つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

レホールの”ヒゲ根”

 先日初収獲した”レホール”ですが、細くて食べられない”ヒゲ根”を輪切りにして水に漬けておきました。
忘れていたのですが今朝見たら芽が出ていました。


201106301 レホールの発芽


 まだ発芽率90%といったところでしょうか。


 そこで気になったので畑のレホールを収獲した跡を見てきました。

201106262 抜いた跡に芽が出ていた!


 ヤッパリ !!
既に芽が出ていました。


『恐るべしレホールの生命力 !!!』


2011.06.27
関連記事

野生ホップ

 久し振りに山登りのトレーニングに行ってきました。
今月末に南アルプスの北岳を狙う計画があります。
5月に山行が雨で”大宴会”に変更になっってしまったので今年は本格的な山登りを行っていないので体力に自信がありません。
少し体をいじめておかないと大変な事になりそうな気がしています。

 今回のトレーニングコースは又これまでと違うコースに挑戦しました。
一周約40分の周回コースですが、これまでの中ではベストに近い非常に良いコースです。
これからのトレーニングはこのコースがメインコースとなると思います。


 その途中で思わぬものを見つけてしまいました。
『野生ホップ』です。
それも中々の群落です。


201106152 野生ホップの群落


 最近”アレチウリ”に押されてとんとその影を見なくなっていた”野生ホップ”ですが、まだ手付かずで残っているところがありました。
そっとしておいてホップの実が生るまで時々様子見に来たいと思います。


2011.06.23

 
関連記事

堆肥製造器”出戻り”

 先日市の委員会に提供したばかりの『回転式生ゴミ堆肥製造器』ですが、早速改善要望があって引き取って来ました。
戻ってきたのは200㍑の大型ドラム缶の方です。
又同時に『けとばし君』への新たな要望もありました。

<200㍑ドラムタイプへの改善要望内容>

1.女性でも楽に回転出来る様にして欲しい。(背景:生ゴミ処理は女性が行うことが多い為。)
2.横からも回転させる事が出来る様にして欲しい。(背景:設置場所によっては横からでないと操作できない場合がある為)



 これはどちらも中々大きな問題です。
しかし自分でも前々から不都合と感じていたところなので、指摘されて改めて『やっぱり!』と思っています。
10年も使い続けていると慣れてしまって不具合を不具合と感じなくなっていました。
大いに反省しなければいけないところです。


 さてこの改善策、多いに悩みましたが現在外周2箇所に付いている回転用取っ手(アングル)を2箇所追加し4箇所にしました。
ついでに内側にも撹拌用アングルも2箇所追加しました。
場合によっては重量が100kg近くにもなるドラム缶容器ですから、この対策で果たして楽に回転できるでしょうか ?

 又横から廻す方法ですが、側面にハンドル代わりのアングルを”十字”に取り付けてみました。
これは苦肉の策であまり自信はありませんがしばらく使って様子を見てもらうことになりました。



<『けとばし君』の追加要望は別頁で  ↓>


2011.06.20

続きを読む

関連記事

バラ園(シンワの丘バラ園)

201106181 バラ園での結婚式

 伊那市にある『シンワの丘バラ園』に行ってきました。
奥さんが言うにはこのバラ園は”ボーダー”に植えてあるバラがいいのだそうです。
料金を払って入ったら丁度庭園で”結婚式”が始るところでした。
雨で無かったのが幸いでしたね。


 さてこのバラ園が今年、昨年から変わった点。
1.駐車場からシャトルバス(有料)が出るようになった。・・・バラ園近くに車が置けなくなった。
2.”協力金”と言う名目で入園料を取るようになった。(¥200/人)
3.昨年と比べバラの出来が良くない。


201106182 『アンジェラ』のドーム 


 我が家の今年のバラの出来も大変悪い状態です。
花数が例年の半分といったところです。
多分天候が原因だと思います。

 しかしこのバラ園はもっとひどい状態でした。
株数も増えていませんし、バラのアーチは見る影もありません。
かろうじて”アンジェラのドーム”だけが少し見られるかなといった状態でした。

 昨年まで入場無料だったので手入れをする費用が無くて今年から有料にしたのかなと勘ぐりたくなりますが、この状態だと今年初めて来た人が来年また来てくれるだろうかと心配になりますね。


 201106183 高山蝶の『コヒオドシ』


 ボーダーのバラもまだ確りツボミで目的が果たせずがっかりでしたが、帰りに貴重な物を見つけました。
勝手知ったると言う事で、我々は少し離れた駐車場に車を置いて歩いて行ったのですが、戻ったところ1台の車に止まっている見慣れない蝶を見つけました。

 高山蝶の『コヒオドシ』です。

しかも羽根に傷ひとつ無く、生まれ立ての様です。
アルプス級の山登りで希に見たことはありますが、それは何時も痛々しい羽根をしていました。
こんな間近で見られ、しかも綺麗な写真まで撮れたのは本当にラッキーでした。


2011.06.18


関連記事

レホール初収獲

201106101 レホールの現状 


 しばらく見ないうちにレホールが異常に大きくなっていました。
葉の長さが1m近くもあります。


201106102 1株試し掘り


 そこで早速大株のひとつを試しに掘り起こしてみました。
昨年末に掘った時はどれも”ヒゲ根”程度しかなかったのですが、今回はかなり太く成長していて収獲してもそこそこ利用できる状態です。


201106103 一株かと思ったら3株でした


 一株の様に見えたのですが、洗ってみたら3株に分かれました。
これは多分レホールの苗を作った時、根を輪切りにした円板の周囲に沢山の芽が出ていましたのでそれがそれぞれ分かれて成長したと思われます。


 早速収獲した根を夕飯にすりおろしていただきました。
北海道民はこのすりおろしをご飯の上に載せ、醤油を掛けて食べると聞いていたのでそのようにしてみました。

 ところが食べている途中で、硬いものが歯に当たりました。
良く見たら”円錐形の陶器”の欠片でした。
陶器の”すりおろし器”でおろしたのですが、このすりおろし器の歯が1箇所欠けて無くなっていました。

 『レホール』の硬さ、恐るべし !!

このレホールのすりおろしには”技”が必要だと思われます。
しかし味の方は確り辛く、美味しく頂く事ができました。


 ヒゲ根の先端は掘り起こした時抜けずに畑の中にそっくり残ってしまっていますから、このレホールの生命力を持ってすればそこから又新しい芽がいっぱい出てくるのではないかと思います。
北海道で野生化していると聞きますが、うなづける話です。


2011.06.15


関連記事

『けとばし君』(小型生ゴミ堆肥製造器)

201105271 新型生ゴミ堆肥製造器 


 これまでの私の『生ゴミ堆肥製造器』の集大成となる堆肥製造器を作りました。

 市の関係者が私の””堆肥製造器”に関心を示していただいたので、以前から『理想の堆肥製造器』と考えていた事柄をこの機会に新たに具現化し委員会に提供することにしました。



<私が理想とする堆肥製造器の要件>


①『好気性発酵菌』を使える構造であること。
②人力だけで”切り返し”が出来ること。
③匂いが無く且つ”虫”が湧かないこと。
④設置面積が小さいこと。
⑤4人家族で最低3ヶ月使用出来ること。
⑥材料費が安く、自作が容易であること。



<この詳細は別頁で  ↓>

2011.06.12

続きを読む

関連記事

回転式生ゴミ堆肥製造器

201105241 生ゴミ堆肥製造器・最新版


 10年前に考案した『回転式生ゴミ堆肥製造器』が又陽の目を見ることになりました。


 自作の”回転式生ゴミ堆肥製造器”を10年以上使っていますが、写真の”堆肥製造器”は7年前長野県が主催した『エコグッズコンテスト』に応募した時新たに作った提出用サンプル品です。
書類選考を通過して、”本選”の為の実機提出を求められましたので、確か1日で作ってその日の内に宅急便で送った記憶があります。

 その努力の甲斐あってか、”優秀賞と金一封”を頂きました。(金一封が幾らだったか忘れてしまいましたが大したことは無く、ほとんど材料代の実費程度だったと思いました。)
又ローカル放送でしたがこのコンクールの入賞作品の30分の特集番組があって、恥ずかしながら”TVデビュー”もしてしまいました。

 
 これが今回ひょんな事から知人経由で”市のゴミ削減委員会(正式名称?)”から興味を持たれ、試験機として提供する事になりました。
県のコンクール後長野市にある主催者の施設に1年間展示されてから戻ってきましたが、それ以来一度も陽の目を見ないまま図体ばかり大きく保管場所にも苦労していました。
先日市の関係者が堆肥製造器の見学に見えた時『使っていない新品が1台ありますよ。』と提供を伝えておいたところ実地試験をする事になったようです。

ただ正式に”陽の目を見る”かどうかは、試験結果次第でしょうが。


 しかし何世代も前の代物なので、最新版に改造してから提供する事にしました。


<改造内容は次頁で  ↓>

続きを読む

関連記事

八ヶ岳開山祭

201106051 途中の山小屋の賑わい

 今日は『八ヶ岳開山祭』でした。
今回初めて”北横岳”頂上での開山祭に参加してきました。

201106052 北横岳頂上での開山祭


201106053 朴葉の杯でお神酒を頂きました

 今日は天気予報と違って今にも降りそうな曇り空で、頂上では風が強くウインドヤッケを着ていても結構寒く感じました。
今年は何時もより参加者が少ないとの事ですが、それでも200人超は居たと思います。

 ”北横岳”の開山祭は初めて見ましたが12:00から延々1時間続きました。
お祭りは頂上の一番高いところで行われていますので下に居ると何をやっているか見えませんし声も聞こえません。
何をやっているのか分からず寒い中1時間もじっと我慢して待っている参加者からはすこぶる評判の悪いお祭りです。


 お祭りが終わったあと頂く高山植物の”バッジ”目当てに参加している人が多いと聞いています。 
ご他聞に漏れず我々もその一員ですが、早くも11:00に頂上に着いていたので祭事が終わるまで2時間じっと寒さに耐えていたことになります。


 この行事は茅野市が主催のようですが

「お客様(=参加者)の声が聞こえないお役所は、国民の声が聞こえない今の政治家とまったく同じだ !」

201106054 今年の参加記念バッジ 『イワベンケイ』 


2011.06.05



続きを読む

関連記事

バラ園

 今日は本来ならば岐阜県の『花フェスタ記念公園』の日本一のバラ園を見に行く予定でした。
朝早めに自宅を出発して途中でガソリンを満タンにして高速のICに入ったのですが目的地の方向の車線は閉鎖中 ??
高速道路上で”車両火災”が発生していてその区間で上下線共閉鎖だそうです。

 これはゲート手前で知らされたのですがせっかく来たので、そのまま閉鎖されていない反対方向の車線に乗ることにしました。
閉鎖のお陰で高速道路は貸切状態でほとんど車が走っていません。
そこで途中のSAに入って一度も高速道路を運転したことの無い奥さんと運転を交代。
今後の為に高速道路運転の練習をする(して貰う)事にしました。
しかし少し楽をしようとしたのですが、ずっと足を踏ん張りっぱなしで余計に緊張して疲れました。


201106031 ハイジの丘一番乗り

 変更後の目的地は山梨県の『ハイジの丘』のバラ園。 
160kmを走る予定が50kmとなってしまいました。
お陰で早く着き過ぎ、バラ園の開園前しかも一番乗り。


201106032 今日のツルバラ回廊

201106033 ツルバラは咲き始めでした

 平日のしかも、ほとんどバラの咲いていないバラ園は人が居ません。 (当然のことながら)
このバラ園は手入れが良く、バラ作りの参考になります。
従ってこれまでも、冬や春先のバラの咲いていない時期にも何回も来ています。
今回も咲いているバラはほとんど無かったものの、”剪定の勉強”を確りさせてもらいました。


 しかしいっぱい勉強しても、我が家のバラ作りは一向に向上しません ??!!


2011.06.03

関連記事

アレチウリ除去

 今朝所属団体恒例の『河川清掃活動』がありまして、出掛け様とした時駐車場の棚上にツルバラ『スパニッシュビューティー』が1輪咲いているのを見つけました。
このバラは下向きに咲くのが嬉しいですね。
下から見上げるのにピッタリのバラです。


201106011 スパニッシュビューティー


 我が家の今年最初のバラの開花は2日前で昨年と全く同じ日です。
昨年はこの”スパニッシュビューティー”が最初に開花しましたが、今年は『銀世界』でした。


 さて本日の”河川清掃”の目的のひとつが『アレチウリ除去』でした。

昨年は全く無かった”アレチウリ”でしたが、今年は沢山有りました。


201106012 ここ一箇所で50本程除去しました

201106013 一山50本

 全部で300本程除去出来ました。
今年は昨年より少し温かいようです。


2011.06.01
関連記事