つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

スピードコントローラー

 自作”サーキュレーター”の風量制御に使う”スピードコントローラー(スピコン)”を作りました。(4台目です)

 スピードコントローラーは現在2種類保有しています。
(1)昔個人輸入で購入したスピコン・・・ 15~16年前に購入(1台)
(2)自作のスピコン・・・ 購入回路キットを使って15年前に自作(3台所有)


スピコン
<スピコン2種類: (左)購入品、(右)自作品 >


 このうち(1)の購入品はルーターの回転制御用に購入したのですが、調整領域が狭く且回転数が落ちるとトルクがなくなりルーターでの使用が出来ませんでした。
今回この使っていないスピコンを使うつもりでしたが、サーキュレーターに接続しても全く回転しません。
このモーターの制御は出来ないようです。
結局このスピコンは今回も使えません。
当時は結構高価だったと思いましたが、全くの役立たずです。 (これまで制御出来たモーターはありませんでした。・・・怒!)


 当てが外れたので次に自作のスピコンを試してみました。
これは普段から便利に使っているものですが、今回のサーキュレーターでも問題なく使用可能でした。
3台自作してありますが工作機械用で全て現役で使っているのでここで新たに1台追加で作りました。

 昔購入した時の”回路キット”が1台分残っていました。
『トライアック万能調光器キット(秋月電子)』です。
15年程前に購入したもので、ユニバーサル基板で作るようになっています。(現在は専用プリント基板で非常に簡単に作ることができます)
回路は昔のもので問題ないのでこれで製作しました。


a-スピコン部品
<回路部品>

スピコン回路
<回路組み立て・・・トライアックにPCのCPU用放熱フィンを切断して使用>

a-自作スピコン
<スピコン完成: ヒューズ(15A)追加/前に作った物よりシンプルな構造になりました>


 4台目ということもあって、これまでより改良出来たと思います。
居間で使うので前面パネルは木製品に交換しました。(百均です)
このモーターはスピコンで制御できる領域がかなり狭いのですが一度設定すればほぼ固定で使うので問題ないと思います。

2014.11.21

スピードコントローラー

201001181 自作スピコン(左2個)、購入品(右)

今朝も-9℃。寒くて作業は出来ないのでこんな時には、私が使っている工作機械関係や過去に作った物について書きたいと思います。 

 今回はサーキュレーターの件で出てきた『スピードコントローラー(略/スピコン)』です。
主に電動工具の速度制御用ですが、サーキュレーターでの様にモーター類の修理等でも便利に使っています。
スピコンは現在、自作が3台、購入品が1台あります。 最初電動工具の”ルーター”や”トリマー”の速度制御用として個人輸入で1台購入しました。 ところがこれが余り具合が良くなく、回転は落ちるのですがパワーも落ちるので役に立ちませんでした。 そんな時木工雑誌”手づくり木工事典”に載っていた記事を元に自作しました。
 ベースはその筋では超有名な”秋月電子”のトライアック万能調光器キットです。 1台作って非常に使い勝手が良かったので、追加で2台作りました。


201001182 ルーターテーブルに固定したスピコン

その内の1台は、テーブルソーの袖テーブルにルーターテーブルを作ったとき据付ました。 最近のルーターは速度制御付が主流のようですが、ルーターやトリマーでは必須です。 作業の安全確保として是非欲しい機能です。 



201001183  スピコンの内部

 製作はハンダ付けが出来れば非常に簡単です。(最近のキットはユニバーサル基板でなく、プリント基板を使っていますから更に簡単ですね) 但しコンパクトにまとめるためには少し工夫が必要でした。 最終的に写真の様に、”スイチBOX”を使っていますが、これはスイッチやコンセントがそのまま取り付きますから非常に簡単でしかも安価です。  写真の作品は一番下にアルミ板(t2)を敷きトライアックの放熱性を上げ、連続使用に耐えるようにしてあります。(この場合、絶縁板も忘れずに取り付けてください。)

注)このスピコンは”電気ブレーキ付き”電動工具(丸ノコなど)の場合、確かブレーキが利かないか利きが悪くなったと思いますのでご注意下さい。(電動工具を使用する時はくれぐれも安全に注意してお使い下さい。)

2010.01.18