つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

溶接講習会

 ”八ケ嶺ファームのおやじ”さんから依頼されていた”溶接講習会”を本日実施しました。


 息子さんと午後二人で見えました。
以前買ったきりで一度も使っていない新品の”溶接機”も一緒でした。


溶接講習 <講習会場>


 溶接はDIYの中でも中々手を出し難い分野です。
特に家庭用の”100V交流アーク溶接機”は最初のアークを飛ばすのが難しく私も苦労しましたので、未経験者が最初に経験者の作業指導を受けるのは大変賢明な方法だと思います。
と言っても溶接の上達には経験が一番重要で、講習を受けたからと言って直ぐに上手く行かないのがこの工法の欠点です。

 それと次ぎに重要なのは”度胸”。

 最初に”面白い”と思うか、”怖い”と思うかが分かれ道かもしれません。
家庭用溶接機は慣れないと最初のスパークが上手く飛ばせません。
更に1発目にかなり強烈なスパークが飛ぶことがあり、これに驚いて手を引っ込めるとスパークが連続しません。
下手をすると溶接棒が部材にくっついて取れなくなって、見る間に真っ赤に発熱する事も良く経験することです。
これを乗り越えないと、上達はおぼつきません。
要するに”慌てない”、何が起こっても多少の事には動じない事 ??

 
 とはいうものの、こうやれば確実にスパークが飛ぶと言う方法も無いので色々経験を積み上げて上達してくださいと言う事になってしまいます。
後は出来るだけ練習を繰り返す事、実践有るのみ !!


 以上が講習内容ですが、遠路はるばる来た甲斐があったでしょうか?
ご健闘を祈ります!!
 

2013.10.31

続きを読む

関連記事

カシミール

 ”地図ソフト”と言うか、”山岳ソフト”と言うか、山を見る面白いフリーPCソフトに『カシミール』と言うものがあります。

普段は目的の山のルートの凹凸状態(傾斜等)を見てコースタイムの参考にしたり、頂上からの展望での山名の確認などに使っています。


 今年の春頃、叔母から「山に良く登っているようだから、自宅から見える山の名前を教えて欲しい。」と言う話がありました。
後日叔母の家に行く機会があったので山を見てきました。
叔母の家は南北は山で囲まれかろうじて東側だけ山が切れていてそこから遠くにかなり立派な山が見えました。
南アルプスの一部のようですが、かなり遠くでモヤも掛かっていて肉眼でははっきりとは分りませんでした。
その時にはどうも”仙丈ケ岳(3033m)”らしいと伝えておきました。


 その後何度も近くを通る機会がありましたが、夏場は快晴でも地平線近くは何時も雲が掛かっていて確かめられずにいました。
それが先日ようやく台風一過、秋の晴天でモヤがなくなり、山の全貌を眺める事が出来ました。
同時にデジタルカメラで撮影する事も出来ました。
チラ見した感じでは”仙丈岳”にしてはやや尖り過ぎていました。


A遠望3 <南アルプス遠望:(上)実写、(下)PCでの画像>




山比較2 <(上)拡大写真と(下)PC画像>


 ようやくはっきり分りました。
南アルプス『塩見岳(3047m)』でした。
改めて”実写写真”と”カシミール画像”を比べてみましたが、ほとんど同じです。
実に良く出来たPCソフトだと思います。

2013.10.29
関連記事

高所バリカン

 時々庭木の剪定・刈り込みを行いますが、使う道具の主役は”バリカン(刈り込み機)”です。
作業効率が良いのですが、重いので長時間の作業は大変です。
しかし植木が高かったり、三脚の設置位置の問題で手が届かず、もう少し長ければ良いのにと思う時が時々あります。

 この用途では”高所バリカン”という専用のバリカンもありますが、とても高くて買えないので、自作しました。


バリカン1 <自作長柄>

バリカン2 <取り付け時:75cm延長できました>

バリカン3 <固定部拡大>


 工具がなくても簡単に(??)に取り付け出来る様に考慮しました。
バリカンは元々重いのですが、柄を長くする事で余計重さを感じます。
片手で操作するのは大変ですが、両手なら何とかなります。


Aハクロニシキ1

Aハクロニシキ2
<ハクロニシキ刈り込み>

 
 確認試験として”ハクロニシキ”の刈り込みを行いました。 
高さが3m近くあるので、何時もは脚立に乗って行なわないといけない刈り込みですが、今回は脚立なしでも頂点まで刈り込みが出来ました。

2013.10.27
関連記事

携帯電話

 ここで携帯電話を更新(機種変更)しました。 
今度も”ガラケー”です

 現在使っている携帯は5年程前のもので色々不具合がありました。
ボタンの誤作動が多かったり、海外では使えない(これはたいした不具合ではありませんが)、防水で無く山登りでも不安を感じていて前々から更新したいと思っていました。
ブツブツ言いながらもこれだけ長く同じ携帯を持っているのは山登り以外はほとんど使わない(携帯しない)からです。
ですから利用料金が高いスマホに変更するつもりは全くありません。


 しかしこの手の携帯(ガラケー)は近年どこのキャリアでも本当に選択肢が少ない上に、価格も意外に高く、又別キャリアに変更するにしても”解除料金”も馬鹿にならないのでこれまで何度となく躊躇してきました。
ところがここで現キャリアで珍しく新製品の発売があり、そのキャンペーンで最新機能(?)のガラケーを格安で入手出来ました。
これで又5年ほど安心して使えると思います。


Aガラケー2代 <(上)新ガラケー、(下)旧ガラケー>


 今回オンラインショッピングで注文して、店頭受取りとしました。
先日ショップに受け取りに行ったところ、若い女性店員から

「ありがとうございました。 ご注文は”ガラケー”でしたね!」

 イヤァー!!、これは”ご挨拶ですね”、これには軽い衝撃を受けました。
これまで、”ガラケー”とは”蔑称”だと思っていましたが、キャリア直営店でも使う”普通名詞”だったと言う事を知りました・・・ビックリ?!

2013.10.25
関連記事

畑の冬支度準備

 この1年、中々思う様に出来なかった農作業ですが、寒くなって来て段々後始末を開始する時期になって来ました。

コンニャクはこの寒さでほとんど枯れました。
来週あたり堀上げ予定です。
ヤーコンは高さ1.5m、これまでの栽培した中で一番低い草丈記録となりました。
従って”ヤーコン茶”用の葉の乾燥は例年の1/3程度に留まっています。
霜さえ降りなければもう少し乾燥出来そうなのですが・・・?
芋は11月に入ってから収獲します・・・こちらはもっと期待薄です。


10月末1 <コンニャクは寒さで枯れました、奥は貧弱なヤーコン>



 今年の作物の中で最も好評だったものが”伏見トウガラシ(京野菜)”でした。
これは猿避けの目的で購入しましたが、辛さが全くなく猿対策にはなりませんでした。
しかし8/末から今日まで、週2回、毎回ビク一杯超を収獲し、ご近所にも配って好評でした。


10月末2 <伏見トウガラシ:まだ採れそうです>


10月末3 <オヤマボク:無事冬越し出来るかが今最大の関心事>


 植替え時期でない時に植替えをしてしまったオヤマボクチも無事活着したようです。
最終的にはこの冬を無事に越してくれるかが問題です。

2013.10.23
関連記事

オーディオセット

 先日廃棄TVからスピーカーセットを剥ぎ取った事を記事にしました。

 そこでこのスピーカーを有効活用しようと思って、古い”オーディオセット”を捜し出しました。

TVSP1 <再構築したオーディオセット>


 実は今住んでいる家を新築した時、居間の正面にオーディオセットを入れる設計がしてあってそれに合わせて購入したものです。(30年前です)
その後子供が生まれると、レコードプレーヤやカセットデッキなどが次々といじり壊されて次第に使わなく(使えなく)なってお蔵入りになっていました。
今回探し出して接続してみたところ、メインアンプは辛うじて健在だったので、これに携帯CDプレーヤーを接続してシステムを構築しました。
スピーカーも一応健在でしたが、やはり大き過ぎ・重過ぎるので予定通りTV廃品を組み合わせました。


 チューナーはどういうわけか付属アンテナではAMもFMも全く受信できません。 
AMは別途アンテナを色々作ってやってみましたがまったくダメで諦めました。(昔からAMは電池式の携帯ラジオの方が感度が良いのです)
FM放送受信では、少し細工をした結果受信できました。
ほとんどのCATVはTV波形に載せてFM放送を再送信しています。(但し保証はしていないのでサービス案内にも一切載っていません)
我が家で加入しているCATVもFM放送を再送信しているのを知っていましたので、これを分離してチューナーに入れました。
この分離装置には昔使っていたアナログTV用の”電波分離装置”が役立ちます。


TVSP3 <FM波分離装置>

この分離装置にCATVからのケーブル(同軸ケーブル)を接続して、TV端子からチューナーのアンテナ端子に接続します。
これで感度の悪かったチューナーですが、FM局が6局綺麗に受信することが出来ました。

 
 この結果出来上がったオーディオセットは、マズマズの完成度でした。
スピーカーも予想通りかなり綺麗な音で鳴りました。
しかしどちらかと言うとボーカル向きです。(やはりTV用か?)
どうもその内、このスピーカーを使って”パイプスピーカー”に改造したくなりそうな予感がします・・・??


2013.10.21
関連記事

電子版『登山計画書』

 先日の”宝永山”登山は、この秋一番の非常に寒い1日でしたが富士山の展望にも恵まれ素晴らしい山行が出来ました。
その前後の天気を見ると、唯一晴れ間が出たのがこの1日だけだった様で、本当にピンポイントのラッキーな登山日和となりました。(リーダーが良かったと言うことでしょうね・・・因みにそれは私ですが)



 さて登山繋がりですが、少し前の信毎(信濃毎日新聞/ローカル紙)に登山時の『入山届け(登山計画書)』の提出がNETで出来るとの新聞記事がありましたので早速試してみました。

コンパス <信毎記事>

 このサービスを使う為には登録が必要です。
使い勝手を確かめるだけですがやっぱり登録しないとサイトに入れないので登録することにしました。


登録は『コンパス~山と自然ネットワーク』から行います。

入山届け登録1 <仮登録画面>

これは”仮登録”ですがこれを送付すると、登録したメールアドレスに本登録用のメールが届きます。
ここから詳細情報(個人情報)を登録して送信すると正式にこのサービスが利用可能となります。
  

入山届け登録3 <本登録画面>

入山届け登録5


本登録が終了すると直ちに”登山計画書提出”が可能となります。


コンパス入力画面 <これが『登山計画書』入力画面です>


 この入山届けは主に個人山行用に出来ています。
従って個人及び少人数での登山で使用するには問題ないと思います。
しかしグループ登山(山岳会等で不特定多数の人が都度入力する)として使えるかどうかはまだ良く分かりません。
ただそうした目的で利用する為には少なくても使用するメールアドレスも含め登録以前に十分事前検討する必要がありそうです。
ただ我々の山岳会も含め、ちゃんとした山岳会であれば入山時には必ず登山計画書を提出していますので、今更この様なシステムそのものが不要だと考えます。
このシステムはあくまで個人用と考えた方が良さそうです。


 それとこれが重要なのですが、下山後7時間以内にその旨サイトに報告しないと自動的に、緊急連絡先として登録した人宛に確認メールが送付され捜索準備に入るそうです。

 下山後そのまま飲み屋で調子よく登頂祝いなどやっていると、”遭対協(遭難対策協議会)”の人に踏み込まれ”始末書”を取られる可能性がありますからお気を付けください。

2013.10.19
関連記事

『宝永山』登山

 今日は所属する山岳会の創設55周年記念登山として富士山の『宝永山(2,693m)』に登ってきました。

超大型台風26号でどうなるか心配していましたが、非常にスピードが速くなったのが幸いして台風一過晴となりました。

 今回19名の会員が参加、平均年齢7?歳。
最高齢はAさんの86歳、頂上まで確り登ってきました。これには驚きました。
日帰り登山としてはかなりの遠距離となり、バスでの長旅にも関わらず、皆さん元気でした。
ただ今日はこの秋一番の冷え込みで、富士宮口5合目で0℃、山頂付近では氷点下だったのではないでしょうか。



宝永山1  <五合目では0℃>


宝永山2 <目差す宝永山>

宝永山3 <宝永山から富士山山頂>


宝永山4 <記念撮影>

2013.10.17
関連記事

桑の木

 桑の木の皮むきをしました。

 かなり以前から作付けしていない畑ですが、3軒の畑の境界線上の微妙な位置に桑の木がありました。
何処の家の所有物か不明であった為(単に私が知らなかっただけですが)長い間手を付けていませんでした。
ところが最近あまりに枝が伸びて、トラクターでの草掻きの邪魔になって来た為、確認したところ実家の所有であることが分りました。(お粗末な話です)


 そこで枝をバッサリ切って丸坊主にしました。
切った枝は10年程伸びっぱなしであった為、かなり立派なものでした。
『桑は良い材だ!』と聞いていたので、皮むきして乾燥しておくことにしました。
これには細い枝まで剝いたのでほぼ1日掛かってしまいました。



A桑の木 <桑の木:木肌が本当に綺麗です>


 桑は家具材料としては極めて優秀だそうです。
かつては養蚕で全国で栽培されていた為、家具材としての供給もあったようですが、養蚕の衰退と共に木そのものがほとんど無くなり、今では極めて貴重なものだそうです。

 今回切った桑の木は太いものでもΦ70mm位ですから、サイズ的には作るものの制約があります。
そんな訳でまたまた使う目的の無い乾燥材が増えてしまいました。
マァ、乾燥に2年程掛かりますから、それまでに内何を作るか考えたいと思います。

2013.10.15
関連記事

巨大松茸

 『巨大松茸』を頂きました。



A巨大松茸 <傘の直径21cm、204gあります>



 奥さんの実家の部落の”お祭り”と言う事で、松茸を頂きました。
お祭りと言っても何もするわけではありません。(神社では何かやっているようで、太鼓の音が時々聞こえます)


 今年の松茸は久し振りに豊作だったようです。(しかし茸山の持ち主は・・・「大したこたァー無い!」)
松茸のシーズンもいよいよ終わりで、”茸山”も来年に向けた締めの作業に入っているようです。
その時見つけた、取り残して大きくなり過ぎた松茸を頂きました。
これだけ大きいと入れる出荷箱もないそうです。(規格外、大味?、値段も安い??)
 
 ・・・何はともあれ、こちらはアリガタイ!!!


関連記事