つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

台風5号の進路予想

 本日日本上陸をした台風5号ですが、迷走台風と言われていて、これまでの進路予測が大変だったので何時も以上に関心を持って見ていました。
 今まではこちらに来ることは無いだろうとタカを括って見ていました(野次馬根性で)、ところが夕方の予報では長野県を直撃し、しかも住んでいる処を中心(台風の目)が、真夜中に通過することがわかりました。

 早速家の周りをひと回りして、風で飛ばされないように一応処置を行いました。


 さてこの台風の進路予想ですが、私は前々から関心があって、”日本の気象庁の予測”と”米軍の予測”に大きな食い違いがあることに気がついていました。
これまでほとんどの場合米軍の方が予測精度が高い言う結果が出ています。
今回の5号も迷走はしていますが、これまでの比較としては、やや米軍に軍配が上がります。
(使っているスーパーコンピューターの性能差(価格差)でしょうか??・・・米軍のWEBサイトはこのブログの左フレームのリンク欄からリンク出来るようになっていますので、興味のある方はクリックして見てください)


 さて現在このブログの原稿を書いているのが、7月7日18:00ですが、この時点での進路予想にも違いがあります。
と言っても、気象庁の発表は16:00と2時間前の最新情報です、一方米軍の発表は0:00ですから18時間前となります。
このことから、当然気象庁の方に軍配が上がりそう思えるのですが、結果や如何に・・・??


a-台風5号比較
<台風進路予測比較>


 この結果は明日の朝起きた時には明確になっているのではないかと思います。
自分が台風の直撃を受けそうな状況にありますが、何か他人事の様に思っていて、明朝が楽しみです。

 それでも懐中電灯や、合羽など雨具の準備だけは行ってから寝ることにします。


2017.08.07

続きを読む

タイヤ交換

 遅ればせながら、先月末車のタイヤを”冬タイヤ(スタッドレス)”から、”夏タイヤ”に交換しました。

 おそらくこれほど遅い時期に交換する人はまず居ないと思いますが、私の場合は例年並です。
背景は相当昔の話ですが、”八ヶ岳開山祭”に夏タイヤの車で行った時に、まだ雪があってスリップして危ない目にあった事がありました。(当時の開山祭は6月の第2日曜日でした)
それ以来タイヤ交換は、開山祭の後ですることにしていました。
しかし今はそんなコースには行かないのでその必要はないのですが習慣です。


 今は夏タイヤと冬タイヤの摩耗具合を見て、交換時期で寿命調整を行うのが主目的となっています。
ただスタッドレスタイヤは溝が浅くなって、冬タイヤとしては使えなくても、夏タイヤとしては十分使えるので最後の年は夏も履いたままで、冬前にに新品に交換することにしています。(年金生活者の涙ぐましいい努力です)
それがたまたま昨年でした、そんな訳でここで1年半振りに夏タイヤを取り出したら、思いの外摩耗が激しい事が分かりました。(4本とも”スリップサイン”が出ている)
今年はこのタイヤで乗り切る予定でいましたが、相当危なさそうなので急遽交換する事にしました。


 ところがこの春タイヤ価格が軒並み値上げで、既に国産品は大幅価格アップとなっていました。(・・・不覚でした)
そこで出来るだけ購入価格を抑えるべく、またまた涙ぐましい努力をしてみました。


タイヤ価格


 この結果、通販での購入となりましたので、これまで購入していたこの辺では最安値のタイヤ量販店より 『 ¥28,000 』の大幅コストダウンとなりました。
私は車の購入もそうですが、タイヤの量販店での購入も苦手です。
交渉スキルで値段が違ってくるのが嫌で、後になって何時も損をした気分です。
今回は全く交渉なしで、通販の方が量販店より格段に安い結果となりました。(こうした交渉事が無いのが本当に好きです)
今回は『タイヤ値上がり前の駆け込み需要』に乗り遅れたと焦ってスタートしたのですが、思わぬ購入ルート開拓が出来ました。


 さてこの”タイヤ”と言う商品は極めて通販向き商品だと思います。
タイヤ自体は国産メーカー品を購入すれば通販でも何ら問題は無いと思っています。
加えて取り付けも、専用機械を持っている専門の指定店ですから、作業品質的にも全く問題ありません。(・・・と思っています)
おまけに購入したタイヤは、作業指定店に直送が出来ます。
これは大型、重量商品だけに非常に有難い!(・・・送料無料だし、不在で再配達になる事も無し!)
以上タイヤは通販対象商品としては、非常な優れものだと思います。
従って現在”通販”が色々言われている時代ですが、今回の結果から、私は今後タイヤは通販だけでの購入になりそうです。


 ただ通販でのタイヤ購入では、購入前に”作業指定店”に行って、直接具体的な方法等の事前確認をした方が良いように思います。(特に初めての時には・・・私は今回2店実施しました)
 最終的に利用した交換作業提携店は大手GSですが、ここでも通販品ならどんなタイヤでもOKと言う訳ではなく、制約がありました。
通販でタイヤを勝手に購入して、それを指定作業店に突然持ち込んでも扱ってもらえないといったトラブルも多いそうです。
又通販で海外製の超格安品を買ったが、何処のGSでも交換してもらえなくて困っている人も居るようです。
そんな訳で通販サイトでの手続き等で少し注意が必要ですが、十分理解した上で手配してください。



但し量販店に行けば交渉開始から1~2時間で交換作業も含めて完結出来てしまうのですが、通販では事前確認作業も含めると最初は結構な日数を要します。
今回は”在庫切れ”という事も重なって注文から取り付け完了までに7日間掛かりましたので、そういう点では、”時間がたっぷりあって”、”忍耐強い人?”向きの購入方法だと言えなくもありません・・・?


 今回は安くなった分で、”窒素ガス充填”を追加しました。(¥2,000/4本+初回の補助充填無料)
昔一度入れて非常に効果がありましたので、思わずお願いしてしまいました。
窒素ガスは”エアーが漏れない”とか”高速安定性が高い”とか言われていますが、その点は以前あまり感じませんでしたが、”走行音”ではかなりの効果がありました。
『安いタイヤを履いても、窒素ガス充填で、1ランク上の車格の車の走行音!・・・?』 ・・・です。


2017.07.01

掃除機購入

ここで掃除機を購入しました。


 販売開始当時”世界最軽量”を謳っていた掃除機です。(今は2番?、3番??)
現在使用している掃除機が壊れたという訳ではありません。
奥さんが1年以上前から「掃除機が重い!」とさかんに訴えていました。・・・”歳”ですかね!


 そんな訳で暫く前から掃除機を捜していました。
CMの影響か奥さんは前から”ダイソンが欲しい”と言っていましたが、この掃除機はNETで調べると、公的機関での評価結果では最下位クラスで、コメントも非常に辛辣でした。(・・・CMとは実に恐ろしいいですね!)
私も木工用工作機械の集塵機として”サイクロン集塵機”を何台も自作した経験から、”サイクロン式”には非常に興味はありましたが、各種評価結果からは日本製も含めまだ現段階では”紙パック”に敵う機構では無い様です。(使い方の問題もありますが)
そこでこれを諦めさせる為の口実を色々捜した結果、『世界最軽量』を謳い文句にした掃除機を捜し出しました。


 現在使っている掃除機は計ってみると4.5kgありましたが、購入した物は2kg(本体のみ)、おまけにダイソンより格安です。
これを奥さんに提案した結果、”一発合格”・・・早速購入する事になりました!!!

掃除機2017
<(左)これまで使っていた掃除機、(右)新規購入した掃除機>


 購入した掃除機は、確かに驚きの軽さでした!
これまでは階段を2階まで掃除機を持ち上げるのは大変でしたが、今度の掃除機は軽くて全く楽です。
おまけにパワーもあり、それに静かです。

但し購入してから分かった事があります。
本体重量付属品重量合計重量
旧掃除機4.5kg1.4kg5.9kg
新掃除機2kg1.6kg
3.6kg


普通、本体での”世界最軽量”を狙っているなら、当然付属品でも最軽量を狙っているハズだと思うのですが・・・?


 
さてこれまで使っていた掃除機はどうするのか?

自宅 → 奥さんの実家で使用 →  作業場の掃除用 → 分解してサイクロン集塵機等に改造 → 部品取りして廃却

 これまでの掃除機も上記の様な”トコロテン式流転人生”を送っていますので、古いものが現在でも5台程現役です。
最後は分解して部品だけでも使用して天寿を全うします。


掃除機2017 (2)
<流転サイクルの途中でモーターが壊れた掃除機('96年製): 部品取りして廃却予定>



2017.06.16

『吉田博』見て来ました

 前から気になっていた”木版画家・吉田博”を見に行ってきました。

 この吉田博は、”帆船”などの木版画が特に有名ですが、北アルプスなどの様々な高山を木版画で描いた作品などで”山岳画家”としても有名です。


a-吉田博展ポスター3 <吉田博展>


 名前は知らなくても、上のポスターの帆船などの作品を一度は見たことがある人は多いと思います。
・・・と偉そうな事を書いていますが、私も最近まで名前を知りませんでした。(絵は見たことはありましたが)

 この展覧会が『生誕140年』として昨年から全国5箇所で巡回されていて、それが長野県で、それも上田市立美術館と非常に近い処で行なわれることを知り、前から楽しみにしていましたが、ようやく先日久し振りの雨で農作業は休みにして行ってきました。

初期の水彩画や、油彩画もありましたが、やはり圧巻は木版画です。
その作品の数と何れも緻密な表現に圧倒されました。

 中に”90回以上摺り重ねた作品”との表示があるものもあり、驚きというより、呆れてしまいました。
”馬鹿と天才は紙一重”とは言いますが、この人の精神状態(芸術家魂?、執着心?)はやはり異常だと思います。(・・・私にはできません!(当然))

 またこの手の巡回展では展示数が思いの外少なかったりしてガッカリすることも多いのですが、今回の展示数は非常に多く充実していました。
吉田博さんが多作なのか、版画だから作品数が多く集めやすいのか? いずれにしろ十分堪能できた展覧会でした。

この展覧会は、上田でまだ暫く掛かっている様ですから、興味のある方は是非行ってみてください。 


2017.05.28

ベトナムコーヒー

 先日、山梨方面に遠出した折、帰りにあるスーパーに立ち寄って『ベトナムコーヒー』を購入してきました。


 大分前のTV放映ですが、ベトナムでコーヒー栽培と格闘している日本人青年のドキュメンタリーが流れていました。
ベトナムは気候的にコーヒー栽培の適地だそうで、かなり昔から栽培だけは行われていたそうです。
けれども栽培技術が非常に遅れていて、輸出出来るだけの品質確保が出来ていないので産業として成り立っていないのだそうです。
ここに眼を付けた日本人青年が現在コーヒー栽培と格闘して、品質的には結構向上した物が出来上がって来たそうですが、まだ認知度が低く、販路拡大に悪戦苦闘しているとの内容でした。


 昨年の事ですが、あるスーパーに偶然初めて入った時、山積(?)されていたののがベトナムコーヒーでした。
これが先のTV放映されていた青年と関係があるかどうかは不明でしたが、先のTV放映を観ていたので一つだけ試しに購入してきました。


ベトナムコーヒー
<ベトナムコーヒー: これは2度目に購入した物>


 このコーヒー(微粉)を淹れてみると、何とも言えない甘い香り(バラの香り)がして、結構美味しいのです。
しかしその袋に貼り付けてあったラベルを確認すると、成分表に『香料』との記述がありました。
香りを非常に気に入っていたのですが、この香りが”香料”の香りと分かってガッカリしてしまい、残りは捨ててしまいました。



 ところが最近観ていたTVで”チコリ特集”なる番組がありました。
この中で、”チコリコーヒー”と言って、コーヒーの代用品として使われている物があるとの説明がありました。(これはチコリ100%)
又ほとんどのベトナム製コーヒーにチコリが香料として入っているとの説明がされていました。


 NETで調べると、やはりほとんどのベトナム製コーヒーにはチコリが入っていると書いてありました。
前回購入した時には、”何か素性の知れない合成香料で偽装されたコーヒー”なら御免だと思ったのですが、チコリだとわかれば話は別です。

 そこで先日山梨に行った折りに、彼のスーパーで安売りの『ベトナムコーヒー』を2袋購入してきました。
このコーヒー、淹れ方が普通のコーヒーと違って少し面倒ですが、淹れ方を工夫すれば美味しく頂けます。(自己流です)


 しかし、美味しく淹れることが出来るようになった時には、買ってきたコーヒーをほとんど使ってしまったていたので、又買い出しに行かなければならなくなりました。
このベトナムコーヒー、たまに飲むコーヒーとしては、独特な香りで”アリ”だと思います。


2017.05.22

今年の『ブログ方針』について

 今年は元旦から穏やかで、暖かい日が続いています。
今年一年このまま穏やかな年が続くと良いですね!


2017初日の出
<自宅2Fから見えた、八ヶ岳から上がる初日の出 >


 さて このブログを立ち上げてから、速や丸7年が過ぎました。
 
 正月に今年のブログの方針を考えていました。
ブログを始めた最初の年は無謀な”毎日更新”の計画でしたが、これは何とか達成できました。
翌年からは決めた訳ではありませんが”一日置き更新”で昨年末まで、6年間継続することが出来ました。

 ところが最近”ネタ切れ”です。
ルーチンワークの様な作業やこれまでも一度なりともブログに掲載した事柄は新しい要素が無い限り出来るだけ再掲載しないことにしています。
その為、最近はマンネリで毎年同じような事の繰り返しとなっているので、実際は色々やっていても掲載出来るネタがなくなってしまいました。


 そこで今年は、『定期更新』を行わない事にしました。
昨年は忙しかったり、忘れていたりで定期更新出来ずに、後で慌てて投稿したりする詐称(?)が少なからずありました。(定期更新を確保する為だけの更新となていました)
その為くだらない内容のテーマだったり、あえて書くことも無いと思われる中身の無い恥ずかしいテーマーだったりと反省も多くなりました。
このままいくと今年はそれが一層多くなりそうな予感がします。(確実に!)
それならば『定期更新』を宣言しない方が、気軽に書けるだろうと言うのが本音です。


 という事で、本年二回目の投稿は本日となりました。
これからは更新する場合も不定期で更新していきます。
と言っても全ての更新記事が新しい、中身のあるものだと言う保証ではありませんので、宜しくお願いします。


2017.01.05

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます
 本年も『 ズク出せ! 物語 』 宜しくお願い致します

                            2017年 1月元旦




      a-IMG_2660.jpg


今年の”我が家の重大ニュース”

 いよいよ今年も大晦日を迎えました。
そこで恒例の 『 今年の我が家の重大ニュース 』です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<< 今年の我が家の重大ニュース >>
                     <注>順不同(重要度順ではありません)

【農業部門】
・農機具小屋(2棟)の壁面防水対策完了

2016重大ニュース (1) <農機具小屋防水壁面: これで後100年使える?>

・新規電柵畑を設置しほぼ10年振りに”サツマイモ”、”カボチャ”が猿被害なしに栽培成功(電源のフィールドテストも現在順調)
・”緑のカーテン”でナタマメ栽培成功、福神漬け加工も実施

2016重大ニュース (2) <ナタマメ: 来年は雲の上まで届かせるゾ!>

・猿被害対策で、農機具小屋を農作物乾燥小屋に改造して根菜類の乾燥保管に成功


【DIY部門】
・改造型”フォールデイングデスク”製造で、書斎の機能性、スペース効率改善

2016重大ニュース (5)  <フォールディングデスク: これで”日向ぼっこ”も完璧!?>

・”冷凍庫”新規購入で全ての自ビール製造で”生ホップ醸造化”実現
・新構造”丸太ベンチ”製造設置完了

2016重大ニュース (4)   <新構造丸太ベンチ>


【電脳(PC)部門】
・2OS(android+win10)タブレット新規購入

2016重大ニュース (3) <2OSタブレット導入>

・PCをWin10にVer.Up (未だ問題あり)
・ミラーレス一眼デジタルカメラ購入(PC、タブレットと連携)


【その他】
・今年は”御柱年”で、本宮、小宮共にこれまでで一番御柱に関わった年となりました
・念願の国内旅行実施(沖縄、金沢近代美術館)
・牛伏寺(松本市)の石積水路の見学叶う(2回実施)

2016重大ニュース (6) <フランス階段溝: 明治時代の石積>

・新規ボランティア活動に地区責任者として参加


 以上今年は多彩な成果、イベント参加があり、非常に充実した1年となりました。(少し忙しすぎました)
お蔭で当初計画の幾つかは手付かずのままとなった物もありましたが、これは来年以降に実施したいと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 さてこれから本年最後のイベント、大晦日恒例の”手打ちそば”を打ちます。
今年もまたご近所から蕎麦粉を頂きました。
今年も相変わらず”ごんぼっぱ蕎麦”です。


 今年一年、ブログ『 ズク出せ! 物語 』、ご愛読ありがとうございました。
それでは良い御歳を !!

2016.12.31

宅急便破損処理

 これからが”自ビール作り”のシーズンとなります。
そこでそれに使う原料をまとめ買いしました。

 私の場合は冬場のこの時期、空のビール瓶があるだけ連続で醸造します。
それは冬場に作るビールが一番美味しいからです。
又”ラガーイースト”を使うビールの場合この冬場が一番温度調節が容易な事もあります。
ですからこの時期に1年分の仕込みをしたいのですが、それほど大量の空瓶のストックを持っている訳でも無いので(置き場所もない)、冬場は”ラガーイースト”を使うビール、それ以外は”エールイースト”を使うビールと分けて作っています。

 従って何時もこの時期に1年分の材料をNET通販でまとめ買いします。(ビール材料は重いので通販に限ります)
しかしこれが中々大変です。
私がビール作りを始めた頃は、NET販売が無かったので原料の購入は非常に大変でしたが、今ではNETで検索すると販売元は沢山ヒットします。
少し前には1箇所の販売元で全て揃ったのですが、その店が閉店してしまってからは1箇所で揃う事がなくなりました。
それも1年も購入間隔が開くと品揃えが違っていて、毎回NETサーフィンして見つけています。(価格の変動も大きいです・・・当然値上がりです)
今回は3箇所に注文することになりました。(・・・送料もばかになりません)


 その注文した一カ所での宅急便で”送付事故”がありました。


a-破損処理 - ブログ
<送り状に”ガラス製品”と書かれていたのが勘違いの原因です>


 宅配便を届けに来た運転手が玄関で、「大変申し訳ありません。 中の瓶が割れてお酒がこぼれてしまいました。 至急交換させていただきますので、一旦中身をご確認ください」 と大変丁寧に頭を下げていました。
酒の原料は注文しましたが、瓶入りの酒を注文した覚えはありません。
しかしダンボール箱の底は確り濡れていて、今にも底が抜けそうになっています。
おまけに酒の匂いがプンプンしています。
今回の注文では発送が大変遅れていたので、お詫びに気を利かせて輸入のクラフトビールでも入れて送ってくれたのかと思いながら梱包を開いて見ました。

 ところが中の商品には特に異常がありません。
包装のビニール袋が多少湿っていただけでした。
多分この箱の近くに一緒に載っていた別の荷物が割れて流れ出したのだと思います。
箱に浸み込んだ酒の臭いは強烈(高級品の酒?)でしたが、商品は無事なので引き取りました。


 私の場合、これまで宅急便の輸送事故は3回ありました。
 こんな時国内だと返品すると大概次の日には代わりの品が届くので大したものだと感心してしまいます。(多分宅急便の社員が奔走しているのでしょうね)
しかし一度個人輸入の商品の事故があり、この時には”お金”で処理しました。
海外便では返品すると更に時間が掛かって大変だと思ったので”お金”で処理しましたが、保険が掛かっていた様で全額返金でした。(無事な物もあったので、この時は少し得をしました?)

 少し前のTVニュースで、最近宅急便の配達では1個当たり平均2回の訪問が必要で、その為運転手は長時間労働となるので辞めていく人が多く、人の確保が大変だと言っていました。
私も宅急便が大変便利なのでついついNET通販での購入が多くなってしまっていますが、その裏でご苦労頂いている人が沢山居る事に感謝しないといけないですね。

2016.12.15

北陸旅行

 北陸に行ってきました。
目的の優先順位は、①海の幸を堪能する、②金沢21世紀美術館を見る、③兼六園の紅葉見物、です。

 金沢の21世紀美術館が出来て、その建物と展示方法が非常に斬新であることがTV等で報道されていたので、興味がありました。
奥さんも2~3年前から是非一度見てみたいと言っていましたが中々実現できないまま過ぎてしまっていました。
ところが急に思いたって行くことになりました。
それは「美味しい魚が食べたい!」、「カニが食べたい!!」
・・・で、行ってきました。


 11月17日の朝に出発したのですが、天気予報では午前は小雨、午後から曇り後晴れとなっていました。(2日前までは曇時々晴れだったのに。残念)
ところが北陸道に入る頃からずっと大雨、午後も引き続き雨でした。

 ところが21世紀美術館のお目当ての『プール』に入れません。
室内(プールの中/有料)には入れるのですが、屋外(プールの上/無料)に入れてもらえないのです。
こちらは中庭の様になっている屋外で雨が降っていると閉鎖なんだそうです。
プール内部は有料ゾーンですが、今回この時期の展示企画はガッカリ(?)で、プール以外見る物がありません・・・??
我が奥さんもこれを見る為に来たようなものなので、やむを得ず雨が止むまで美術館の内部、外部をグルグルと廻って時間調整。

 ・・・と雨が止んだ瞬間があって、やっと・ヤット入れてもらえました。

a-プール
<プールの画像: 水がテーマなのに、何故雨だと見られないの?>


 その後は隣の兼六園で紅葉見物。
海外からの観光客の多い事・・・石橋の上で一人づつ写真撮影する為有名な石灯籠を見るのも大変です。
又着物を着た人が居て、スマホの砲列に取り囲まれていました。(・・・美人なら良かったのに?)

a-紅葉 兼六園
<兼六園の紅葉>


 金沢から能登に向かう途中でようやく晴れ間が現れて、海に沈む夕日を見る事が出来ました。


a-夕日
<渚ドライブウェーイからの夕日>


 金沢から宿までは途中で夕日を見たりした為2時間掛かってしまい、ようやく夕食に間に合いました。
夕食は魚尽くし、網元が経営している宿だけのことはあり、”松葉蟹”、”車海老”、”黒鯛”、”鰆”、・・・信州人なので魚の事はよくわかりませんが全て美味しい!!
料理は種類も量も多く、酒を飲むと食べきれないとの事(これは事実)で、飲むのはほどほどにして一心不乱に食べ尽くしました。

 この宿は元々が網元なので、前夜にお土産用の魚を注文しておくと朝のチェックアウトまでに当日朝に獲った鮮魚を用意してくれるサービスがありました。
その為”クーラーボックス”を持って行ったのですが、夕食で魚を食べ過ぎて、暫く魚は要らないという事になって止めました。


<・・・食べるのに夢中で、料理の写真はありません>


 急遽決まった旅で、行きはほとんど高速道路使用で465km(¥7500)、帰りはこれに懲りてほとんど高速を使わず320km(それでも¥2220)。
行きは新潟県廻りの雨の高速のこともあり結構の疲労感がありましたが、帰りは飛騨~木曽廻りで多少時間は掛かったものの、紅葉の山の中をひたすら走る疲労感の少ないドライブでした。
狭い山道を走る方が私には合っている様です。


2016.11.19