つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

越冬大根

 昨年畑で作った大根をまだ美味しく頂いています。

 毎年越冬用の大根を作っているのですが、貯蔵が上手く出来なくて十分消費しないうちに、毎年半分近くも捨てている状態でした。
しかし今年は大成功です。


 昔は畑に深い穴を掘って、藁や籾殻と共に中に入れて貯蔵していましたが、この貯蔵大根は味の点ではイマイチでした。
又寒い年には上に掛けた土が凍って掘り出せず、春になってやっと取り出した事もありました。(当然廃棄処分です)

 
 この辺では越冬野菜貯蔵用の”大型発泡スチロール箱”が売っていて、最近は我が家でもこれをずっと使っていますが、貯蔵性はあまりよくありません。
家の中に置いてありますが、温度が高過ぎるのか大根は”ス”が入ったり、”カビ”が出たりしていました。



 今年は初めて恐る恐るガレージの”室”を使ってみました。
これは昔ガレージの床を舗装するに当たって、事前に自分で穴を掘って古い風呂桶(プラスチック製バスタブ)を埋め込んだものです。
其の上を業者に舗装してもらいました。
室は上部に厚い木の板を蓋として載せてあります。

 造って直ぐに台風が来て下の排水口から浸水するなど不具合がありましたが、コンクリートを流し込んだり対策してからは今は浸水問題は解決しました。(風呂の排水栓は上から(内側)の力には非常に強い構造ですが、下(外側)からの水の力で簡単に外れてしまいます)
作ってみたもののこれまでは夏場にジャガイモなどの貯蔵用に使う事はありましたがほとんど活用していませんでした。
前に一度冬場に”自ビール”を保管したことがありましたが、凍って瓶が割れて酷い事になっった苦い経験があります。
そんな訳で今までは”物入れ(ゴミ箱?)”程度の活用しか出来ていませんでした。


 昨年秋に試しに、1本づつ新聞紙にしっかり包んだ大根20本程を収穫コンテナに入れて、上に毛布を掛けて貯蔵しておきました。
これが非常に具合が良く凍ることも無く、又大根に”ス”が入ることも無く、いまだに瑞々しく食べる事が出来ています。



a-大根所蔵
<室: (左)貯蔵状態、(右)残り5本になりました>


 ガレージは屋根も壁も鋼板1枚なので中も外の気温とほぼ同じです。
ですからヤーコンを入れた袋を毛布で包んで床に置いておいても、確り凍ってしまいます、(これを”凍みヤーコン”に加工しています)
大根が問題なかったのは、地下で幾らか温度が高いのと、新聞と毛布が適当な湿度と温度を保っているのが理由ではないかと思います。


 この”室”は上に書いた通り元々バスタブなので、300㍑近い容積があります。
これで越冬野菜の貯蔵場所が確保できたので、今年の畑の作付はこの有効利用も考慮して計画する事にしたいと思います。


2015.02.27
関連記事

製材機設計の先行確認

 少し前に”木製フレーム構造”の製材機の設計が完成していました。
しかし設計した構造が実使用に耐えられる構造かどうか分からない箇所が沢山あります。
特に構造が複雑となっているのが、ブレードの取り付け調整機構がある片側のホイールです。

 バンドソーでは2個あるホイールの2軸が完全に平行に出来たとしても、回転時ブレードがズレて外れたりする危険性があるので、必ずホイール角度調整を行う機構があります。
製材機でも同じでバンドソーブレードを2個のホイールに嵌めてから、ブレードに張力(テンション)を掛ける事と、ブレードをホイールの中央に常に安定的に安置(高速回転時でも外れないようにする事)するために、ホイールのアライメント調整を行います。

 すなわちホイールの軸間距離を変更出来る事と、ホイール回転軸の角度調整が出来る事は必須です。
これを1個のホイール側(駆動側でない方)で行う必要がありこの調整機構がどうしても複雑になってしまいます。


 今回設計したこのアライメント調整機構が実現可能か、確かめる為この部分だけ部材調達して先行製作してみました。
作業場が寒いので、短時間に上げようと焦って穴あけ位置を2箇所も間違い、お蔭で修正に余計時間が掛かりました。(毎度のことですね)


a-アライメント機構


a-アライメント機構1

<アライメント調整機構: ベース材料には強度が必要なので栗木を製材して使用しました>



 出来上がった物は相当な重さ(5kg・・・タイヤ含む)になりましたが、強度的には大丈夫そうです。


 次にこれを本体フレームに取り付けて実際にアライメント調整可能か確認する事になりますが、温かくなってきたと言っても朝晩はまだまだ氷点下で確認はもう少し先になると思います。

 
2015.02.23
関連記事

鳥餌

 我が家の庭に最近沢山の”鳥”がやって来るようになりました。

 圧倒的に”(△1)ヒヨドリ”が多いですが、それより小型の鳥も時々来ています。(名前が良くわかりません) 


 理由は分かっています。
毎年収穫時に出た”屑ヤーコン”をガレージ内に保管していますが、先日見たら肥料袋に入れていたヤーコンのほとんどが腐っているのを見つけました。(ただ土嚢袋に入れたものは問題ありませんでした)
この腐ったヤーコンを庭の隅に捨てておいたら、鳥が見つけて餌場にしている様です。
冬場で最近雪が良く降るので、周辺で餌を見つけづらくなっているのだと思います。


モズ
(△1)ヒヨドリ


<動画>



 小鳥の方を見たいのですが、(△1)ヒヨドリがいる時は小鳥は来ません。
小鳥は見ていて楽しいですが、(△1)ヒヨドリだけは鳴き声が騒々しくて閉口です。


2015.02.23
(△1)2015,02.24 米搗さんのコメントにより訂正
関連記事

コードレスドライバードリル

 ”コードレスドライバードリル”を1台追加購入しました。

 コードレスドライバードリルは今やDIYの電動工具として無くてはならない地位を占めています。
私も10数年前に最初に購入した1台を今日まで使い続けています。
その後度々追加購入して3台所有しています。(電池だけは更新しています)
これまでの物は何れも充電電池が”ニカド電池”で、繰り返し充電での耐久性が問題です。
最近フル充電しても木ねじを10本連続で打ち込むと動かなくなってしまっていました。
充電電池の寿命です。


 そこで今回”リチウムイオン充電電池”の物を購入しました。
ニカド電池もリチウムイオン電池も充電可能回数は、一般的には同じで300回程度と言われています。
しかし”メモリー効果”の無いリチウムイオン電池は、ニカド電池より継ぎ足し充電耐久に優れています。
上手に使えばニカドより相当長期間使えるようです。
本当かどうか、今回購入したもので比較してみたいと思います。



a-コードレスドライバー
<購入したコードレスドライバードリル>


 しかし購入後パッケージに気になる表示を見つけました。

a-注意書
<注意書>



 至る所に『家庭用』と表記があります。
 この意味するところは・・・『業務で使うとすぐ壊れます』という事でしょうか?


 私は業務ではなく趣味で使っているので、この警告には全く該当しません。
ただ趣味ではありますが、ニカド充電電池では2~3年で寿命を迎える位の使用頻度はあります。


 このメーカーは何を恐れているのかさっぱり分かりません。
これで責任回避をしようと目論んでいるのは具体的にはどんな内容なんでしょうか?
要するにこのメーカーは自社製品品質に全く自信が無いという事に尽きます。 
・・・それを承知で何故販売するのか不思議です。(確信犯??)


 これまで個人輸入した米国のDIY用電動工具でこの手の表示を見たことはありません。
米国ではDIYで家一軒建てる位は特別な事ではないのです。
流石に日本はまだまだDIY後進国ですね。


2015.02.21
関連記事

グリーンコンニャク

 台所で奥さんが大騒ぎしていたので行ってみました。

 ゴボウとコンニャクを一緒に煮たところ、『緑のコンニャク』が出来てしまったそうです。


緑コンニャク
<グリーンコンニャク: ゴボウにも緑色の部分があります>



 早速WEB検索してみると、いっぱい書き込みがありました。
中には安全性を心配して”保健所”にまで持ち込まれた例も掲載されていました。

 原因は、・・・

・ゴボウに含まれているポリフェノールの一種の「クロロゲン酸」がコンニャクのアルカリ性成分と反応して変色したものだそうです。
・ちなみに、インゲンとコンニャクを一緒に煮ると”ピンクコンニャク”が出来るそうです



 これは食べても全く問題ないものだそうです。

 使ったコンニャクは手造りの”生芋コンニャク”です。
我が家では相当前から手造りコンニャクを造っていますし、これまでもゴボウを使った料理にも使っていましたが、大騒ぎするところを見るとこれまではこの現象は無かったと思われます。

 この対処方法はコンニャクを下茹してアルカリ分を十分除去してから料理すると良いそうです。
という事は、今回は成型後の煮沸が十分で無かったという結論になります。


 今回のコンニャク作りは切って煮沸用の鍋に入れるまでは私がやりましたが、煮沸は奥さんに任せました。
となれば『奥さんの手抜き』・・・??

 ・・・これから先は大きな声では言えません。


2015.02.19
関連記事

まな板作り

 今日は又雪の寒い朝を迎えましたが、昨日は陽が当たっていたガレージ内が比較的温かくなっていたので久し振りに製材をやりました。


 4年前にお隣の家の庭木だった”銀杏”の伐採木を譲り受けて乾燥させてありました。
今回これを製材して”まな板”を作ります。

<前に投稿した”銀杏”の記事> 

 まな板に使う木材の中で”銀杏”は一番優秀な材だそうです。
どうして優秀なのかは良く分かりません。
これを確かめる目的もあってi銀杏が手に入った4年前から計画していました。
銀杏は水分含有量が多く中々乾燥し難い木だそうですが、4年も乾燥したので大丈夫ではないかと思っています。

 この木は不思議なことに乾燥後でも端面割れが全くありませんでした。
4年間も乾燥させて、乾燥後に端面割れが全く無い木はこれが初めてです。


a-銀杏乾燥材
<(左)乾燥木: (右)端面・・・割れが全くありません >



 作ろうとしているまな板は”蕎麦打ち用のまな板”です。
現在蕎麦打ちで使っている物は、2×8材をつなぎ合わせたもので、重いのと反りが出るので時々カンナ盤で削って使っています。
又今の物は幅が230mmで狭くて使いずらいので作り直したいと思っていました。


a-銀杏製材1
<製材: 今回も製材前にブレードを自分で研磨しましたが非常に良好な切れ味でした>



a-IMG_3958.jpg
<製材上がり: 50mm厚/銀杏の製材面は目が詰んでいて本当にきれいです・・・この木は”針葉樹”に分類されるそうです。不思議ですね>



 製材した板を持った時、予想以上に重いと感じたので比重を測定してみました。

 実測した比重 : 0.53

 調べると銀杏の木の乾燥比重は0.55となっていました。
この結果、この銀杏の木の乾燥は十分出来ている事になります。
それにしても50mm厚の板は中々重たいです。
完成予定のまな板の重量は4kg近くになってしまいます。(今使っているまな板より軽くしたいと思っていたのは早くも挫折です)


追)
 事前情報として”銀杏のまな板は異臭がする⇒銀杏の臭い⇒ウンチの臭い”と言うことを書かれたWEBサイトを見つけました。
その為銀杏でまな板を作ることに少し不安を持っていました。
しかし今回の製材でそんなことは全くありませんでした。(木の香りは製材時が最も強烈のハズです)
極普通の木の香り、強いて言えば栗の木に近い刺激臭でした。
ガセネタでしたが、WEBに掲載した人はきっと実際に銀杏のまな板を使った事のない人でしょう。(・・・銀杏のまな板は買うとなると高価ですから無理もありません)
念のため御報告まで ・・・


2015.02.17
関連記事

ラジカセ復活

 35年前のラジカセが復活です。

 自宅に居る時は、良く一日中ラジオを付けっぱなしにしています。
もっぱら民放を聞いていますが、時々貴重なローカル情報があり手放せません。
昔はFMを良く聞いていましたが、最近はどこの局も取り上げる話題が同じで魅力を感じません。
特に最近の若いDJは音楽の知識や話題の展開も貧弱で「もう少し勉強しろヨ!(怒)」と思う事もしばしばです、独創性も欠如している様に思います。


 ラジオは作業場にもガレージにも1台づつあって、時には3台が鳴りっぱなしで夜中に切り忘れに気が付いて消しにいくことがあります。
2階の仕事部屋で使っているラジオは、昔山登りの時使っていた携帯ラジオです。
ですからケースは所々割れてしまっていて、そこらじゅう荷造りテープで補修してあります。

 そのラジオを先日誤ってテーブルの上から落としてしまい見事に裏蓋(電池蓋)が壊れました。
それ以来、聞いていると時々音声が小さくなったり大きくなったり、雑音が出たりする時があったりと調子が著しく悪くなってしまいました。
そこで代わりのラジオを捜してみました。


 ガレージの奥(ゴミ置き場)から出てきたのがこの埃だらけの”ラジカセ”2台です。
 ①ソニー: CFS-D3    ・・・製造35年前?
 ②松下: RX-1820  ・・・製造30年前? 
どちらもここ20数年は一度も使ったことがない代物です。


ラジオ1
<ラジオ3台 :(後)①35年物。(前左)②30年物、(前右)③今まで使っていた物 >



①は通電しても最初まったく音が出ませんでしたが、VRや切り替えSWを繰り返し操作した結果やっと音が出ました。
但し周波数や時刻を示す液晶画面は全く表示しません。
それでも暫くラジオを聞いていたところ正常に使えるようになりました。
カッセット部も正常に動いたので、昔のカッセットを捜して来て入れてみました。
全く問題無く再生出来ました。(古いのでオートリバースではありません)
アナログですがCDより音が良い様に思います。(・・・それはないか??)


②は電池(6本)が入ったままで酷い液漏れ状態でした。
しかし電源やボリュームに問題は無かったのですが、選局インジケーターが半分しか動かず聞きたい局の選局が出来ません。

早速分解修理です。


ラジオ2
<分解: 手ハンダ(修正箇所)のフラックスも綺麗に洗浄されていて流石Made in Japan です>


 少しいじっていたら、インジケーターが動くようになりました。(・・・まったくの偶然です)
FM用のアンテナは折れて無くなっていましたが、1mの電線を接続したら綺麗に電波を捕えました。
これでラジオはAMもFMも聞けるようになりましたが、カセットは全く動きません。
ただ今後カセットを使う事はまず無いと思われるので、修理は止めました。


 という事でこの2台の内、今後は①を使います。
普通携帯ラジオは感度の問題で、ラジオ本体を回して一番感度の良い位置に置いて使うのが一般的ですが、このラジオは非常に感度が良いのでどんな位置でも綺麗に入ります。
形だけは少し大きいのですが設置位置(角度)に自由度が高いのでこれを使う事にしました。
これだけ大きければ誤って落とすことも無いと思います。(②も予備として取っておきます)


ラジオ3
<それぞれのラジオで電波が一番感度良く入る角度です>


2015.02.15
関連記事

籾殻

 昨年末”八ケ嶺ファームのオヤジさん”から古米を貰って以来、本日がコイン精米4回目となりました。

 コイン精米機は3kg以上で稼働する仕様になっています。
普通は10kgとか20kg単位で精米する人が多いのではないかと思っています。
しかし私は毎回5kgづつ精米しています。
従って当然回数が多くなってしまいます。
その理由は、”米ヌカ”と”籾殻”の収集の為です。


 これまで3回の精米の内、大量に収集できたのは1回だけ、後の2回は”ソコソコ程度”でした。
何時も大量に残っているのではなく、中には私のように米ヌカや籾殻を目的に行っている人も居るようです。
当たり外れがあるので回数で稼ぐ事にしています。

 たまたま前回は大量に残っていて、米ヌカ、籾殻とも手持ちの袋全てに詰めてきました。
と言ってもこれまで使っていたのは”土嚢袋”。
土嚢袋は目いっぱい入れても1袋にせいぜい25㍑くらいしか入りません。
まだまだ残りが大量にあったように思いましたが、袋がなくなったので諦めて帰ってきました。

 
 前回の経験から、今回は”ガラ袋”を10枚用意しました。
1袋で100㍑位入る様です。


a-ガラ袋
<ガラ袋: 10枚¥298也>


その結果 ・・・

 残念ながら今回は大外れでした。(これまでで最低)
前の人が全てを持ち帰ったようで、ガラ袋を出すまでもなく、私の精米分だけレジ袋に入れて持ち帰ってきました。

 これで”1勝3敗”です。
どんなタイミングで行くのが良いのかまだ分かりません ・・・まだまだ”駆け出し”ですね

 もう少し古米があるので引き続き研究したいと思います。


2015.02.13
関連記事

スモークウッド自作

  今も時々燻製作りをしています、スモーク材料は”スモークウッド”を使っています。
これは一旦点火すれば、燃え尽きるまで数時間煙を出し続け、全く手を掛ける必要がなく至極便利です。

  この”スモークウッド”、通常は市販品を使っていますが、素材となる木は沢山あるので前から自作に挑戦してきました。
この自作の件は前にも投稿をしたことがありましたが、その時はあえなく惨敗しました。


 今回しつこくも再挑戦しています。
前回は接着力が弱く上手く成型が出来ませんでした。
その時使った糊(障子貼に使う糊)が良くなかったのではと思って、今回は接着力の強い”蒟蒻糊”を使ってみました。



原料
<(左)チェンソーで作った桜のスモークチップ、(右)荒粉で作ったコンニャク糊>


混合
<チップとコンニャク糊を混合して良く混ぜ合わせる>


a-スモークウッドプレス
<型(パンの焼型)に入れてプレス成型>



 この状態でしばらく乾燥させます。
1週間くらいで出来上がるでしょうか?




2015.02.11
関連記事

新製材機検討(その3)

 立春は過ぎましたが、まだまだ連日寒い日が続いています。
外仕事は中々する気になりませんが、お蔭で新製材機の設計は思いの外はかどりました。


 当初スタートの遅かった”木製フレーム構造の製材機”ですが、こちらの方が先に基本設計が出来上がりました。
”金属フレーム構造”の方はホイールの調整機構で使用部材の選定が出来ず行き詰っています。


 木工の方が構造は複雑になりますが、加工方法はこれまでの経験から良くわかっていて又工作機械もそこそこあるので設計が簡単でした。
金属フレームの方は、使用素材をHCで調達できる物だけで検討していましたが、それだと上手く設計出来ません。
本職が使うような金属材料の専門店を開拓して精度の高い素材を捜す必要があります。
それと金属材料だと”溶接”を使うと構造が簡単になるのですが、溶接の腕に自信がないので設計にも躊躇しています。


製材機 木製フレーム
<木製フレーム製材機本体の基本設計>


 これを基に、いよいよ製作に着手します。

2015.02.09
関連記事