つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

いよいよ大晦日

 いよいよ今年も大晦日です。
大晦日と言えば”年越し蕎麦”。
そこで
先日、今年初収穫した”オヤマボクチ”の精製をしました。


 以前同じ仲間の”ハバヤマボクチ”を精製したことがありましたが、それに比べれば楽に出来たと思います。
しかし”ゴボウ葉”の精製と比較すると、数倍時間がかかりました。
今後、精製方法の技術確立(合理化)が課題となります。

<精製方法はここをクリック>


年越し蕎麦 (1)  年越し蕎麦 (2)

 <今回精製したオヤマボクチの繊維>


 収穫した葉は天日で乾燥した後、自作の乾燥機(熱源は蒲団乾燥機)に入れて十分乾燥させて使いました。
完成品(写真の状態)ではまだ最終精製出来ていない状態ですが、私の場合はこれで完成です。
煮ていないので色が少し黒く又葉肉も少し残っていますが、このまま使用時まで保存します。
”ボクチ蕎麦”は蕎麦打ちの準備作業としてこの繊維を数回熱湯で煮る事が必須なので、これが最終精製を兼ねる事になるのでこの状態でOKです。


 今回の精製で生葉306gから22gの繊維が取り出せました。
収率7.2%です。
 
以前に参照した信州大学の論文では収率は以下のようになっていました。
   ●生葉に対する収率   :  2.7%
   ●乾燥葉に対する収率 : 18%

 今回生葉の重量は計りましたが乾燥葉の重量を計リ忘れました。
生葉の収率だけで比較すると、論文の2.7%に対して7.2%となっていますから2.7倍になってしまいます。
この結果に私の精製方法は画期的だと喜びたいところですが、これだけ差があると明らかな間違いがあるはずでまだ素直に喜べないですね。
 以上このオヤマボクチに関してはまだまだ分から無いことだらけで、栽培方法も精製方法も課題が山積です。


 今年の収穫物は少量しかなく、ここで全て精製してしまったので、この収率問題は来年に持越しです。
後はこの精製品が本当に使えるかどうか、これから年越し蕎麦で検証します。



 それでは良いお年をお迎えください !!


2014.12.31
関連記事

我が家の重大ニュース

 今朝はまたまた雪でした。
積雪は約20cmですが、”湿り雪”で雪かきは大変で、2回に分けて行いました。


大雪1229 <大雪>



 いよいよ今年も押し詰まってきました。
新聞、TVでは恒例の”今年の十大ニュース”が盛んに取り上げられています。

 という事で雪で作業も出来ないので、『今年の我が家の十大ニュース』を考えてみました。
しかしあまり順位を付ける意味もないので、”重大ニュース”としました。(番号と重要度との関係はありません)


 以下が我が家の今年の『重大ニュース』です。

■zuku■zuku■zuku■zuku■zuku■zuku■zuku■zuku■zuku■zuku■

1.”自作電柵”完成: 設置以来猿被害が皆無となった。・・・何と言ってもこれが今年度最大の収穫でした!!

2.”生芋コンニャク”製法完成: ”浸漬法”でのコンニャク製法の技術確立が出来た。

3.タブレットPC導入: 奥さん用にタブレットPCを購入、ほぼ毎日使っていて投資対効果大・・・私も自分のPCを使うのを邪魔されなくなったのでHappy!!。(無線LANも同時導入)

4.新規PC購入: 突如PCが壊れた為に7年振りにPC購入(Win8.1 ノートPCとなる)、フリーソフトだけで構成。

5.”生ホップビール”成功: 今年初めて生ホップビール製造に成功、好評を博す。(残念ながら作ったのは一回こっきり)

6.”ハブダイナモ水車発電”完成: 残念ながら当初計画の電柵電源としての使用はできなかったが、LEDライトで有効活用が出来た、この技術の延長で”芋洗い水車”も完成。

7.”オヤマボクチ”初収穫: 自家栽培したオヤマボクチを初収穫し、精製実施。

8.栗木皆伐: 猿被害対策として5年越しで実施してきた栗林の栗木全てを伐採。 これで我が家の猿対策の懸念項目は全て完了となりました。


■zuku■zuku■zuku■zuku■zuku■zuku■zuku■zuku■zuku■zuku■


1年間お疲れ様でした !!!!


2014.12.29
関連記事

焼串改良

 先日タンドールで”タンドリーチキン”を作りましたが、これが非常に美味しくて今後も時々やってみたいと思ってしまいました。
タンドールは窯の全体から熱が出るので入れた材料を回さなくても、全周均一に焼けて簡単に調理できる非常に優秀な調理器だと思います。(美味しいのは言うまでもありません)

 ただ串を縦(ほぼ垂直)に入れないといけないので、串に刺した材料が落下し易いのが欠点です。

 今回”タンドリーチキン”を作った折り、肉の重さで串から落ちないか心配となって串2本を十字に刺して焼きました。
これはこれで十分上手く焼けたのですが、準備作業で刺すのも大変ですし串同士が窯の中で絡み合って位置取りが大変でした。

又以前に魚を焼いた時には、途中で抜けて炭の中に落下させてしまった苦い経験もありました。


 そこで早速『焼串』の改良を行いました。



a-焼串2
<焼串1: 市販品に”Rピン+座金”のストッパーを取り付>


a-焼串1
<焼串2: 自作した焼串、Rピン位置を3段階で調整可能>


 先日TVでインド料理店(日本です)でタンドリーチキンを焼いている様子が映りましたが、1本の串に横向きにして数個刺して焼いていました。(使っていたのはドラム缶位の大型のタンドールでした)
私のタンドールでも今回新規作製した串なら1本の串で3個は焼けそうなので、3本で一度に9人分が出来る勘定です。
と言ってもそれだけ大量に焼く機会はまず無いですね。

 このタンドールは何を焼いても美味しいです !!
しかしタンドール料理で、今回作った様な”ストッパー付の串”を使っているのを見たことはありません。
こんなものを使わなくても何かやり方があるに違いありません。
といっても残念ながら本場でのタンドールの使い方を見たことが無いので、私にとってこのタンドール料理はまだまだ開発途上です。
今後もまだまだ面白い使い方が出来そうな気がしています。


2014.12.27
関連記事

コイン精米

 『コイン精米』を初体験してきました。

 先日”八ケ嶺ファーム”さんのブログで、古米を捨てるとの記事が載っていました。
それを読んで厚かましくも、”勿体無い”と一部を譲り受けました。

 しかしこれが籾のままなので(農家としては当然)、いずれにしろコメにするため”コイン精米”に初めて行って来ました。(これまで使う事は無いと思っていたものを、使えるとなるとワクワクしますね)


 このコイン精米所は車で走っていているとやたらに眼についた記憶がありましたが、いざ使う段になるとどこにあるのか全く思い出せません。
大きなJAには有るはずと当たりを付けて、地図検索の”ストリートビュー”で捜しました。
その結果近くのJAの駐車場の隅に”コイン精米機”が見えました。
画像を拡大すると看板に、”もみすり”の文字が確認できました。・・・OK!!
という事でそこに行ってきました。
ストリートビューには色々物議もありますが、今回のケースでは助かりました。

<余談ですが、スイス旅行中グリンデルワルトのホテルでベランダに出て外を眺めていたら、このストリートビューを撮影する車が前を通りました。(この車は屋根の上にミラーボールの様な異様な撮影機材が載っているので一目で分かります) 多分バッチリ写っているハズと思って、時々見ていますが未だにアップされていません。 …ボツ?残念 >


a-コイン精米
<コイン精米所: ”もみすり”が出来ない所もあるようです>

a-コイン精米4
<内部/料金>

コイン精米2
<ヌカ取り出し室>

コイン精米3
<籾殻取り出し口>


 到着した時、かなりの年配の先客が使用していましたので、待ち時間で取扱い方法を詳しく教えていただきました。(この手の機械は良く知っている人に聞くのに限りますね)
結局精米そのものは料金を投入すると機械が勝手にしゃべて指示してくれますから何の問題もありませんでした。
気になっていた”籾米”と”玄米”は自動判別するので特に操作に違いがありませんでした。(料金は違います)
”米ヌカ”と”籾殻”の取り出し方法を事前に確り教えてもらったのが一番役立ちました。
しかしどちらもほとんど残っていませんでしたが、有るだけそっくり頂いて来ました。(・・・欲しいだけ持って行って良いという事です)


 ”コメ”が出来たので、これまで”クズ米”でしか作った事のない”ドブロク”を早速作ることにします。(高級品だ!)
但し完成までに2週間程掛かるので、残念ながら正月には間に合いません。


2014.12.25
関連記事

タンドリーチキン

 久し振りに”タンドール”を引張り出して来ました。

 クリスマスなので(?)、”タンドール”で鶏を焼きました。 タンドリーチキンです。


タンドリーチキン (2) <タンドール加熱: 薪を30分程燃やしています>


タンドリーチキン (3) <灼熱のタンドール>


タンドリーチキン (4) <チキンを3枚同時に入れました>



タンドリーチキン (1) <完成品です>



 炭を熱源として使う設定のタンドールですが、炭だけでやったのは最初の1回だけで後は薪を燃やして熾きにして使っています。
炭火だけで火力を上げるのは非常に時間が掛かって面倒で止めました。
しかし昔最初から薪を燃やして急激に温度をあげて窯(テラコッタ製植木鉢)を一度割ってしまったことがありましたが、慣らしを十分に行なってやれば薪を目いっぱい燃やしても割れないことが分かりました。

 骨付きモモ肉を焼くのは初めてで、大きいので重さで串から落ちないか心配で串2本を”X字”に刺しました。
これで3枚同時に焼きましたが、一番大きいいタンドールを使ったので余裕で焼けました。
余熱で約30分。
このタンドールは肉を動かさなくても、360°全周均等に熱を受けるので、一旦窯に入れると後は待っているだけでOKです。
完成品は真っ黒に焦げているように見えますが、醤油ベースの味付けなので醤油の焦げで、炭にはなっていません。



 これは美味しかったですね。
特に皮がパリパリで美味しかったです。
ブロイラーにも拘らず、地鶏の味です ? (本当は地鶏の味を知らないのですが・・・汗)
家人にも大好評でした。
ますます”タンドール”の魅力に取りつかれそうです。

2014.12.23
関連記事

雪中里芋

 先週から寒い日が続いていたのですが、本日日中は意外に温かい日差しだったので畑に行ってきました。

 少し前に里芋の数株が取り残してあることを思い出して気になっていたからです。
先日今年初めて最低気温が-10℃以下になったのですが、雪が降った後だったので、雪の断熱効果でまだ土の中までは凍っていないだろうと考えたからです。


雪中里芋
<雪中里芋>


 昨日は雨だったにも関わらず、畑の雪はまだ10cm近くあり、どこに里芋が残っていたのか分からず、1畝掘り起こしてしまいました。
その結果やはり土の中までは凍っておらず無事里芋の掘り出しに成功しました。

 今年は里芋の種イモも購入しましたが、少し時期が遅かったのでロクな物が残ってなくて、別ルートで購入したものです。
実は食用として売っていた里芋です。(値段は種イモの1/3です)

 芽が出るか心配しましたが発芽率も100%で、病気も出ず成長も種イモより良かったように思います。
そんな訳で例年より大量に作ってしまって食べきれず収穫がこんなに遅くなってしまいました。
この里芋は形状こそあまり良くありませんでしたが、味は種イモからの物より美味しかったように思います。

 これをもって本当に今年の農作業は全て終了です。

2014.12.21
関連記事

サーキュレータ(第3弾)

  今朝は寒いと思ったら我が家の温度計の最低気温がー12.2℃となっていました。(予報では-7℃)
本当に一気の気温低下です。
水道の凍結防止ヒーターの電源は既に入れてありましたが、最後の点検(動作確認)をしていなかったので少し慌てましたが、朝水が出ましたので全て無事だったようで安心しました。
又例年年末に行う玄関前の”風防室”設置も、既に1週間前に設置を済ませました。
今年が暖冬のはずはない!


 さて前にちらっと書きましたが、少し前から3台目のサーキュレータを製作していました。
今回は”軸流ファン”です。
昔使っていた極初期に販売されたファンヒーター廃材の送風機を使っています。

 これはこれまで作業場の屋根の直下に設置してあって、夏場に屋根近くに集まった暑い空気を作業場の外に強制排気するために永らく使っていました、
今回大掃除で埃を払う目的で降ろしたついでにスピコンを使って試験をしてみました。
その結果動作音が非常に静かで自作スピコンでのモーター制御範囲が大きいことが分かりました。(第1弾で造ったサーキュレータの2倍位広い作動領域あり)
何時も思う事ですが、家電品は初期の物ほど優秀な部品が使用がされている様に思います。
そこでこれをサーキュレーターに転用することにして、ルーバー付の枠を新規に造りました。


軸流ファン (2)
<ルーバー: 今回は全て2×1材で作りました>

軸流ファン (1)
<比較の為、第2弾(シロッコファン)と並べて設置しました>


 第2弾で造ったシロッコファン使用のサーキュレータと2台並べて使っています。
ルーバーはほぼ下向きで設定してあります。
その結果、回転スピードの調整範囲が広い今回のものの方が使い勝手が良いことが分かりました。
非常に低速で使っているのですが、部屋の隅々まで温度差無くほんわかと温まります。

 ただ低速の為ほとんど音が無く動いているので、寝る時スイッチを切り忘れて朝まで回っていることが良くあります。
これではエコのつもりで設置しましたが、逆にエコでない事になってしまっています。(次はタイマー設置か?)

2014.12.19
関連記事

食パンのスライス改善

 最近我が家の朝食では”食パン”は自家製が多くなりました。
これは市販の食パンの味が落ちてきている事に一番の原因があります。
消費税が8%となってから色々の食品の値上がりと目方減少が顕著です。(それも知らないうちに)
食パンも例外ではなく、値上がりと、著しい味の低下あり嘆いています。(安い粉に切り替えている・・・?)

 食パンを家で焼く事は以前からやっていますので特に問題になる事はありません。
最近問題となったのが、焼いたパンのブロックを綺麗に切断できないという問題です。
パン切り専用のナイフ(ギザギザナイフ)はあるのですが、これで切っても均一の厚みにならない。(平行に切れない)
且切断面が凸凹になってしまいます。
特に焼きたてのパンは柔らかくて上手く切れないようです。

 という事でこの”パン切断法改善”の仕事を受注しました。(押し付けられたと言った方が正確か?)

この改善策として導入した内容は、
(1)電動ブレッドナイフ導入
(2)切断治具製作 


 最初から”電動パン切りナイフ”を使う予定は無かったのですが、”パン切り治具”を調べていて価格が安かったので購入してしまいました。
これを購入して試しに切ってみたところ、切断面は非常にきれいなのですが厚みを均一にするのはやはり至難の業でした。
そこでどうしても”切断治具”が必要だと分かりました。
治具も市販品なら価格的には千円以下でも購入できるのですが、プラスチック製で電動ナイフでの使用は苦しそうな外観でした。
そこでこれは自作する事にしました。


新旧パン切りナイフ
<ブレッドナイフ: (上)従来品、(下)米国メーカーの中国製造、組み立てると全長45cmなので収納が問題>


a-パン切断治具
<切断治具: 総檜製・・・底板は自作カッティングボードの転用、その外は高座椅子の端材です>


 この治具のポイントは、切断後に切ったパンを指で摘まんで取り出す事が出来る点です。
最初の設計では切り欠きが無く、切断後のパンが取り出せませんでした。
・・・使ってみないと分からない?、現役時代にも似たようなこと(チョンボ)をよくやったものです。(汗)
完成後に切り欠きを追加工したので形状が少し歪んでしまいました。

 この切断装置一式のお蔭で、市販のパンと外観的に遜色ない物が食卓に載るようになりました。
味も切断の凸凹が無くなったので食感も良くなって一段と美味しくなりました。 (・・・気のせいです)


パン切断治具(4)
<苦心の治具収納: 一式を冷蔵庫の上の棚にフックで掛けてあります>


2014.12.17
関連記事

捨てられない症候群

 今年もそろそろ年末の”大掃除”が始まる時期になりましたね。
我が家にはゴミの様な物(明らかにゴミです)が沢山保管されています。

 先日の”サーキュレーター”の製作では、思わぬ”ゴミ廃材”が役立ちました。
それは”ブラインドリベットの軸”。
ブラインドリベットは非常に便利な材料で、金工(板金)では欠かせないものになっています。
しかし使い終わった後必ず引き抜いた軸が残ってしまいます。
これが非常に強度が高い材料なので勿体無くて、何かに使えないかと取ってあります。(特に目的無く)

捨てられない物 (1)
<ブラインドリベット軸の山>

捨てられない物(5)
<ルーバー: ここで又新たにサーキュレ-ターを1台製作中です>

 サーキュレーターのルーバーの回転軸を作るにあたって最初ピアノ線を切断して試作したのですが具合が悪く、この廃棄物を思い出して使ってみました。
これが真っ直ぐで、強度も高く板に打ち込んでも曲がらないので最適でした。


 もう一つの”廃材?”です
 ”ハブラシ”
我が家は歯を磨いてダメになった歯ブラシを相当昔から全て取ってあります。
これは中々用途が多く捨てられません。

捨てられない物 (3)
<廃ハブラシの山: 1年分ですが時々使っているので半分程度です>


 これには明確な使用目的があります。
現在一番出番が多いのが”チェンソーの清掃用具”。
何時もはエアーで吹き飛ばすのですが、ハブラシでの掃除も欠かせません。
特にエアーが使えない作業現場ではハブラシが一番です。

 その外”換気扇の掃除”、”雨水タンクのパイプ掃除”等、掃除用具としては非常に便利に使っています。
又木工で”接着剤を塗る時のブラシ”、”コーナー部分の塗装する時のブラシ”等中々便利なものです。
何れも使い終わった後、躊躇無く捨てられるのが何よりです。


  最後に台所のSUS製『三角コーナー』
どの位使っているのかよくわからないほど長く使っていました。
ここで側面の板金の繋ぎ目が外れ手を切りそうになったという事で捨てられる寸前で救出しました。

 変形した板金を修正し、SUSのブラインドリベットで補強。(ここでも”ブラインドリベット”を使ってしまいましたね)
金属タワシでクリーニングした結果、又元の姿(?)になりました。
これでまだ10年は使えるのではないでしょうか。

捨てられない物 (4)
<壊れた三角コーナー>

捨てられない物 (2)
<補修上がり>


 その外どうでもよい廃材が山ほどあり、作業場やガレージが埋まっていてしばしば作業の妨げとなっています。
既にその存在すら忘れてしまっているものも沢山ありますが、先日のソーダストストーブの覗き窓に使った耐熱ガラスなど、目的無く取ってあった物が時々有効利用できるのでどうしても捨てられません。

 ですから奥さんに何時も「死んだ後どうしたら良いの?」、と言われています。・・・その時は全て捨ててください!!

2014.12.15
関連記事

室内用ソーダストストーブ(その2/改善)

 先日試運転を行った作業場用ソーダストストーブに燃焼状態を確認できる”覗き窓”を付けました。

 今年新規に作った”ソーダストストーブ”ですが、外から燃焼状態が全く見えないのが最大の欠点でした。
その為適切な燃焼制御が困難でした。
作業場のメインストーブとして使うには、内部の燃焼状態が見える事が必須と考えて覗き窓付のソーダストストーブを2種類造ってみました。

その1: 本体に覗き窓取り付け


覗き窓 (1)
<雲母ガラス(マイラ)製>



<マイラ製の確認動画>


 この覗き窓は耐熱ガラスではなく”マイラ(雲母)”です。
前に解体して廃棄処分したファンヒーターの燃焼室の覗き窓に使われていたものです。
サイズが小さいのですが、内部状態は十分確認が出来ます。
しかし連続燃焼する場合は、複数個の本体を準備する必要があり、覗き窓もそれぞれに必要となりますがこのマイラ板は1枚しか有りません。


その2: 覗き窓付ストーブカバー



a-覗き窓
<ガスコンロ用耐熱ガラスの覗き窓付きカバー:後ろに空き缶煙突も付けました>


<燃焼状態確認動画>


 これはガスコンロの魚焼きグリルの前面に使われていた耐熱ガラスです。
これはたまたま曲面で出来ていてペール缶の曲率とほぼ同じだったので取り付け加工が簡単に出来ました。
又面積が広いので内部を見るのに大変好都合です。
最初煙で曇ってしまうのでは無いかと心配でしたが、全く問題なく最後まで綺麗に内部を見る事が出来ました。
これは本体とは別のペール缶となるので、1個あれば共通使用可能です。
ただ現在はこのカバーと本体との固定方法が面倒なので、簡単に取り付け取り外しが出来る構造に更なる改善が必要です。

2014.12.13
関連記事