つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

修理2題

1)ドライヤー

 昔”ドライヤー”を修理してあげた会社から、再度の修理依頼がありました。
加熱出来なくなったと言う事です。
普通のヘヤードライヤーですが、生産工程で接着剤の乾燥用に使用している物だそうです。


ドライヤー1 <故障したドライヤー: 接着剤だらけ>


 前の修理は2~3年前の事で修理内容の記憶はありません。
同じものを2台使っているとの事ですが、修理の痕が見えないので前回とは別物のようです。
いずれも普通の家庭用のドライヤーなので前回修理後、工業用のしっかりしたものを購入したらどうかと進言した覚えがありますが、相変わらずそのまま使っているようです。


 今回の故障の原因は”ヒーターの断線”、ヒーターの両端が圧着端子で止められていて、この一方の接続部が黒焦げで焼き切れていました。
基板(マイカ)に圧着端子がハトメで止められていましたが、ハトメと圧着端子、又はニクロム線と圧着端子の接続部がゆるくて接触不良(?)かなんかで異常発熱して焼き切れた様です。

ドライヤー2 <故障箇所>


 修理方法は発熱部で半田付けは出来ないので面倒です。
切れたニクロム線の端を圧着端子で接続、この端子の穴と基板のハトメを確りネジ(M2)止めしました。


 相当年代物のドライヤーなので分解組み立てが楽に出来ました。
最近の家電品は事故対策の為か合理化か、簡単に分解出来ない構造が多いのですが、昔の物はその点分解が簡単です。
分解が簡単なら修理もし易いので、長く使うことが出来るので良いですね。

 ただこういった火災等の危険が伴う機器の修理はあくまで自己(依頼会社)責任です。(これが原因で会社が火災になっても責任は取れませんので念のため・・・)


 
2)手動発電式LEDライト


発電ライト1 <LEDライト>


 奥さんの実家にあった”手動発電式LEDライト”。
防災用として、農協さんからの頂き物のようです。
早速試験してみました。
最初は結構明るく点灯していましたが、数回点灯させていたら点かなくなりました。
グリップを握っても全く負荷が掛かりません。 
空回りしています。
私が壊したのが明確なので、早速分解修理です。




発電ライト2 <分解>


発電ライト3 <不具合箇所: 矢印箇所に歯がありません>


原因が分かりました。
”増速歯車列”の歯車の歯が1枚なくなっていました。
この為、この歯のあった部分に来ると空回りして、力の伝達が出来なくなっていました。
プラスチック製の歯車なので修理出来ません・・・と言う事で修理はここで終了です。
今回は残念ながら元通りになりませんでした。(これも良くある事です)

 LED1個点灯するだけならこんなオモチャのモーターでも発電出来るんですね。
・・・勉強になりました。

 見たらグリップ部にこのような注意書きフィルムが貼ってありました。

発電ライト4 <注意書き>



 「これは動かせば壊れます。」と言うことと同じですね。
こうなる事を承知で販売している超々悪質商品です !! 


”イザ”という時に使おうと思っていると、全く役に立たないことになる酷い代物です。
”タダより高いものは無い”の典型ですね。
シール一枚貼り付けておけば”製造責任”を免れる事が出来るとでも考えているのでしょうか?
『流石、中国 !』


 こんなものを配るほうも配る方だ。・・・(怒)


2014.04.29
関連記事

ハブダイナモ発電(第2弾-その3)

 先に完成させた”ギア増速型ハブダイナモ水車発電機”の水路試験を実施しました。



[広告] VPS
<水路試験動画>


水路試験で分かった事。
・無負荷での回転数は、水車28rpm/ハブダイナモ81rpm(ギヤ比:2.9倍)
・印荷(LEDライト)での回転数は、水車19rpm/ハブダイナモ55rpm(30%減)

最初無負荷で廻した時は非常に高速回転となり期待以上で嬉しくなりましたが、負荷を掛けると途端にハブダイナモの内部抵抗(電磁誘導)の為大幅回転数低下となってしまいました。
ギヤでの増速の分、水車はハブダイナモの抵抗を3倍受けることになります。
それでも55rpmの回転数が確保出来たので、LEDランプもこれまでで最高の輝きでした。


 発電電圧は6Vを中心に多少上下しましたが、ほぼ安定していました。
これで水量の少ない水路でも安定して”ハブダイナモ水車発電”が出来る様になりました。


2014.04.27
関連記事

猿防護柵(改造版)

 自作”電柵”を春の農作業開始に間に合わせようとやっていましたが、現状間に合わないのが明確となりました。
その為”防護柵”の増設が必要になってしまいました。

 ”ジャガイモの植付”は既に済ませ、今年も防護柵で確り囲いました。
何時もより畝の長さをが長くなってしまった関係で、従来の3組/1畝(6m)の防護柵ではカバーできず1組追加しました。
しかし追加した分の半分しか畝はなく半分無駄となっています。

 今回ばかりでなく前から、短い防護柵が必要な時が度々ありましたので、従来の半分の長さの防護柵を作ることにしました。
従来の長さは2m、今回のは1mです。


半サイズ防護柵  <半サイズ防護柵>



 出来た半サイズの防護柵は軽いので扱いが簡単で良好です。
従来の防護柵は長いだけに重量も結構あり、女性が扱うのに少し大変でした。
全てをこの半サイズにすれば良いとは思いますが、作る上では長いのもでも短いのもでもほとんど同じ工数で出来ます。
ですから今回は最低必要分だけ作ることにして、従来のもの2枚を切断して4枚に改造しました。


 防護柵を作るのは大変ですが(費用も)、これがなければ”猿の餌”を作っている様なものなので痛し痒しです。

2014.04.25
関連記事

身延山登山

 今日は今年度最初の山行、山梨県の『身延山(1153m)』でした。

 今週初めから天気が不安定で心配しましたが、皆さん行いが良かった為かやや寒いものの晴天となり楽しい山行となりました。

今回の山行では特別に2つの目的を持って行ってきました。
その目的は、
(1)トランシーバーの通信性能確認。
(2)タブレットを使ったルートトレースの確認。


まず”トランシーバー”ですが、購入した”特小トランシーバーの実力が如何程の物か?”というのが最大の関心事です。
今回目的地は身延山ですが、2組に分けて、①ロープウェー組と、②参道登山組です。
この2組がそれぞれ1台づつトランシーバーを持って、時々交信を行いました。
その結果、

・1~2kmでも見通せる所だと明瞭に通信できる。
・距離が2~300mでも間に山があると、ほとんど繋がらない。
・樹林帯だとノイズが多く聞き取りずらい(木の遮蔽効果が大きい)


やはり山での連絡は携帯電話が使えれば、携帯が一番良好です。
トランシーバーは携帯が使えない時の最終手段ですね。



次に”ルートトレース”ですが、使ったアプルは前回同様”YamaNavi”。
こちらは登山中でも現在位置確認が問題なく出来ました。
ルートトレースは帰宅してからの記録確認となりましたが、確り記録できていました。

身延山0423 <本日のルートトレース>


 前回の記録間隔が1分毎で、非常に粗いルートとなってしまっていたので、今回”10秒毎”の記録設定にしました。
その結果実際に歩いたルート通りの記録が出来ていると思います。

 又心配した電池の持ちですが、今回7.5時間の記録時間でしたが、残り電池容量は82%となっていました。
意外に電池消耗が少なく驚きです。
これなら日帰りばかりでなく1泊2日程度でも問題なく使用できそうです。


2014.04.23
関連記事

ハブダイナモ発電(第2弾-その2)

 前にも書きましたが”ハブダイナモ水車発電機”第2弾では『ギア増速式水車』の作製も同時に進行していました。

 水車の側面に自転車のギア(クランクギア)を取り付け、別置した変速ギアを取り付けたハブダイナモをチェーン駆動させる構造です。


A車輪分解 <使用した自転車廃材: 一番右が問題のハブ>



 水車は新規作製です。
ところがここで難題発生。
使用する予定の自転車ハブ(前輪ハブ)の穴をハブダイナモと同じ様にネジ切りして側板をネジ固定する設計でした。
ところがネジ切りタップが喰い付きません。
このハブは相当な焼入れがしてあるようで、硬度が高過ぎてまったくタップの刃が立ちません。
それならと設計変更して穴径を大きくしてボルトで固定しようと思いましたが、今度はチタンコーテングしたドリルでも全く削れません。
このハブは相当優秀な材料と優秀な熱処理が行われているようです。


 仕方がないので、分解できる構造は諦めて、”ブラインドリベット”で固定することにしました。
この構造だともし問題があってもリベットの切除以外に分解することが出来ません、慎重に設計製作する必要があります。
又変速ギアも確り焼入れされていて穴が明けられないのでハブダイナモへの固定にも苦労しました。

 この水車は先の高速型水車(Φ300mm)と並行して設計していましたが羽根を固定する為のネジの調達に苦労したため1週間掛かりました。
この水車設計の一番の肝は”ネジ”です。


A固定ネジ <小ネジ :M4×110>


このネジを捜すのに1週間かかりました。
NETでも捜しましたが、適当なものが無く、松本のHCまで往復70kmを2回行ってようやく入手しました。
この特殊なネジを36本揃えるのは中々大変でした。(最終的に注文になりました)
このネジの入手に1週間、それが設計期間です。

 しかし水車の製作・組立は丸2日間でした。
水車製作も3台目となると自分でも驚くほど手際よくなりました。(商品化出来そう??)


A水車羽根 <羽根構造: 上掛け、中掛け兼用>


多段ギア固定 <多段ギア取り付け:4段使用可能>


A完成品 <完成した、増速型水車>



 
2014.04.21
関連記事

こんにゃく芋発芽

 ここ1カ月ほどこんにゃく作りから遠ざかっていました。 
その間、こんにゃく芋が発芽していることに気が付きませんでした。



Aこんにゃく2 <芽が出たこんにゃく芋: 3年生?>


 毎年”こんにゃく芋の種芋”や”ヤーコンの種芽”は冬の間は凍らせないため家の中で保管しています。
今年も例年通り2階の物入れにダンボール箱や土嚢袋に入れて置いてあります。
先日久し振りに覗いたら、こんにゃく芋から芽がのびていました。
それも70cm。

 畑作りを開始していますが、苗物を植えつけるのはまだまだ先です。
昔からこの辺では”八重桜が咲けば苗を植えても良い”と言われていて、これまでの経験からこれはかなり正確な天候判断だと思います。
ようやく桜が咲き始めましたが、八重桜はあと2週間位先になると思います。


 そこでこの芽が出た種芋を使ってこんにゃくを作ってみました。

ところがこれが大失敗。


 作り方は昨年技術確立した”浸漬法”です。
しかしこんにゃく芋を卸金で卸す時、すでに水分が無くパサパサ状態でした。
これにたっぷりの湧き水を入れて30分置きました。
この方法でこんにゃくマンナンが適量の水を吸収して下に沈み、不純物が上澄みとして残るハズでした。
ところが今回上澄みが全く残りません。
投入した全ての水をこんにゃくが吸収してしまっていました。(適量の2倍程度の水を吸収)


 これはおかしいゾ!! と思いながらも一通りこんにゃく作りをやってみました。
その結果やはり固まりません。
型に入れて30分置いたものを手で持ち上げると指の間から流れ落ちてしまいます。
それでもお玉ですくって、熱湯に放り込んで20分ほど煮込みました。

 その結果、鍋いっぱいの1つのこんにゃくの塊が出来ました。
その味は・・・??
昔の製法で作ったのと同じこんにゃくの味です。
内部の色も”黄色”です。(これは不純物(エグミの元)の塊)

 今年は美味しいこんにゃくを食べ続けてきたので、もはやこの味では食べる気になりません。
残念ですが全て廃棄処分しました。

A廃棄こんにゃく <処分したこんにゃく>


 この時期、もう”生芋こんにゃく”は無理のようです。
それと”浸漬法こんにゃく作り”も万能でないことが分かりました。


2014.04.19
関連記事

山登り準備

 いよいよ来週から、今年度の山岳会の山行が開始します。

 冬場にまったく運動をやっていないので、心配になって慌てて山登りの訓練に行ってきました。(本当にあきれるくらい泥縄です)

 ついでにタブレットでの”ルートトレース”の検証をしてきました。
使ったアプリは『YamaNavi』。
このアプリはNET接続されていなくても使えるアプリです。
ですから登山中でも”現在位置確認”や”ルート記録”ができる山登りでは非常に役立つアプリのようです。
これまで車でのルート記録が出来るのは確認できていましたが、歩行で使うのは今回が初めてです。


 今回訓練を行ったのは、西山公園(諏訪市)から峠を越えて後山(うしろやま)地区へ行く林道です。
標高差約400m程です。
この林道を歩くのは今回が初めてでしたが、良く整備されていて明るくて山登りの訓練には非常に良いルートだと思いました。
途中で写真も撮って来ましたので、地図上の番号と合わせてお楽しみください。



中峠0416 <ルートトレース>


①西山公園: 桜はまだですが、枝垂桜が咲き始め、アズマイチゲ(?)も綺麗でした
A西山公園


②ふきのとう: 途中の草地一面にふきのとうがいっぱいあったので帰りに取って来て茹でて冷凍にしました
Aフキノトウ


③苔むした沢: 青苔が付いて非常に綺麗な沢がありました 
A沢筋


④東屋: 峠の少し下に立派な東屋があり、諏訪湖も見えました・・・ここをだれが使うのでしょうか?
A東屋


⑤中峠: 本日の最高標高地点です・・・この林道の少し先で木の伐採作業をしていて通行止めとなっていましたので引き返してきました
A中峠



 記録されていたルートが上の地図の青線です。
往復共まったく同じルートなんですが、記録されたルートではかなり違って見えます。
60秒間隔でのデータ取り設定なので、60秒毎の位置を単純に直線で結んでいるだけだと思います。
従って林道が曲がりくねっていても表示されません。
特に帰り(下り)は一気に駆け降りてきたのでほとんど林道に乗っていません。(地図も少し違っている・・・??)
山登りといえども60秒あれば相当な距離を歩いてしまうようです。
綺麗に表示させる為には、もう少しデータ取り間隔を短く設定する必要があります。

 尚登山中の現在位置確認は地図上で確り出来ました。
これは登山のツールとしては秀逸です。
後は電池の持続時間だけが心配になります。


2014.04.17
関連記事

炭焼き

 いよいよ本格的に農作業開始に向けて準備をしています。
先日の”高速水車試験”もこの作業の合間にやってきました。(やっつけ仕事です)


 今年はまず昨年末に伐採した桑の木の処分で”炭焼き”をしました。

隣りの畑との境界に植えてあってここ何十年も伸び放題だった桑の木を伐採して、畑一面に広げてありました。
冬の間に少し乾燥出来たのでこれを燃やして炭にします。

 ナタ(”土佐ナタ”と呼ばれるナギナタの様なナタです)で40~50cmに切断して積み上げ、一気に燃やします。
灼熱状態になってしばらくしてから土を掛けて空気を遮断して、2~3日放置すると炭になります。
これを畑に撒いて土壌改良剤として利用します。

 今回は伐採した木が大量なので、半分だけ焼いて残りは来週もう一度やる事にしました。
多少危険な作業なので半分づつやることにした次第です。
畑の真中でやったのですが、時々強めの風が吹いて一時かなりの火勢となって慌てました。(時々間違って山まで焼いてしまう人がいてニュースになります)

そんな訳で一旦火を点けると傍を離れることが出来ないので、今回炭焼きの写真を撮る余裕がありませんでした。



Aオヤマボクチ <オヤマボクチ>


 さて畑では、昨年定植した”オヤマボクチ”から既に葉が出ていました。
嬉しいことに全ての株が生き残っていました。
今年は花が咲いてくれるでしょうか?
採種出来れば更なる増殖が期待出来ます。


たまねぎ <タマネギ>



 毎年失敗している”タマネギ”ですが、今年は例年に無く上手く冬越できました。
タマネギはサルの大好物なので、オリの中で栽培しています。
このままサルの被害が無ければ、例年の倍くらいの収獲が期待できるハズですが・・・。


 なんとか早く”電柵”をモノにしたいところです。


2014.04.15
関連記事

ハブダイナモ発電機(第2弾)

 先日の”ハブダイナモ発電機”の水路試験で回転数が上がらず失敗に終わったので再検討していました。

 改めて水車について勉強してみました。
色々検討した結果以下の2方法について並行して試作を開始しています。

(1)高速型水車 ・・・水車外形を小さくして回転数を上げる。
(2)ギア変速型水車 ・・・水車とハブダイナモを別々に設置しギアで増速して回転数を上げる


*************************

 そこでまず『高速型水車発電機』を製作しました。

 今回の水車の変更点は2点です。

(1)水車外径変更: Φ450mm ⇒ Φ300mm。
   これで計算上は1.5倍の高速化が可能となります。 ・・・目標50rpm

(2)羽根の枚数変更 :9枚 ⇒ 18枚 (羽根は転用したので、新規製作は9枚)
   当初教科書でも9枚になっていて、回転数は流速で決まるようなことが書いてありましたので、羽根の枚数は関係しないと考えていました。
しかし試運転での確認と検討結果から、水車の回転数は水車の中に貯まった水の重量が大きく影響することがわかりました、羽根が多いほど有利になります。


 このため水車は新規製作となりました。
前回の穴あけ位置加工に失敗していたので、今回は慎重に加工順序を確認しながら行いました。
流石2度目の製作なので、今回は1日で製作が完了出来ました。


AΦ300水車 <完成した”高速型水車”>


羽根の固定ボルトはもっと細いものを使いたかったのですが、前の失敗作から羽根を転用したため思いがけず重戦車並外観と重量になってしまいました。



[広告] VPS
 <水路試験>


 早速水路試験をしてきました。
回転数は46rpmでした。
計算上は48rpm(期待値は50rpm)ですからほぼ予定通りです。
回転計も確り作動し今回は正確な回転数が得られました。


2014.04.13
関連記事

水車用回転計

 ハブダイナモ水車発電のデーターを取る為に、”回転計”が欲しくなりました。

 先日もハブダイナモ水車の試験を行いましたが、回転数は目視計測なのでいい加減です。(苦労の割りに見落としがある)
発電量を数値化する為に、正確な回転数の測定が必要なのですが、測定器がありません。
安価な”タコメーター”の販売もありますが外に利用価値が無いので購入の決断をするまでには至りません。

 そこで自作を検討しました。
水車はそれほど高速で回転するものでないので、わざわざ回転数を自動計測・表示する必要も無いと思って、目視を補助する装置を作って見ました。(もっとも自動計測器は私のレベルでは製作不能なのです)

 使ったのは”リードスイッチ”と”LED”。
水車が1回転するごとに、水車に付けた磁石の磁力でリードスイッチがONしてLEDが1回発光するという非接触回転計です。
これまでは水車の側面に目印(色ラベル)を付けて置いて、目で見て回転数を確認していましたが、電圧計も同時に見ないといないので1分間行うと見落としがありました。
これをLEDの点灯で確認することで、見落としは無くなりました。(多分・・・?)


リードSW LED
<回転計部品:(左)リードスイッチ、(右)縦横の設置方向変更しても使用可能>



回転計
<水車取り付け状態: 最終的にLEDは1個にしました(消費電力半減です)>


 この内”単4乾電池ボックス”は、先に改造した自転車用LEDライトの4個用電池ボックスを改造したものです。
”リードスイッチ”は磁石を近づけるとその磁力でガラス管内部の接点がON-OFFするもので、中々複雑な特性を持った面白い(奥の深い)素子です。
ガラス管が割れ易いし、感度も精密なセンサーではありませんが、今回の様なラフな用途での非接触センサーとしては結構便利に使うことが出来ます。
この回転計はやっぱり目視で数を数えなければいけませんが、従来の目視より楽だと思います。


2014.04.11
関連記事