つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

『こまわり君』堆肥化試験(その2)

 『こまわり君』の1回目と2回目で作った堆肥で畑つくりを行いました。
これまで”こまわり君”を使って作った堆肥ですが、2次処理(追熟)を2通りで実施しました。
1回目は”肥料袋(ビニール袋)”、2回目は”土嚢袋”でおこなっっていました。
その結果は見た目では”肥料袋”の方が出来が良かった様に思います。
土嚢袋の方は乾燥し過ぎて醗酵が進んでいないように見えます。
堆肥つくりにはある程度の水分が必要で、通気性が良過ぎるのも考え物だと思います。

 この結果から土嚢袋を使う"カドタ式生ゴミ堆肥作り"が1次醗酵だけを土嚢袋で行い、2次醗酵は土に埋めるというのはまったく理にかなったやり方の様に思われます。



A肥料袋 <肥料袋で2次処理したもの>


A土嚢袋 <土嚢袋で2次処理したもの>




A畑つくり <生ゴミ堆肥だけで畑作り>



 ここで更に ”こまわり君”を使った生ゴミ堆肥作り試験の3回目を始めています。
詳細内容は<続きを読む>でどうぞ

続きを読む

『こまわり君』堆肥化試験

 ”超小型”生ゴミ堆肥化装置『こまわり君』の試験結果です。

 冬季間の生ゴミ堆肥作りは寒さで凍結する為毎年苦労していました。
特に今年の様な寒い日が続くとほとんど不可能で、諦めて燃えるゴミで出すのが普通でした。
しかし今回は”こまわり君”を使ってあえてこの寒さの中でも堆肥作りに挑戦です。

 実はこれまで2回試験を行っていまして、2回共2週間で装置が満杯状態となり投入終了しました。
我が家は4人家族ですが1日に出る”生ゴミ”の平均重量は約650gでした。
この量で2週間使用すると今回の”こまわり君”はほぼ満杯状態で撹拌不能となりました。



A満杯 <ほぼ2週間で満杯状態>


【1回目】
 <試験方法>
 ・試験開始前に容器に基材として堆肥化促進材(生ゴミ食いしん坊/市販品)を1袋(約10㍑)をそっくり投入、其処に毎日生ゴミを投入。
 ・室内にで保管。
 ・生ゴミ投入量と容器重量を都度計測して変化を記録する。
 <結果>
 ・投入出来た生ゴミ重量   :7.7kg(15日分)
 ・基材が多過ぎ最初から生ゴミ投入後の撹拌が上手くできない。
 ・醗酵はほとんどなし、投入した生ゴミの減少もなし、臭いもなし。

 ⇒満杯になったので容器のまま約2週間戸外に放置後、ビニール袋に詰めて戸外に放置。


A肥料袋 <ビニール袋へ移動>



【2回目】
 <試験方法>
 ・最初容器には基材は一切なし。
 ・生ゴミ+堆肥化促進剤(基材)約200gを合わせて投入し撹拌する。
 ・室内に保管。
 ・生ゴミ重量、容器重量、内部温度を計測して記録。
 <結果>
 ・生ゴミ投入総重量  :10.5kg(14日分)
 ・投入後の撹拌は十分出来た。
 ・醗酵は1週間目頃から徐々に開始。
 ・醗酵が始まると容器内の臭いが段々きつくなってきた。
  最初室内でもほとんど気にならない(気が付かない)程度であったが、2週間目から臭いがきつくなりました。
  奥さんのクレームでやむなく戸外放置でここで一旦実験終了。

 ⇒容器のまま2週間戸外に放置した後”土嚢袋”に移して戸外に放置。



 この間最低気温が-10℃以下の日がかなり続きました。
これで完全に凍結したと思っていましたが確認したところ、ビニール袋、土嚢袋どちらも凍結していませんでした。
しかも臭いはありますが、腐敗臭ではなく、堆肥の臭いです。
醗酵(堆肥化)が進んでいるようです。


A土嚢袋 <土嚢袋へ移動>


 
『カドタ式生ゴミ堆肥製造法』と言う生ゴミの堆肥作り法があり、この場合土嚢袋に”堆肥のタネ”を入れて置いてそこに生ゴミを投入して撹拌して堆肥を造るというやり方があります。
この土嚢袋を使うという方法は中々良く考えられた方法だと思います。
カドタ式では、土嚢袋の中で1次処理し、満杯になったら土に埋めて2次醗酵させます。

 今回行った”こまわり式(仮称)”は容器内(室内設置)で1次処理して、容器にに入らなくなったり匂いがきつくなったら土嚢袋に移して戸外で2次醗酵させる事にしました。
容器が沢山あれば満杯になったらそのまま外に放置し、新しい容器を使っても良いのですが、この土嚢袋
の価格(¥15/1枚)には負けます。
おまけに通気性があるので堆肥化にも効果的だと思います。
ただ欠点と思われるのは、”虫に対して無防備”だと思われるところです。
今後この放置した堆肥で、臭いや虫の発生がどうなるか見守りたいと思います。


 さて空になった容器で3回目の堆肥化試験を開始ししました。
気温も朝こそ氷点下の日が多いのですが日中は10℃を越える日が多くなりましたので、試験結果も2回目までと変わってくると思います。


2013.03.17

『こまわり君』追加製造

 先日1台目の『こまわり君(小型堆肥製造器)』を市の関係者に納品しましたが、新に追加注文が入りました。


 この堆肥製造器の性能確認はまだ全く出来ていないのですが、取りあえず春温かくなったら少しサンプル数を増やして試験できる様に準備だけ進めて置きたいとの要望でした。

 マアー、こちらで性能保証の必要は無いので喜んでお引き受けしました。




Aこまわり君4  <野菜の輸入容器でした>


 持ち込まれた容器にはラベルが残っていました。
この容器は珍しく中国製ではなく、オランダ製と分かって一安心です。


A追加製造 <完成納品した”こまわり君”>



 残りの1台を使って私も”堆肥化”の試験を始めます。
今朝もそうでしたがまだ朝の最低気温は-10℃近くになる日もあるので室内で実施することにしました。
先の”けとばし君”と同じ様に投入量データを付けながら様子を見る積りです。
さてどうなりますか ??

2013.01.09

こまわり君(仮称) 完成

 『こまわり君(仮称)』が完成しました。


 試作を繰り返していた”こまわり君(仮称)”がようやく完成しました。
一番の問題は”空気取り入れ口”の構造。
蓋の部分に網を取り付けたいのですが、蓋の上部が曲面(凹面)なので、”けとばし君”の様な木枠で止められず色々試作を重ねていました。
最終的には、細かい目の網(網戸の網)と荒い目の網(植木鉢の鉢底網)を重ねて嵌め込む二重構造にしました。

内部の撹拌フィン(アングル)も容器の容積が小さいのでプラスチックにしました。
回転台は”けとばし君”用のものがそのまま使えるので新規設計はなしです。


Aこまわり君3 <完成した"こまわり君">


 1台はここで市の関係者に引渡ししました。
もう一台で自分も試験をしないといけませんが、今年の冬は寒さが厳しいので何時もと同じやり方では良い結果は期待できないのは明らかなのでどうしたものか思案中です。


 さて私の初代堆肥製造器(てまわし君)に興味を持って頂き、しかも市の関係者に橋渡しをしていただいた大先輩のHさんが先日お亡くなりになり、葬儀に行って来ました。
2作目となる堆肥製造器”けとばし君”はHさんの要望に基づいて造り上げたような物です。
大変ハッキリした物言いですが気働きが行き届いていて、何時も人の輪の中心に居る様な素晴らしい方でした。
私は退職後からの大変短い期間のお付き合いでしたが、もう少しご指導を受けたかっただけに非常に残念な想いです。
Hさんの意思を受け継いで”けとばし君”も”こまわり君”も早く”真っ当な物”に仕上げて”日の目”を見るようにしないといけませんね!!
ご冥福をお祈りします。 (合掌)


2013.01.27

こまわり君(仮称)

昨日は普段雪の無い都会は大変でしたね。(と言いながら楽しんで見ていました)
こちらでも30cm近い積雪で、お陰で1日雪掻きに追われてしまいました。

 ところで昨日のこのブログへのアクセス数が”過去最高(通常の倍)”を記録しました。
原因は”雪”。
雪の影響で”BS放送”が見られなくなった人がNETで原因を検索した結果このブログへたどり着いたようです。
我家のBSも同様に見られなくなっていましたが、雪が降り続いていたので夕方まで諦めました。
BSアンテナを手の届かないところに設置してしまった人は、次の降雪に備えて移設しないといけないでしょうね。
ご苦労様です。

   ===================

 さて『こまわり君(仮称)』を造る事になりました。

 新タイプの超小型”生ゴミ堆肥製造器”です。
前に作った小型生ゴミ堆肥製造器”けとばし君(容量65㍑)”より更に小型の25㍑の容器を使います。

Aこまわり君1 <こまわり君原料容器>



 この容器は市関係者が持ち込んできたリサイクル品ですが、これは私が今使っている”手動コンクリートミキサー”と全く同じ物です。
構造もほとんど同じようなものなので、作る事自体は問題ありません。
しかしこの容器を使った堆肥製造は既に大きな問題がはっきりしています。


 実はこの容器で昔一度”生ゴミ堆肥製造器”を作成していて、私としては”ダメ”の結論を出している物なのです。
それがその後”手動コンクリートミキサー”に改造して今尚現役で使っているものです。
その辺を少し説明しましたが、最終的にサンプルを作って、市の関係者と私の双方で試験を行う事になりました。


A旧こまわり <過去に造った”こまわり君”もどき>


 この小型”生ゴミ堆肥製造器”の愛称を一旦『こまわり君』としました。
もちろん仮称です。
”こまわり君”と言う名前はあまりに有名過ぎますし、ズバリこの名前を付けた運搬機器が販売されていますので、もし正式に世の中に出す時は別の名前を考えたいと思います。(しかしこの小型容器にぴったりの名前で捨て難いのです ・・・)

  
 さて今から容器の改造検討を始めますが、これまでの経験を生かしてもう少し改良版にしたいと思います。

2013.01.15

『てまわし君』回転台改良

 久し振りの2日続きの雨降りです。
そこで宿題になっていた『てまわし君』の残り1台をガレージで製作しました。

 本体のプラスチックドラム缶の加工は大分要領よくなりました。
ところが生ゴミ投入口の加工を行っていた時、購入したドラム缶の欠陥を2箇所も見つけてしまいました。

(1)ドラム缶に”ひび割れ”が発生していました。

・この欠陥は『てまわし君』では問題にならないのでこのまま使いますが、雨水タンクとしては致命的です。
・購入店の保管状態の問題です。・・・炎天下に野積みされていますから劣化の進行が早いのでないかと思われます。
・雨水タンクとして使う時には水漏れの心配がありますがそれ以上に容器全体の強度が心配です。

Aドラム缶割れ <割れ>


(2)上下の蓋の接続部に膨らみ

A溶着バリ <溶接部>

・昔の容器を見たら上蓋1箇所だけが溶着(超音波溶着の様)で接続されていましたが膨らみは綺麗に修正加工されていました。
・今回の物は上下2箇所の蓋が溶着で出来ていましたが、その時の溶着で溶けた材料はそのまま膨らんだままになっていてレール部と同じ径になっていました。
これは容器製造の”合理化”と思われます。
容器としてはまったく問題ない工程変更ですが、『てまわし君』の設計上は厄介な問題です。
今回は両側の全周ノミで削り取りました。


今回ドラム缶購入時気が付かずに購入してしまいましたが、この次はこの点を購入時確り確認して購入したいと思っています。


<回転台改良>

・使用材料変更 :防腐処理済2×4材(従来は普通の2×4材)
         耐久性向上対策です。 

・加工方法変更 :ドラム缶回転時の左右規制の溝加工をテーブルソーの”溝切りカッター”で実施(従来はスリット
         上記の溶着の膨らみが大きいとこの溝から外れる可能性がある。

A回転台 <回転台>

2012.07.21

『てまわし君』乾燥用ネット

 先日作った『てまわし君』に追加で少し改善を試みました。
生ゴミ投入口に『防虫網』を取り付けられる構造にしました。

 ”てまわし君”は好気性菌を使う事を前提とした堆肥製造器です。
従って容器は開放して通気性があった方が良いのですが、雨水の浸入防止と”ハエ”や”ミズアブ”が入り込まないようにほぼ密閉構造になっています。
しかし堆肥化の過程で必ず発生する”水”の処理問題はどうしても避けられません。
そこで天気のよい日には生ゴミ投入口を開いて水分を蒸発させられる様に、『着脱式の防虫網』を取り付けました。


A防虫網1 <網はマジックテープで着脱する>

A防虫網2 <新規”てまわし君”完成>

 この改造を行った物を実家に設置して来ました。
使用結果がどうなるか楽しみです。
自分の使っている”てまわし君”への改造は、実家の感想(効果)を聞いてからにしようと思っています。

2012.06.12

『てまわし君』受注

 『てまわし君』一式(2台セット)の注文を貰いました。

201206041 <新規製作した『てまわし君』>


 但し今回は残念ながら代金は貰えそうもありません。
先日実家の母から電話があって、「昔TVで放送された”堆肥製造機”が欲しい。」との事でしたので久し振り(?)に顔を見がてら打ち合わせに行って来ました。
実家のある市でも最近”生ゴミ”に対して自家処理を指導しているようで、生ゴミ堆肥を作って畑で使いたいとの事でした。

 設置スペースは十分あるので、管理の手間が要らない『てまわし君』を1セット(2台)を作ることにしました。(後々面倒を見なくても良い様に・・・?)


 こちらも新規に作るのは5~6年振りなのでまず本体の”プラスチック ドラム缶”の入手が可能か確認する事から始めなくてはなりません。

 昔購入したHCに行ったところまだ隅に転がっていました。
最近は作りが簡単な青色の”プラスチックドラム缶”が主流の様で、”てまわし君”を設計した強度のあるプラスチックドラム缶は入手が困難になってるとの事で大分値上がりしていました。


”製造過程”は別ページでどうぞ

2012.06.05

続きを読む

『けとばし君』その後(最終報告)

 『けとばし君』の最終報告です。 

 いくらか温かくなってきたので昨年から継続している『けとばし君』での”堆肥製造試験”がその後どうなったか様子を見ました。

極最近まで寒さで中身が確り凍結していましたが、今はすっかり溶けていました。

201204001 最終データ



 この寒い冬の間にも容器の中では堆肥化が少しづつ進行していて、重量で5.3kg減少していました。

・堆肥化合計日数     : 256日(試験開始から今回の計測日までの日数)
・生ゴミ投入累積重量   : 45.4kg
・生ゴミ累積削減重量   : 22.9kg(削減率=堆肥化率: 50%)


出来ていた堆肥もサラサラでこれなら十分使えそうなので、もう直ぐ始まる農作業で使用する予定です。
取り出した結果、堆肥の出来は”てまわし君”より”けとばし君”の方が良かったと思われました。
今回使用する堆肥は全部で70kg、内けとばし君の貢献分は20kgとなりました。

201204002 完成した堆肥(”けとばし君”:1袋/”てまわし君”:2.5袋)

2012.04.07

『てまわし君』改造

 先日今年作った”生ゴミ堆肥”を使って畑作りを行ったので、『てまわし君』の1台が空になりました。
この容器は堆肥製造機自作の最初から使っている物なのでこれまで幾多の試作、改造を繰り返した結果多くの不具合があります。
いわば”満身創痍”なのです。
この堆肥製造機2台を交互に切り替えて使っているのですが空になることは滅多に無く良い機会なのでここで大改造を行う事にしました。

改善のポイントは、
①容器の回転力を軽くする。(女性でも扱えるように)
②これまでの改造により明けられた穴を塞ぎ”小バエ”の浸入を防止する。
③雨水の浸入対策を確実にする。

以上です。


2011102210  内部用アングルを塗装


 この容器は10年以上使い続けて来ましたが、劣化は無くまだまだ使えます。
内側に設置してあった撹拌用の鉄のアングルは錆び付いていましたが、ハンドグラインダーで磨くと内部までは錆びておらずまだ確りしていたので以前トタン屋根に使ったフッ素塗料の残りで厚塗装して再利用しました。
塗装の時は何時も百均の”猫避けマット”を使っていますがこれは塗装保持具としては優れものですね。


<回転力改善>
 内部アングルを短くし、回転させるときの力を分散させ小さくします。
又従来2箇所だった回転用取っ手(アングル製)を増設して4箇所に、更に長くして回転させやすくしました。

201110223 取っ手用及び内部撹拌用アングル組み合せ(4箇所)



<穴塞ぎ> 
本体にはいっぱい穴が明いていました。
(1)軸支回転させていた時の軸穴。・・・重心が軸より下の為重くなると回転出来ず失敗。
(2)内部に巾一杯の長さの撹拌アングルを取り付けていたネジ穴。 ・・・大きな力が必要で男でも回転できなくて失敗。
(3)回転用”取っ手(引出し用)”の取り付け穴。・・・重くなって使用途中で”もげた”取っ手の穴。

 容器の総重量が生ゴミ投入終了時点(6ヶ月目)では100kg近くになるのでこれを回転させるのは中々大変な事です。
 これらはいずれも回転方法の試行錯誤で失敗した痕跡の数々です。


<雨水対策>

 普通に降る雨の浸入は無いのですが、台風や豪雨の横殴りの雨から雨水の進入を防げるようにビニールシートを確実に密着出来る様に固定方法を改善しました。
また最悪の場合は取っ手アングルの穴を使ってビニールシートを”紐”で押さえつける位置にシートを配置しました。


201110222 (上)改造品


 写真の上の容器が改造後の”てまわし君”です。
外観的には改善前(下の容器)と大きな違いは分かりません。
しかし内部アングルの配列及び大きさを変えた事で回転力が大幅に軽減し使いやすくなったと思います。
いよいよ完成度が最終段階になってきた様な気がします。
これが上手く使える様であれば次回は下段の容器が空いた時に同様に改造したいと思います。


 尚この改善した容器には、先に取り出した”完熟堆肥”をベースにして”モミガラ”と”オガクズ”を加えて菌の増殖を行い12/Eからの冬季間用に備える予定です。

2011.11.17