つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ラベル剥がし

 皆さんの処に、透明フィルムに入ったDM(ダイレクトメール)が郵送されてくることはありませんか?
そんな時、宛名ラベルを剥がしてフィルム封筒を再利用したいと思う事はありませんか?

しかしこのラベルどこの物も確り貼り付いていて簡単に剥がれるものがありません。
それでも何時もこのラベル剥がしに挑戦してきました。

 ラベルの隅を爪で少し剥がして、そこを指で挟んで静かに引っ張って少しづつ剥がしていきます。
しかしいくら静かにゆっくり剥がしていると思っていても、途中でラベルの端が切れて上手く剥がせないとか、ノリが残って汚くなってしまうことがほとんどです。
満足のいく成功率は10枚で1枚、良くて2枚くらいでしょうか。

 そこで今回成功率を格段に昇げる方法を考えてみました。

 ①ラベルの四隅の内1隅の5mm程度綺麗に剥がす
 ②剥がしたラベルにセロテープで紐を固定する
 ③紐のもう一方の端に水を入れたペットボトルを吊るす


ラベル剥がし (1)
<全体構成:ペットボトルの水の量で重さ調整も可能>

ラベル剥がし (2)
<剥がした痕には、ノリ残りもありません>


 これを机の天板に吊るすようにセットして置きます。
これでノリの成分にもよりますが、何もせずとも10分前後で綺麗にラベルをしかも自動的に剥がすことが出来ます。
おまけにペットボトルの落下する音で作業完了を知ることが出来ます。

 この方法での成功率は5枚で4枚程度となりました。
残りの失敗品もノリが少し残っている程度の事が多いので、剥がしたラベルのノリを使ってペタペタ取るとほとんど問題ない透明封筒の完成です。

 騙されたと思ってやってみてください。
 それにしても本当に”暇人の戯れ”ですね・・・!!!


2017.09.04

緑のカーテン

 我が家の今の”緑のカーテン”です。

赤瓜 (1)
<2階のベランダの手すりを越えましたが先端カットしてあります>


赤瓜 (2)
<これが伝統野菜の”赤瓜”>


 当初”ナタマメ”と”赤瓜”の2種類を交互に植え付けるのが今年の緑のカーテン計画でしたが、ナタマメの発芽に3回失敗した為、結果的に赤瓜だけの緑のカーテンとなてしまいました。
ナタマメも最終的に3本は植えてありますが、時期を失した為、現在1mほどで、これ以上成長は絶望的な様です。

  一方赤瓜の方は、夏中順調に成長し現在2階のベランダの手摺を越えました。
しかし、”生り”は遠く、1週間に1本ほどの収穫でした。
瓜は”頭の成長を止めると生る”との事で、先日蔓の先端を切ってしまいました。
そうしたら、最近はいくらか生りが良くなったようで、本日5本いっぺんに収穫できました。
しかし葉っぱが下の方から枯れて黄色くなってきましたので、そろそろ終了だと思います。


赤瓜 (3)
<本日の収穫: 別名”メロンウリ”と呼ばれているそうです・・・すこし甘さがあります>


2017.08.28

続きを読む

緑のカーテン

 今年も”緑のカーテン”を作っています。
今年の栽培植物は”ナタマメ”と”赤瓜”です。

緑のカーテン
<緑のカーテン: 今年の誘引ロープの色も緑です>


 ”ナタマメ”は昨年初めて作って、繁茂具合が非常に良く遮光カーテンの役割を十分果たしてくれました。
何より良かったのは”福神漬け”や”テンプラ”で美味しく食べることが出来最高でした。
”赤瓜”は今年初めて作るのですが、昨年奥さんの会社の同僚の方から瓜を貰って食べて美味しかったので、種を貰ってきました。
長年自家採種を続けてきた、”伝統野菜”だそうです。
今年は両方を同じところに植えて育てる計画でした。


 そこで先日両方の種蒔をしてありました。
”赤瓜”は直ぐに発芽して移植しましたが、現在順調に育って、既に長さが2mに達しています。

 ところが”ナタマメ”は2週間経っても一向に芽が出て来ませんでした。
同じ箱に同時に蒔いたカボチャは順調に育ち、畑に移植しました。
ナタマメだけは全く発芽しないので掘ってみたところ、種は腐っていました。


緑のカーテン (1)
<ナタマメだけ発芽しません: 隣に蒔いたカボチャは順調>


緑のカーテン (3)
<赤瓜は既に2m位伸び、花が咲いています>


 蒔いた種は昨年購入した物ですが、残りが沢山あったのとナタマメの種は数年は使えると思っていました。
しかしNETで検索してみたところ、驚きました。
ナタマメの種には方向性があって、葉が出る方向を上にして蒔かないと発芽しないで腐ってしまう事があると書いてあります。
昨年はそんなことはつゆ知らず適当に蒔いていて、問題なく発芽ましたので、今年も全く同じ様に蒔きました。(・・・方向は不明)
種が古いので多少発芽率は低いだろうと思って、少し多めの10粒蒔いたのですが全滅とは驚きででした。


 そこで改めて種蒔しました。
今度は
①昨年購入した種と昨年収穫したナタマメから採取した種の2種類各10個づつ
②殻が厚くて吸水性が悪いとの事で、葉の出る方向の殻を傷付けてから1晩水に漬ける
③蒔く方向性があるとの事ですが、良く分からないので”ヘソ”と言われるところを全て下向きに蒔きました

緑のカーテン (2)
<1晩吸水後の豆: 真ん中はj吸水前の豆>

 ところがこれで20個蒔いて発芽したのはまたもや0個。 
ナタマメの発芽がこんなに難しいものとは考えていませんでした。
流石”ジャックと豆の木”の元になったと言われる豆です。
”邪念”があると発芽しないようです。 ・・・?


 そこで又3度目の種蒔しました。
残っていた5個全ての種を庭土に直播しました。
今回は全数”豆のへそ”を上向きに蒔きました。
今回は梅雨入り直前で、最高気温も25℃以上ありましたから3度目の正直となって欲し・・・!!!

  その結果全数発芽しました。

緑のカーテン (4)
<直播で発芽したナタマメ>

 花豆やササゲの様な大きな豆は”ヘソを下向きに蒔く”と物の本には書いてありましたが、同じような大型の豆にもかかわらずらナタマメは反対に、”ヘソを上向き”に蒔かないといけなかった様です。
今年の新規作物であった生姜も、種ショウガを上向きに植えないと発芽しないと書いてありましたし・・・作物は本当に不思議です。

 ともあれ、これで今年も美味しいナタマメが食べられそうです。


2017.07.13

プリンター購入

先月世界中でサイバー攻撃問題が発生していた最中、私が使っていたPC画面に突然、これまで見た事の無い表示が現れ驚きました。


新規プリンタ (2)
<PCのトラブル表示>


 これが出て暫く待っていましたが、PCは自動再起動するでもなく、キー操作も一切受け付けなくなり、ウイルス汚染されたかと慌てました。
しかし強制終了させ、再立ち上げした結果、現在まで問題なく使用出来ていますから一応安心しています。
これまでも時々”アラート画面”が出ることがありましたが、幸いまだ本物に会わずに済んでいます。
ただこの手の画面表示は心臓に極めて良くないですね!!


 さてここでインクジェットプリンターを新規購入しました。

 これまで使っていたプリンター(複合機)は今年3月で11年目に突入しました。
一昨年あたりから、紙送りの調子が悪かったり、スイッチが反応しなかったりの不具合があり、騙しだまし使ってきました。
ところが昨年の年賀状印刷で、連続印刷中に何度も勝手にリセットして、最初から印刷を繰り返すという致命的症状が出だしました。
それでもハガキは1枚づつ印刷すればOKで、その外の印刷では今のところ問題無しです。
その為少し前から新規購入を検討していました。


新規プリンタ (3)
<購入したプリンター: これは”ビジネスプリンター”の範疇だそうです>


 最近はメーカー各社から”大容量インクタンク(エコタンク)”採用のプリンターが販売されています。
今使っているプリンターのインク価格は法外に?高く、全色セットだと一番安い処でも¥5,000以下では購入できません。
そこでこの機会に”エコタンク搭載機種”の購入を検討していましたが、これがまた本体価格が非常(異常に?)に高いのです。


 メーカーのHPに、エコタンク使用機種の”損益分岐点”の計算が載っていました。
これを使って試算すると、私の年間印刷枚数程度ではどの機種も5年以上でないと採算が合わないことが分かりました。(これはメカの方が先に壊れる可能性大?)

 又最近は所属するボランティア団体のメンバーに配布する計画書等や、郵送用封筒の宛名書きで使うことが多くなりました。
ところが従来のプリンター(染料インク)で印刷して郵送したところ、一部未達の郵便が戻って来たことがあり、その印字が雨で濡れたのか文字が滲んで悲惨な状態でした。
そんなこともあって、新規購入機種は水に強い”顔料インク”を選択肢の一つにしました。


新規プリンタ (1)
<自作電柵電源のフロントパネル: 印刷してラミネート加工してありますが、水が浸入した様です(染料インクです)>


 その結果今回購入したプリンターは、『顔料インク』の”単機能プリンター”です。

 購入価格は現有プリンターのインクカートリッジ代金(6色セット価格)とほぼ同じです。(都度本体購入してもストレスなし?)
インク自体も今度は4色なので純正品でも安くなります。
通常の文書やHP印刷等での印字品質は染料インクより格段に綺麗です。
写真印刷ではやはり少し見劣りますが、比較しないと分からない程度です。(黒が黒くない?)
それでもどうしても具合が悪い場合は、現在のプリンターを騙しだまし使う事になると思います。
又スキャナ(単機能機)も20年前の代物ですがまだ健在なので、複合機でなくても全く問題ありません。


 しかし購入後の確認結果、2つ残念なことがありました。
ひとつはこのプリンタのWiFi対応の件です。
購入前にはWiFi対応機種ならどれでもタブレットから印刷可能と考えていて、これが今回有力な選択枝の一つだったのですが、タブレットに対応する機種は限定されていて、この機械は対象機種ではありませんでした。
従って、期待していたタブレットからの直接印刷はできませんでした。(Androidタブレットは不可、Windowsタブレットでは印刷できました)
それと、時々プリンターがWiFiで繋がらなくなるトラブルもあります。(・・・PCを再起動させると繋がる)

 次に、このプリンターはドライバーの用紙仕様に”名刺サイズ”がありません。
従って名刺単体での印刷が出来ません。
しかしこれは”名刺シート(A4)”の1枚印刷に設定すれば良いので大きな問題ではありません。(手間は掛かりますが)
ただ名刺用紙をその印刷位置に差し込む”テンプレート”を作る必要がありますが、それでも一度作って置けば済みます。
これまでのプリンターでは名刺用紙の紙送りでは、頻繁にトラブルがありましたから、A4用紙のテンプレートの方が印刷ミスで用紙を無駄にすることがなくなった分、経済的な様には思います。


新規プリンタ (4)
<旧プリンタやスキャナも残っていて、PCラック周りがますます雑然としてきました: ”捨てられない病”です>



  それにしても最新の”エコタンクプリンター”には魅力はありますが、まだ登場して間もない為か現段階ではとても高くて手が出ません。
 今回購入したプリンターが壊れる頃には、エコタンクプリンターの価格が下がっていることを大いに期待しています。


2017.06.01

灯油ポンプ

 ここで”灯油ポンプ”を新たに購入してきました。
例の”ドクター中松氏”が小学生の時に発明したという”やつ”です。

a-灯油ポンプ
<灯油ポンプ: (左)これまでの物、(右)今回新規購入品>


 現在使っている物も古いものですが破損など特に無く問題なく使えるのですが、先日HCで衝動買いしました。
この新たに購入したポンプの謳い文句は、『流量1.7倍、移し替え時間40%削減』です。

 我が家は暖房のメインは灯油ストーブなので、据え付け型灯油タンク(200㍑)を使っています。
現役時代はタンクローリーでの配達をお願いしていました。
退職後は時間が十分有るので、近くのGSやHCの一番安い灯油をポリタンクで購入しています。
一度にポリタンク4缶(72㍑)購入するので、これを灯油タンクに移し替えるのですが、これに結構な時間が掛かっていました。

 そこで今回その移し替え時間短縮だけを目的で新たな”灯油ポンプ”を購入しました。

 合わせてそのHCで灯油4缶も購入してきたので、早速灯油ポンプの性能試験を行ってみました。


 その結果

①従来のポンプでの移し替え時間(平均): 194秒 (3分14秒)
②新規購入ポンプでの移し替え時間(平均): 134秒 (2分14秒)
⇒ 削減時間: 60秒 (削減時間比率 31%)

 謳い文句の40%減には大きく足りませんが、この程度であれば文句はありません。
因みに価格は、従来品¥91、 新型¥243 でした。 (この価格で十分楽しめました・・・暇人ですね)


  尚”防災マニュアル”によると、”灯油タンクは何時も満タンにして置くことが望ましい”との事です。
特に冬場は災害が起こってからではどうにもならないとの記載があります。
しかし我が家はと言うと、何時もタンクが空になりそうになってから大慌てで買いに走るのが現状です。
従って今回のポンプの件も、寒い中で灯油の移し替えが短時間で行えるようにと考えての事です。
中々”防災意識”が高まりません。 (・・・それじゃダメじゃん!)

2017.02.10

LED照明

 2階の仕事部屋を”LED照明”にしました。

 この部屋の元々の照明は蛍光灯でした。
我が家では2~3年前から蛍光灯からLED電球に交換してきました。
交換は積極的に行っているのではなく、蛍光灯が具合が悪くなったり、電球の交換が必要となった処から置換えてきました。
ですからまだ我が家の半分以上は蛍光灯のままです。

LED照明 (1)
<自作のLED照明>


 今回は蛍光灯のランプ交換が必要となっていた2部屋の置き換えを行いました。
60W電球相当のLED電球です。
ところがLED電球は点灯が早く、明るくて良いのですが、光の拡散範囲が狭く、意外に明るく感じません。
また直接光が目に入ると結構眩しくて、具合が良く有りません。

 そこで、LED電球が直接目に入らないようにフードを付け、間接照明化しました。
フードと言っても非常に簡単な、”A4のコピー用紙”をテープで止めただけです。

LED照明 (2) <間接照明フード: 昼光色>


LED照明 (3) <間接照明フード: 電球色>

 白熱電球では電球の発熱が大きいので紙のフードは危険で使用できませんが、LED電球は明るいのですが、発熱が少ないので、紙を巻いても発火の危険性はない(?)のでこのような事が出来ます。

 スポットライトの様なので電燈の真下に入ると相変わらず眩しいのですが、少し離れるとこのフードのお蔭で眩しさを感じません。
又フードを通った光は柔らかくなって、部屋全体がかなり良い雰囲気になったと思います。


2016.12.19

緑のカーテン(その後)

 今年我が家は”緑のカーテン”として”ナタマメ”を植えました。
これが今、凄い事になってきました。
結果、これまでの”緑のカーテン”の中で一番の出来になったと思います。


ナタマメ (1)
<ナタマメの現状: あみだくじ状態>


 これまで緑のカーテンとして色々の植物を植えてみましたが、成長がイマイチで日射しを覆い隠すほど成長したものがありませんでした。
今年の”ナタマメ”はこれまで中々成長が遅く、しかも蔓も細く弱々しい限りでしたので、「今年も選定に失敗か?」とやや諦め気味でした。
ところが梅雨が明けたとたんにものすごい勢いで成長しだし、手が届く位しか伸びていなかった蔓が数日で2階のベランダの手すりを越えました。(4m以上です)
ナタマメは亜熱帯の作物と聞いていましたが、この結果で納得です。
おまけに支枝が出だして、横の弦に絡まり出して、”梯子状”というか”あみだくじ状態”となっています。
この支枝、成長が恐ろしく速く、一日で30cm位も伸びるものがあります。

そうしたら最近房状の支枝が出て来ていたと思っていたら、花が咲きました。

ナタマメ (2)
<ナタマメの花>


 これで鞘(実)が付けば、いよいよ念願の”福神漬け”を作ることが出来ます。
又野菜加工の楽しみが一つ増えそうです。


2016.08.15

洗濯水車(改良版・芋洗い水車)

 一昨年作製した”芋洗い水車”を改良しました。

 昨年は残念ながらこの”芋洗い水車”の出番はありませんでした。
但し水車に不具合があった訳ではありません。
昨年この水車を使う用水路の改修工事があり、U字溝がサイズの大きな物と交換された為、使用できなくなってしまいました。
従来のU字溝は260mmサイズでしたが、300mmサイズと幅も深さもひと回り大きくなりました。
この為”堰き止め板”が役に立たなくなってしまったのです。


 水車の形態が”中掛け水車”なので、U字溝の水を一旦溜めて水車の中心軸くらいの高さから落とす必要があります。
これに使うのが”堰き止め板”です。
そこで新規に”堰き止め板”を造りました。
従来もカラートタンを使って作ってありましたが、鉄筋のフレームを入れる結構製作が難しい設計でした。(必要以上に丈夫)
今回はその反省からフレーム無しのカラートタン1枚で作る設計としたので、製作も簡単で設計を含め2時間弱で完成しました。


芋洗い水車改 (1)
<新規”堰き止め板”>


芋洗い水車改 (2)
<改良版”芋洗い水車”>



 芋(里芋)の収穫はまだまだずっと先ですが、ここで芋洗い水車を稼働できるようにしたのは、”洗濯機”として使う為です。
農作業で泥だらけになった手袋は、手洗いだと時間を掛けても中々綺麗になりません。
そこでこの芋洗い水車の中に入れて、労力を使わずに楽をして綺麗にしようと言う魂胆です。(これをこの辺では”ズクナシ”と言います)


 実際に汚れた手袋を入れて10分程動かしておいたところ、目論見通り綺麗に洗い上がっていました。
”洗濯水車”完成です。(してやったり!!・・・ニンマリ!)



[広告] VPS

<改良版・芋洗い動画>



2016.07.27

懐中電灯のLED化

 雨で外仕事ができないので、玄関の物入れを整理していたら、”懐中電灯(サーチライト型)”が出てきました。

 いつ頃買ったものか分かりませんが、ここ10年以上(もっとか?)は使った記憶がありません。
中から錆びた単1の乾電池4本が出てきました。(幸い液漏れしていませんでした)


サーチライト
<物入れから出てきた”サーチライト型懐中電”>



 この手の懐中電灯は複数ありますが、10年以上も使っていないのと、今後使う事はないと思われるので廃却しても問題はありません。
しかし確りした作りのケースで、乾電池の液漏れもが無かったお蔭で内部も錆びていないので捨てるのは惜しいい気がしました。

 そこで”LED化”することにしました。

百均LEDライト
<改造用部品: 度々登場する百均LEDライト>

a-懐中電灯改造
<改造した”LEDライト”>


 何時もの百均のLEDライト(単4・3本型)がベースです。
これを単3・4本の電池ホルダーで接続。
今回圧着端子を使っていて、ハンダ付けは一切ありません。
又元の懐中電灯の改造も全く無く、改造時間15分と非常に簡単に出来ました。(何時でも元に戻せます)


 元のライトと同じ単1乾電池を4本使うと非常に重くなりますが、これは単3・4本なので非常に軽く出来上がりました。
ただ反射鏡が1灯式の豆電球に合わせて作られているので、光の収束が悪く性能面(明るさ)では元の百均のLEDライトをそのまま使った方が遙かに上だと思います。 (・・・残念!!)

 今回十分使用可能レベルで改造出来ましたが、当面使う予定はありませんので、”災害装備”として寝室に置いて置く予定です。
何時使うか分からないので電池は液漏れ対策の観点からホルダーから抜いて、このケースの内部に別途入れて置きます。・・・それでも十分過ぎるスペースがあります。

・・・と、改造で一応使える物が出来上がったのですが、この改造品に価値を見出せません。
百均のライトのままの方が、明かるく、軽いので実用的だと思います。
強いて言えば”電池の持ち”だけは改造品の方が上だと思いますが・・・


2016.06.13

台所洗剤

タケノコ行脚の折、産直で”粉石鹸”を購入してきました。

 一昨年別の産直で購入した粉石鹸で”台所用洗剤”を作って使っていました。
暫く前に原料の粉石鹸が無くなったので、最近は市販の台所洗剤を使っていました。
前に市販の台所洗剤を使っていて”カブレ”を起こした為、粉石鹸で自作するようになりました。
今回3ヶ月ほど市販品を使っていましたが、今使している洗剤は手荒れなど特に不具合は有りません。
しかし粉石鹸が手に入ったので又自作することにしました。


粉石鹸2 (1)
<購入した粉石鹸>


 前回の購入品は¥300/200gの記録が残っていました。
今回は¥325/1kgです。
この差5倍弱。
この差は一体何なんでしょうか?

 これは実際に使って様子を見るしかありません。
何時もの通りローズマリーの枝を切りとってきて”ベニシア流台所洗剤”を造りました。


粉石鹸2 (2)
<台所用洗剤(1カ月分): 何時もの容器(右端)には冷えると粘度が高く移し替え困難>


 材料の配合割合はこれまでと全く同じです。
ところが完成した台所洗剤は全く別物でした。

・色   :(従来) 褐色       →  (今回) 黒に近い茶色
・粘度 :(従来) サラサラ     →  (今回) ベットリ(流動性悪い)
・価格 :(従来) ¥75/1月分 → (今回)¥16/1月分


 NET検索した画像を見ても、これだけ黒い色の台所洗剤は見当たりません。(品質的に大丈夫か??)
 粘性が高い為、従来はドレッシングの空き容器に細い口からジョウゴを使って簡単に流し入れていたのですが、今回の物はジョウゴに入れても流れ出ません。
ほとんど流動性が無いのです。
そこで仕方が無いので、暫定的にペットボトルに入れるしかありませんでした。

 NET検索すると、本来植物油で作るべき粉石鹸ですが、動物油〈油脂)が混じると”ゲル化”すると書いてありました。
どうも今回の粉石鹸はその類のようです。

 試しに食器洗いをしてみましたが、使用感は従来品と変らないように思います。
せっかく作ったので暫く使って様子を見たいと思います。(・・・全部使い切る事になると思います)

 因みに今回購入した1kgの粉石鹸で20回(20カ月分)の台所洗剤が出来る勘定です。
これが問題なく使える物なら、これほど安い物は無いのですが・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ところでこの自作の台所洗剤ですが、1日たった状態を見たら完全に固まっていました。
ペットボトルを逆さにしても全く変形しません。
”ゲル化”ではなく”固体”の様です。(ゼリーです)
やはりこの”粉石鹸”の品質が悪かったのだと思います。 (やっぱり安過ぎですよね、値段相当の品質 !)


2016.04.27