つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

パイプスピーカー(第3弾)

 今年も早くも半年が過ぎました。
本当に速いですね!!

 さて今日の投稿の始まりはその半年前の話です。
昨年末のBSの深夜放送で、”ストラディバリウス”の特集番組が流れていました。
それを自作の”パイプスピーカー”を通して聞きました。

 希少価値だと思っていた”ストラディバリーゥ”(と放送では言っていました)ですが現存する物は数百挺はあるようで結構な数があるんですね。
それと製作された年代によって音色が少しづつ違っているようです。(但し失敗作は無いと云っていました・・・凄いですね)

 その番組では多くのストラディバリューゥの音色が流れましたが、このパイプスピーカーではその違いが分かりました。
今までパイプスピーカーはどうも”弦楽器”は再現性が良くないと思っていましたが、そうでもないと思える音でした。
ストラディバリューゥも弾き続けていると音がよくなるといっていましたが、私のパイプスピーカーも製作した当時から比べると格段に音が良くなって来ている様な気がします。(しかもまだまだ発展途上?)

 紙管(しかん)にもバイオリンの木と同じ様に”枯れる”という現象がある様です。

 さて改めてパイプスピーカーの音の再認識が出来たので、その時からもう1組パイプスピーカーを作る予定でいました。
作業場用です。
中々時間が取れなかったのですが、ここで農作業も一段落し雨降りの為時間が出来たので、久し振りのパイプスピーカー作りとなりました。(2年振りでしょうか)


  使うスピーカーは前にもブログで紹介した、SONY製”アナログTV”を廃棄時剥ぎ取ったものです。
スピーカーはユニット化されていて、最初かなり良い音質だと思っていましたが、聞き続けている内に飽きてきてしまいました。
部分的に協調された嫌味な音です。
音楽をじっくり聴くのに適したスピーカーユニットではありませんでした。
そこでこのスピーカーを”紙管パイプスピーカー”に改造して音質改善を図りました。



a-TVSP.jpg
<TVスピーカーユニット: TVから剥ぎ取った状態>

a-TVSP2.jpg
<使用したTV用スピーカー>

a-TVSP3.jpg
<スピーカー加工: (左)金具(耳)を切断、(右)背面に穴明するので切粉が入らないようにビニールで密閉>


a-SP1.jpg
<パイプスピーカー内部構造>



パイプSP完成
<完成したパイプスピーカー: 使った紙管はCADのプロッター用ロール紙の芯です/下のTVスピーカーユニットにはPC用スピーカーを新たに入れました>



 完成したパイプスピーカーを最初に鳴らした時は本当に!、本当に!!ガッカリする様な音でした。
”籠った音”、”抜けの悪い音”です。
しかしこれは現在使っているパイプスピーカーでも造った時には全く同じ思いをした記憶がありました。

 ところがこれを暫く鳴らしていると段々に良い音になってきます。
1時間位でも驚くほど改善されました。
本当に不思議です!!



 以来毎日使っていましたが1週間で大分改善され、TVのスピーカーユニットの時とは比べようが無いほど良い音で鳴っています。
それでもまだまだ十分でなく、結構”土管臭”があります。
又高音の伸びが無く高音のシンバルの音などは潰れたような耳障りな音になっています。
これがエージングすることで段々特性が変わっていくから不思議です。

 使ったスピーカーが元々がTV用なのでスピーカー自体の特性がボーカル音域に特化したような作りになっているのだと思います。
従って今回のスピーカーはエージングに相当長期間掛かるかもしれませんが、期待を込めてしばら使っていきたいと思います。


 さて私の友人に再就職で”紙管製造メーカー”に勤めた人が居ました。
紙管にも色々な種類が有る様なので、パイプスピーカー専用紙管を開発すれば面白いと思いますがどうでしょうか?。 (パイプスビーカーの認知度はほとんどありません・・・儲かるほど需要が見込めないか?)

 又以前TVで紙管を構造物として使った建物を造っている世界的に有名な日本の技術者の特集があって興味深く見たことがありました。 
坂茂さんと云う人です・・・ただこの人も日本での認知度はほとんどないのだそうです。


 ”紙管”は中々面白い素材です!!

 ただ何処まで行っても紙管を使ったものが”本命”となる事は無いように思われます。
あくまでも”暫定”、”代用”、”代替”の位置付けです。

 ”パイプスピーカー”も同じ運命にあると思います。

 しかし・・・”知る人ぞ知る!” で良いのではないか! (密かに楽しめる満足度は十分高い)


2015.07.01

JAZZ

  先日BSで”渡辺貞夫”のビックバンドJAZZの番組があり、深夜にも関わらず思わず最後まで見てしまいました。

  久し振りの”パイプスピーカー”の出番でしたが、ビックバンドJAZZでもこのスピーカーは秀逸でした。
この”紙管パイプスピーカー”は年々進化している様で、今回ベースやドラムの低音が非常に伸びていて驚きました。


紙管パイプスピーカー
<今も健在の”紙管パイプスピーカー”>


 私がJAZZに興味を持ったのはラジオのFEN(短波?)で放送されていた”ルイアームストロング”の演奏を聴いて魅了されてからです。(古いですね!)
その後学生時代に、バイトで一夏稼いだ金を全て注ぎ込んで、安いステレオセットを購入、最初に購入したレコードが当時JAZZ界で一番人気の”マイルスデイビス”でした。
当時は日本人のJAZZ奏者としては”日野皓正”や”渡辺貞夫”に絶大な人気がありましたが、日本人の演奏家は頭から馬鹿にしていてほとんど聞いたことがありませんでした。

 その考えが変わったのが”渡辺貞夫ライブ”です。
彼の作曲の”カルフォルニアシャワー”が日本中で爆発的にヒットし、この田舎にもライブが来ました。(多分1979年頃?)
職場の女性(JAZZが好きと言うことではなかったと思います)がどうしても聞きたいが足が無いという事で、就業時間後30km離れた会場に車を飛ばした思い出があります。

 ところがこの時のライブが非常に素晴らしく、”ナベサダワールド”にすっかり魅了されてしまい、ライブから帰ってから早速レコードを購入しました。
購入したレコードはこの1枚だけですが、”ナベサダ”の明るい音作りには今も好感が持てます。
ただこのレコード、皆の間を回している間に行方不明になってしまい今は手元にありません。


 さてナベサダさんの誕生日は2月1日で、来月の誕生日で82歳になるんですね。 凄いですね!!
それにしても今も全く音の力強さが変わらないのは脅威です。


2015.01.27

TV用スピーカー

 ここで廃家電を大量に処分しました。

 奥さんの実家から、使えない家電製品が沢山出てきましたので持ち帰ってきました。
私の家の近くに”廃品無料回収所”があるので、ここで処分する為です。
TVが1台、ファンヒータが2台、オーブントースターが1台。
特に古い方のファンヒーターは曲者で、移動しようと持ち上げたところ灯油が溢れてきました。
どの位前のものか不明ですが、タンクに灯油が入ったままだったのです。
幸い早く気が付いて慌てて外に投げ出したので、家の中にこぼれた灯油は極微量で済みました。


廃家電 <処分した家電品>



 さてTVですがブラウン管の前の保護ガラス(強化ガラス)が欲しくて分解したのですが、一昔前のTVと違ってこのガラスがブラウン管と一体となっていて取れない構造で諦めました。
そこで分解したついでに何か無いかと捜したところ、”スピーカー”がありました。

TVSP.jpg <昔のTVはスピーカーも大きい>


SP比較 <スピーカーの性能比較>

 このスピーカーはユニット化されていてそのままの状態で鳴らすことが出来ます。
そこで自作のパイプスピーカーと聞き比べてみました。
どうせTV用のオマケみたいなスピーカーだと思って甘く見ていましたが、これがびっくりするほど良い音で鳴ります。
それにプラスチックのハウジングにもかかわらず、相当パワーを上げても全くビビリません。
抜けはパイプスピーカーには敵いませんが、高音も低音もバランスよく出てきます。
特に低音はパワーも質もパイプスピーカーより数段上です。
”流石元(?)音響メーカー”、TVのスピーカーにも気合が入っていました。


SP概観 <バスレフ型BOX>


SP内部 <スピーカーも一応本格派?>


 このSPユニットの音作りが非常に良かったので、このままで楽しむ事にしました。
ただ先端の邪魔なプラスチック部材だけはカットしました。



 思わぬ拾物のスピーカーに浮かれていて、後でオーブントースターの耐熱ガラスを外すのを忘れて無料回収所に出してしまったことに気が付きました。
これも貴重品だっただけに、残念!!


2013.10.05

小型パイプスピーカー

201009201 小型パイプSP

 久し振りに”燻製造り”をしています。
空き時間の暇つぶしに”小型パイプスピーカー”を造って(単に組み合わせしているだけですが)遊んでみました。


201009202 ”縦型(目玉SP)”

 一番最初に作ったパイプスピーカー用の”PC外付けSPユニット”ですが捨てるつもりでしたが、少し遊んでからにしました。
長さ約25cmの短い”紙管”があるのでこれを使って”縦型”のSPシステムに組み立てました。
少しユーモラスな形状になっていますが、これはこれで中々ご機嫌な形です。
ところがこれが思いの外いい音で鳴ってびっくりです。
低域もそこそこ出てきます。
吸音材等一切使っていませんがこのままでも十分聴くに堪えます。
このスピーカーにはこの短いパイプが合っているようです。


201009203  横型

 今度はエルボを抜いて”横型”にしてみました。
音は”縦型”と全く変わらずまずまずです。

これならコンパクトなので車の中に置いても使えそうな気がします。

カーステレオに大枚つぎ込む人もいるようですが、このタダ同然のSPシステムの方がきっと良い音がすると思います。

 と言う事でこのSPもしばらく捨てずに『確保』しておく事にしました。


2010.09.20

パイプスピーカー改良(第2弾 / その2)

201009101  塗装しました

 SPの音の評価も一応合格となりましたので、いよいよ最後の仕上げ作業を行いました。
試聴段階で使っていたハウジングを最終形態である”異径エルボ”に戻しました。
同時にフロントボード(円板)のコンパネを黒色に塗装してみました。
中々引き締まった凛々しい姿になりました。

201009102 グリル作製

 ついでにSP前面に”グリル”を付ける事にしました。
前のSPはむき出しだったので”センターキャップ”がつぶれ、時々”コーン”にも手が触れていたと思います。
せっかく購入したSPなので大事に使いたいと思います。
 
201009103 試行錯誤しました

 グルルに使った網は”網戸の網”の残りです。
網の固定方法とSPへの取り付け方法が思いのほか面倒で、試行錯誤を繰り返し最終的にサークルカットで8個のドーナツ木枠を作ってしまいました。

201009104 SP完成品

 これがSPユニットの最終形態です。

201009105 センターホールのグリル

 ついでにパイプの中央の穴にもグリルをつけて見ました。


201009106 SPシステム完成品

 以上で”パイプスピーカー改良・第2弾”は完成です。

しばらくはこのまま楽しめると思います。


2010.09.10


パイプスピーカー改良(第2弾)

 先に完成したハズの”パイプスピーカー改良版”ですが、しばらく聞き込んでいる内、不満が出てきました。
いい音には違いありませんが、音に厚みがありません。
音にエネルギーを感じません。
SP購入時期待していた音のレベルに届いていません。(期待が大き過ぎるのが問題なんですが。)

201009071 第2弾全部品


 ”固定構造に問題有り”と当たりをつけ内部構造を変更する事にしました。
まず加工精度の悪い”固定金具”を止め”異径コネクタ(PL製)”を切断加工して使用することにしました。
”防振構造”も一部変更して強力にしました。


201009072 第2弾組立上がり

 固定部品がパイプ状になったことで長ナットの締め付力をSP全周均一に分散固定できる様になったと思われます。

 早速このユニットをシステムに組み込んで試聴してみました。

『ナンダコリャ !、何たる変わり様!!』
劇的改善です。


音が大きく明るくなったと同時に、低域が伸び且つ締まった重厚な音になりました。
更に音圧も感じられます


この原因は色々考えられます、
 ・SPの裏面をパイプ状の部品とした事でSPと板との密閉性が向上した。
 ・金属の固定金具を止めた事で、その影響で歪んでいたSP磁界が正常に戻った。
 ・固定部材により1部屋出来”ダブルバスレフ構造”の様な効果を生んで、低域が強調された。
色々推測していますが、原因は兎に角全く思い掛けない大きな改善です。


”やっぱり、JAZZを聴くならこうでなくちゃ !! ”

しかしこのSPの改善はまだまだ続くと思います。
”自作SPの世界”に終わりはありません。 (そら恐ろしい事です。)


2010.09.07

パイプスピーカー改良(3)

201009021 固定金具(原料)

 いよいよSPの組立です。
SPと円板を固定する金具は適当なものが無かったので、上の写真の金具を修正加工することにしました。


201009022 SP組立

 組み立ては中心に”全ネジボルト”を通し、固定金具とボルトが直接接触しないように、”シリコンパイプ”と”ゲル状パッド”を間に入れて”ゴムパッド”を介して”長ナット”で締め上げて有ります。


201009023 異径90°エルボ

 今回ハウジングとして使うのは”異径90°エルボ”です。
これを捜して5軒ほどHCや建材店を廻ってしまいました。
この内部に”円板ストッパー”としてパイプを輪切りにした部材を接着固定して有ります。


201009024 スピーカーユニット

 ”スピーカーユニット”が組み上がりました。
組み立ては円板に全ての部品を固定しておいてハウジングに押し込むだけなので簡単ですが、逆に外すときはハウジングの中で全部品をバラしてから最後に円板を抜き取るので大変な作業です。


201009025 SPシステム完成品

 
 最初に聞く曲は、ソニーロリンズのアルバム”SAXPHONE COLOSUS”にしました。
アンプに火を入れ、CDをセット。
・・・
???

鳴る事は鳴るんですが変です。 片方のSPの音が非常に小さい ・・・??
SPユニットを外して点検すると、ネジノの締め付け力が弱いようです。 これを確り締め付けたところ


素晴らしい!!
ようやく新しい”パイプスピーカー”の完成です !!


  
やはり”PCの外付けスピーカー”の音とは違いますね。


2010.09.02




パイプスピーカー改良(2)

201009011 円板外径加工

 スピーカー取り付け板(円板)の加工を行います。
この加工は”トリマー&サークルカット治具”を使用し、少し仕上げ代を残して円板を切り出します。

201009012 取り付け確認

 次に使用する”塩ビ継ぎ手”の径に合わせて外径の微調整を行います。
ここでは継ぎ手に確り固定でき、且つ手の力で抜き差しが可能な”シメ代”とします。
したがって0.1mm単位での調整が出来るサークルカット治具が必須となります。
しかしこの治具を使っても加工中はかなり緊張します。

 

201009013 円板内径加工

 外径が仕上がったら次はSPの径に合わせて内径加工(穴抜き)を行います。
この加工が終わると中心の支柱がなくなってしまいますからその後のルーターでの修正は不可能です。
最初少し切り込みを入れた段階で内径を慎重にノギスで確認します。
内径は外径ほどの精度は必要ないのですが小さく明け過ぎると後の修正が大変ですから少し大きめに加工します。

 現在使っている”サークルカット治具”は最初パイプスピーカー加工専用に作ったものです。
これが無いとパイプスピーカーを作るのは少し辛いですね。


 尚この加工は高速回転する機械を使って小さな板の加工行いますので、もし同じように作られる方が居りましたらくれぐれも危険の無いように良く考えて作業して下さい。
又”スピードコントローラー”の併用をお勧めします。



2010.09.01

パイプスピーカー改良

201008311 購入したSP

 ”パイプスピーカー”の改良を行う事にしました。

これまでのものは音はそこそこですが、元々パソコンの外付けスピーカーなので、JAZZを大音量で聞きたくても、パワーを入れると音が割れてしまいます。
これまでの確認でこのパイプスピーカーの実力が十分分かりましたので、少し投資を行い音の改良を図ることにしました。

 既に通販に注文していたスピーカー(SP)が今日やっと届きました。
注文してから届くのに8日間掛かっています。
個人輸入でアメリカに注文しても遅くても9日間で届く事を考えると許せない遅さ・怠慢です。

 さて今回入手したスピーカーは8cmフルレンジの”FE83En(フォステックス社)”です。
このSPは”自作SPの世界”では誰もが認めるスタンダード品だそうです。


201008312 粉塵対策

201008313 爪付きナット接着

 パイプSPの世界には”タイムドメイン理論”なるものが有るそうですが、よく理解していないので、加工方法だけ載せます。
 
 SP本体を共振させない為、大きな力(又は錘)で引っ張るためのネジ加工をします。
まずSPの”ボイスコイル”の隙間に異物が入ると、音に大きな影響が出ますので、加工する部分を除きビニールで密閉して保護しておきます。

雌ネジは当初はSPに穴を掘って、爪付きナットを挿入して2液性エポキシ接着剤で固定する予定でしたが、ナットの広いツバ部分で接着強度が出そうに思えたのでSPへの穴あけは止めました。
このまま1日放置して、接着強度が出るのを待ちます。

 

2010.08.31


パイプスピーカー改良(3)

3個目の”受け”の製作途中で計画変更です。
今後のTV廻りのレイアウトを考えた時、”薄くて邪魔にならない物が必須と考えたわけです。
そうなれば”素材”は鉄以外ありません。

201007011 素材(①建築金物、②切断、③曲げ)

 鉄材を溶接して作ることにしました。
素材は”建築金物”単価¥55。

201007012 鉄製受け金具完成

 昨日作った鉄筋のU字金具をそのまま転用して溶接しました。
最後に黒く塗装して終了です。

201007013 木製と鉄製

 ”木製”と”鉄製”形状的には大きな違いはありませんが、取り付けの自由度で強度の高い鉄製が優れています。
”木工”と”鉄工”それぞれの特性を生かして今後も両方大事に使い分けてきたいと思います。

さて設置の最終形態はこのようになりました。

201007015 設置終了



しかしTVの上部に”15cmの出っ張り”が付くと流石に『異様』ですね。


2010.07.01