つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

人形ケース(4)

201003221  PLカッター(上から、市販品、金ノコの折れた刃で作ったもの3個、百均の金ノコを加工した物)

 人形ケースの窓は透明のプラスチック(アクリル板)を使う事にしました。
フレームの出来があまり良くないので微調整が必要になった時、ガラスだと無理なので止めました。

 プラスチックカッター(PLカッター)は”金ノコの折れた刃”で色々作ってあります。
こんなものでも十分役に立ちます。


201003222 人形ケース

 フレームにPL板を入れてみましたが、四辺を溝にきれいに入れるために、フレームもPL板もかなり微調整(?)をしました。
こういう細枠を精度良く作るのは大変な事ですね。

 一応形にはなりましたが、写真には見えないところで、まだまだいっぱい不具合があります。

201003223  ネパール土産一式

 ”ネパール土産一式”を入れて見ました。
一応きれいに収まりまっています。(様に見えます。) フレームデザインも”まあまあ”でしょうか。(確り自己満足 !)

 まだ支柱の根元に穴が有ったりしますが、塗装を如何するか考えてないので、それを含め最終仕上げは後日にします。
(何時になるかは分かりません。 多分何年か先・・・? )

2010.03.22

人形ケース(3)

プレーナ(自動カンナ盤)問題ははっきり原因が明らかになりませんでしたが、対処方法は分かりましたので”騙し騙し”使うことにしました。 動かなくなった場合は無理に動かそうとせず、スケールで基準面からの寸法を計測して、高いほうのヘッドカッター・ブロックを木槌で叩けば多分動くようになると思われます。

 これは一昔前のテレビやラジオの故障の修理方法と同じだ !!


 背板のカンナ掛けをしましたが、一応問題なく終了できました。
イチイの板は板厚6mmで、幅が足りないので”雇いざね”で接ぎました。
”さね”はt2mmの”ベニヤ板”を切断して使用しています。

 上窓/底板は形状は同じもので、窓には”塩ビ板”の端材があったので、一旦これを入れてあります。

201003181 背板


201003182 上窓/底板


 元々の”イチイ”の材が良くないので、板も、枠も余り見映えが良くありません。

産直の”曲がり野菜”と同じだと思えば良いか !


2010.03.18

人形ケース

昨夜は吹雪で大変な天気でしたが、明け方から雨になった様で今朝の雪かきは大変でした。
積雪は10cmほどでしたが、重さはその数倍程度。 動かすのに苦労しました。
おかげで朝飯前の雪かきで大汗をかき、良い運動になりました。

201003101 ”一位”の丸太

 さて”操り人形”用の”人形ケース”の材料は、『イチイ(一位)』を使うことにしました。
今回使う”イチイ”ですが昔実家の玄関脇に植えてあったものです。
多分誰かが小学校に入学した時記念に植えたものだと思います。

昔この辺では” イチイ = 一位 ”と言うことで子供の学業向上を祈念して良く植えられたと聞いています。

 輪切りにしてみたら、24年~25年生だと思います。
切られてから少なくても30年は経っていると思いますが、昔長兄が要らないと言ったので我が家のガレージに仕舞ってありました。 何時頃来たかは忘れました。
1本だけで量もなかったので小物しか出来ないのですが、これまで出番が有りませんでした。
割れや腐りがありますが、乾燥だけは十分です。

201003102 製材

 先ずノコギリで輪切りにしましたが、非常に硬くて大変でした。
続いてバンドソーで製材しましたが、こちらは簡単にそれこそサクサク切れました。
生木に近いと曲がったりしてバンドソーでの製材は大変ですが、十分乾燥できている木は本当に楽です。


201003103  製材上がり

 製材した結果、悪い部分が結構あったので、設計図を見ながら”木取り”を検討したいと思います。
その結果によっては設計変更も必要になります。


2010.03.10