つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ベトナムコーヒー

 先日、山梨方面に遠出した折、帰りにあるスーパーに立ち寄って『ベトナムコーヒー』を購入してきました。


 大分前のTV放映ですが、ベトナムでコーヒー栽培と格闘している日本人青年のドキュメンタリーが流れていました。
ベトナムは気候的にコーヒー栽培の適地だそうで、かなり昔から栽培だけは行われていたそうです。
けれども栽培技術が非常に遅れていて、輸出出来るだけの品質確保が出来ていないので産業として成り立っていないのだそうです。
ここに眼を付けた日本人青年が現在コーヒー栽培と格闘して、品質的には結構向上した物が出来上がって来たそうですが、まだ認知度が低く、販路拡大に悪戦苦闘しているとの内容でした。


 昨年の事ですが、あるスーパーに偶然初めて入った時、山積(?)されていたののがベトナムコーヒーでした。
これが先のTV放映されていた青年と関係があるかどうかは不明でしたが、先のTV放映を観ていたので一つだけ試しに購入してきました。


ベトナムコーヒー
<ベトナムコーヒー: これは2度目に購入した物>


 このコーヒー(微粉)を淹れてみると、何とも言えない甘い香り(バラの香り)がして、結構美味しいのです。
しかしその袋に貼り付けてあったラベルを確認すると、成分表に『香料』との記述がありました。
香りを非常に気に入っていたのですが、この香りが”香料”の香りと分かってガッカリしてしまい、残りは捨ててしまいました。



 ところが最近観ていたTVで”チコリ特集”なる番組がありました。
この中で、”チコリコーヒー”と言って、コーヒーの代用品として使われている物があるとの説明がありました。(これはチコリ100%)
又ほとんどのベトナム製コーヒーにチコリが香料として入っているとの説明がされていました。


 NETで調べると、やはりほとんどのベトナム製コーヒーにはチコリが入っていると書いてありました。
前回購入した時には、”何か素性の知れない合成香料で偽装されたコーヒー”なら御免だと思ったのですが、チコリだとわかれば話は別です。

 そこで先日山梨に行った折りに、彼のスーパーで安売りの『ベトナムコーヒー』を2袋購入してきました。
このコーヒー、淹れ方が普通のコーヒーと違って少し面倒ですが、淹れ方を工夫すれば美味しく頂けます。(自己流です)


 しかし、美味しく淹れることが出来るようになった時には、買ってきたコーヒーをほとんど使ってしまったていたので、又買い出しに行かなければならなくなりました。
このベトナムコーヒー、たまに飲むコーヒーとしては、独特な香りで”アリ”だと思います。


2017.05.22

今年の『ブログ方針』について

 今年は元旦から穏やかで、暖かい日が続いています。
今年一年このまま穏やかな年が続くと良いですね!


2017初日の出
<自宅2Fから見えた、八ヶ岳から上がる初日の出 >


 さて このブログを立ち上げてから、速や丸7年が過ぎました。
 
 正月に今年のブログの方針を考えていました。
ブログを始めた最初の年は無謀な”毎日更新”の計画でしたが、これは何とか達成できました。
翌年からは決めた訳ではありませんが”一日置き更新”で昨年末まで、6年間継続することが出来ました。

 ところが最近”ネタ切れ”です。
ルーチンワークの様な作業やこれまでも一度なりともブログに掲載した事柄は新しい要素が無い限り出来るだけ再掲載しないことにしています。
その為、最近はマンネリで毎年同じような事の繰り返しとなっているので、実際は色々やっていても掲載出来るネタがなくなってしまいました。


 そこで今年は、『定期更新』を行わない事にしました。
昨年は忙しかったり、忘れていたりで定期更新出来ずに、後で慌てて投稿したりする詐称(?)が少なからずありました。(定期更新を確保する為だけの更新となていました)
その為くだらない内容のテーマだったり、あえて書くことも無いと思われる中身の無い恥ずかしいテーマーだったりと反省も多くなりました。
このままいくと今年はそれが一層多くなりそうな予感がします。(確実に!)
それならば『定期更新』を宣言しない方が、気軽に書けるだろうと言うのが本音です。


 という事で、本年二回目の投稿は本日となりました。
これからは更新する場合も不定期で更新していきます。
と言っても全ての更新記事が新しい、中身のあるものだと言う保証ではありませんので、宜しくお願いします。


2017.01.05

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます
 本年も『 ズク出せ! 物語 』 宜しくお願い致します

                            2017年 1月元旦




      a-IMG_2660.jpg


今年の”我が家の重大ニュース”

 いよいよ今年も大晦日を迎えました。
そこで恒例の 『 今年の我が家の重大ニュース 』です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<< 今年の我が家の重大ニュース >>
                     <注>順不同(重要度順ではありません)

【農業部門】
・農機具小屋(2棟)の壁面防水対策完了

2016重大ニュース (1) <農機具小屋防水壁面: これで後100年使える?>

・新規電柵畑を設置しほぼ10年振りに”サツマイモ”、”カボチャ”が猿被害なしに栽培成功(電源のフィールドテストも現在順調)
・”緑のカーテン”でナタマメ栽培成功、福神漬け加工も実施

2016重大ニュース (2) <ナタマメ: 来年は雲の上まで届かせるゾ!>

・猿被害対策で、農機具小屋を農作物乾燥小屋に改造して根菜類の乾燥保管に成功


【DIY部門】
・改造型”フォールデイングデスク”製造で、書斎の機能性、スペース効率改善

2016重大ニュース (5)  <フォールディングデスク: これで”日向ぼっこ”も完璧!?>

・”冷凍庫”新規購入で全ての自ビール製造で”生ホップ醸造化”実現
・新構造”丸太ベンチ”製造設置完了

2016重大ニュース (4)   <新構造丸太ベンチ>


【電脳(PC)部門】
・2OS(android+win10)タブレット新規購入

2016重大ニュース (3) <2OSタブレット導入>

・PCをWin10にVer.Up (未だ問題あり)
・ミラーレス一眼デジタルカメラ購入(PC、タブレットと連携)


【その他】
・今年は”御柱年”で、本宮、小宮共にこれまでで一番御柱に関わった年となりました
・念願の国内旅行実施(沖縄、金沢近代美術館)
・牛伏寺(松本市)の石積水路の見学叶う(2回実施)

2016重大ニュース (6) <フランス階段溝: 明治時代の石積>

・新規ボランティア活動に地区責任者として参加


 以上今年は多彩な成果、イベント参加があり、非常に充実した1年となりました。(少し忙しすぎました)
お蔭で当初計画の幾つかは手付かずのままとなった物もありましたが、これは来年以降に実施したいと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 さてこれから本年最後のイベント、大晦日恒例の”手打ちそば”を打ちます。
今年もまたご近所から蕎麦粉を頂きました。
今年も相変わらず”ごんぼっぱ蕎麦”です。


 今年一年、ブログ『 ズク出せ! 物語 』、ご愛読ありがとうございました。
それでは良い御歳を !!

2016.12.31

宅急便破損処理

 これからが”自ビール作り”のシーズンとなります。
そこでそれに使う原料をまとめ買いしました。

 私の場合は冬場のこの時期、空のビール瓶があるだけ連続で醸造します。
それは冬場に作るビールが一番美味しいからです。
又”ラガーイースト”を使うビールの場合この冬場が一番温度調節が容易な事もあります。
ですからこの時期に1年分の仕込みをしたいのですが、それほど大量の空瓶のストックを持っている訳でも無いので(置き場所もない)、冬場は”ラガーイースト”を使うビール、それ以外は”エールイースト”を使うビールと分けて作っています。

 従って何時もこの時期に1年分の材料をNET通販でまとめ買いします。(ビール材料は重いので通販に限ります)
しかしこれが中々大変です。
私がビール作りを始めた頃は、NET販売が無かったので原料の購入は非常に大変でしたが、今ではNETで検索すると販売元は沢山ヒットします。
少し前には1箇所の販売元で全て揃ったのですが、その店が閉店してしまってからは1箇所で揃う事がなくなりました。
それも1年も購入間隔が開くと品揃えが違っていて、毎回NETサーフィンして見つけています。(価格の変動も大きいです・・・当然値上がりです)
今回は3箇所に注文することになりました。(・・・送料もばかになりません)


 その注文した一カ所での宅急便で”送付事故”がありました。


a-破損処理 - ブログ
<送り状に”ガラス製品”と書かれていたのが勘違いの原因です>


 宅配便を届けに来た運転手が玄関で、「大変申し訳ありません。 中の瓶が割れてお酒がこぼれてしまいました。 至急交換させていただきますので、一旦中身をご確認ください」 と大変丁寧に頭を下げていました。
酒の原料は注文しましたが、瓶入りの酒を注文した覚えはありません。
しかしダンボール箱の底は確り濡れていて、今にも底が抜けそうになっています。
おまけに酒の匂いがプンプンしています。
今回の注文では発送が大変遅れていたので、お詫びに気を利かせて輸入のクラフトビールでも入れて送ってくれたのかと思いながら梱包を開いて見ました。

 ところが中の商品には特に異常がありません。
包装のビニール袋が多少湿っていただけでした。
多分この箱の近くに一緒に載っていた別の荷物が割れて流れ出したのだと思います。
箱に浸み込んだ酒の臭いは強烈(高級品の酒?)でしたが、商品は無事なので引き取りました。


 私の場合、これまで宅急便の輸送事故は3回ありました。
 こんな時国内だと返品すると大概次の日には代わりの品が届くので大したものだと感心してしまいます。(多分宅急便の社員が奔走しているのでしょうね)
しかし一度個人輸入の商品の事故があり、この時には”お金”で処理しました。
海外便では返品すると更に時間が掛かって大変だと思ったので”お金”で処理しましたが、保険が掛かっていた様で全額返金でした。(無事な物もあったので、この時は少し得をしました?)

 少し前のTVニュースで、最近宅急便の配達では1個当たり平均2回の訪問が必要で、その為運転手は長時間労働となるので辞めていく人が多く、人の確保が大変だと言っていました。
私も宅急便が大変便利なのでついついNET通販での購入が多くなってしまっていますが、その裏でご苦労頂いている人が沢山居る事に感謝しないといけないですね。

2016.12.15

北陸旅行

 北陸に行ってきました。
目的の優先順位は、①海の幸を堪能する、②金沢21世紀美術館を見る、③兼六園の紅葉見物、です。

 金沢の21世紀美術館が出来て、その建物と展示方法が非常に斬新であることがTV等で報道されていたので、興味がありました。
奥さんも2~3年前から是非一度見てみたいと言っていましたが中々実現できないまま過ぎてしまっていました。
ところが急に思いたって行くことになりました。
それは「美味しい魚が食べたい!」、「カニが食べたい!!」
・・・で、行ってきました。


 11月17日の朝に出発したのですが、天気予報では午前は小雨、午後から曇り後晴れとなっていました。(2日前までは曇時々晴れだったのに。残念)
ところが北陸道に入る頃からずっと大雨、午後も引き続き雨でした。

 ところが21世紀美術館のお目当ての『プール』に入れません。
室内(プールの中/有料)には入れるのですが、屋外(プールの上/無料)に入れてもらえないのです。
こちらは中庭の様になっている屋外で雨が降っていると閉鎖なんだそうです。
プール内部は有料ゾーンですが、今回この時期の展示企画はガッカリ(?)で、プール以外見る物がありません・・・??
我が奥さんもこれを見る為に来たようなものなので、やむを得ず雨が止むまで美術館の内部、外部をグルグルと廻って時間調整。

 ・・・と雨が止んだ瞬間があって、やっと・ヤット入れてもらえました。

a-プール
<プールの画像: 水がテーマなのに、何故雨だと見られないの?>


 その後は隣の兼六園で紅葉見物。
海外からの観光客の多い事・・・石橋の上で一人づつ写真撮影する為有名な石灯籠を見るのも大変です。
又着物を着た人が居て、スマホの砲列に取り囲まれていました。(・・・美人なら良かったのに?)

a-紅葉 兼六園
<兼六園の紅葉>


 金沢から能登に向かう途中でようやく晴れ間が現れて、海に沈む夕日を見る事が出来ました。


a-夕日
<渚ドライブウェーイからの夕日>


 金沢から宿までは途中で夕日を見たりした為2時間掛かってしまい、ようやく夕食に間に合いました。
夕食は魚尽くし、網元が経営している宿だけのことはあり、”松葉蟹”、”車海老”、”黒鯛”、”鰆”、・・・信州人なので魚の事はよくわかりませんが全て美味しい!!
料理は種類も量も多く、酒を飲むと食べきれないとの事(これは事実)で、飲むのはほどほどにして一心不乱に食べ尽くしました。

 この宿は元々が網元なので、前夜にお土産用の魚を注文しておくと朝のチェックアウトまでに当日朝に獲った鮮魚を用意してくれるサービスがありました。
その為”クーラーボックス”を持って行ったのですが、夕食で魚を食べ過ぎて、暫く魚は要らないという事になって止めました。


<・・・食べるのに夢中で、料理の写真はありません>


 急遽決まった旅で、行きはほとんど高速道路使用で465km(¥7500)、帰りはこれに懲りてほとんど高速を使わず320km(それでも¥2220)。
行きは新潟県廻りの雨の高速のこともあり結構の疲労感がありましたが、帰りは飛騨~木曽廻りで多少時間は掛かったものの、紅葉の山の中をひたすら走る疲労感の少ないドライブでした。
狭い山道を走る方が私には合っている様です。


2016.11.19

車のキー

 前回の投稿が自動車の話題だったので、今回も自動車繋がりです。
ここで車のキーの電池交換を2件行いました。

 最近の車はほとんどが”キーレスエントリー”仕様です。
それにも色々な種類があるようで、私の車は一昔前のタイプなので、キーのスイッチ(ボタン)を押して、ドアが開閉するだけのタイプです。
奥さんの車は比較的新しい車なのでキーとの距離を検知して反応し、エンジン始動もできるタイプです。
最新の車はもっと色々な機能が付いているようで、こちらは”スマートキー”と言って区別されているようです。


車の鍵
<キーレスエントリーキー: (左)私の車、(右)奥さんの車>


 このキーレスエントリーは弊害もあります。
運転者でなくてもこのキーを持っている人が近くに居るだけでエンジンが掛かってしまう事です。

 奥さんの車で駅まで送ってもらった時の事、運転手の奥さんが普通にエンジンを掛けたのでキーを持っていると思っていたのですが、実は助手席の私が持っていたキー(スペアキー)でエンジンスタートしていたのです。
私が降りた後エンジンを掛けようとすると掛かりません。
その時直ぐに気が付いて私の持っていたキーを渡したので大事には至りませんでした。
これは意外と知られていないので最近同じようなミスでJAFに電話する人が結構いるそうです。(・・・JAFを呼べば解決できるのでしょうか?)

 それとキーの電池切れでの故障(?)が多いようです。
奥さんの車は1年程前に買ったのですが、最近ドア開閉が旨く作動しないとの事で、電池交換したら直りました。
私の車は電池寿命が数年でしたが、最近の車は機能が多くて電池消耗が激しいようで、取説にも約1年と書いてありました。
しかし電池交換の方法が取説には書いてありません。
1年置きに電池交換の必要があると思いますが、これでは普通の人はディラーに持ち込むしか方法がありません。
しかも交換費用はメーカーによって、¥100~¥2,000まで様々な様です。(たかだか百均でも売っている標準電池なのに)

 私の車の最初の電池交換の時は、キー内部で酷い電池の液漏を起こしていました。
奥さんの車は、取説に交換方法が書いてありませんでしたのでNETで調べて自分で交換しました。
知人の中には電池が無くなった後は、キーで操作していると言っていたツワモノが居ました。(電池交換できると思っていなかったようです?・・・取説に書いて無ければ当然ですね)


 この様な単純なキーだけでも沢山問題があるようですから、最近の自動車の電子機能を理解できない高齢者が居ても不思議はありません。
これから販売される車では益々電子化が進むと思いますが、昔ながらのシンプル機能(メカ式)の車が欲しいと思っても今は選択の余地はありません。(・・・もしかしてシンプルスマホと同じように、”シンプルカー”が販売される?・・・これは残念ながらありえないですね)
益々運転者の高齢化が進む現在、自動車の進歩(電子化)から取り残される人が出てくるのは当然です。
取り扱い方法が理解できないために外の車の迷惑となったり、事故が増える事が無いことを願います。

2016.11.03

エンジン発電式電気自動車

 少し前にエンジンは発電だけに使用して、駆動はモーターで行う電気自動車のニュースがありました。
日産自動車の”e-power”というシステムです。

 これには非常に興味が湧きました。
私は卒論で”自動車用ガスタービンエンジンの設計”をテーマとしました。(半世紀近くも前の事です)
ガスタービンエンジンはジェットエンジンと同じ構造で、当時は将来的には自動車エンジンとしての応用も期待されていました。(騒いでいたのはほんの一部の人間ですが)
その構造設計がかなり進んだ段階で、このエンジンのエネルギー効率の悪さに愕然としました。
エンジンより体積の大きな熱交換器を付けても、エネルギー効率を二桁にするのが難しく、自動車用としての可能性はまず無い事は直ぐに理解できました。(しかも熱交換器が大きくて自動車に納まらないのです)

 当時ガスタービンエンジンは緊急発電装置の動力源として有望視されていて、この分野では将来的には当時主流だったディーゼルエンジンに取って代わっるだろうと言われていました。
そこで卒論もガスタービンエンジンを発電用にだけ使って、その電気でモーターを駆動する自動車として設計変更したいと考えましたが、このシステムを再設計するには既に時間的余裕がなく涙を飲んだのでした。


 そんな訳でハイブリッド車が世の中に現れた時、将来的にはディーゼルエンジンで発電した電気で動く電気自動車が理想形かと考えていました。
さて今回の”e-powerシステム”の自動車、ディーゼルエンジンではなくガソリンエンジンを使っている様ですが、それでも中々魅力的な車だと思います。



a-ジェットエンジン搭載車1
<現代のジェットエンジン搭載自動車(NETより): ”Noプレート”付いてるけど、米国では公道を走れるの?>


 ここで正式発表され、試乗も出来るようなので、乗ってこようかと思っています。(まだ買うつもりはありませんが)
ただデザインが・・・?

 自動車はシステムが良いだけでは購買意欲が湧きません。
”プリウス”がヒットした背景には、そのデザインがエンジンシステムの先進性とマッチングしていた為だと言われています。

お願いしますよ!!  ゴーンさん!!! 


2016.11.01

松茸頂きました

 今年も『松茸』を頂きました。

 ご近所の松茸山所有者から松茸を頂きました。
数日前にTVで松茸がここでようやく採れるようになったとの報道がされていました。
まだ走りなので、結構高値でした。
その松茸我が家では毎年頂くのですが、何時もは最盛期を過ぎた頃なので、このタイミングで頂けるという事は珍しく、今年は豊作という事でしょうか?


松茸2016
<頂いた松茸: 正常品であれば今なら○万円?>


 画像では一見よさげに見えますが、全て虫食いで売り物にならないものだとの事です。(そんなの、関係ネエッ!!)
有り難く頂戴しました。
今夜は1年振りの”松茸御飯”です。

2016.10.01

小宮開始

 いよいよ『小宮(こみや)』が始りました。

 ”小宮”とは”氏神様の御柱”です。
と言っても、諏訪地域に住んでいない人には分からないでしょう。
春に行われる”諏訪大社の御柱”の”地域限定版”と言うのが分かりやすいと思います。


 『諏訪の御柱』は”天下の奇祭”として最近は全国区になりましたが、春の大祭は良く知られていますが、地元の人間にとっては”小宮”の方が気楽に楽しめるお祭りです。
大祭より少し規模が小さいのですが、諏訪地域(伊那方面も)ではこの秋、ほぼ毎週末”どこかで御柱祭”が行われています。(大祭とほとんど同じ規模の小宮もあるそうです)
私の住んでいる地区でも本番は来週末ですが、その1週間前の昨日その時に行われる余興の踊りの”村廻り”が行われ、いよいよ小宮開始です。



a-小宮 (1) <子供木槍>


a-小宮(3) <子供達のダンス>


a-小宮 (2) <女装の本人もまんざらではなさそう>





[広告] VPS
<仮装ダンス動画>


 これで部落の全域、一軒一軒を回って披露、御祝儀を集めます。
これが”御柱好き”(と、酒好き)にとってはたまらないようです。
今回は他人事ですが、来週末の本番では私にも”お役”があるので大変です。


2016.08.29