つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

パイプスピーカー改良

201008311 購入したSP

 ”パイプスピーカー”の改良を行う事にしました。

これまでのものは音はそこそこですが、元々パソコンの外付けスピーカーなので、JAZZを大音量で聞きたくても、パワーを入れると音が割れてしまいます。
これまでの確認でこのパイプスピーカーの実力が十分分かりましたので、少し投資を行い音の改良を図ることにしました。

 既に通販に注文していたスピーカー(SP)が今日やっと届きました。
注文してから届くのに8日間掛かっています。
個人輸入でアメリカに注文しても遅くても9日間で届く事を考えると許せない遅さ・怠慢です。

 さて今回入手したスピーカーは8cmフルレンジの”FE83En(フォステックス社)”です。
このSPは”自作SPの世界”では誰もが認めるスタンダード品だそうです。


201008312 粉塵対策

201008313 爪付きナット接着

 パイプSPの世界には”タイムドメイン理論”なるものが有るそうですが、よく理解していないので、加工方法だけ載せます。
 
 SP本体を共振させない為、大きな力(又は錘)で引っ張るためのネジ加工をします。
まずSPの”ボイスコイル”の隙間に異物が入ると、音に大きな影響が出ますので、加工する部分を除きビニールで密閉して保護しておきます。

雌ネジは当初はSPに穴を掘って、爪付きナットを挿入して2液性エポキシ接着剤で固定する予定でしたが、ナットの広いツバ部分で接着強度が出そうに思えたのでSPへの穴あけは止めました。
このまま1日放置して、接着強度が出るのを待ちます。

 

2010.08.31


関連記事

ラミネート標本

201008301 ラミネーター

 昨晩部屋の窓が開いていたと見えて、大きな蛾が飛び込んできました。
奥さんが部屋に居れば大騒ぎになったと思いますが、幸いな事に居ない間に捕獲に成功しました。

 小中学校時代は”蝶”、高校時代は”蛾”に情熱を傾けていた時代が有りました。
会社勤めを始めてからはその機会はほとんどありませんでしたが中国出張で長期滞在の休日、何もやる事が無い時などホテルの近くの公園の花壇でスーパーの袋で蝶を採っていた事があります。
中国で蝶の採取に規制が有るかどうか中国人スタッフに聞いても知っている人間は居ませんでしたが、人通りの多い公園で”変な日本人”が蝶を採取しているのを見ても”公安”に通報されなかったところを見ると、特に規制は無かったのかも知れません。
いずれにしろ、もう大分昔の事です。

 
201008302 (上)ムクゲコノハ(蛾)と蝶のラミネート標本

 その時採取した蝶がどこかにそのまま有るはずです。
昔の様に”展翅標本”にしても、置く場所に困るだけなのでどうするか解決策を考えているうちに時間が経ってしまいました。
最近”ラミネート”が使えるのではないかと思っていましたので、いい機会なので試作をしてみました。
最初に蝶(キアゲハ、Lタテハ)をやってみましたが、中々羽根の位置決めが大変です。
昨晩捕った蛾(ムクゲコノハ)は、胴体をデジカメで撮り同寸プリントして切り抜いて入れてみました。
上フィルムを載せる時静電気で下翅が上翅の上に載ってしまいましたが、このミスを発見したのはラミネートした後。 
後の祭りです。
ラミネートは一発勝負、修正は不可能です。
これでも子供さんの夏休みの”自由研究”には使えそうです。

 
 さて”ラミネート標本”はまだまだ問題山積ですが、色々工夫すれば面白い利用法の可能性がありますね。
しかしながら中国蝶の標本化の為にはもう少し完成度を上げたいと思います。
仕舞い込んだ蝶の発掘と合わせて、標本化はまだまだ先になりそうです。


2010.08.30
関連記事

小宮(2)

 来週が”小宮の御柱の本番”ですが、今日はそのPRの為に”村廻り”と言う行事です。

201008291 ”キッズソーラン”

 子供の出し物は二つ。
ひとつ”木遣り”、もうひとつは”キッズソーラン”の踊りです。
園児から、小学生が対象です。
これまでは女の子だけで”花笠音頭”を行っていましたが、子供達にイマイチ人気が無かったので今年は”キッズソーラン”にしたところ、男の子もほとんどが参加することになりました。

201008292 子供木遣り

 小宮のPRの為町内を隈無く巡りますが、商店では店内に入れてくれるところもあり、大型スーパーでは”子供木遣り”と”キッズソーラン”を披露しました。


201008293 クロンボウ(南の島の大王様)

 子供ばかりでなく、大人も仮装して参戦します。
これは”クロンボウ”と言われていって、かなり前から行われている、”若れん(イイ大人達)”の出し物です。

 こんな格好で1日炎天下を廻ると化粧していないところだけ日焼けして大変だと思います。
明日出張の人も居たようですが、お客さんのところで話題沸騰で商談がスムーズに進めばいいのですが ???

2010.08.29


関連記事

何も生産しない農業

 まだまだ猛暑ですが秋蒔き野菜の為の畑作りに行ってきました。
漬けダイコンをメインに4種類のダイコンの種蒔き行ってきました。
幸い昨日は夕立があったので畑は十分湿っていましたから種は直ぐに発芽すると思います。


201008282 何の為の耕運?

 作物を作っていない畑の雑草が物凄い勢いです。
少し前にトラクターでかき回したばかりなのに、高いところはもう50cmも伸びていました。
雑草にとっては”猛暑”は繁茂のエネルギー源ではないかと思われるほどです。

 今日は種蒔だけのつもりで来たのですが、来週になるとトラクターでも苦労しそうなので、午後の暑い中草取りを開始しました。
案の定直ぐにトラクターのローターに草が絡みつき能力半減です。


何も作らない(有害鳥獣の為に作れない)のにこうして年数回もトラクターでかき回しているムダ。
『作りたくても作れない。』
これが山間部の日本の農業の現状です。



201008281 ヤーコン乾燥

 1週間前に干した”ヤーコン葉”が連日の猛暑のお陰で(?)カラカラです。
又新しいヤーコン葉を間引きしてきて、交代で干しています。

2010.08.28
関連記事

ホップ収獲

201008271 今年のホップ

 先週畑に行った折、今年最初の”ホップの収獲”を行いました。
今年は栽培2年目と言う事もあり、確りしたツルが育ちまずまずの量の収穫が見込めそうです。
毎年乾燥に苦労するので、先行確認分として1株分だけ収獲してみました。


201008272 収獲したホップ

201008273 乾燥したホップ

201008274 ホップの保存

 今年は晴天が続きましたので、乾燥は全く問題なく終了できました。
このホップを使用して直ぐにでもビール作りをやりたいのですが、今年の異常な暑さですから今仕込むと短期間で発酵が終了してしまって美味しいものにならないのでしばらく”オアズケ”です。


2010.08.27

関連記事

”岩菅山”登山

201008261 ”岩菅山”頂上まであと30分

今日は4時起きで山岳会の仲間18人と、志賀高原の”岩菅山(2,295m)”に登ってきました。
この山はスキーのリフトを乗り継いでいくコースも有るようですが、今回のリーダーは”聖平登山口”から全て歩いて登るコースの選択です。
これが『640段』の階段コースで、登り3時間の内、2.5時間が階段、残りの30分が岩場の登山道でした。

 下界は連日猛暑ですが、山は既に秋の景色でした。
吹く風も冷たく心地よく、”ミヤマリンドウ”や”アキノキリンソウ”が沢山咲いて揺れていました。
又”ナナカマド”や”クロマメノキ”の紅葉も始まっていました。

201008262 準備運動

 我々の山岳会は毎回準備体操を入念に行います。
特に今回は協会(?)の指導員であるH氏のの丁寧な指導の下行いました。

 又ここ数日長野県下では雷雨が激しく、今日も午後から雷雨の予報が出ていましたので注意をしていました。
山頂でラジオで確認を行っていたところ、少し”雷のノイズ”が入るようになりましたので、直ちに下山開始をしました。
このため登山中は雷雨に合う事はありませんでしたが、帰りの車に乗ってしばらくしたら雷雨となりましたので良い判断だったと思います。


201008263 志賀高原のトイレ

 志賀高原は”世界で唯一、温泉に入る猿”で有名ですが、喜んでばかりはいられないようで、登山口に行く途中で休んだ公衆トイレの入り口には写真の様な注意書きがありました。

2010.08.26

関連記事

河川清掃活動

201008251 河川清掃活動

 本年3回目の”河川清掃活動”を行いました。
この暑い中にも関わらず、30数名と今年最高の参加者だそうです。
中には結構なお年の方が居られるのですが、皆さん頑張って活動されていました。

 今回回収したゴミの量はこれまでで一番少なかったそうです。
河川敷を歩いていても非常に綺麗で、これまでの活動の成果が目に見えて現れているのが分かりました。


201008252 ナナカマドにアメリカシロヒトリ

 さて今日の清掃活動中、諏訪湖畔の並木の木々のほとんどに”アメリカシロヒトリ”の営巣がありました。
『暑い年には大発生する。』と聞きますが、このことが裏付けられた結果です。
先日の小宮の飾りつけの時にも庭木にこのアメリカシロヒトリの巣あるお宅がありついでに退治してあげましたが、この暑さの中でも被害が確実に広がっているようです。



201008253 水陸両用バス

 清掃活動を終え、集めたゴミの整理を行っていたら、諏訪湖名物の”水陸両用バス”が入ってきました。
そのまま一気に湖に飛び込むかと思ったら停車した後、係りの人が後方のスクリュー部分に梯子を掛けて何か作業をしていました。
どうも安全装置のロックでも外しているようでした。
この間約5分。
乗っている人の身になってみると、湖の直前まで来ていよいよクライマックスと期待している時に”オアズケ”を食らっているようでテンションガ落ちてしまわないか少し気になりました。
その後バスは思いのほか勢い良く湖に飛び込んでいきました。
中ではガイドさんが一生懸命説明してる様でしたから、我々の心配をよそに観光客のテンションを一層盛り上げていたのかもしれません。

2010.08.25
関連記事

銅葉スモークツリー

201008241 植えた時の銅葉スモークツリー


 私は”銅葉”の植物が好きで良く苗を買って来て植えますが、育った試しがありません。
今年の春先、前から欲しかった”銅葉のスモークツリー”の苗を購入しました。
将来の我が家の”シンボルツリー”になればと思って、玄関先の一等地に植えて有ります。

201008242 現状

 ところが夏に入る前から葉っぱの色が変わり出して、見る間に緑色の葉っぱの普通のスモークツリーになってしまいました。
このスモークツリーは結構値段が高かったので、これは大変だと思ってNETでで”この症状の改善策”を捜しましたが何処にも書き込みがありませんでした。


 今日車で外出した折、たまたま園芸店の横の道路で信号待ちになってしまいました。
この園芸店の駐車場の脇には昔から立派な”銅葉のスモークツリー”が2本有ったのを思い出して探してみました。
ところがありません。
有るべきところに”緑の葉の木”があります。
これがスモークツリーでした。

 そうなんです、銅葉のスモークツリーは夏は緑色の葉っぱになってしまうものの様です。
育て方が悪いとか、病気とかでないのでNETでも載っていなかったのです。
確り納得しましたが、少しがっかりです。
何時になったら又元の綺麗な銅葉に戻るのでしょうか ??


2010.08.24
関連記事

ワイヤレススイッチ(リモコン)

201008231 集塵機用

 ”マグネットスイッチ(電磁開閉器)”を格安で入手できたので”リモコン・スイッチ”を作ってみました。

1台目は”集塵機用”です。

 当初は集塵機の横にスイッチを設置したのですが、使用する都度歩いて行って操作しないといけないので不便でした。
そこで次に”フットスイッチ”のコードを5m位延長して作業場の近くまで引っ張って使用していました。
これはこれで便利でしたが、スイッチのある壁際まで少し(ほんの数歩ですが)歩くので不便を感じていました。

 今度の”リモコンスイッチ”は手元の”リモコン(送信機)”で操作するので非常に便利です。



201008232 コンプレッサー用

 2台目は”コンプレッサー用”です。

 コンプレッサーは動作音が大きいので作業場の外れに設置して有りますから、距離が遠くこのリモコンスイッチは非常に便利になりました。
送受信機(市販のリモコンスイッチ)は集塵機とは別物を使っています。
同じメーカー品を2台設置した場合、別々に制御が可能か(周波数が個々に違っているか)仕様書でも明記が無く不安だったのであえて別物にしました。
こちらは1200W仕様なので”マグネットスイッチ”は不要なのかもしれませんが、コンプレッサーは突入電流が大きそうなので安心の為こちらも同じ機構にしました。

 これら”リモコンスイッチ”は使ってみると非常に便利です。
リモコンを通常の作業場所であるテーブルソー(作業台兼用)の近くの天井から2個吊るしてありますので作業中でも歩かず操作出来るのでストレスが本当になくなりました。

2010.08.23



関連記事

小宮

 いよいよ”小宮”の本番に向けて本腰が入ってきました。

”小宮”は地区の氏神様の神社に建てる”御柱行事”です。
ここ諏訪盆地を中心に、長野県の各地でこれから毎週末どこかで”御柱”が行われています。


 さて私の住んでいる地区でも、大分前からそれぞれの役回りにより準備を行ってきました。
今日は街の”御柱街道”に沿って、地区全員による飾りつけが行われました。
合わせて御柱の”メドデコ”を付ける作業を”若れんと呼ばれる若者達”が行い、いよいよ再来週の御柱の雰囲気が出てきました。

201008221 『一の柱』の”メドデコ”加工



 御柱の”メドデコ掘り”と言われる作業は特殊な作業なので、普通の工事現場ではお目に掛かれない様な機械や工具がいっぱいあります。
機械の無い時代はもっと特殊な工具があったのではないでしょうか ?
さぞかし大変だったでしょうね !!

201008222 201008223 201008224 201008225

2010.08.22


関連記事