つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ダボ加工機(Dowel Maker)

 『ダボ加工機器(Dowel Maker)』を作りました。

 前にもダボ加工機は色々検討していて一先ず『エンピツ削り方式』で決着していましたが、ここで新たな簡易加工機を作りました。

 先の”エンピツ削り方式”は加工方法としては非常に優秀で、任意の径に加工できます。
しかし径の微調節が出来るのは良いのですが逆に段取りが大変で緊急に欲しい時には対応に苦労していました。


 そこで新に簡単に作る方法を試してみました。
しかしこの新たな方法は残念ながら独自開発ではありません。
WEB検索して見つけた中から簡単に出来そうなものを選んでトライしています。(”Dowel Maker”で検索してみてください)

 因みに”出典は此処”です。

Aダボ加工機1 <廃材の鉄板を使って加工>

Aダボ加工機2 <加工部詳細>

Aダボ加工機3 <加工品>


 刃の部分の加工精度が大変ですが、径の違うものを沢山作っておけば便利です。
この刃具が一度出来てしまえばダボ加工は至極簡単になります。
加工精度が高く、肌が綺麗なものが出来ますから”ダボ加工”には最適です。
今回焼を入れていませんが、少し厚めで焼を入れられる材料を使って作れば耐久性の高いものが作れると思います。

2013.09.29
関連記事

栗の古材

 『栗の古材』を貰ってきました。

栗古材1 <栗の古材>


 昔『揚げ板(”室”の蓋とした板)』で使っていたものらしいです。
保管状態が良かったか、数十年前の代物の様ですが、非常に確りしています。

とりあえず水で洗って両面を自動カンナで少し削ってみました。



栗古材2 <<カンナ掛け上がり>>


 非常に美しい木肌が蘇りました。
普通、杉や檜などは古材でもカンナ掛けで少し表面を削ると、製材した時の様な明るい綺麗な木肌が出ることが多いのですが、この栗の木は違います。
黒味が掛かった褐色で、これが又非常に渋くて美しいです。


 当初この古材で自作石窯の土台部分の扉を作り直す予定で貰ってきました。
ところがこの美しい色の木肌を目の当たりにして屋外の物に使うのは勿体無く思えてきました。
と云う訳で石窯の扉は既に2×4材で造ってあるもので我慢することにしました。

2013.09.27
関連記事

LEDキャンドル

 スイス旅行で出会った『LEDキャンドル』を購入しました。

 スイス旅行の最後の夜、打ち上げはフランス・シャモニーのイタリアレストランでした。
最終日と言う事で、美味しい料理と高級ワイン(?)で大いに話が弾みました。
その時各テーブににひとつずつ置かれていて雰囲気作りに一役買っていたのが、フロストグラスに入った”ろうそく”でした。

ALEDローソク <スイス旅行打ち上げ:赤枠内が”LEDキャンドル”>

撮った写真を調べたらこのキャンドルが小さく写っていました。
写真では部屋全体が明るく見えますが、実際はかなり暗かったのでこのキャンドルが非常に良い雰囲気を醸し出していました。


 食べていた間ずっと本物のキャンドルと思っていましたが、最後のデザートを待っている間に、「何か変だ」と気が付きました。
グラスに入っているのに何故か炎が大きくゆれるのです。
覗いてみて分りました・・・「偽者」です。
外の皆さんでこれに気が付いた人は居ませんでした。
実に良く出来ていました。

「これが欲しい!!」と次の日の出発時間までの間、このろうそくを捜し廻った女性陣が居たそうですが、探りあてた店は生憎売り切れだったそうで大層残念がっていました。

 ところが最近これと似たようなものが”百均”にあり、購入しました。・・・2個100円。

[広告] VPS
<LEDキャンドル動画>


やはり”百均品”これでは簡単に偽者と分ってしまいます。
そこで改造出来るかどうか一応内部構造を確認しました。

LEDキャンドル <分解:中央がLED、左の黒いのがスイッチ>

ALED構造 <ゆらぎLED>


 早速分解して回路を見ました。
が、電池とLED、その間にスイッチと3部品があるだけです。
この”ゆらぎ”はLEDそのものに仕掛けがあるようです。
LEDを真横から覗くと大小2個のチップがある事が分りました。
その内の小さい方はLEDで、大きな方がLEDの発光を制御しているICチップのようです。
と言う事でこれ以上は改造出来ないので諦めるしかありません。

2013.09.25
関連記事

”松茸”と”ネズミアシ”

 『松茸』を頂きました。 


マツタケ <(左)純地場産松茸/(右)ネズミアシ>


 今年もいよいよキノコのシーズン到来です。
ご近所で”松茸山”を持っている方から、今年も”松茸”を頂きました。
出荷できない物だそうです。(それがどうしてか良く分かりません?)
昨年は不作で食べられなかった松茸でしたが、今年は今の所良さそうな兆候が見られるそうで期待が膨らみます。

 又松茸と一緒に『ネズミアシ』を頂きました。
これは正式名称は”ホウキタケ”と呼ぶようですが、この辺では”ネズミアシ”が一般的です。
松茸山に良く出るキノコで、これがある山は松茸も良く取れるそうです。
松茸だと思って掘って見たらネズミアシだったと言う事でしょうか?
松茸もネズミアシも、どちらも生えているところを見たことが無い人間には良く分かりません。

 松茸山の所有者の中には「松茸よりこっちのほうが美味しい。」と言う人もいますが、庶民にとってはやっぱり松茸が一番だと思います。

2013.09.23
関連記事

オヤマボクチ定植

 春から育てていた”オヤマボクチ”をやっと定植しました。 

 春先からプランターでオヤマボクチを育てていました。
夏前の小さいうちに定植しなければと思っていたのですが、今年は異常な暑さと水不足で、タイミングを失してしまっていました。
この間、このオヤマボクチは驚くほど成長が速く、既にプランターから大きくはみ出しています。

実生苗  <プランターで育てたオヤマボクチ苗>


 畑の一角にマルチを敷いて定植場所を確保しました。
一度定植すると花が咲くまでの2~3年は移植が出来ないので、畑の隅の邪魔にならないところにしました。



定植 <定植したオヤマボクチ>


2種類 <葉っぱの形状が2種類?>


 今は正直定植時期では無く少し心配ですが夏場の暑さに比べれば大丈夫でしょう、無事活着してくれる事を祈りたいと思います。

2013.09.21
関連記事

新HDD購入

 ここでついに”HDD”を購入しました。

 先日の”HDD認識しない”騒ぎ以降、一旦回復したかに見えましたが、代わりに時々”異音”を発するようになり、急遽外付けHDDを新規購入しました。

 考えるに今回のHDD異状はどうも『熱中症』の様に思われます。
故障したHDDは電源内蔵型密閉構造ですが、特殊放熱ケースに入っているということで冷却ファンがありません。
一旦回復した時にバックアップを取りましたが、この時筺体はやっと触れる位に発熱(ケース外側をレーザー温度計で測定して65℃)していて扇風機で冷却しながらようやくバックアップを取りました。
更に手作りの密閉PCラックに設置していましたので異常過熱でおかしくなったと考えられます。(HDDの温度がが60℃以上になると危険だそうです)

 そこで今回のHDDの選定には以下の条件を付けました。
 ・電源内蔵(本当はアダプタータイプが熱に対しては良いようですがはPC廻りがすっきりしない)
 ・冷却ファン内臓(ファンなしの冷却能力はかなり怪しい)
 ・縦/横両方向使用可能
 ・HDD監視ソフト対応品(ソフトでHDDの異状を検出出来る)
 

その結果選定されたのがこれです。


新HDD <新HDD(手前黒箱)、故障HDD(奥灰箱)>

2TB/電源内蔵/冷却ファン内臓/クチコミでもまずまずの評価

ただ最新のUSB3.0には対応していないので、スピードだけは我慢です。(もっともPC側も対応出来ていません)

 購入後気が付いたのですが、『Made in Japan』近年希な貴重品でした。
(絶滅危惧種?)



もくろみ通り”HDD監視ソフト(フリーソフト)”には確り応していて、健康状態が目で見られるので少し安心できます。


HDD監視ソフト <HDD監視ソフト:PC内臓HDDは47℃/新HDDは37℃>


 早速フルバックアップを取りましたが、前回8時間半掛かったものが、今回3時間10分で終了しました。
この間新HDD内部温度は37℃のままでした。
これでしばらく”HDDの不安”から開放されそうです。

2013.09.19
関連記事

台風18号

 台風一過、今朝は快晴で一段と透明感を感じる朝でした。
お陰で最低気温は10.6℃、これが一桁になる日ももう直ぐです。


 さて昨日は”台風18号”で日本中大荒れでした。
私の小さいころは”伊勢湾台風”、”7号台風(何時の7号でしょうか?)”等長野県への被害が大きかった台風がありました。
実家が川の傍だったことから、水が見えないくらい川一面に流れる材木を見たり、川を流れる大岩の振動で家が揺れた記憶があります。
が、それ以降は何故か台風の記憶がありません。
多分台風のコースが幸いしているのだと思います。


 全般的に台風の影響の少ない長野県ですが、それでも昨日の台風では局地的に大きな被害が出ている所もあったようです。
しかしその中で私が住んでいる地域は特に台風の被害が少ないと感じています。
近県の被害で鉄道が止まったり、高速道路が通行止めになったりはしますが目立った大災害はあまり聞きません。
四方を高い山で囲まれている盆地という地形的な影響が大きいと思います。
そこでそれを確かめるべく、昨日の雨雲の動きを時間経過で取ってみました。


台風18号統合①
<レーダー降水ナウキャスト(気象庁)/ピンク丸印が私の居住地>


 最接近したのは10時頃のようですから、これを見ても台風の進路が非常に近かったにもかかわらず、此処だけ”空白地帯化”していることがよく分りました。
雨も風も大したことなく、暴風圏内にすっぽり入った事もあとで知ったくらい拍子抜けの状況でした。
やはり高い山の恩恵を非常に大きく受けていると思います。


ということで同じ長野県でも被害に遭われた方には申し訳ありませんが、この台風の来る前にリンゴや梨を慌てて収穫した農家が多かったとニュースでやっていましたので、安く売りに出ないか期待しているところです。


2013.09.17

続きを読む

関連記事

野沢菜種蒔

 色々あって遅れに遅れていた『野沢菜』の種蒔を終えました。

 最近は”野沢菜漬け”はあまり食べなくなりましたが、それでも少しはないと寂しいので今年も作ることになりました。
この種蒔時期が非常に重要で、数日違いで生育に大きな差が出てくるようです。
我が家は漬け物樽が小さいので、例年少し遅くに蒔いていくらか小さく作るようにしていますが、これが1週間も遅れると”小松菜”程度しか育たない年もあり、判断が難しいところです。


 さて今年は暑さで作物が育ちません、ヤーコンも例年なら大きくなっていてヤーコン茶用に葉の乾燥に入る時期ですが、今年のヤーコンはまだこんな程度にしか育っていませんので葉摘みが開始出来ません。
この分では今年はヤーコン茶も芋も自家消費分だけになりそうです。(毎年期待している方、ごめんなさいね!)



Aヤーコン <ヤーコン>


 しかし”レホール”だけは例外で、何時も通りの成長を続けていてまだヤーコンより背が高い状態です。
これはやっぱり雑草みたいな物だと思われます。

2013.09.15
関連記事

ガレージ壁修復

 ”充電電池事故”に引続いて『事故処理』の話題をもうひとつ。

 今年の春先から我が家の隣りで店舗工事が続けられていました。
その半年余りの工事期間中に、隣接している我が家のガレージ(30年以上前のもの)の壁が重機で一部破壊されてしまいました。
その時担当者から、「破壊箇所の壁材(鉄板)の張替え」と「塗装」を行なって復元する旨提案があり了解しました。


カレージ修復1 <ガレージ壁の破壊の痕:この2箇所>


 ところが直ぐに修理してくれるような口調でしたが、店舗工事が終了してから1カ月以上経つのに一向に修理に来る気配がありません。


 担当者への連絡方法が分らないので、監督責任者である設計会社の社長に電話で一喝すると慌ててすっ飛んで来ました。
社長は本当にこの一件は聞いていなかった様で、現場確認すると又すっ飛んで帰って行きました。
入れ替わりに工務店の親方が”下手人(破壊の当事者)”を連れて謝りに来ました。
「下手人が勝手に約束して、(親方に)何の報告も無かったので知らずにいて修理が遅れ申し訳なかった。」との事でした。(弁解にもなっていません)
 

 と言う事で、早速修理が行われ、壁の2/3が張替わり綺麗になりました。(修理は当初約束の3倍以上の面積になった?)
 

ガレージ修復2 <壁板(鉄板)張替え後>

 新品の壁材なのでこのままでも明るくて綺麗なのですが、先方の提案通り(約束通り)全面塗装してくれました。(しかもご丁寧に2度塗りでした)
自分でやったものならアルミテープでも貼って我慢してしまう程度の事故ですが、結果的に3日掛かりの大工事になってしまいました。
これは私が要求した訳ではありません、先方が”最大限の誠意を示した”という事でしょう。
こちらは一方的な被害者ですが、お陰でより後味が悪い結末になってしまいました。


ガレージ修復3 
<壁内側に防音材代わりに入れていた布団(私が入れたもの)、今回どうしても入らないと言うのでこちらで処分する事にしました>



 直近では”充電電池事故”の件もあり、2件立て続けの被害者となってしまいましたが、この2件を比較して大いに考えさせられました。
最も重要なのは”火は早い内に消す”、事故処理はスピードが大切だと改めて感じた次第です。


ガレージ修復4 <2度塗りが終わりこれで完成です>
関連記事

カボチャ収獲

 猿との戦いに勝利して、初めて”カボチャ”を収獲しました。


 畑のご近所の皆さんがほとんど”猿”の被害でカボチャを収穫できない中、我が家は本日カボチャを無事収穫しました。

 猿との戦いの中でも”カボチャ栽培”は、最も難しいもののひとつです。
カボチャ栽培は非常に広い面積が必要で、これを”猿”から守るのは至難の技です。
その被害の話を聞いていたので我が家では、この10年程カボチャを栽培したことがありませんでした。


 しかし今年はこれまでの”猿対策”の経験を結集して、カボチャ栽培に挑戦し見事勝利しました。
と言っても『たった1株』だけの栽培です。



かぼちゃ1 <猿防御柵1>

かぼちゃ2 <猿防御柵2>


そして収獲したカボチャです。


かぼちゃ3 <収獲したカボチャ>


 但し何も被害が無かったかと言うとそうではなく、4個が被害に会いました。
柵の隙間から手を入れて近くにあったものをもぎ取ったものの、防御柵の為外に持ち出すことが不可能で、少しかじっただけで諦めたようです。
その為被害に合った4個が柵の中に確り残っていました。(当然食べませんが、猿のエサにもなりませんでした)


かぼちゃ4 <猿被害にあったカボチャ>


 今年栽培したカボチャは”ロロン”と言う品種で、少し形状が変わっています。
以前栽培したのを頂いて、非常に美味しかった事も有り、今年カボチャ栽培に挑戦する切っ掛けとなったカボチャです。

 かぼちゃは追熟させるとより美味しくなると聞きますが、早速ひとつ食べてみました。
 今年のカボチャは事の外美味しく頂きました。

2013.09.11
関連記事