券販売”の行列が少し脳裏を過りました。


 10:00少し前に中野市の産直である”オランチェ”に着くと、サクランボ狩りの受付テントが外に出来ていて、窓口が4つありましたが列は全くありません。
サクランボ狩りの人は次々と来るのですが、受付を済ませると(代金を支払うと)直ぐに車でサクランボ農家に移動するシステムとなっていました。
農家までのルートは個別の地図が用意されていてそれを貰って自分で移動するのですが、土地勘がないことを伝えると別の係の人が丁寧にルートを教えてくれました。(我々は車で7~8分位の移動距離でした)



a-サクランボ狩り1
<サクランボ狩り: ハウス内にほとんど人は居ないので本当にゆっくり出来ました>


a-サクランボ狩り2
a-サクランボ狩り3
<5種類のサクランボ: ”佐藤錦”、”香夏錦(こうかにしき)”、”紅佐藤”、”高砂”、もう1種類は忘れました>



 30分間食べ放題で、最初少し短いと思っていましたが十二分な時間でした。
 ”いちご狩り”と違って、ハウス内の客は少なく(10人程)、赤い実は十分にあるので慌てて食べる必要もなく、一番良いのは30分と云いながらも”時間は目安ですからごゆっくりどうぞ!”という待遇でした。
それでも20分程で5種類をタラフク食べて、残りは農家の人と少し話をしてきました。

 その後、前に一度だけ行ったことのあった中野市内に1軒だけある”富倉蕎麦(オヤマボクチの蕎麦)”を出す蕎麦屋で昼を頂いて来ました。
サクランボを食べた直後でしたが、久し振りの本場の富倉蕎麦を美味しく頂くことが出来ました。
これだったら、もう少しサクランボを食べる事が出来たのではと少し残念に思った次第です。


 今回のサクランボ狩りでは受付会場の方も、農家の方も親切丁寧気さくで、本当の”おもてなしの心”に触れた気がしました。
制限時間のある果物狩りでは、変に時間やもぎ取り方にシビアな処もあったりして嫌な思いをする時もあるのですが、今回はサクランボの美味しさと共に、久し振りに気持ち良い1日を過ごす事が出来ました。


追)帰りに観光バスの沢山止まっていた果物直売所でトイレ休憩しましたが、サクランボが1パック¥2000で売られていました。
  私たちは少なくとも一人3パック以上は食べたと思われるので、ここだけ見る限り高速代金を入れても十分元が取れた気がします・・・?


2015.06.21
関連記事

エーデルワイス開花

 今年もエーデルワイスが開花しました。

 スイス旅行土産のエーデルワイスを種から育てて今年で丸2年となりました。
栽培は未だに手探り状態です。

 昨年秋冬前ですが、栽培方法が良くわからない中、ようやく育った貴重な株を維持する見地から危険分散を行いました。

 これまで植木鉢で室内で育ててきた株を2分して、半数を戸外の路地に植え、残りの半数を植木鉢のまま室内で育ててきました。
路地に植えた方は1月に雪の下でも花が咲き、現在全ての株が元気に増殖して再度開花を迎えました。
室内の株は3月末までは元気でいましたが、4月に入って枯れ始めたので慌てて路地に植え替えましたが、現在”虫の息”状態です。



エーデルワイス開花 (1)


エーデルワイス開花 (2)
<エーデルワイス開花 >


 以上の結果から、エーデルワイスは強い寒さに当てないと上手く育たないことが分かりました。
冬場の-15℃程度の寒さでも全く問題ありませんでした。
WEBを見ると、関東では路地で栽培していたものが枯れたという書き込みもありますから、逆にこのくらいの寒さに当てないといけないのかもしれません?(我が家は室内でも5℃以下になりますが、この程度ではまったく不十分な様です)


 我が家ではこの残っている株を更に増殖して、エーデルワイスの大群落を作りたいと目論んでいます。
 
 
2015.06.19
関連記事

木工作品展

 昨日は下諏訪町の古民家・伏見屋邸で、木工作品の展示会があったので行ってきました。

 この作者は『土曜工房』を主宰している岡谷市の井上節雄さんです。(新聞に詳しく載っていましたから、名前を出しましたが問題ないと思います)
現役時代、同じ会社に居た方です。
職種が違うので直接仕事をしたことはありませんが、時々お世話になりましたので良く知っていました。
しかし彼が木工に興味を持っていた事は、新聞の展示会の記事を見るまで全く知りませんでした。

 展示会は今回が2回目で、初回は2年前です。

 彼は会社では”型製造”の仕事をしていた根っからの職人です。
ですから木工作品にも細部まで流石と思われる緻密さが出ていました。

 今回久し振りに本人と話すことが出来、木工の話とか懐かしいい昔話に花が咲きました。


土曜工房 (3)

土曜工房 (1)

土曜工房 (2)

土曜工房 (5)

土曜工房 (4)

<最新の作品展示>



 今回の展示会のテーマは”乗り物”です。
前回は”古民家”と云うテーマの様で、前の展示会でも展示されたという作品が少しだけ展示されていました。


土曜工房 (7)

土曜工房 (6)
<旧作品 :古民家・・・こちらは電気スタンドになっているようです>


 こちらの方が木の素材の持つ温かみと素朴さがあって良いと思いました。


 通常は作品の販売はしていないそうですが、この価値を認めてどうしても欲しいと云う人には分けているそうです。
気が向かないと中々やる気にならず、時々対象(テーマ)を変えて作品作りを行っているとの事です。(職人ですね)
私と違って、”機械加工は嫌い”で、手工具中心で加工しているとのことでたいしたものです。(昔は機械加工の専門家なのに?)
相変わらずの昔と変わらない職人気質で、こだわりを持って作品作りをしているのが良く分かりました。 


2015.06.17
関連記事

電柵に蜂の巣

 電柵で囲った畑の中で作業をしていて、この電柵の構造的欠陥を見つけてしまいました。

 先日電柵内で”ジャガイモの追肥作業”を”こまめ(小型耕運機)”を使って行っていて偶然”蜂の巣”を見つけました。
”こまめ”を電柵の支柱の前で回転させていた時、偶然この支柱の”ベットボトル碍子”の中に蜂の巣があるのに気が付きました。



 巣はまだ小さく、中は蜂が1匹だけで巣を守っていました。
この碍子に10cm位の距離まで近づいたと思いますが、幸いな事に刺されることはありませんでした。(優しい性格の蜂だったようです)

 直ぐに全ての電柵を点検したところ、外に2箇所に蜂の巣がありました。(1箇所はまだ柄が出来ただけの段階)


電柵蜂の巣 (1) 

電柵蜂の巣 (2)

<ペットボトル碍子の中の蜂の巣>


 この自作電柵碍子にはペットボトルを半分に切って、横向きに使っていますので内部は雨も当たらなくて非常に居心地が良いのではないかと思います。
早速殺虫スプレーを使って退治しましたが、これからは定期的に点検が必要です。

 
 さてこの半分に切ったペットボトル碍子はボトル1本で2個の碍子が出来るので、収集量が半分で済むので非常に良いアイデアだと自負していた物ですが、思わぬところに落とし穴がありました。
それでも早く気が付いたので何の被害も無かったのが幸いでした。


 これからは”高電圧注意”の表示プレートに加えて、『蜂に注意!』のプレートも追加しないといけなくなりました・・・?


a-アシナガバチ4
<という事で、”蜂の巣”の注意喚起表示プレート>


2015.06.15
関連記事

砂利篩(エントランス工事の付録)

 ”砂利篩”を造ってみました。

 コンクリートの材料や通路の敷石として使う砂利は結構使用頻度が高く、これまでも畑の砂利を篩って使うことがよくありました。
その時の使う篩も自作の物ですが、この作業を手持ちで行うと結構疲れます。
今回のエントランス改善工事での初日の腰痛の原因もこの手持ちでの”砂利篩”が原因でした。

 エントランス改善では、大量の砂利を篩わないといけないことが分かったので、途中から専用の”砂利篩装置”を造りました。


フルイ (1)
<篩は新規作製>


フルイ (2)
<砂利篩装置 : 単管は”一時拝借”の寄せ集め>


フルイ (3)
<砂利篩作業>



 このお蔭で大量に発生した砂利の分別が簡単に出来ましたので、”砂利”はブロック以外のエントランススペースに投入。
”土、砂”はブロックの穴に”玉竜”を植栽する時の用土として使用しました。


 さて前の”ガレージ入り口タタキ”は工事に4日間掛かりましたが、”エントランス改善工事”は3日間(埋設1.5日+植栽1.5日)で完了出来ました。
この違いは”コンクリート”を使うか使わないかの違いです。
ブロック埋設だけなら工事期間が短くて済みます。
一番のメリットは造設後でも簡単に変更が可能だという事です。(工事中の変更は今回も度々やっています)
暫くして気に食わなくなったら、変更や撤去も出来ます。(既存の駐車スペースの変更は良くやりました)

 以上をもって”電柵拡張”に端を発した、一連の”玉突き工事”は全て完了です。


2015.06.13
関連記事

停電で考えた事

 我が家で”電柱立替”の為の停電がありました。

 停電の連絡は2週間ほど前に郵送されてきていましたから突然ではありません。
停電時間は結構長く13:00~16:00までの3時間です。
しかしすっかり忘れていて連絡があった通り、きっかり13:00の時報と同時に電気が止まりました。(流石日本の電力会社です)

a-電柱立替2
<電柱立替・交換:(左)交換前、(中)交換作業中、(右)交換完了>

 工事は電信柱1本当たり3時間程で交換する様です。
我が家に停電の連絡があった日は1日だけです。
前後の電柱で4本新しい電柱が建っているのでまだまだ続きますね。
という事は停電は交換している電柱から電気を引いている家庭のみ(支線だけ)・・・ならば本線は通電状態で工事をしているという事ですね。
考えてみると凄い事(恐ろしい事)をしているのですね。



a-バイパス工事
<主線のバイパス回路: (左)工事する電線の迂回回路、(右)電線切断箇所の仕掛け>



 さて停電時間が3時間もあるので、この間何か出来ないか色々やってみました。

①PC: ノートPCなので使えると思ったのですが、データーを外付けHDDに入れていたので、データーが取り出せません。(無線LAN装置も使えないのでNETにも繋がりません)
②家電品修理: 最終的にハンダゴテが使えないとダメですね。
③木工: 切断、穴明はどうしても機械が必要で、コードレスドライバードリルだけではどうにもなりません。(手工具の腕がないので)
③ガレージの整理: 最終的に日頃から出来ていない整理(掃除)をしようと思って始めましたが、電燈が点かないと暗くてダメでした。


 停電後急いでアタフタ色々やりましたが、結局電池式のラジオを聞きながらガスコンロで湯を沸かしてコーヒーブレイクとなりました。
やはり電気が無い事には、今の生活は成り立たないことが改めて分かりました。

もし災害等で電気が無い生活を行わないといけなことになったらどうなることやら・・・??


2015.06.11
関連記事