つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

石釜用スモーク発生装置

 ”石釜用スモーク発生装置”を作りました。


 これまでは”ロケットストーブ”や”ウッドガスストーブ(WGS)”等、石釜を加熱するために出来るだけ大きなエネルギーを効率良く発生する”燃焼炉”を作ってきました。
しかし今度は出来るだけ燃焼させず(火を立てず)、しかも火を消すことなく出来るだけ長く煙を出させる炉が必要になります。
これはこれで真逆で大変な仕掛けが必要となりそうです。


 この”スモーク発生装置”の目的は”いぶりがっこ作り”です。
”いぶりがっこ”は秋田県のソウルフードです。
本場秋田では、いぶりがっこの大根のスモークには連続3日間ほど行うそうです。(現在の秋田ではスモークした大根の販売もあるようです)
ですから薪も効率よく煙を出し続ける事が要求されます。
という事で技術の粋を集めた(??)新たな炉を作りました。


スモーク発生器 (1)
<原料は”1斗缶”: 以前自動車販売店から貰った残りです>


スモーク発生器 (2)
<薪投入口と煙排出口を作りました>


スモーク発生器 (3)
<石釜の燃焼室にセットしました: 内部汚れを綺麗にすることを兼ねた燃焼試験中です>


 燃焼試験の結果、空気が前面の大きな開口部からしか入らないので急激には燃え上がらず大量の煙が出せる事がわかりましたので、薪を燃やすことで十分スモーク出来そうです。
これでいよいよ”いぶりがっこ作り”に取り掛かります。

2014.11.29
関連記事

電柵故障

 自作電柵が又故障です。

 先日畑からの帰り際に、農作業中は切ってある電柵の電源スイッチを入れ直したのですが通電している事を確認出来ませんでした。
その時は雨で逃げ帰るところだったので装置を開けて確認することが出来ずそのまま帰ってきました。(最近は猿が来ても畑に近づかないので電柵が稼働していなくても大丈夫なのです)

 今日晴れたので改めて確認に行ってきました。
その結果電柵は問題なく機能していました。

 放電しなかった原因は”バッテリー上がり(鉛蓄電池)”でした。
電柵の消費電力に対して、ソーラーパネルの発電量不足が原因の様です。



バッテリー充電 (2)
<電柵電源装置>


 電柵はバッテリー電源が無くても日中なら、ソーラパネルの発電だけで機能しています。
今回たまたま雨でソーラーパネルの発電量が極端に少なかったので発見できたのだと思います。
バッテリーの電圧は10Vになっていました。(これはかなりの危険領域です)



バッテリー充電 (1)
<急速充電>



 早速車用の急速充電器で充電を行い再設置しました。
今後は定期的にバッテリーチェックが必要になると思います。
それでもこんな装置で半年近く問題なく稼働出来ましたので、結果オーライでしょう。(投資金額に十分見合った成果・・・?)

 最近では近所で猿は話題にならなくなりました。
今年の我が家の畑は電柵を設置してから猿被害0です。(病害虫は相変わらずですが)
お隣さんからも「お陰様で!!」と言われています。
猿の出現は相変わらずあるようなのですが、被害は無いとの事です。(隣の畑にも近寄らない様です)

 嬉しいですね !!


2014.11.27
関連記事

ヤーコン茶

 今年も”ヤーコン茶”が出来ました。

 天候不順で生育が遅れて心配した今年のヤーコンですが、秋口から葉の収穫を開始して天日乾燥していました。
それを使ってここでようやく”ヤーコン茶作り”を開始しました。
結果的には例年並の収穫量となったと思います。


 私は天日乾燥でやっていますが、世の中には”ヤーコン茶”の製法にも色々あるようです。
日本茶の様に蒸してから乾燥させたり、煎ったりする製法もあるようで、やったことはありませんがこれらはヤーコンの”苦み”を除去するのが目的の様です。
私の製法は至ってシンプルで採った葉を並べて乾燥させるだけです。
商売なら手間を掛けても苦みを消して飲み易くして大量に販売するという手もありますが、商売でもないので手間が掛かる製法はやりません。
確かに乾燥させただけのヤーコン葉のお茶には苦味がありますが、これも慣れの問題だと思います。
薬効を求めるなら何もやらないのが一番だと思っています。(但し薬効の有無は不明です)



ヤーコン茶初回 (1)
<最終の強制乾燥: 仕上げの乾燥です、天日乾燥だけだとカビ易いので>



ヤーコン茶初回 (2)
<葉脈除去上がり: 葉脈はお茶としては問題ありませんが、硬いので真空パックの袋を破かないようにやっています>



ヤーコン茶初回 (3)
<真空パックして完成: この機械は何時も封止が不安定で苦労しています>


2014.11.25
関連記事

”イクラ醤油漬け”

 昨日は新潟県上越方面に行ってきました。
そうです昨夜、大きな地震があった近くです。

 昨夜は突然の緊急地震警報に驚きました。
タブレットの緊急地震警報は約10秒前から鳴りました。(後で見ると表示は『12秒後に地震が来ます』となっていました)
携帯の警報は地震とほぼ同時でした。
いずれにしろ全く何も確認(震源地に近いのか遠いのか)出来ないうちに揺れが来ました。
何も被害が無かったのですが、震源地に近いと警報など全く役に立たないことが分かりました。
震源地ではかなりの被害が出ていますが、我が家も”フォッサマグナ”の上に建っていますから、揺れも尋常ではなかったですね。


 さて今度の連休は本当に天気が良いですね。
前回の連休は遠出の予定をしていましたが、天気予報で雨となっていましたので止めてしまいました。
この連休はあまりに天気が良いので予定はしていなかったのですが遠出をしてきました。(日帰りです)

 新潟の海を見て、新鮮な魚を食べて、帰りに魚を土産に買ってくる計画です。
ですからゆっくり9時過ぎに家を出発しました。
連休の高速は嫌なのですが、やはり非常に混んでいました。
久し振りの高速と、走行車線(80km)と追い越し車線(120km)のスピードの余りの差と飯山から先の対向1車線走行に疲れて、新潟県に入って新井SAで小休止。
ところが此処には”鮮魚センター”が隣接していました。
又”スマートインター”になっていたので一旦高速を降りて買い物をしました。


新井SA1
<やはり鮭の本場です: ただ沢山のハエには閉口です>


 ここでそこそこ魚の買い物が出来、新鮮で美味しい寿司の昼食にもありつけたので、その先の混んでいそうな北陸道に入らず引き返してきました。(天気が良かったので、海は遠目に見えた様な・・・?)
長野と新潟の県境あたりは、丁度”晩秋”で陽の光に映え非常に綺麗でした。
マァー、特に目的があるわけでないので十分満足できた一日になりました。


 さてそこで購入してきたのが、今が旬の”筋子”。
値段的にはそれほど安くはないですが、新鮮そうなので購入してきました。(これが目的と言えば目的です)


新井SA2
<購入した筋子>


 帰ってから直ぐに”イクラの醤油漬け”に加工しましたが、熱湯をかけても破れた卵の皮が浮いてくることがほとんどなく流石新鮮さが分かりました。(魚に関しては海が近くにある人が羨ましいです・・・反面リンゴやブドウは恐ろしく高かったですね)

 この”イクラの醤油漬け”、沢山作り過ぎたので正月まで持たせる方法を研究中です。


2014.11.23

関連記事

スピードコントローラー

 自作”サーキュレーター”の風量制御に使う”スピードコントローラー(スピコン)”を作りました。(4台目です)

 スピードコントローラーは現在2種類保有しています。
(1)昔個人輸入で購入したスピコン・・・ 15~16年前に購入(1台)
(2)自作のスピコン・・・ 購入回路キットを使って15年前に自作(3台所有)


スピコン
<スピコン2種類: (左)購入品、(右)自作品 >


 このうち(1)の購入品はルーターの回転制御用に購入したのですが、調整領域が狭く且回転数が落ちるとトルクがなくなりルーターでの使用が出来ませんでした。
今回この使っていないスピコンを使うつもりでしたが、サーキュレーターに接続しても全く回転しません。
このモーターの制御は出来ないようです。
結局このスピコンは今回も使えません。
当時は結構高価だったと思いましたが、全くの役立たずです。 (これまで制御出来たモーターはありませんでした。・・・怒!)


 当てが外れたので次に自作のスピコンを試してみました。
これは普段から便利に使っているものですが、今回のサーキュレーターでも問題なく使用可能でした。
3台自作してありますが工作機械用で全て現役で使っているのでここで新たに1台追加で作りました。

 昔購入した時の”回路キット”が1台分残っていました。
『トライアック万能調光器キット(秋月電子)』です。
15年程前に購入したもので、ユニバーサル基板で作るようになっています。(現在は専用プリント基板で非常に簡単に作ることができます)
回路は昔のもので問題ないのでこれで製作しました。


a-スピコン部品
<回路部品>

スピコン回路
<回路組み立て・・・トライアックにPCのCPU用放熱フィンを切断して使用>

a-自作スピコン
<スピコン完成: ヒューズ(15A)追加/前に作った物よりシンプルな構造になりました>


 4台目ということもあって、これまでより改良出来たと思います。
居間で使うので前面パネルは木製品に交換しました。(百均です)
このモーターはスピコンで制御できる領域がかなり狭いのですが一度設定すればほぼ固定で使うので問題ないと思います。

2014.11.21
関連記事

煙突修理

 作業場屋根修理に引き続いて、同じく春先落雪で破壊された”煙突トップ”を修理しました。

煙突修理 (1) <壊れた煙突: 空が綺麗です >


 下から見ていた限りでは、簡単に修理できるように見えましたが、外してみるとかなりのダメージを受けていました。
改めて雪(多分氷の塊)の威力のすさまじさを感じました。



煙突修理 (2) <煙突とステーのダメージ>

 
 へこんだ部分をプラスチックハンマーで叩いて修理する予定でしたが、そのままではハンマーの入らない部分もあり、リベット(銅製)を切断して一旦分解しました。
それをプラスチックハンマーで打ち出し、綺麗に(?)整形しました。
最後にリベットの代わりにブラインドリベットを使って固定して完成。


 見る限りほぼ元通り、何事もなかったかの様な姿(?)に戻りました。 (遠くから見ると・・・汗)


煙突修理 (3)  <修理完了した煙突とステー>


煙突修理 (4)  <煙突に取り付けて作業完了です: 今日は一日穏やかな晴天でした>


 ついでに煙突掃除も行いましたのでこれで何時寒くなっても薪ストーブが焚けます。
更に今年は新たな薪ストーブも作りたいと思って検討しています。
もし完成(成功)したらブログにアップします。

2014,11,19
関連記事

ヤーコン収穫

 ヤーコンを収穫しました。

 今年のヤーコンは木の成長が悪く心配しましたが、結果はまずまずとなりました。
ただ作付は1畝だけで株数では昨年の半分でした。
しかし今年は大きな芋が多く、収量は昨年の2/3までいっている様に思います。


ヤーコン収穫
<収穫したヤーコン芋>


ヤーコン栽培を何時開始したのは正確には覚えがありませんが、10年程前だったと思います。
猿被害の無い作物として食べたこともなかったので2、3株試験栽培をしてみたのが最初です。
当時は”ヤーコン茶”作りを目的にしていたのでヤーコン芋はあまり食べなかったのですが、ここ2・3年は色々試してきて消費量が増えました。
その内容を少し公開します。(ただWEB検索すると何時も出てくるような、定番の料理は除いてあります)

■これまで実証済の加工方法 ・・・ (評価結果: ◎:優 /○:良  /△:可 /●:不可  ・・・あくまで主観です )

  ◎凍みヤーコン
  ◎干しヤーコン
  ◎ヤーコンジュース(100%、無添加)
  ◎ヤーコン酢
  ○ヤーコン糖(濃縮液) ・・・美味いが色が悪い
  ●ヤーコン糖(パウダー) ・・・非常に手間が掛かる割に使いづらい(ただ味は美味しいです)
  ●干芋 (サツマイモと同じ加工方法) ・・・わざわざ作る価値のあるものではなかったような・・・?

 (注)上記のほとんどはこのブログに掲載がありますので興味がある方は検索してみてください。
   
■今年の新たに挑戦したい加工方法(あくまで予定ですが・・・)

  ・ヤーコンジャム
  ・焼芋 
  ・ヤーコン酒 ・・・ワイン、ビール??
  ・ヤーコンアイス(ジェラート)


 このブログを読まれている方で、何か独創的な(WEBに無い様な)ヤーコン芋の加工方法(料理)があったら是非情報提供してください。
頂いた加工方法で私が興味を持ったものは実際に作ってみて、結果(当然旨い、不味い)を原則公開させていただきます。

2014.11.17
関連記事

落雪で壊れた作業場屋根の修復

 今年の春先に母屋の2階屋根からの落雪(落氷)で破壊された自作作業場の屋根の修理を始めました。

 破壊箇所(垂木)が作業場の中でなく入り口の軒先だけでまだ原型を留めていて、作業にも又台風でも実害が無くそのままになっていました。
と言ってもこの冬再度落雪の直撃を受ければ完全に破壊されることは明らかなので、冬を迎える前に重い腰を上げて修理に取り掛かりました。


屋根修理1 <壊れた垂木  >

屋根修理2 <破壊箇所: 被害にあった3本の垂木の内2本は節部分で折れていました・・・施工ミスです>


 作業を始める前は、簡単に”添え木”で補強して済まそう程度に考えていました。
ところが破壊箇所を詳細に検討した結果、補強程度ではどうにもならないことが分かりました。
という事で破壊部分の屋根(ポリカ波板)を一旦剥がし、破壊されていた3本の”垂木”を外して新たな垂木とそっくり交換しました。


屋根修理3 <修理完了>


 破壊前は2×4材を2分割した木を使っていましたが、今回の修理では2×4をそのまま使っています。
これで強度的には飛躍的にアップしたはずです。

2014.11.15
関連記事

サーキュレーター(第2弾/その2)

 シロッコファンを使ったサーキュレーターが完成しました。

 設置形態を色々考えたのですが、モーターむき出しのまま天井から吊り下げるのが最も簡単(何も加工しなくてよい)で空気循環効率も高い使い方ですが、仮設したところ工場ならいざ知らず、居間では”見栄えが悪く”即却下となりました。
そこで前のサーキュレーターと同じく部屋の隅に、縦置きすることで設置面積を小さくすることにしました。

 ファン周囲を杉板で囲い、吹き出し口の風向を下向きに変えるのに”ルーバー”を付ける事にしたので、少し複雑な設計、製作となりました。


ルーバー
<ルーバー(手動式)の構造: 金属軸を打ち込みこの軸で回転させます>


杉板ケース
<製材した杉板で作った、サーキュレーター本体ケース>


杉板ケース2
<上から吸い込んで前面から吐き出します>


サーキュレーター完成
<ストーブ(FF)上の天井近くに設置したサーキュレーター>

 

 
 最高スピードでも動作音は静かですが、風量が少し大きいので”スピードコントローラー”で制御するようになると思います。
又電源ON/OFFを簡単に行うためプルSWを取り付ける等、今後電源周りの改善を少し行う予定です。


2014.11.13
関連記事

生芋コンニャク作り(その2)

 失敗した今年最初の”生芋コンニャク作り”でしたが、再挑戦しました。
その結果、今回は大成功となりました。

 同じ芋の1/4を使って作るので、失敗の原因を明確に出来る様に使用材料や工程を確実にチェックしながら実施しました。
その結果失敗の原因が分かりました。

  『浸漬する時に使った水の量が少な過ぎた。』

 ”浸漬法”は最初に擂り卸ろした生芋を大量の水と攪拌してアクを水に溶かして取り除くことに最大の特徴があります。 
ところが今回使った生芋は4~5年生の大きな芋で、芋の切断面がピンクなので普通の芋(3年生)よりアクが相当強いようです。(ピンク色はアクの色であることはすでに分かっています)

 ですからアクの量が多い生芋の場合は通常より浸漬する水の量を多くして、アクの溶解量を多くしないといけないのです。
前回はこれまでと同じ水の量で行ないました。(湧水を使うので、それほど潤沢に使えないのです)
ただ芋のアクの含有量が分からないことには、最適な水量を決められません。
そこで使用する水の量を出来るだけ多く(過剰に)することで、どんな芋でも対応可能とすることにしました。
これまでの経験から、生芋の給水率は浸漬時間で決まり、浸漬に使う水の量とは無関係であることが明確になっていますので、問題ないはずです。
という事で今後は浸漬に使用する容器(鍋)は使う生芋の量によらず、常に一番大きな鍋を満水状態で使うことにします。
ちなみにこの鍋には満水で12㍑の水が入ります。(これまでの倍の量です)



新生芋こんにゃく (1)
<擂り卸した生芋の浸漬: 満水でもオレンジ色に近い>

新生芋こんにゃく (2)
<上澄みを捨てた後の沈殿物の状態>

新生芋こんにゃく (3)
<加熱上がり>

新生芋こんにゃく (4)
<流し込み>

新生芋こんにゃく (5)
<20分煮沸して完成>



 前回は完成した刺身コンニャクは薄いピンクでしたが、今回はグレーでした。(昔はピンク色のものを”幻のコンニャク”と有難がっていました・・・汗)
内部も黄色でなく同じグレーとなっていました。


 以上、技術確立してあった”浸漬法”の製法そのものは何ら変更する必要がないことが分かりました。・・・・・・めでたし、めでたし!!

2014.11.11
関連記事