つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

”雨水タンク” 店仕舞い

201011301  雨水タンク全容

 今朝の最低気温はー2.7℃でした。
ー3℃以下になると”雨水システム”の配水パイプが凍結して破裂する恐れがあるので、本日タンクの洗浄を行って『店仕舞い』することにしました。
 
 これまでもパイプの凍結破壊を何回も経験していますので、出来るだけ早めに店仕舞いすることにはしています。
しかし単純に水抜きすればOKと言う事で無く、洗浄も一緒に行わなくてはいけません。
雨水タンクが2階のベランダに設置してあるので、洗浄の為の水が無いのです。
そこでタンクに貯まった水を使って洗浄しますがこれが結構時間が掛かります。
今日も3時間ほど掛かってしまいましたが、温かい日で助かりました。


201011302 初期雨水タンク内部


<洗浄方法>

1)まず全てのタンクに付いているバルブを締めます。

2)初期雨水タンク洗浄 :これはフタが開くので簡単に洗浄出来ます。
             排水しながら、洗車ブラシで内部を洗浄します 
3)初期雨水タンクと中水タンクをホースで直結して中水タンクの水を初期雨水タンクに逆流させます。
  この水で更に洗浄、排水を繰り返し綺麗にします。 →2回ほどで綺麗になります。


201011303 中水タンク洗浄廃液1回目

4)中水タンク洗浄 :密閉タンクでブラシが入らないので、排水しながらタンクを揺すって洗浄。
           水位が1/3位になると真っ黒な廃液が出てきます。
5)中水タンクが空になったら上水タンクとホースで直結し、上水タンクから水を逆流させて洗浄。
  この作業を綺麗な排水となるまで繰り返す。(最低でも10回は繰り返しが必要)         


201011304  上水タンク洗浄廃液1回目

6)中水タンクと上水タンクを直結したままバルブを開放。→水が両方に均等に入ったらバルブを締める。
7)同じく排水しながら、上水タンクを揺すって洗浄。
8)空になったら中水タンクから逆流させ洗浄
  これを排水がキレイになるまで繰り返す。 → だいたい数回以下で綺麗になる。 

この作業は時々1階に行って廃液の汚れを確認しないといけないので、階段の登り降りで結構な運動になります。
最近運動不足なので丁度良かったかも知れません。


ーーーーーーーーーーーーー


<今年の雨水利用総括>

・今年は途中で”初期雨水タンク”の水漏れで一度修理洗浄したこともあり、初期雨水タンクは何時に無く綺麗でした。
・初期雨水タンクは降水後直ちに空にしておく必要がありますが、これが中々出来なかったために中水タンク に泥が流れ込み結構汚れていました。
→来年はもっとこまめに管理をする必要があります。
・”上水タンク”は予定通りかなり綺麗だったと思います。
・猛暑にも関わらず中水タンク、上水タンク共”藻の発生”はほとんど無かったようです。
  →光が透過しないタンク材質の効果大。
・今年は雨が多かったので猛暑にも関わらず、タンクの雨水が1度も空になる事がなく”庭・畑の水やり”、”洗車”等ほとんど水道を使用せずにすみました。


以上期待以上の働きでした。
ご苦労様でした。
これで来年5月まで半年間ゆっくり休養です。


2010.11.30





関連記事

スモークサーモン再挑戦(2)

201011292 スモーク終了

 ”スモーク”は2日間に分けて実施しました。

 ■1日目 :”桜のスモークウッド”を使って6時間のスモークを行いました。
        室温10℃スモーカー内部温度は11℃。

 ■2日目 :①同じく”桜のスモークウッド”1本で6時間スモーク。
        室温は開始時5℃、最後12℃になりましたが、スモーカー内部温度はMAX13℃でした。
        ②1本目終了後引き続いて同じ桜のスモークウッドの0.5本(2.5時間)をスモーカー内部で燃やしてみました。
         温度上昇は思ったより少なくMAX21℃止まり。

   これだけの時間スモークすると、流石に部屋中煙の臭いでいっぱいでした。

201011293 スモークサーモン完成です


 スモーク終了後そのままスモーカーの中で一晩寝かせておきました。
翌朝取り出しポリ袋に入れ2昼夜冷蔵庫に入れて置き、いよいよ今夜が待望の試食。


 『旨い !!』、『これは凄い !!』やりましたね。 

 これは美味しいです。
全部食べてしまうのがもったいないくらいの味です。
”サーモンナイフ”と言うスモークサーモンを切る専用ナイフがあるそうですが、我が家にそんな物はないので普通の包丁では切るのに苦労しましたが、切り方など問題にならないほど美味しく出来ています。
自作の”スタウト(黒ビール)”との相性もバッチリです。

 さてこの成功に気を良くしたので、次は大量生産に挑戦です。 ・・・・・・ ?? !!


2010.11.29


関連記事

テレビ無料回収(2)

201011281 最後のアナログTV

 実は先日の”テレビの無料回収”にもう一台TVを持ち込んだのですが、回収出来ないと断られてしまいました。
このメーカー品は全品回収対象外との事でした。
理由は教えてもらえませんでした。

 ところが本日の新聞の折り込み広告に、全てのTVを回収する業者があったので少し遠くでしたが峠を越えて回収場所に早速持込みました。
ここでは特に回収条件は無く、快く引き取っていただきました。

 そこの若い係の人に「車から降すの手伝って。」と頼んだら、「今朝からTVの運搬ばかりで、腰が痛くてもうダメです。」
と断られてしまいました。

デジタルTVを購入して真っ先にその違いを感じるのは重さですね。
特に26インチのTVを購入した時にはその軽さに、「エッツー !?」と驚きました。
技術の進歩を実感した瞬間でした。

 それにしてもこれまで良くあんなに重いTVをそれを当然と思って扱っていた事に、逆に感心してしまいます。

回収され山積みになっていたTVは ”この重さが当然” と思っている国で再利用されるのでしょうね。


2010.11.28


関連記事

干しヤーコン

 収穫した”ヤーコンイモ”ですが、ご近所や知人に沢山押し売りしましたがまだ残っています。
例年保存して置いて結局腐らせてしまって勿体ないので、今年は有効利用したいと考えています。
その利用法の候補の一つとして、”干しイモ”に挑戦です。

201011271 雨水シャワー栓

 芋を洗うのに冷たい水道水よりタンクで温まっているタダの雨水を使おうと。水道の立ち上がりの上に使わなくなった”シャワーヘッド止め”をパイプにネジ止めして取り付けてみました。
これは中々具合が宜しい。



201011272  ヤーコンイモ

 今回”クズイモ”ばかりタップリ使います。
このイモは最初に収穫したものなので既に収穫から約3週間です。
輪切りしたものを食べてみると結構甘くなっているものがありました。


201011273 酢水浸漬

 ”干しイモ”の作り方には煮たり蒸したりする方法もありますが、今回は一番簡単な”生イモ”のまま乾燥させる方法をやってみます。

 皮むきして厚み7mm前後に輪切りし直ぐに”酢水(15%)”に30分間漬けておきます。
”酢水浸漬”は変色防止の為ですが、「皮むき→輪切り→酢水浸漬」の作業を1本づつ手早くやる必要があります。


201011274  乾燥

 水切り後”干し網”に重ならないように敷き詰めて乾燥させます。
酢水の効果でここまではうまい具合に変色無しでした。

 さて乾燥ですが始めての事でどのくらいの干せば良いかよくわかりませんが、晴天でも最低5日間位は必要なようです。
夜もこのまま吊るして置きます。

 結果はまた後日報告します。



2010.11.27
関連記事

テレビ無料回収

201011261 ”チャンネルを回すTV”最後の1台 


 台所のテレビがやっとデジタルテレビになりました。
お察しの通り”エコポイントの駆け込み”です。

 32インチにしようか26インチにしようか迷いましたが26インチになりました。
32インチの方が生産量が多いせいか値段も安い物が多く、又納期も早かったのですが置き場所の制約から結局26インチにしました。
おまけに在庫がなかったおかげで1カ月近く待たされてようやく届きました。
流石聞いてはいましたが”エコポイントの駆け込み需要”はスゴイものがあります。 


 さて古いTVの処分ですが、『無料回収業者』に引き取ってもらいました。
前回(1年前)デジタルTVを購入した時は回収業者も有料回収だったので、リサイクル料を払って購入店に引き取って貰いましたが、今回は何処の回収業者も無料回収していたので最初から其処に出すつもりでした。 


 ところががところが、今日近くの回収業者にTVを持ち込んだところ、
「つい最近急に回収できなくなりましてね、申し訳ありません。」
ガチョーン !! ですね。
 

 現在日本中から莫大な量の廃棄TVが出ている事を考えると、当然だとは思いますが残念 !
「業者によってまだは回収している所もあるようですよ、もう遅いかも知れませんが ?」
との怪しい情報を元にうろ覚えの回収場所を探して隣り町まで行ってみました。
結局その場所には回収業者は居らず、更に1時間ほど走り回った挙げ句諦めて帰る途中で偶然見つけた”無料回収の登り旗”。
ここもどんなTVでもOKと言う事では無く確り回収条件が有るようでしたが、現物を見た結果無事引き取ってもらうことが出来ました。

 最近の子供には「テレビのチャンネルを回す。」と言っても通じませんが、
 これで我が家も”チャンネルを回すテレビ”が全て無くなりました。


2010.11.26









関連記事

スモークサーモン再挑戦

 ”スモークサーモン”のリベンジ開始です。
今回も”ちゃんちゃん焼き用の切身(1/4身)”を一切れ使っています。
”鮭1本”を買って使いたいのですがこの辺では使う人が居ないので滅多に売りがありません。

 

201011251 塩漬け


 前回の反省を踏まえて作業を行っています。 
前回一番の問題と思われる”塩漬け”です。
前回は”ソミュール液”の量が少なくて切り身が十分浸からなかった様なので今回はかなり多めに作り、ポリ袋に入れて確り撹拌出来る様にしました。

201011252 塩漬け上がり

 朝昼晩3回程天地をひっくり返し、2日間塩漬けしました。
お陰で身が堅くなって十分塩漬け出来た様です。
前回はこれ程堅くならなかったので、やはり前回は塩漬け不十分だったと思います。


201011253 塩抜き

 流水で塩抜きしました。
2時間置きに端を少し薄く切って”電子レンジ”で焼いて試食し塩加減を確かめます。
・・・”焼く”と言っても”温めモード”でやっても焼けてしまうまでですが、これが試食には丁度良い状態です。
合計6時間塩抜きをしました。
それでもまだ”チョット塩っぱいかな”と言う程度です。


201011254 スモーク開始(ザルの中は煮干)

 ”乾燥”後、オリーブオイルを塗ってスモーク開始です。
”さくら”のスモークウッドを使って”冷燻”でスモークを始めました。
室温は10℃、スモーカーの内部温度は11℃これなら十分”冷燻”と言えると思います。

 さて上の段には”食べる煮干”を置いてあります。
”ついで”にスモーク出来てしまうわけですが、これが”酒の肴”として中々評判が良いので燻製作りの都度いつも一緒に入れてあります。


2010.11.25
関連記事

グレーチング修理

201011241 貰ったグレーチング

 重機が乗って壊れた”グレーチング”を貰って来ました。

我が家の入り口部分の側溝の一部に何時からか”隙間”が出来てしまったので、このグレーチングで隙間を埋める為です。


201011242 切断後

 グレーチングの確りしていると思われる部分を隙間の幅でディスクグラインダーを使ってカットしました。
しかしやはり重機の重みで壊れただけのことはあって思いの外ダメージが大きく溶接部分が簡単に分解してしまいました。


201011243 側溝の隙間にジャストフィット

 仕方ないので”溶接”することにしましたが、部材が厚過ぎるのか、材質が悪いのか安物の溶接機では中々上手く溶接できません。 (腕の悪さは棚に上げています。)
何回かやり直してようやく何とか使える程度の強度が出たのではめ込んで見ました。

 重い車が乗れば心配ですが、これで暫く何とかなりそうです。

2010.11.24
関連記事

野沢菜収穫

201011231 野沢菜収穫


 今日は”勤労感謝の日”昔は「この日だけは働いてはいけない日。」と言われていたようですが、そんな事も言っていられないので、畑からの今年最後の収穫物となる、”野沢菜”を収穫しました。
方々の家ではあらかた収穫が終わっていて最後の方に入りますが、それでも今日収穫している家も結構みられました。

 今日は一日曇りでおまけに北風が強く水洗い作業は大変です。
それでも野沢菜の漬け込み時期は雪が降る年もありますから、それを思えばまだ良い条件でしょうか。

 又今年は朝の気温がそれほど寒くなく大霜も少ないので、収穫した野沢菜はまだ結構硬そうです。
そこで今回は2-3日干して柔らかくしてから漬けることにしました。


201011232 畑も寂しくなりました 

 さて今日の野沢菜の収穫で、今年の農作業は終わりです。
3日程前に”サルの群”が出たそうで、玉ねぎを抜かれた家もあった様ですが我が家は防護柵のお陰か今年1年幸に被害0でした。
畑では来春の”菜の花”収穫用の野沢菜だけが3畝綺麗に残っていますが、雪でも降れば葉っぱも枯れてなくなってしまい本当に寂しくなります。
 
 午後は春先切り倒した柿の木の枝をチェンソーで切り刻んで作業場の薪ストーブ用の薪作りをしました。
いよいよ冬の準備です。


2010.11.23
関連記事

プレーナー・ハンドル修理

201011221 プレーナーハンドル

 曲げ木用の薄板の”寸決め(厚み出し)”を行っていた時です。 
プレーナーの刃の上下ハンドルの”握り玉のネジがバカ”になってしまいました。
一応取り付いてはいますが強く握るとポロッと取れてしまいます。
握り玉無しで使って見ましたが力が入らないのと、手がネジに触れて痛いので修理することにしました。


201011222 ナットを熱圧入

 最初タップ(M10)を使って一番奥深くまでネジ切りをしてみました。
これで暫くは良かったのですが、使っているうちに又々”バカ”になってしまいました。

 そこで軸にナットを噛ましてナットをバーナーで加熱し熱いうちにバイスに挟んで握り玉の中にナットを圧入しました。
樹脂とナットは上手く接着されていない様に見えますが、とりあえずは今のところ問題無く使えます。
もし使っているうちにナットが取れたら瞬間接着剤で接着できますからこのまま暫く使ってみます。


2010.11.22

関連記事

来春に向けて庭作り

201011211 堆肥埋め込み、右はラズベリー

 いよいよ寒くなってきたので、来年の畑の準備で先に取り出した”生ゴミ堆肥”の埋め込みを行いました。
1年掛けて造った生ゴミ堆肥の内残っていた1.5袋(約50kg)をこの1畝に入れます。
ここ15年位は毎年”トマト”しか作らない畑ですが、堆肥のお陰で連作障害もなく、秋遅くまで食べ続けられました。


201011212 ラズベリーの根


 畑の横のフェンスに沿って”ラズベリー”を植えてありますが、この畑は毎年ラズベリーの領土侵略に悩まされています。
この写真のように出てきた根は全て切ってしまいますが、また来春には畑一面ラズベリーの新芽が出てきてしまい毎年イタチごっこです。


 さてこの作業の最後は”チューリップの植込み”です。
地植えとは別にプランターにチューリップを植え、プランターごと畑の土の中に埋めてしまいます。
この辺は冬が厳しいので地植えでは問題ないのですが、プランターに植えたままだと冬の間に球根が凍って春に芽が出てこないのです。
プランターに植えたチューリップは春芽が出てきたら掘り出して、好きな場所に移動出来て便利です。
今年は大きめの丸鉢を2鉢埋めましたので、又春が楽しみです。


2010.11.21
関連記事