つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

パン切断治具改良

 本日は朝から雪降でしたが、雪掻きするほどではありませんでした。
気温は少し高め、そこで前に自作した”パン切断治具”の改良を行いました。

 完成以来頻繁に使ていましたが、私は問題なく綺麗に切断できるのですが、奥さんが使うと全く上手く出来ません。
同じ厚みに切れない、1枚の中でも厚みが極端に違う(5mm~20mm・・・ありえない??)、切断面がギザギザ。
それはそれは酷い状態です。

 ブキッチョということだと思いますが、本来の使用者が使いこなす事が出来ない治具では意味が無いので改良することにしました。

<改良・その1> 専用治具化

 これまでの治具では、自作パン全ての切断が出来るように考えて、幅も高さもその分大き目にしてあります。
今回の改造では焼型に入れて作る、”食パン”専用の幅と高さにしました。(寸法が必ず一定)
これでガタが少なくなったので、パンが治具の中で不用意に動かなくなります。
又これまでは切断幅が調整できるように可動式になっていましたが、調整ネジの締め付けが弱いと動いてしまうので木ネジで確り固定しました。


パン切断治具(改良)
<改造した切断治具: 確りネジ固定しました>


<改良・その2> 電動パン切りナイフの改造


a-a-ブレッドナイフ
<パン切りナイフの改造>


 治具と同時期に購入したUSA製(設計)”電動ブレッドナイフ”ですが、スイッチに安全装置が付いていて、誤作動防止機構(安全ピン)を押し込んでおいてからスイッチを押さないと動かない構造になっています。
これを片手で操作するのが結構面倒ですが、それでも慣れてしまえば問題なく使う事が出来ます。
しかしこれも奥さんは片手では出来ずに、両手で操作しています。

 この件は購入時NETのクチコミでかなりの書き込みがあり承知で購入したのですが、実際に使ってみると予想以上に使いづらい処でした。
アメリカのメーカーの物ですから、安全性を最優先(使い勝手は無視)に設計されているのだと思いますが、日本人ならもっと違った物になっていたと思います。
という事で時々上手く出来なくて、昔のパン切りナイフ(手動です)を持ち出してきて切っていることがありました。

 そんな訳で、とうとうこのスイッチを改造しました。
安全装置を外しましたので手で押さえるだけでスイッチが入って動き出します。
もし今後事故が起きてもこちらの責任となります。
使い勝手を考えると、チェンソーの様なスイッチ構造の物が良いと思うのですが・・・


 もし同じ悩みをお持ちの方は簡単に改造できますが、あくまでも自己責任でお願いします。
従って改造の詳細内容は掲載しません。

2015.02.05

食パンのスライス改善

 最近我が家の朝食では”食パン”は自家製が多くなりました。
これは市販の食パンの味が落ちてきている事に一番の原因があります。
消費税が8%となってから色々の食品の値上がりと目方減少が顕著です。(それも知らないうちに)
食パンも例外ではなく、値上がりと、著しい味の低下あり嘆いています。(安い粉に切り替えている・・・?)

 食パンを家で焼く事は以前からやっていますので特に問題になる事はありません。
最近問題となったのが、焼いたパンのブロックを綺麗に切断できないという問題です。
パン切り専用のナイフ(ギザギザナイフ)はあるのですが、これで切っても均一の厚みにならない。(平行に切れない)
且切断面が凸凹になってしまいます。
特に焼きたてのパンは柔らかくて上手く切れないようです。

 という事でこの”パン切断法改善”の仕事を受注しました。(押し付けられたと言った方が正確か?)

この改善策として導入した内容は、
(1)電動ブレッドナイフ導入
(2)切断治具製作 


 最初から”電動パン切りナイフ”を使う予定は無かったのですが、”パン切り治具”を調べていて価格が安かったので購入してしまいました。
これを購入して試しに切ってみたところ、切断面は非常にきれいなのですが厚みを均一にするのはやはり至難の業でした。
そこでどうしても”切断治具”が必要だと分かりました。
治具も市販品なら価格的には千円以下でも購入できるのですが、プラスチック製で電動ナイフでの使用は苦しそうな外観でした。
そこでこれは自作する事にしました。


新旧パン切りナイフ
<ブレッドナイフ: (上)従来品、(下)米国メーカーの中国製造、組み立てると全長45cmなので収納が問題>


a-パン切断治具
<切断治具: 総檜製・・・底板は自作カッティングボードの転用、その外は高座椅子の端材です>


 この治具のポイントは、切断後に切ったパンを指で摘まんで取り出す事が出来る点です。
最初の設計では切り欠きが無く、切断後のパンが取り出せませんでした。
・・・使ってみないと分からない?、現役時代にも似たようなこと(チョンボ)をよくやったものです。(汗)
完成後に切り欠きを追加工したので形状が少し歪んでしまいました。

 この切断装置一式のお蔭で、市販のパンと外観的に遜色ない物が食卓に載るようになりました。
味も切断の凸凹が無くなったので食感も良くなって一段と美味しくなりました。 (・・・気のせいです)


パン切断治具(4)
<苦心の治具収納: 一式を冷蔵庫の上の棚にフックで掛けてあります>


2014.12.17

『パンこね機収納庫』またまた改造

 先日改造したばかりの『パンこね機収納庫』ですがまたまた改造です。

 奥さんがこの新しい”こね機”を使いました。
スライダー式の収納装置を引き出し、そのまま作業をしました。
最初は具合良さそうでしたが、目を放して別の作業をしていたらテーブルの上から落っこちたそうです。

 『そんな馬鹿な!』と設計製作責任者としてはしばらく見ていました。
そうしたらこの機械は自力で歩いて、落下してしまいました。
パンの材料を混ぜる時、投入した材料が偏ったまま回転するので機械全体に結構な振動が出ます。
この為このスライダー全体が振動して機械が次第に移動して脚がテーブルから外れてしまいました。
中々手強い機械です。

A改良第2弾1 <改造テーブルトップ>

A改良第2弾2 <完成>


 そこで天板をそっくり作り直しました。
機械の4箇所の脚が板にはまり込んで勝手に歩き出さないように穴を掘りました。
すると機械が下がって機械の下にある冷却空気の取り入れ口が板で塞がれてしまうのでその部分をそっくりくり抜きました。

 改造後まだ使っていませんが、これで最終改造になるかは分かりません。
マァー、これまで通り床の上に降ろして使ってくれれば一番問題無いのですが ・・・・・・?


2012.07.08

”パンこね機”収納

 奥さんが使っていた『パンこね機』の調子が悪くなり更新しました。
これまでのものより少し大型となったので収納庫(TV台との兼用)に入らず改造が必要になりました。

 「重くて出し入れが大変。何とかならない?」というのでこの点も合わせて改造しました。
旧型も重かったのですが、今回のは10kg弱と1kgも重くなっていました。
女性の使う機械としては少し重過ぎるのではないでしょうか。
それともこの手の機械は”据え置き”で使えという事でしょうか?
我が家はそんなスペースはないので、これまでの収納庫を改造しました。
この収納庫は元々専用に自作したものなのでこんな時穴明けやネジ立ても躊躇無く出来て都合が良いです。


Aスライダー1 <スライダー>

Aスライダー2 <この状態から奥に押し込む>


 余っていたスライダー(金具)がありましたのでこれを使って、出し入れの時中腰で重い機械を奥まで突っ込まなくても良いようになりました。
お陰で中々良いとお褒めを頂きました。

2012.07.05

ベーコン作り

 奥さんの要望で『ベーコン』を作ることになりました。
パンの中に入れるのだそうです。

 ベーコン作りは初めてですが、調べてみると”鹿肉燻製”とほぼ同じ作り方で良い様です。
ただ””塩漬け時間”を少し長くする必要があるようです。
そこで今回塩漬け期間を1週間としました。

201206021  <原料:1.1kg>

201206022 201206023 <塩漬け7日間:最初(左)/7日目(右)>

201206024 <スモーク:70℃で4時間/サクラのスモークウッド使用>

201206025  <完成> 

201206026 <直ちに真空パック>



温かい内に”真空パック”にしました。
解説書によるとスモーク後しばらく”風乾”か”冷蔵庫”で熟成させるのが良いと書いてありますが、鹿肉燻製を作った経験から直ぐに真空パックにした方が美味しかったのでそうしてみました。

----

 この自作ベーコンを使ったパンが出来ました。
『ベーコンエピ』です。(食べるのに忙しくて写真を撮るのを忘れました・・・)
ベーコンが美味しいのか(?)中々美味しいパンでした。

 しかし塩味が少々きつ過ぎました。
又使ったスパイスの内”クローブ臭”が結構鼻に付きましたので”オールスパイス”は使わない方が良かったと思います。
包丁で薄くスライスするのにも苦労しました。
以上ベーコン作りは初回なので改善点は多々ありますが更なる挑戦に値する出来でした。

2012.06.02

麺棒作製

201012051 テーブルソー用スライダー

 奥さんの通っている”パン教室”でパン生地を薄く延ばして作るパンの講習があったそうです。
その時使った『麺棒』の製造依頼があったので作りました。
仕様は至って簡単”Φ15mm、長さ300mm、両端面面取り”です。
麺棒を持っていない友達の分を含めて全部で6本。

 Φ15mmのスプールスの丸棒を買ってきてテーブルソーで切断するだけですが、こういった小物をテーブルソーで切断する場合は『スライダー』を使います。
付属の”マイタゲージ”でも出来ますが、押さえ方に注意しないと切断時飛んできて思わぬ負傷をすることがあります。
特に今回のように6本纏めてカットするような場合、安全に作業でき便利です。

この”スライダー”は小物だけでなくテーブルソーを使用する作業全般で便利に使えて、また安全面で特に”キックバック対策”として優れているので、自作をお薦めします。


201012052 麺棒塗装

 さて”麺棒”ですが、テーブルソーで切断後、ベルトサンダーで面取りし、極細かい粒度のペーパーを掛けた後、”クルミオイル”を塗って仕上げをしました。
”蕎麦打ち”の時使う延し板やコマ、麺棒など木製品も同じですが、食品関係の道具はクルミオイルを塗っておくと、滑りが良く水洗いでも割れが防止出来るので良く使っています。
ベタ付きが少ないのと、安全面で優れものです。


201.12.05

パン発酵器

200912232

奥さんの趣味のパン作りの為ですが、本日通販で購入した「パン発酵器」が到着しました。(下の写真)
これまで自作の発酵器(上の写真)を使っていました。
2年ほど使ってくれましたが、なんせ水槽用のヒーターをリサイクルした物なので温度設定に難があり、四六時中見ていなければいけないのは大変で、専用の物の購入となりました。
手作り品の10倍近い値段ですが、使用者のコメントを見ると「早く買えばよかった。」と書いている人が多いので購入決定となりました。

 さて届いた発酵器の組み立てをしていて気づいたのですが、ヒーターは昔よくあった写真用の「バット保温器」とほとんど同じですね。私もかつて白黒写真全盛期は現像引き伸ばしをやっていましたのでよく見かけましたが、「バット保温器」は今でも売られているのでしょうか。
もう自作する必要は無いのですが、もう少し前に思い付けばよかったかなと、少し心残りではあります。
ともあれ自分で使うのでもないし、良いクリスマスプレゼントにはなりました。

200912232

これまで使ってきた自作発酵器は解体して、容器は本来の用途である”越冬野菜保温箱”として、我が家の玄関で第二の人生を送ることになりました。

2009.12.23

続きを読む