つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

落雪の被害

 今日は上高地で高速バスが雪崩で埋まったとのニュースがありましたが、我が家にも大雪の被害がありました。

 『落雪』で作業場の屋根が破壊されました。



 今日は朝から雨が降っていました。
雪解けが進み、時々2階の屋根から雪が落下する音がしていました。
午後1時頃、家の裏で非常に大きな音がしたので、見に行ってきました。

作業小屋 <屋根破壊>

屋根破壊 <破壊部分>


 『落雪』で自作の作業場の屋根の一部が壊れていました。
”雪”というより”氷の塊”の大きいのが落ちて来たようです。
2×4のタルキが3本が完全に折れていました。
又プラスチックの雨樋(横樋)はどこかにすっとんでなくなっていました。
相当な破壊力です!!
幸い屋根材は”ポリカ”なので特に被害はないようでした。
作業場を作って10年になります、これまでも毎年落雪はありますが全く問題なかった所でしたが、今年の雪は想定をはるかに越えています。



 この破壊力は人間が下にいたらひとたまりもありません。
まだ屋根の上には雪(氷?)が残っていて危険なのでで当分の間作業場への出入りは止めにしました。


2014.02.27
関連記事

鹿肉ジャーキー

 ”鹿肉の燻製”を頂きました。

 これは元々猟師の方が作られたようですが、それを貰った人から我が家に廻って来ました。



A鹿肉ジャーキー <鹿肉ジャーキー>



 この”鹿肉の燻製”。
”ジャーキー”でした。
あまりきつくない塩味、香り付けで大変美味しく頂きました。
中々研究熱心な方が作られた物と思われます。
バーボンなどのアルコール度の高い酒と本当に相性が良いと思いました。


 私も最初鹿肉の生肉を貰った時は処理に苦労した経験があります。
その後燻製やハムなどに加工することを始めてから、ようやく美味しく頂けるようになりました。
時には生肉を貰った方から廻りまわって我が家に届いた事もありました。
最近新聞でも”ジビエ”として、鹿肉加工の記事を眼にする機会が多くなりましたが、その割りに鹿肉の消費は伸びていないと聞いています。
そんなこともあってか最近は猟師の方も、加工してから近所の人に御裾分けしているのでしょうか?


 今回美味しく頂きましたので、「今度は”ジャーキー”に加工してみようか?」と言ったところ、直ぐに「止めて!止めて!!」と言われてしまいました。

 まだまだ鹿肉の地位はそんなもんです。


2014.02.25
関連記事

電柵テスター

まだまだ寒い日が続いています。
木工の企画もあるのですが、この寒さでやる気になりません。
もっぱら暖かい室内の机上で出来る作業になってしまいます。


 前回自作電柵用電源のスパーク動画を掲載しました。
その時の発生電圧を放電ギャップから推測したのですが、3V駆動のイグナイターは10,000Vとなってしまいました。
マルチメーター(テスター)では高電圧が測れないので測定法を検討していました。

 市販では”電柵テスター”と言う電柵の高電圧を測定する専用のテスターがあるのですが、そのテスターの中に”ネオンランプ”を使用しているものがあります。
”ネオンランプ”は廃家電のジャンク品として沢山持っているので、これを使って『電柵テスター』を作ってみました。


Aネオンランプ  <ジャンク品のネオンランプ: 100V点灯仕様>



■自作”電柵テスター”

Aペンシル型  <ペンシル型: 一応1000V点灯用??>


”ペンシル型”だと電柵のチェックで、電極の接続時感電の危険性があります。
そこで電極が伸縮できる”ボトル型”も作ってみました。
このアンテナ状の伸縮電極は隙間に落ちたネジを磁石で吸着する”ピックアップツール(百均)”を改造したものです。
本体は絶縁性が高いペットボトルを使っています。

 
Aボトル型 <ボトル型:接触子(スタイラス)が伸縮できます>




 この”電柵テスター”、発生している電源の+/-両電極に繋ぐともちろん発光しますが、片側だけの接続でも発光します。
更に全く接続しなくても、この”電柵テスター”を電極の近くに置くだけで発光する場合があります。
このネオンランプの発光原理がイマイチ理解できません。


 この回路に入れた抵抗(1MΩ)から”イグナイター”はどうやら5000V近くの電圧が発生しているのではないかと思われますが、ジャンク品のネオンランプなので発光仕様が全く不明で正確には分かりません。
いずれにしろ、これで電柵電源からはかなりの高電圧が発生しているのが眼で確認できるようになりました。

 
 マア-投資金額¥0(ペンシル型)、と¥100(ボトル型)のテスターですから、こんなもんでしょう。


2014.02.23
関連記事

電柵自作(その2)

 先日電柵用の自作電源の記事を載せました。
その時各電源候補の”スパーク動画”を同時に載せる予定でしたが、動画のアップロードが出来なかったのでそのままになっていました。
どうもブログのシステム側に不具合があったためだと思っています。


 その後今度は私のPCの不具合(ポップアップ広告問題、ブログテンプレート破壊?)で、どうしてもPCでないと上手くない時だけ最低限使用し、それ以外は出来るだけPCを使用しないようにしていました。(この間タブレットが主役でした)
一連の処理が終了したら、ここでやっと動画のアップロードが出来ましたので、遅ればせながら投稿しました。



[広告] VPS
<電撃ラケット>


[広告] VPS
<電撃殺虫器>


[広告] VPS
<イグナイター>


 このスパーク(火花放電)はギャップ1mmで約1000Vだそうです。
もしそれが本当なら、電撃ラケットは1000V弱、電撃殺虫器は4000V、イグナイターは10000Vとなってしまいます。
これはかなり疑問です・・・ ・・・ ??


2014.02.21
関連記事

こんにゃく製造条件

 今年はこんにゃく造りを本当に沢山やっています。
昨年度までは年間せいぜい数回の生芋こんにゃく造りでしたが、今年は既に十数回は越えました。
新製法の確立で、”美味しいこんにゃく”が作れるようになったためです。
お陰で『こんにゃくダイエット』を実行しています。・・・効果は??

 知り合いにも新製法をマニュアル化して配ったのですが、全員から”本当に美味しく出来た”との評価を頂きました。

 そんな中で更に色々条件を変えて試作をしています。
1回に生芋約500gづつ造るので、4~5年生の芋なら1個で6~8回造ることができますから、原料は同じで製造条件だけを変えての比較確認には好都合です。
但し1つの芋を使い切るのに1ヶ月以上掛かりますが、こんにゃく芋はその間全く腐ったりしないのが凄いですね。

 この比較実験の結果、美味しいこんにゃくの条件が少しづつ明確になってきましたので纏めてみました。

こんにゃく造り影響度 <影響度一覧表>


 この結果は数量的なデータが取れないので全くの私個人の主観です。
一例を挙げると”卸器”などは、ミキサーを使えばもっと綺麗な外観と滑らかな口当たりのものが出来ますし、人によってはその方が好みかもしれません。
私は昔ながらの”胡麻塩外観”が好きなのでその外観を良と評価しました。


 その結果で一番影響度が高いのは『水』だと思っています。
99%が水分であるこんにゃくですが、『こんにゃくは水が命』が実証された形です。
今回の大雪の最中にも作りました、湧水が使えなかったので久し振りに水道水で作ってみましたが、やはり残念な結果となってしまいました。
今後はこんにゃく造りには”湧水”だけを使う事にします。


2014.02.19
関連記事

タブレット続報

 大雪に加えて本日の最低気温は-12.8℃と今季最低気温の追い討ちです。
隣の茅野市では今日もまだ国道20号線が通行止めで100台以上のトラックが止まっているようです。
昨日は一日中携帯に『非常連絡』で、避難所の開設連絡や、炊き出しの連絡が十数件入って来て驚きました。

 と人事のように言っていますが、良く考えると長野県中が全ての道路、鉄道がストップして孤立化しているのですね。
昨日近くのスーパーに歩いて買い物に行った奥さんの話ではどこも食料品が品薄状態で、特に野菜やパン類は全く無い状態だったそうです。
本日は更に状況は悪化していると思います、もはや兵糧攻め状態です。
TVニュースで談合坂SAで止まったパン配送のトラックが、パンを無料配布している映像が流れていましたが、たぶんこれは長野県に来るはずのパンだったのではないでしょうか??


Aスーパー駐車場 <スーパーの駐車場の雪山、まだ高さ5m以上あります>


 そんな孤立状態にも関わらず、本日はのん気に所属団体の飲み会(新年会)に出かけるつもりでいましたが、急遽中止になりました。
まだ交通機関の運行中止や大幅間引きをしていますので、当然といえば当然ですが、・・・



さて大雪には驚きましたが、驚いたと言えば先日ソニーがパソコン事業から撤退すると言うニュースが流れていました。
撤退説明の中に「スマホやタブレットの普及でパソコンが売れなくなってきた。」というのがひとつの理由としてありました。
私もタブレットを使い出してからNETに接続するのはもっぱらタブレットとなり、パソコンより便利だと感じていましたので十分納得できました。



 さてその ”タブレット”の事が大部分かってきました。
その結果今では”手放せない存在”となってきています。
スマホで使える機能はほとんどタブレットでも出来そうです。
無線LAN環境でないと使えないので、スマホの様には何処でも使えると言う訳にはいきません。
しかし外出先で使う必要もないので現状で必要十分です。


 はっきり言って、非常に便利な道具です。
但しPCの全面置き換えと考えるにはかなり非力です。
又タッチパネルもマウスと比較すると機能、スピード、確実性で負けます。
NET閲覧やメールを見るだけの”ビュアー”用途としての限定分野ならPCの置き換えとして十分な機能で且つPCより非常に優秀です。

 今回購入したタブレットは元々奥さん用に購入したものです。
多分幾等も使わないで終わって、後は私が使えるものと思っていましたが、さにあらず毎日使っています。
目論見が外れてしまったので自分用にもう一台欲しくなってしまいました。





オリンピックアプリ1 <オリンピックをTV観戦するのに、タブレットは手放せません>



<便利な点>
・安い・・・無線LANを含めても¥20,000以下で構築出来た。(贅沢言わなければですが)
 ・・・辞書機能も充実していて、へたな電子辞書より安い? 
・開くのが非常に速いので、”検索”用途ではPCと比較できないほど便利。・・・スリープからは2秒で開き、常に傍に置いて使うことができる
・家中何処でも移動して使える。・・・コタツの上で使えて、ノートPCほど邪魔でない
・電池も意外に持つ・・・1回の充電で1日使える(公称10時間も嘘でない)
・様々な無料アプリが有り、使い易い。・・・辞書(国語/英語/その他)、地図が豊富 
 :但しアプリの”当たり外れ”もある(大きい?)ので根気良く捜す必要がある
・背面カメラでバーコード入力等が使用出来る用途がある・・最近新聞、広告でよくバーコードが使われている。
・音声入力の変換率も中々優秀で、速い



<不便な点>
・文字入力は時間が掛かる(携帯よりはやり易い) ・・・外付けキーボード、マウス等もあるようです
・タッチパネルは誤作動がある。・・・ただし不注意でタッチパネルに触れて画面が切り替わってしまうことであってタブレット側の問題ではない
・アプリは沢山あるがほとんど解説は無く、使用方法が分らない物がある。(英語版アプリも多い)
 ・・・スマホ向けアプリが多く、タブレットでは使いづらいものもある。
・任意のアプリのインストールは出来ない。(PCソフトの再利用不可・・・windows用は使えない)
・メモリー容量が小さい・・・外部メモリーの使用が出来る機種もある
・戸外の何処でも使う為にはそれなりの通信費が必要。・・・公共無線LANなら無料ですが



<分った事>
・タッチパネルなので当然ながら指脂で結構汚れる・・・指紋防止フィルムがあるが、貼ると画面のクリアさが少し失われる
・タッチ感度がばらつく(指が太すぎるのが真因??) ・・・”タッチペン”は必須
・そのまま持ち運びするには大きい、落下破損の不安がある。・・・保護ケースは必須


 等々色々得失はありますが、それでもPCの新規導入と比較するとハードルは非常に低いと思います。
又”コストパフォーマンス”もPCと比べると非常に高いと思います。
特にアプリ費用も含めて考えると、これはもうPCが売れなくなるのが当然です。
所謂”PCオンチ”と言われる人々にも導入し易い。(女性でもOK・・・失礼/我が奥さんでも使える!)
結論・・・買って損は無い!!

 さてタブレットの購入時には知らなかったのですが、”登山中に使用可能なアプリ”が沢山ある事が分かったので、現在色々インストールして試験中です。
試用結果が出たら報告したいと思います。



2014.02.17
関連記事

大雪

  前回からブログのテンプレートが少し変わったことにお気づきでしょうか?

  最近突如ブログの投稿に支障が出ると共に、意図しない表示をするようになってしまい修正出来ません。
そこでテンプレートを更新しました。
従来のブログと同じ表示となるようにテンプレートをカスタマイズしましたが全く同じにはなりません。
不具合もありますが努力はしたもののこれが限界のようですのでこのまま運用することにしました、ご了承ください。



Aカマクラ? <カマクラ?、・・車です>

 さて今日の大雪、驚きました。
公式の積雪量は52cmだそうですが、我が家周辺ではもう少し多いようです。



A石窯 <石窯のの煙突もまったく見えません>


 雪掻きに4時間掛かりました。
近くのスーパーの駐車場では、”亀の子状態(車体の下に雪が入り込んで車輪が空転している状態)”の車が何台も見られました。
こうなると4WDの車でもどうにもなりません。
乗り捨てられた車もみられました。
除雪車も来られないのでしょう、午後になってやっと除雪が始まっていました。


 午後になったら我が家にも郵便配達の人が、歩いて配って来ました。
本当にご苦労様なことです。

 いずれにしろ、最近に無い大雪でした。


2014.02.15

関連記事

タンドールお焼き

 タンドールを使って『お焼き』を作ってみました。

 以前タンドールの使い方を検討していて、トルコ料理で”包子(肉饅)”をタンドールで焼く料理があることを知りました。
NET画像で見た限り、これは中華料理の”小籠包”位の大きさの包子のようでした。
タンドールの壁に貼り付けて焼いていましたが、肉饅のように重量があるものがそのまま落ちずに上手く焼けるかどうか半信半疑でした。


 前にも一度計画したことがありましたが、この時はお焼きとタンドールの準備が噛み合わず断念した経緯がありました。
今回は事前に十分準備して、お焼きの皮の作り方も奥さんからレシピを書いて置いて貰いました。



皮の材料 <準備した材料 / 皮の練り上がり>


おやき作り <餡は2種類 :(右)野沢菜漬けと、(左)煮物>


おやき包 <お焼き包み完成>


Aタンドール焼 <タンドールで5~6分焼く:300~350℃>


焼き上がり <お焼き完成品>



 事前に準備してもらったお焼きの餡の”野沢菜漬けの炒め物”は量が10個分しかなかったので、残り5個分は昨夜の夕飯の残り物の”大豆とこんにゃくの煮物”を汁抜きして急遽使いました。

 内壁に貼り付くか心配しましたが、試しに1個だけやってみたところ問題なく貼り付き焼き上げることができました。
そこで残りは2回に分けて7個づつ一度に焼き上げました。


 タンドール内部の温度が380℃に下がってから焼き始めましたが、場所によって温度に違いがあって焼きあがる順序は様々で、焼けた順番に剥ぎ取ることになりました。
これにはナン焼で作った”ナイフ”が大いに役立ちました。


 出来た”お焼き”ですが、想像以上の美味しさでした。

 これまで長野県中の美味しいと言われるお焼きを沢山食べましたが、この”タンドールお焼き”が最高だというのが我が家の一致した評価となりました。


  これまで一番美味しいと考えていた『灰焼きお焼き』を越えるお焼きがとうとう出来ました!!

      タンドールは凄い!!



 今回一番大きなタンドールを使いましたが、1周10個位貼りつきます。
更に今回並の大きさなら少なくとも上下で2段は大丈夫そうです。
無理すれば3段出来ますから、一度に30個焼ける勘定です。

前回の”焼き芋”は商売になりそうもありませんでしたが、こちらは十分商売にも使えそうです。
因みに今回も、お焼きの後の予熱で”壷焼き芋”を焼いて美味しく頂きました。


2014.02.13
関連記事

加工用リンゴ

 今朝の最低気温は-7.5℃でまだまだ寒い日が続いています。

 さて時々”ドライアップル作り”をやっています。
寒い朝晩にだけ短時間点けている石油ストーブの上に置いて作っているので、1回作るのに4日間ほど掛かります。
それを食べるには1~2日で終わってしまいますから作るほうが全く追いつきません。

 これまでは格安なリンゴを購入して作っていましたが、それでも5~6個で¥300位はしました。
そろそろ安いリンゴが出回る頃になってきたので、松本の生産地に行ってきました。


A加工用リンゴ  <ジュース加工用リンゴ :¥100/6~7個>

 

 松本方面は先日の49cmの大雪でまだまだ道路脇には除雪された雪が山積み状態でした。
国道や県道など幹線道路は問題ないのですが、その外の細い道はほとんどが1車線で凍った圧雪道路を走るのでガタガタの大変な道でした。

 ”超格安リンゴ”ありました。
”ジュース加工用リンゴ”、¥100/6~7個です。
ドライアップル作りでは全く問題ないので、山ほど買い込んで来ました。


Aドライアップル <ドライアップル作り :この自作の道具で本当に美味しくできます>

 このドライアップル作り、味も良いですが作り始めの匂いが良いです。
部屋中に満ちるリンゴの甘い香りが本当に心地好いです。


2014.02.11
関連記事

積雪50cm超

 オリンピック、”モーグルの上村愛子”ジャッジの判定絶対おかしい!!
どう見ても3位ですよね。(怒)


 さて昨日の降雪はこちらでも今年一番のものでした。
積雪は27cmだったようです。
これは東京都と同じです。
ただサラサラ雪だったので、朝昼晩3回の雪掻きも何時もより苦労なく出来ました。

自宅 積雪30cm <自宅:積雪30cm>


 今朝は朝から晴れていたので夜降った雪も含めて雪の片付けに1時間ほどかかりました。
その後奥さんの実家の雪掻きに行って来ました。
峠を1つ超えなければいけないので心配しましたが、これは全く問題なくというより、完璧な除雪で全く道路に雪が無くしかも所々乾いたところも有るような状態であっけなく峠越えとなりました。
昔は冬場にこの峠を超えるのは、非常に大変で”冬の難所”のひとつでした。
まだスパイクタイヤの時代でしたが、途中まで行って登れなくて引き返して別ルートで大回りして行った事も何回もあったほどの峠道です。
今回雪の無い峠道ですが通る車も無く快適でした。(そうなんです、雪が降ると敬遠してほとんど通る車がないのです)
逆に途中通過する市街地は除雪した雪を道に投げる人もいたりして、やっと1車線確保できている所もあったりで大変でした。


 目的地に着くと、これがまたまた大変でした。
先ず車が家まで入れられません。
元々車がやっと通れる細い道ですが、雪で余計細くなっていて軽自動車がやっと1台通れるかどうかです。
しかたがないので、手前の神社の参道に持っていった”スコップ”で駐車スペースを確保してやっとこさ車を止めてそこから100m荷物を担いで歩いてたどり着きました。
ご近所の人の言うのには積雪は50cm以上あったということです。
昨日は隣りの塩尻市で49cmだったと言う事ですから、この山の中ならそれ以上あってもおかしくないと思います。



積雪50cm <積雪50cm超>



通路確保 <通路だけ確保するので精一杯でした>



 昨日今日と2日間、雪掻きに追われてくたびれました。(ゴシタイ!!・・・こちらの方言で”疲れた”)
今季はこれで最後の”雪掻き”になってもらいたいものです。

2014.02.09
関連記事