つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ばら開花

 本日バラが開花しました。
開花第1号は昨年購入した”スパニッシュビューティ(つるバラ)”でした。

午後には”カクテル””和音”が開花しました。

 方々のバラ園では例年より10日前後開花が遅いとの事ですが、我が家に関しては年により品種は違うものの例年5/31か6/1ですから例年通りといったとこです。 

201005311 開花1号:スパニッシュビューティ

201005312 開花2号:カクテル

201005313 開花3号:和音

 今年は何種類も一斉に開花するのが例年と違っています。
明日は3~4種類くらい開花しそうな状態です。
気温が上がりませんから、今年は長くバラの花をを楽しめそうです。

2010.5.31
関連記事

畑作

201005301  じゃがいも防護柵

 しばらく日中の気温が上がらない日が続いたので、植えつけた苗物の成長は芳しくありません。
しかし”じゃがいも”だけは順調に育っている様です。

 畑の近所の人の話では、しばらく”サル”や”イノシシ”の被害は無いそうです。
去年は今頃方々のじゃがいも畑がサルの被害に会い、中には全滅して再度植付けをした家があったくらいです。
今は”嵐の前の静けさ”かも知れません。
そこで今日はじゃがいもの”追肥+土寄せ”を行なった後、、”防護柵”を設置しました。

 次に2回目の”追肥+土寄せ”を行ったらいよいよ最終的な防護柵の設定(補強)をやります。
この程度で収獲まで漕ぎ着けられれば良いのですが。 


201005302  レホール、隣はサトイモ?

 しばらく前に植えた”サトイモ”や”四角豆”、”ウド”の芽が出てきません。
寒さの影響があるかも知れません。

しかし ”レホール”がここに来て俄然元気です。

遅霜にもメゲズ、1株も欠けることなく成育しています。
若葉を少し摘まんで食べてみましたが苦くてとても食べられません。
”レホールの若葉”は”ワサビの若葉”の様には行かないようです。


2010.05.30
関連記事

農薬雑感

 朝外に出たらまだ農薬の匂いがします。
当然裏の作業場には入りません。
本日も一日、作業場での仕事は中止です。

それに今朝は何だか少し吐き気がします。(急性農薬中毒、それとも精神的なもの ?!)

 畑の持ち主は自宅に逃げ帰ればそれで済みますが、逃げられない人の身になってもらいたいものです。

農家もまだまだ農薬に対する意識は低いと思います。
虫が居ると”それ殺虫剤だ!”、長雨で葉ぱが変色すると”それ殺菌剤だ!”、草が伸びれば”やれ除草剤だ!”が現状です。
だから『産直』だといっても安心できません。 
農薬に関してはむしろ一応(?)管理されているという『農協経由』の方が安心できるかな、と思っています。
(これは私の個人的偏見です ・・・ ?)

 そんな中で一番安心できるのは『家庭菜園』です。
その為有害鳥獣と戦いながら、野菜を作っている訳です。
但し気を抜くと知らないうちに奥さんが勝手に消毒をしている事があります。 (実家が農家なんで!)

家庭菜園だからと言って安心できません。 ましてや ・・・ ??!!

2010.05.29

関連記事

道具箱(2)

今朝の最低気温は7.9℃。 10℃を割ると寒いです。
小さい石油ストーブを点けました。

201005281 燻製用具入れ

 先日作った”道具箱(引き出しユニット)”ですが、”燻製用具入れ”になりました。
奥行きが深く、”スモークウッド”を入れておくのにぴったりのサイズでした。

 ”ゴミ箱”を漁っていたら、又”廃引き出し”が出てきました。
昔車の荷物室に入れていた”引き出しユニット”です。

201005282 新たな引き出し

 そこで午後から新たな”道具箱”を造ろうと家の裏の作用場で加工をはじめました。
入り口に”姫ライラック”が2本あり、今が満開でむせ返るような香りです。
いくらか香るのは気分がいいのですが、強すぎると嫌味ですね。

 さてしばらく引き出しユニットのケース材料の自動カンナ掛けをやっていましたが、匂いで頭が痛くなりました。
それに匂いが”ライラック”の匂いと少し違う様です。
外に出て改めて匂いを嗅ぐと”農薬”の匂いです。  ライラックの匂いで気が付かなかったのですが”マラソン”とか”スミチオン”の様な殺虫剤の匂い。

 どうも近くの畑で消毒を行った様です。 それも相当濃い ??
これはたまりません。
作業場の全ての窓を閉めて、今日一日は作業場に入らないことにしました。



2010.05.28
関連記事

プランターカバー

201005271 リフォーム前(10歳のプランター)

 今から約10年前開業祝いに”木製のプランター”を作ってあげた人から、「プランターが壊れたので又作って欲しい。」との依頼がありました。
 我が家にもその頃造ったプランターで2~3年前から使わなくなったのがありましたのでこれをリフォームしてあげる事にしました。

 我が家でこのプランターを使わなくなった理由。
”大き過ぎて邪魔。”
”土を入れると重くて、動かせない。(男でも大変です。ハイ)”


 依頼者の使い方は店の前に置いて、自動車が店の壁にぶつからない様する目的で使っているそうです。
『車止め』代わりですから、”重くて”、”大きい”方が好都合だそうです。

201005274  プランターカバーにリフォーム

 内側の腐ったところを削り、防腐塗装してリフォームしました。
外側は全く問題ありません。
それでも今回はこれに合うプラスチックのプランターを探してきて入れてあげました。
『プランターカバー』です。
これで又10年位(??)は使えそうです。


201005273 木の芸術品

 あげたプランターの内側です。
これまで直に土を入れて使っていたので、かなり腐っていました。
これをワイヤーブラシで磨いて塗装しましたが、この腐りが又良い味が出ています。
『木の芸術作品』です。
同じ物を造ろうとしても出来ないでしょうが、こんな板で家具の扉を作ったら面白いと思いました。

2010.05.27
関連記事

道具箱

 ”古道具”が使える様になったので、”道具箱”を作りました。
この古道具は元々壊れた”木のみかん箱”に入っていましたので、入れるところがありません。

201005261 ゴミ箱の中から出て来た”引き出し類”

 一番手っ取り早く造るには、出来合いの箱を使うことだと考えて、”ゴミ箱”から引き出しのストックを引っ張り出してきました。
3種類ありました。

 右上の白い2段の引き出しが、手頃で一番大きな”クリコ錐”がすっぽり入ったので、これを使う事にしました。
これは”洗面台”の内部に有った引き出しです。
ホウロウの洗面台でしたが、よく整髪料や化粧品の瓶を落しホウロウのシンクがはげてみすぼらしくなったので、2~3年前に栗の木で新たに洗面台を造って交換した結果不要になりました。


201005262 リサイクル

 側板も洗面台に使われていた板をリサイクルしました。
最近の家具類はほとんどが”フラッシュ構造”なので安くなりましたが、今回の様にリサイクルするとなると大変です。
この洗面台もやっぱり”フラッシュ構造”です。
内部の木枠部分に”ビスケット”を使って接着固定する設計としました。
”スライドレール”も洗面台のものを使用し、天板と底板だけコンパネの端材を使っています。

201005263 完成品

 接着剤が乾いてから天板に”柿渋塗料”を塗って完成です。
引き出しのスライド部の加工が要らなかったので、2時間(接着剤の硬化時間を入れると6時間)で完成しました。

 これはまさしく、HCで¥980位で売っている安物の組立家具です。

 時代物の大工道具を入れるのには、ちと躊躇われます。


2010.05.26

関連記事

古大工道具(2)

201005251 サビ落し上がり

 古道具の”サビ落し”をやって見ました。
最初サンドペーパーであやり始めたのですが、時間が掛かって大変です。
最終的に”ワイヤーブラシ”をくわえた”電ドル”を作業台にFクランプで固定し、道具を手で持ってブラシに当てるという方法が一番やり易い事が分かりました。

 サビ落しの後、”椿油”で磨き上げました。
これならまだまだ使えますね。
昔の道具は、作りは確り出来ていると感心させられます。


201005252 ドリルチャック

 さて今回一番苦労したのは、『手回しドリル(クリコ錐)』のチャックです。
チャックの中の”爪”が組み立たりません。
最初は”3ツ爪”の爪のひとつがなくなっていると思っていました。
色々確認したところ、爪に開いている2つの穴に気が付きました。
あれこれ考えた結果、錆びて無くなってしまったがバネが通っていた穴ではないかと思い、ピアノ線を切って入れたところこれが大正解。
使える様になりました。

 良い”頭の体操”でした。
しかしながら『”への字”工具』の用途は今もって分かりません。


2010.05.25
関連記事

古大工道具

201005241 古道具

 先日奥さんの実家の物置の中にあった箱を開けたら、昔の大工道具がいっぱい出てきました。
多分先代のじいさまが使った物だと思います。

 もう何十年も前の物です。(少なくても30年は前のハズです。)
この道具揃えから見ると昔の人は何でも自分でやったんですね。
当時はそれが普通、やらなければ生活できなかったということでしょう。 
大したものですね。

 私も木工を趣味で(今は仕事かもしれませんが?)やってますから、道具には人一倍興味があります。
特にこのような昔の(いにしえの)道具には興味津々です。
と言うことで持ち帰ってきました。

 左の二つ(刀の様なもの)は多分『へぎナタ』です。
屋根板を作る為に、栗や杉の木を割った物だと思います。
嬉しくて早速サンドペーパーで磨いてしまいました。

 ひとつはじめて見る道具があります。
右から4番目の『”へ”の字の道具』です。
これは何に使う道具なんでしょうか ??

 せっかくだからこの道具を使える様に手入れをしたいと思います。
何かワクワクしますね。

落語の”道具屋”の様にならなければいいのですが。

2010.05.24


関連記事

集塵ダクト(空缶活用)

 天気予報通り本日は雨となりました。
昨日はこれを予測して”ヤーコン苗”と”ネギ苗”を植えましたから、確り活着してくれると思います。

 今日は昨日畑の帰りに汲んで来た水でビール造りをしました。
毎日飲むためには、最低1回/月の仕込が必要です。
最近は”手抜き醸造”を決め込んでいるので、大した負担には感じなくなりました。

201005231  ”Y分岐”コネクタ

 さて私のビール造りは”濃縮モルト缶詰”使用なので、毎回『空缶』が出ます。
この『空缶』が”集塵ダクト”としての利用価値が高いのです。

 日本で販売されている”濃縮モルト缶”は全て輸入品なので、缶の大きさは”インチサイズ”です。
それも海外製集塵機に広く採用されている”4インチ”なのです。
従って捨てずに取っておいて、集塵用ダクトのコネクタ用に有効活用しています。


201005232  遮断用

 
201005233 異径接続

 先日は”サイクロン集塵機”用にダクト配管を大幅にいじったので、コネクタをほとんど新規作成しました。
このため、失敗作も含め空缶を10個近く使ってしまい、空缶のストックがなくなってしまいました。

 ”集塵ダクト増設の為”、せっせとビール造りを行って、空缶を出さなくてはいけません。 (良い口実が出来ました !!)

2010.05.23

関連記事

ヤーコン植え付け

201005221 ヤーコン苗

 ”ヤーコン苗”も大きくなってきてそろそろ植えないといけないと思っていたら、明日は雨の天気予報になったので、急遽本日植付けをしました。

今年の苗は発芽率が良く30本位にはなりそうです。


201005222 ヤーコン植え付け

 畝を作り雑草防止にマルチをひきましたが、堆肥とか肥料は一切無しです。
前にも書きましたが、我が家では”ヤーコンのイモ”は全く人気が無く、ほとんど食べません。
私が時たま思い出したように”ヤーコンジュース”を飲むだけです。
”ヤーコン茶”だけが目的なので、無駄な堆肥や肥料はなし。 
消毒は元々一切やったことがありませんが、まったく問題無しです。

究極の『無肥料』、『無農薬』栽培です。

2010.05.22
関連記事