つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

置囲炉裏用天板

 既に『置囲炉裏』本体は完成ているのですが、囲炉裏としての使用頻度は極めて低い見込みです。(たぶん年2~3回だけで、ほとんど使われる事がないと踏んでいます。)
そこで普段”置囲炉裏”を使わない時、座卓ととして使える様に上に”天板(テーブルトップ)”を載せて置く構造にしました。
製材した各種の板を繋ぎ合わせて90cm角のテーブルトップ(コタツ板の様な物)を作りました。

 使用出来る板は、今年自分が製材した板の全種類で『ヒノキ』、『スギ』、『クルミ』、『ケヤキ』、『クリ』の5種類があります。
中には端材もあり余り素性は良くありません。
製材したままで厚みが不揃いだったり、反りや曲がりがある板もありますが、表面の仕上げはせず板同士を接続する端面だけ”手押しカンナ盤(ジョインター)”で丁寧に仕上げて”ビスケット”を2段に入れて接着固定しました。


201109135 201109191 板接ぎ途中経過です


 表面はチェンソーで製材したままなので凸凹がありますがディスクグラインダー用のワイヤーブラシで軽く仕上げをしました。
『荒らし』とか『汚し』とか言われるやり方だと思います。
ただ本来の”荒らし”、”汚し”は一度綺麗に仕上げてからする作業の様なのですが、私のは実にいい加減なもので汚いままの面を更に汚くするので『屋上屋を重ねる』と言ったところでしょうか? (それとも『恥の上塗り』?? )
こちらの面を『表面』と考えています。
最後に”柿渋塗料”を塗って完成です。

 私としてはこの表面仕上げに”味”を感じて大いに気に入っています。


201109193 表面完成


 天板は”両面使用可能”な仕様にしてあります。
表面基準でビスケット加工したので、表面は比較的平ですがその分裏面に不揃いの厚みがそのまま出きていてかなりデコボコしていました。
大きいところで8mm位も段差があったのですが苦労してカンナ掛けして平に仕上げました。
新しく円弧状の”ちぎり”も入れてみましたがこの形状は直線のくさび型より加工し易いですね。
最後に”サンダー”で磨き、”木固めエース”で塗装をしてあります。

 私はこちらは”裏面”と思っていますが、一般的にはこちらの仕上げの方が”受け”がいいのでしょうね。


201109215 裏面完成


 木片の接着・乾燥の繰り返しで相当時間が掛かりましたが、自分で製材した板を使った初めての大物作品としてはまずまずの物に仕上がったと思います。(自画自賛です・・・汗)


2011.09.29







関連記事

空缶LEDランプシェード

 照明のLED化を色々検討していると、LED電球用に”E26ソケット(電球ソケット)”を新に取り付けたい要望が何件か出てきました。
そこで簡単に且つ安価で設置出来る『電球ソケット(ランプシェード)』を作ってみました。

 
201109131  空缶ランプシェード

 材料は空缶(Φ100mmのビールモルト缶)と建築金物の”帯金具”です。

201109132 内部構造(E26ソケット+プルSW)

 外観はこのままでも面白いと思ったのですが、1台目は物置小屋の天井に設置するので目立たない黒色で塗装してみました。



201109133 完成品(左:100W相当LED電球入り)


2011.09.26


関連記事

『ごんぼっぱ』つなぎ

 ”ハバヤマボクチ”の葉から繊維を精製する方法を検討しています。

 ”ハバヤマボクチ”は蕎麦のつなぎの繊維を取り出す目的で栽培していますが、葉の量ははどう見ても蕎麦打ち1回分が取れるかどうかの量しか無さそうなので、ぶっつけ本番だと危険性が高過ぎます。
そこで代わりの物で一度練習してみたいと探していました。

 
 それが『ゴボウの葉』です。
同じ”キク科”で、花もWEBで検索してみる限り同じ様な感じです。
そういえば飯山方面では普通、オヤマボクチを使った蕎麦のことを『ごんぼっぱ蕎麦』と呼んでいると聞いたことがあります。


 早速畑の”ごんぼっ葉”を取って来て乾燥させました。
ゴボウの葉っぱも裏はオヤマボクチと同じで真っ白でした。

201109091 カラカラに乾燥した葉っぱ
 


201109092 ひたすら手で揉みました

201109093 何回も煮ては水洗いの繰り返し

201109094 途中の水洗い後


201109095 乾燥して完成です

 何時もなら根を収穫すれば捨ててしまうゴボウの葉っぱですが、こんなにきれいな繊維が取れました。
2gあります。(蕎麦打ち1回分)
元の乾燥前の葉っぱの重量を計るのを忘れてしまったので正確には分かりませんが、1kg程度はあったと思われるので収量比率は1/500となります。
この一連の作業に丸1日(正確には7時間)確り掛かりました。
県の今年の最低時給¥649で換算すると、原価¥2272/1gになります。・・・しかしまだ光熱費が入っていません・・・(フゥー)


 購入すれば¥120/1g程なので、それにしてもまったく割に合わない大変な作業です。
今後どうするか考えてしまいました ・・・?!


 さてこの『ゴボウの繊維』、市販の『オヤマボクチの繊維』より短目の様ですが、きめは細かく柔らかでしかもずっときれいな色です。
市販品は”重曹”で何日も煮るそうなので、気になるほどではありませんがそれなりの臭いがあります。
しかし今回私が作ったのはが一切そうした薬品は使ってないのでやや青臭い臭いがするだけです。

 さてせっかく此処まで出来たのでこのゴボウの繊維でも蕎麦打ちが出来るものかどうか後日一度試してみたいと思っています。


2011.09.21




 
 
関連記事

置囲炉裏、サイドテーブル

 置囲炉裏周囲に”折畳みテーブル(サイドテーブル)”を取り付けました。
当初設計では固定式のテーブルでしたが、四方にテーブルを付けると囲炉裏の1辺の長さがが大きくなり過ぎます。
小さな部屋では使わない時邪魔になるので普段はテーブルを折畳んでコンパクトに使えるように急遽設計変更しました。

 使用したテーブル用材は『クリ』、『ヒノキ』、『スギ』、『ケヤキ』の4種類です。
それぞれ製材した”耳付き”のまま使っています。
先に”ちぎり”加工の試作をしたクリの板も勿体ないので使うことにしました。
又板の表面の仕上げ加工はやってありません、チェンソーでの切断跡が『地模様』の様にそのまま残っています。
それをディスクグラインダー用のワイヤーブラシで少しだけ磨き、”柿渋塗装”しました。


201109152 サイドテーブルを開いた状態


 出来上がってみると設計寸法通りなのですが、実物は頭で考えていた以上に大きな物になってしまいました。
作業場が狭いのでサイドテーブルを開いた状態で床に置くスペースが無かったので立てたままで撮影することにしました。
実は重過ぎて一人で外に運び出すことが出来なかったのも一因ではあります。(トホホ ・・・)

 更にこの上に”テーブルトップ(コタツ板の様なもの)”を載せる設計なのでますます重くなる予定です。


2011.09.18








関連記事

安曇野の”灰焼きおやき”

最近になって『灰焼きおやき』の店が安曇野に出来た(出来ていた)事が分かったので、今日台風の影響を受ける前に行って来ました。

 場所は”国設アルプスあずみの公園/堀金”の極近くです。
店の位置が分かりずらいとの書き込みがあり、ナビを頼りに行きましたがはたして最初狭い入り口は素通りしてしまいました。
引き返して来て”おやき”の上り旗を見つけてやっとたどり着きました。

 目的の店は細い道を入った露地の突き当たりの林の脇にありましたが近くに行くまでよく分かりませんでしたが、NETで”プレハブ小屋の一角”との記述を憶えていたのでそれと知れました。
実際はプレハブではありませんが倉庫の様な建物の壁から突き出たようながっしりした木造の入り口が有る不思議な建物でした。



201109171 安曇野のおやき店

 建物の中は外側とは違って、太い梁や柱のがっちりした木で囲まれた古民家風の造りの広い部屋で中々良い雰囲気です。
買ったおやきをそこで食べても良いようになっている様です。

 
201109172 灰焼きおやき3種類(¥250)

 さて連休初日でしたが客は一人も居ず、店(?とも思えない雰囲気)の中にも”おやき”は何処にもなくしばらく誰も出てこなかったので心配になりました。

 
 目的の”灰焼きおやき”はありました。
 ”普通のおやき”も売っていましたが、”灰焼きおやき”はやはり独特の存在感です。
灰焼きは3種類ありましたので2個づつ買い求めてきました。

 この”おやき”家に帰って重さを計ったら180gでした。
先の生坂村の”元祖”灰焼きおやきはひとつ250gでしたから、こちらはやや小振りな造りです。
それでもしっかりした皮は、良く噛んで食べる必要があるので1個食べると十分お腹が膨れます。
”餡”は薄味でどれも少し”煮干の味”がして美味しいのですが好みが分かれるところかもしれません。

 生坂村の灰焼きおやきは正に『素朴で美味しい』と表現が出来ると思いますが、こちらのおやきは形も味も『上品で美味しい』と言う表現が適切ではないかと思います。



2011.09.17



関連記事

『けとばし君』試験1カ月

 『けとばし君』の試験もここで1カ月を経過しました。
”順調”と言いたいところですが、実際はそうではありません。

 最大の問題は容器の底に水がたまってしまった事。

 原因ははっきりしませんが、
 ①取れ過ぎた”漬け瓜”を漬け物に加工した時、”種の廃棄物(約1.5kg)”をそのまま投入した事。 ・・・瓜は96%が水分だそうです。
 ②激しい豪雨(夕立)の中に置いて置いた為隙間から雨が浸入した。 ・・・”雨カバー”があるので真上から降る雨は大丈夫ですが、”横殴りの雨”に対しては浸入の心配があります。
この二つが原因だと考えられます。

201108301  普通の雨なら問題ないのですが

201108302 水抜き穴

この結果から、
・水分の多い”漬け瓜の芯”や”スイカの皮”の大量投入はやめます。(・・・干してから投入すればいいとは思いますが)
・夕立や台風の時は容器を出来るだけ軒下に移動して雨が入り込まないにします。

 更に容器の中の水は底に『水抜き穴』を開けて、排出出来る様にしました。
この穴はネジ穴にして簡単に着脱出来る様にしました。
堆肥化の過程で水が発生する事もありますから、今後時々様子を見ながら水が有る場合はネジを外して排水することにします。

 この水問題で容器の中の匂いが非常にきつくなりました。
『腐敗臭』です。 
この匂いが原因で堆肥作りを諦める人も多いと聞いています。
同時に『小バエ』の発生も少し気になり出しました。
次はこの問題解決に取り掛からないといけません。


2011.09.13



関連記事

ホワジャオ収獲

 今日は”鳩”と”山椒の実”の争奪合戦をおこなってしまいました。
この鳩、数年前から我が家の庭に頻繁に来るようになりました。
番いの野生ですが元々は飼い鳩のようです。
最近では近所の畑の作物を食い荒らしている様で皆さん手を焼いています。

 2年程前には我が家のガレージの天井に巣作りを始めたので戸を閉め切って2日間ほど閉じ込めておいたらしばらく寄り付かなくなったのですが、又最近頻繁に来ます。

 この鳩は『山椒の実』が特に好物の様で、山椒が赤く色づくと必ずやって来て食べ尽くすまで居続けます。
今日は朝から山椒の木の上でバタバタやっていたので、慌てて山椒の実の収獲を始めました。
梯子を掛けて収獲するのですが、私が1m位そばにいても手が届かないと見ると逃げません。
棒で追い払うとやっと逃げて行きますが、またしばらくすると戻ってきます。
 


201109101 美味そうな鳩です


201109102 収獲した山椒の実 

 
 ちなみに私が一番好きな中華料理は『鳩の丸焼き』です。
もう中国に行く機会もないので”鳩料理”を懐かしく思うこの頃です。
山椒をいっぱい食べた鳩はさぞかし美味しいのではないかと密かに狙っています。


2011.09.09





関連記事

『電柵テスター』第2弾

 『電柵テスター』の第2弾を作りました。
先日畑で仕事をしていたら山の上から10数人の小学生の団体が我が家の畑の方に賑やかに降りてきました。
山と畑の境界に設置されている電柵のゲートを開けるのに苦労している様だったのでゲートまで行って開けてやって、畑を通って道まで降りていきました。
聞いてみたら小学校の屋外授業の一環で『探検』だそうです。
昔は子供が放課後毎日山の中で遊んでいるのを普通に見かけましたが、最近では本当に珍しい事です。
有害鳥獣を畑に近づかせない為にも人が山に入るのは良いことなので大歓迎なのですが ・・・


 さてその団体には引率している女の先生がいました。
「子供たちが質問があると言っているので、答えて頂けますか?」との事で、とっさに断る理由が思いつかなかったので色々質問され冷汗をかきました。
その中に「”電柵”に電気が流れているかどうか見る方法がありますか?」というのがありました。

3・4年生とのことで「手で触って確認します。」なんて冗談も言えなかったので真面目に答えましたよ。
丁度近くの小屋の中に”例の電柵テスター”を置いてあったので、子供たちに通電状態を見せてあげたいと”デモ”をしてみました。
ところが、全く光りません。
ここ半年位使ったことが無かったので導通不良となっていたようです。
と言う事で残念ながら子供達に蛍光灯が1秒おきに光るのを実際に目で確認してもらう事が出来ず非常に残念でした。
 
 
そこで改善した『電柵テスター・第2弾』を製作することにしました。
それがこれです。

201109015 改良版『電柵テスター』

 このテスターは前の『直管蛍光灯』から『曲がり蛍光灯』にして光り方を改善させるつもりでしたが、前作と同じ様に日中は光が弱く確認は困難でした。

 しかし思いがけず通電の度に「ボカッ」、「ボカッ」といった大きな音がすることに気が付きました。
多分蛍光灯が放電する時発生する音がラップの芯やソケットの内部の空間で共鳴、増幅されて大きな音になっている様です。
当初意図した改善とはまったく違った結果ですが、これはこれで光以上に簡単に確認が出来る大変大きな改善となりました。


<製作過程は別頁でご覧下さい。 ↓>


2011.09.05

続きを読む

関連記事

ハバヤマボクチの花

蕎麦の『つなぎ』に使う繊維を取る為に栽培している『ハバヤマボクチ』の花が今年ようやく咲きました。

北信の飯山方面で昔から作られている『ボクチ蕎麦』のつなぎとして使われているのが『オヤマボクチ』の繊維です。
以前”幻の富倉蕎麦”といわれていた蕎麦を食べて以来すっかりその虜になってしまいました。
この”つなぎ”は飯山の蕎麦処で販売していたので買ってきて、自分でも”ボクチ蕎麦”を打つようになりました。


 更に4年前に山でこのオヤマボクチの枯れた花を見つけました。
この種を畑に植えて育てていたのですが、これが実は”オヤマボクチ”では無く”ハバヤマボクチ”であることが昨年分かりました。
しかしこのハバヤマボクチもオヤマボクチと同じ仲間でどちらも昔から蕎麦のつなぎに使われているとの事で引き続き栽培していました。
実生でも2年目に花が咲くとの事でしたが、3年目の今年ようやく花が付きました。


 今年はいよいよこの葉から”繊維”を取り出してみたいと思っています。
取れる繊維の量は乾燥前の葉っぱの重量の1/1000程度だそうです。
そうなると今栽培している量からすると、1回分の繊維が取れるかどうかです。

 この蕎麦が『幻の蕎麦』と言われる所以です。


201109011 この葉から繊維を取り出します

201109012 これが蕾です


2011.09.01
関連記事