つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

丸太ベンチ改良

 大分前になりますが”チェンソー製材”を始めた当時、製材作業に慣れる為に丸太の半割加工を沢山行いました。
又その丸太を使って、ベンチも沢山作りました。
その丸太ベンチは一部磨き加工を行って室内で使っている物もありますが、ほとんどが戸外で使われています。
又一部は知人にも差し上げたりもしました。

 その屋外設置のベンチの脚は、丸太製の縦置きで上部をV字カットした上にベンチの半割丸太を載せてありました。
脚は何も防腐処理をしていなかったので経時的にどうしても腐りが出てしまいます。
先日そのベンチを差しあげた知人宅に伺った折り、脚が腐ってきて使えなくなってきている事が分かりました。
上部のベンチ部分はまだ使えるのですが、脚の腐りの為に危険な状態になっていました。
そこで脚改善を検討していました。(供給責任上)


 木製品の趣は非常に良いのですが、屋外で使用する場合の最大の欠陥は”腐り”です。
木の腐りを防止することは出来ませんが、それでも色々延命を検討した結果、一番腐りやすい脚をブロックと単管部品で作ることにしました。
『簡単に加工出来』、『腐らず』、しかも『費用が安い』方法だと考えて試作してみました。


丸太ベンチ改良 (1)
<試作した”単管脚屋外ベンチ”完成品>


 単管部品は強度確保の上では非常に優秀で、屋外使用が前提の部材なので錆難い特徴があります。
しかも何といっても価格が安いのでDIYで使う材料としては最適です。


丸太ベンチ改良 (2)
<半割丸太の脚取り付け部加工: プランジルーター+自作加工治具>


丸太ベンチ改良 (3)
<脚取り付け部加工: 固定ベース取り付け部の平面加工上がり>


丸太ベンチ改良 (4)
<脚(固定ベース)取り付け: ベンチの木は檜です>


丸太ベンチ改良 (5)
<脚土台: 重量ブッロックを切断して単管をコンクリートで固めました>


 この屋外用ベンチの脚は嵌め込み式になっています。
ですから分解、移動、設置が簡単に出来ます。
又丸太の防水処理として”柿渋塗装”しました。
今回使った柿渋はこの秋に自作したものです。
まだ熟成が出来ていないので十分な効果は期待できませんが、幾らかは効果があると思います。

 さてこの完成した丸太ベンチですが、その安定性に感激です。
単管と固定ベースのガタがほとんどなく、ブロックの重量もあって、座っても”微動だにしていない”と言ったところです。
この脚素材の為に多少見てくれは悪いですが、実用性は十分だと思います。(見映え改善で塗装を検討中です)


2015.12.05

最後の栗の木伐採

 本日は台風19号の進路予報を見ると今夜半から明朝に掛けて直撃となっていて非常に心配です。
しかし昨日は”嵐の前の静けさ”なのか晴天の穏やかな日で、最後に一本残った栗の木を伐採しました。

 「一本くらい残しておいた方が楽しみがあっていいんじゃないの?」とご近所の人にも言われましたが、結局切り倒すことにしました。
今年生った栗は猿に全部食べられて一つも口に入りませんでした。
数年前には”熊”が登って”熊棚”を作った形跡がありました。(近所の人もこの事はうすうす知っているようでした)
猿はともかく、熊が来るようになったら大変なのでこの際切り倒すことにしました。(今年は方々で熊の被害があります)


a-最後の一本1 (1) <最後の一本>



 この作業には久しぶりに息子を連れて行ってきました。
畑仕事は気乗りしないようですが、チェンソーを使う仕事なら喜んで(?)行ってくれます。
ただチェンソーの扱いが乱暴なので怪我をしないか、はたまたチェンソーを壊されないか私はビクビクです。


a-最後の一本1 (2) <今回はMS260(スチール製)を持っていきました>


 前回持って行ったチェンソーが小型のMS200で、ガイドバー長さが足りずに苦労しましたが、今回はMS260を使ったので同じ45年生でしたが楽々と切り倒す事が出来ました。

a-最後の一本1 (4) a-最後の一本1 (5) 
<切り倒し完了>


 やはりこれだけ大きい木がなくなると、空が広くなったような気がして少々寂しくもあります。
来年は何もなくなってしまった栗林の真ん中に”桜の木”でも一本植えたいと思います。



a-最後の一本1 (3)


2014.10.13

厚板製材

 先日TVを見ていたら、分厚い板のベンチに座ってインタビューを受けている女性の姿が映っていて良いなと思ったので、同じ様なベンチを作ろうかと思いたちました。
ベンチが良かったのではなく、座っていた女性が良かったのではと疑う人がいるかと思いますが、因みにその女性は登山家の”田部井淳子さん”でした。

 そのベンチは見たところ厚み7~8cm、巾45cm位のヒノキの両耳付きの板でした。
手持ちの丸太でも厚みは何とかなるのですが、巾が25cm位しかありません。
それでも一応製材してみる事にしました。
設計はまだですが、木が乾燥するのに1年程掛かりますからその間ゆっくりとやるつもりです。


 これまでもチェンソー製材では何時も板厚の調整に苦労していて調整不良で左右の板厚が違う板を製材したこともあったのでこの際調整方法を改善することにしました。


201111015 スペーサーとレンチ


 板厚は木の”スペーサー”2本をガイドバーとアタッチメントの度当たりの間に入れて調整します。
又アタッチメントの固定ネジもこれまでチェンソー付属のスパナを使って調整していましたが、支柱に当たるのでその度にスパナを抜いて差し替える面倒がありました。
そこで”ラチェットレンチ”を購入してきました。
購入したのは百均。
このラチェットレンチも昔は¥100だったと思っているのですが、今回¥300になっていました。(一挙3倍カヨ・・・怒)

 製材アタッチメントは輸入品なので元々1種類のインチネジでしたが、ガイドバーの固定部を改造し、ボルトを溶接で手作りしたのでネジが2種類になりレンチサイズも2種類必要になってしまいました。

 かねがね百均は使いたくないと思っているのですが、”品質バラツキの大きな百均品”には捜すとメートルネジ用の中にインチネジにピッタリ合う物があって今回の様に重宝する事もあります。(在庫が沢山あればですが)


201111016 60mm厚に製材しました

 この”スペーサー”で厚み調整は非常に簡単になりました。
お陰で30分で2種類の厚みの板2枚の製材をすることが出来ました。

2011.12.01

チェンソー収納BOX

 最近製材のためチェンソー2台を車に載せて持ち運ぶことが多くなりました。
チェンソーは形状が悪く持ち運びや収納には大変不便です。
それに少なからず”オイル付着”があるので乗用車に載せるには一苦労でした。
そこで『チェンソー収納BOX』を作る事にしました。

 本体は『長いも収獲コンテナ』です。

木で作ることも考えましたが、”手っ取り早く”を最優先にすることにしました。
この”長いもコンテナ”は前から知っていましたので長いも産地に行けばあるだろうと狙いをつけて、少し遠くですが”山形村”に行ってみました。
狙い違わず”JAの資材センター”に山積みされていました。
定価¥1,580/1個。
2個買って来て早速チェンソーを入れてみました。
MS200はジャストフィットです。
しかしMS260はガイドバーが長く収まりません。
そこでケースにガイドバーの先端を出すスリット穴を明けました。

201105101 自作のプラスチックカッターで穴あけ

 しかし高さ(深さ)は不十分でどちらのチェンソーも”ハンドガード”が高いのでコンテナ上部から飛び出てしまいます。
そこで1”×4”材で”スペーサー”を作りました。
ついでにスペーサーの空間を有効利用してちょっとした物入れを付けました。

201105102 ハンドガード用スペーサー

201105103 2段重ね出来ます

 この箱のお陰でチェンソー関係の道具と製材用の細々した道具が収まります。
2個の箱はどちらでも上下自由に2段重ね出来る構造にしたのでこのまま車にも簡単に載せられます。

 この箱の一番の利点は製材用の小物が全てこの2箱に入っているので、現場へ行ってから忘れ物に気づき作業が出来ないと言う事が無くなった事でしょうか。

 この『忘れ物』、経験者でないと分からないと思いますが、一度やると結構な精神的ダメージを受けます。
この箱はそんな精神衛生上の大きな改善です。


2011.05.21

新チェンソー製材(2)

 二日連続で弁当持ちで製材に行ってきました。

 パワーのあるMS260での製材は正直楽しい作業です。
今日は40年生の”檜”の製材を行いました。

 この檜、実は40年前に私が父と一緒に植林した木です。
間伐を余り行わなかったのでそれほど太い木は有りませんがそれでも根回り30cm位の物が何本かあって、2年前に除伐し乾燥させておきました。

 製材をしていたら散歩でもしていたらしい人が声を掛けて来ました。
「いいサワラだね。」
「これはヒノキですよ。」といくら言っても「私はサワラだと思うがね。」と取り合ってくれません。頑固です !


201104041 201104042 (左)ヒノキ、(右)サワラ


 そうなんです『ヒノキ』と『サワラ』の識別は林業の専門家以外にはほとんど知られていません。
見分け方を知っていれば簡単に分かることですがそれでも遠目では中々難しいです。

 識別法としては、葉の形でも分かりますが、”葉裏”で見るのが一番確実です。
”ヒノキには白で『Yの字』の模様”があります。
”サワラには同じく白で『Hの字』の模様”があります。

 これを林業専門家(?)は 『”ひ(わい)”な”ヒノキ”、”サワラ”ないで”” !』 と唱えるそうです。
これは昔、塩尻市にある県の林業総合センターで行われた『林業体験講座』に1年間通った中で、唯一忘れず覚えている”教え”です。


201104073 檜製材

201104043 本日の製材の成果


 乾燥の違いか”ヒノキ”の製材はクルミより格段に楽でした。

あるいは”ソーチェーン”の刃角にも原因があるかも知れません。
製材用”ソーチェーン”の刃角度は一般的な”玉切り用”とは違っているそうです。
この刃角についてはその内色々の角度で試験をしてみたいと思っていますが、今は購入したままの状態で使っていてこれだと硬い木に向いているようです。


 今日は”ヒノキの香”にまみれた一日になりました。

『自分が植えた木を、自分で製材し、自分で家具に仕立てる。』
これは『究極のDIY』だと思っています。


 まだもう少し乾燥した丸太があるのでしばらく森に通う日々が続きそうです。



2011.04.07

新チェンソーで製材

 
201104034 切り倒された木


 実家の林の木が大きくなり過ぎ、台風などで横の道路に倒れる危険があるので森林組合に頼んで切ってもらったと連絡があり見に行ってきました。

 前に私に伐採できないか相談があり見に行ったのですが、道路に掛からないように正確に切り倒す技術に自信が無くギブアップした木です。
ヒノキや唐松など10本ほど、いずれも40年生の大木です。
森林組合では重機で吊るした状態で”ダルマ落とし”の様にチェンソーで切断したそうです。
この太さを見て改めて自分でやらなくて良かったと思いました。



201104031 新しいチェンソーで製材

 行ったついでに新しい購入したチェンソー(MS260)を使って試しに製材をやってみました。
今回製材した木は兄が伐採して「欲しかったらやるぞ」と言った木で、貰って1年以上林の中で乾燥させていた”クルミ”です。
太いところで30cm弱あります。

201104032 記念すべき1stカット

 新しいチェンソー・MS260は期待通りの性能です。
”MS200”では始動に結構苦労しましたが、今回は1発始動しました。
音もMS200より軽い気がします。(大きい音ですが心地よい。)
なんといってもパワーがあり、短時間で切断出来、疲労感がありません。


201104033 本日の成果(右端が2つに裂けた板)


 板に切断してみるとクルミはまだ乾燥が不十分で、手で表面を触ると湿り気がありました。
また”芯持ち板”は切り離しの瞬間、大きな音と共に中心から真っ二つに裂けてその弾みで製材機がはじき飛ばされました。
割れた時一瞬何が起こったのか分からずにいましたが、幸い何の怪我も無く治具も無傷でした。
後になってみて、もしひとりでのチェンソー作業で事故が起こっていれば恐ろしいことだったと冷や汗が出ました。


 挽いた”板”は非常に綺麗です。
『クルミ』を使った家具は落ち着いた柔らかな感じが私の好みです。
一度使ってみたいと思っていたので、何を作ろうか今から考えるのが楽しみです。

 
 さて切り倒された木は森林組合に処分を頼むと余計『赤字』になるとの事で林の中に積み上げてありました。
そこで全て私が”ありがたく”頂戴する事にしました。
これを製材するまでには乾燥で2年近くは掛かると思います。

それでも『これで、MS260の元は取った !!』


 昼飯のおにぎりは製材した端材で”急造ベンチ”を作ってそこに座って頂きました。
木漏れ日の中、久し振りに静かな林の中でひとりで満足感に浸りながらの一時となりました。



2011.04.06

チェンソー2件

201103051 MS-260(スチール)


 とうとう買ってしまいました。
MS-260、スチールのチェンソーです。
それも特殊仕様ガイドバー付き
 



これまでチェンソー製材用としてMS-200(スチール製)を使っていましたが、エンジン排気量35ccと非力の為製材には結構苦労していました。

又最近は標準で付いているガイドバーは先端がスプロケット仕様の為、”製材アタッチメント”の固定ネジを締め付けるとスプロケットの回転が止まってしまう為、アタチメントの改造を行って使用していました。 

 今度のMS-260は排気量50cc。
セットしてもらったガイドバーは1枚鋼板仕様で、ガイドバーを思い切り締め付けても問題なくソーチェーンが回転します。(その分パワーロスは大きいのだと思いますが)

 今回MS-260を買おうと思った時、この機械の標準仕様ガイドバーはやはりスプロケット仕様であったのでこの点が心配で製材アタッチメントを店に持込んで確認させてもらいました。
結果はNG。 
MS-200用に改造したアタッチメントを使ってもこの標準仕様のガイドバーでは使えませんでした。
一見同じように見えるスプロケット仕様のガイドバーですが、同じ仕様ではなく色々の種類があるようです。

そこで社長からスチールに確認してもらって今回の1枚鋼板製のガイドバーを付けた特殊仕様のものを購入する事になりました。

 注文したのは1月中で、チェンソーは当の昔に入荷済の連絡を貰っていたのですが、ようやく取りに行って来ました。



<この続きは別頁で ↓>


2011.03.05

続きを読む

電動チェンソー製材

 自宅で”チェンソー製材”に挑戦です。 

 自宅のある所は田舎とは言え”住宅地”なのでエンジンチェンソーを使っての”製材”は近所迷惑以外の何者でもありません。
かといってこの時期いつも通り畑でやるには寒すぎるので、何とかならないか前々から検討をしていました。
 
 永らく掛かった”ホバークラフト作り”が先日ようやく一段落したので、本日ガレージで”電動チェンソー”を使って試験を行いました。


201102181 製材機に電動チェンソーセット


 10数年前に買ったものの数回しか使った事の無かった”電動チェンソー”を捜し出して来ました。
ソーチェーンの研磨の仕方を知らなかった時代に購入して切れなくなってそのままお蔵入りになっていた機械です。
ソーチェーンを念入りに研磨し、スチールのMS200チェンソー用に改造した”製材機”にセットしました。
都合の良い事にガイドバーのノーズがが”スプロケット仕様”でないのでネジを確り締め付けてもチェーンはスムーズに動き問題なく使えそうです。


201102183 単管の丸太固定具(左)

 4mの単管を買ってきて半分に切断して”丸太固定治具”として使う事にしました。
こうすると2mを2本購入するより¥320ほど安く上がりました。(涙ぐましい努力をしています。)


201102182 製材開始

 テスト製材する丸太はφ20cm×長さ2mの杉丸太です。
上に2×4材の2.5mのレール2本を取り付けて製材開始。


201102184 製材中

 刃の研磨が良かったか(!!)、丸太が良く乾燥出来ていたか非常に順調に製材できました。


201102185  半割完了

 途中で時々チェンソーを止めて確認作業をしながらになりましたが、3分程で完了です。
音が静かで(エンジンチェンソーと比較すれば当然の事ですが)振動もない分エンジンチェンソーを使っての製材より疲労感無く製材できた気がします。

 このチェンソーではガイドバーのかなり先端を掴めたので半割であれば最大φ250mmまでの丸太の製材が可能です。
バンドソー製材用の基準平面カット(ファーストカット)であればφ300mm以上の丸太でも使えますから、これは便利に使えそうです。

 この製材機、これまで『半割り丸太』を作る時にしか使ってこなかったのでこれからは出番が多くなりそうです。


2011.02.18

 

 

チェンソー整備(2)

  先日の”チェンソー整備”の続きです。
WEBで探していたら、”チェンソーの取説”がありました。
そのお陰で自動給油ポンプの”吐出量調整法”が分かりました。


201010181 チェンソー取説


201010182 チェーンオイル吐出量調整


 取説に従って調整ネジの位置を確認したところ、吐出量の”最大値”にセットされていました。
これを”標準位置”にセットし直して動かしてみました。
吐出量は相当少なくなりましたが、これが『標準』と言う事でしょうか。

 しかしやはりチェンソーを縦位置にするとオイルキャップからオイルが漏れます。
取説にはこのチェンソーの保管姿勢に付いては何も記述がありません。

取説を捜し出したお陰でオイル問題の一つ『吐出量』に付いては解決できましたが、まだ一つ『漏れ』は未解決のままです。


2010.10.19

チェンソー整備

201009291 分解掃除後


 先日”刈払い機”を使おうとした時、ハンドルのアクセルレバー部分に油がベットリ付いていて落とすのに大変苦労しました。
棚の上に置いてあったチェンソーからチェーンオイルが漏れていたのが分かったので原因を確かめるため本日分解掃除を行いました。

 このチェンソーは奥さんの実家で昔から使っていたもので、エンジンの掛かりも良く小回りがきく調子の良いチェンソーで重宝に使っていました。
しかし私はこれまで一度も整備したことがありません。
又取扱説明書もありませんので少しづつ確認しながら分解することにしました。
分解してみると内部の隙間という隙間に切粉が確り詰まってオイルで濡れていました。
一つ一つ分解してはエアーで吹き飛ばし、エアーで取れないところは竹串とウエスで丁寧に綺麗にしました。


201009292 この状態だとオイル漏れ発生

 一通り分解掃除しましたが特に悪いところが見つかりません。
しかしチェンソーをこの姿勢で置いておくと、オイルキャップの穴(空気穴)からオイルがいくらか漏れます。

201009293 これが正しい保管姿勢??

 オイルキャップを上向きにしておくとまったくオイル漏れはありません。
 そういえば昔「チェンソーの保管する時の置き方はメーカーによって違いますから、その機械の取扱説明書で確認してください。」というのを見た記憶があります。
その時は何の事か理解できなかったのですが、多分この機械のことですね。

このチェンソーの保管姿勢はこれが正しい様です。(??)

 しかし ”そりゃねーだろー !”普通こういう置き方はしねーゾ !!


2010.09.29