FC2ブログ
つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード

PayPay還元金

 昨年初めて使う事になった『PayPay』ですが、年が開けてもまだ物議をかもしています。
先のキャンペーンに対する評価は、『概ね失敗』と言ったところでしょうか・・・?(売名行為としては最高!)
その昨年の購入時の”還元金”がここでやっと入りました。

 その還元金には2種類ありました。
 ①新規入会で¥500分のポイント還元
 ②キャンペーン期間中の利用金額の20%分のポイント還元

 ①の還元金(ポイント)は入会と同時にスマホの画面には”¥500”の入金表示がありましたが、一度画面を消した後立ち上げると¥0と表示さて焦りました。
これもその後正常にポイントが入っていて一安心しました。
②の購入した還元金は年を越して1月10日にならないと入金しない事になっていて、これは金額が大きいだけに本当に還元があるのか心配していました。

 鳴り物入りで始まったPayPayでしたが、クレジットカードの不正使用の報道等、PayPayのシステムそのものの不備が露呈したこともあり今は全く魅力なしです。(・・・しっかり恩恵を受けたのにネ!)
又更に当初は”クレジットカード払い”だと支払いはカードの上限金額までOKとなっていましたが、その後PayPay側が一方的に上限をたったの5万円に制限してしまい、現在は更に制限されて2万円となっています、これには騙された様な気がしています。

 さて実を言うと、PayPayで冷蔵庫を購入した時、その還元金でもうひとつ購入する計画がありました。
”ガスレンジ(ガステーブル)”です。
実を言うと冷蔵庫より先にガスレンジが故障していました。
これもかなり古い機械で、年末に私が使っていて、消火の為に押した『消火ボタン』が戻らなくなってしまいました。
ボタンガ戻らないとガスが止まらず、火が点いたままでどうしても消えません。
これには本当に焦りました。
しかしこれは何度もボタンを押ししたり引いたりしている内に戻ったので、無事に火は消えて一安心しました。

 このガスレンジは購入後丸8年が経過していることが分かりました。
NETで見るとこの手のガスレンジの耐用は一般的に10年程度となっていて残念ながら少し短かった様です。
火を使うガスレンジの故障は危険極まりないので、直ぐに買い換えることにしました。
そこで同じタイミングで故障した冷蔵庫と一緒に購入するつもりでいたところ、”PayPayキャンペーン”です。
ところが肝心の還元金は年明けの今月10日にならないと、受け取れないことが分かり、レンジの購入は遅らせる事にしてここまで持ち越しとなっていました。
 ガスレンジのボタンの故障の方は、その後も暫く調子が良くなかったのですが”シリコンスプレー”をボタン周りに噴射したら直りました・・・メカ部品の摩耗が原因だと思います。
お陰で正月中は特に問題も無く乗り切ることが出来ました。

  そんな訳で、還元金が入った翌日早速ガスレンジを購入してきました。
PayPayでは還元金が入らないトラブルも沢山あるのをNETで見たので、ポイントも早く使い切った方が得策だと考えたからです。(現在一方的に”システム停止”もありうる状況なので・・・不信感の塊です)
その購入で今回も10%を超えるポイントの還元金が付きました。(これは量販店独自キャンペーンの還元ポイントです)
これでは何れも”量販店の思うツボ”ですが、我が家としてはどうしても買わないといけない品々だったので、”お祭り”に無事便乗出来て大変ラッキーな結果となりました!!
同時にPayPayの残高を全て使い切って、ようやくホットしています。(ヤレヤレ!!)

 さて『PayPayは今後どうしようか・・・??』  一旦システムの問題が無い事が確認できるまで使用中止です!!


a-PayPay処理完了
<残高の無くなったPayPayのアプリ画面・・・バンザイ!>


2019.01.15
関連記事

風防室改良

 昨年末ベランダを利用して設置した”風防室”は想像以上に快適でした。
風防室の中はこの冬場でも、晴れた日は30℃を越えます。(曇りの日でも15℃位はあります)
外は北風で冷たくても中では”日向ぼっこ”が出来ます。
実際、中のベンチに座って仕事をしていても非常に快適な作業が出来るので、一部屋増設したようなお得感があります。

 ところでこの風防室もまだまだ不満があり、ここで改良を行いました。

 そのひとつが風による”バタつき音”です。
強い風が吹くとビニールシートが膨れてバタバタかなり大きい音を発し、シートが破れるのではないかとチョット心配がありました。

 これはビニールシートを張った枠が大きいので(2.8m×3.1m)、ピンと張ってあってもどうしてもタルミが出てしまいます。
これが風で膨らんで、音を発生させる原因となっています。
そこで枠の中に仕切りパイプを1本通して、シートを止める事にしました。

 一旦ビニールシートを止めている”パッカー”を外さないといけないのですが、ここでトラブルが起きました。
この外し作業には、以前に”マイナスドライバー”で自作した”パッカー外し”を使いましたが、工具の先端でビニールシートを傷つけてしまって、穴が開く事があります。(穴明きは透明梱包テープで補修します)

a-パッカー外し1
<前に自作した”パッカー外し”: 挿入時にビニールを破ってしまう>


そこで新たな”パッカー外し”を作りました。
今回の物はパッカーの外周を鋏む構造なので、シートを傷つける事が無く力も要らないので良好です。


a-パッカー外し2
<新しく自作した”パッカー外し”: 折れたバンドソーブレードと鉄パイプの端材を加工>


風防室第2弾 (1)
<補強が完成した風防室: 枠の中央に鉄パイプをネジ止め・・・バタバタ音はなくなりました>


 更にもう一つ不満がありました。
出入り口構造です。
この冬場の天気が悪い日には、北風が強いと”シャワーカーテン様の出入り口”では風圧でめくれてしまって、風の通路と化してしまいます。
これでは風防室を作った目的が半減してしまうので、ここを改良しました。

 風防室第2弾 (2)
<出入り口ドア: Φ19mm×5.5mの農用鉄パイプを折り曲げて枠作製>


 一本の農用鉄パイプを折り曲げて枠を作り、ビニールシートを張りました。
農用鉄パイプはそれ自体がジョイント機構(両端が雄雌のジョイント形状)になっているので、折り曲げだけで簡単に四角い枠が出来ました。(強度も十分です)
蝶番は薄い鉄板端材を切って作り、支柱に巻いてネジ止めし開閉出来る構造です。


 このドアのお蔭で少々の風なら中に吹き込むことが無くなり、本当に一部屋として完成です。(これを合わせても材料費合計、1万円弱で完成!)
風が入らなくなったお蔭で、朝の最低気温が-10℃の時でも、風防室内は-5℃でした。
又晴れた日には内部温度が更に上がって、これまでの最高気温は35.5℃を記録しました。

この風防室はもっと早く造るべきでしたね!!

a-最高温度
<これまでの風防室の最高気温: 中では”Tシャツ一枚”でも作業が出来ます?>

2019.01.10
関連記事

ベトナム旅行記(その5 / 総括・ベトナムの現状)

今朝TVを見ていたら”部分日食”だと言っていたので、早速見てみました。

a-ブログ
<部分日食: 溶接機の”遮光面”を使ってコンデジで撮影>

 溶接用遮光面を使って見上げると、既に上部が欠けている太陽が見えました。
この程度だと欠けているのに全く気が付きませんでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 さて何もやることが無い正月だったので、昨年のブログを読み返していました。
”ベトナム旅行記”を読み返していて、これはどうも”尻切れトンボ(注)”の様に感じたので、既に旅行記は最後として投稿してありましたが、本当に最後の最後、”総括”の位置づけで投稿します。(暇に任せてという事ですみません)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ベトナムから帰国してからも、スマホにベトナムのニュースが頻繁に届く様になりました。(これは明らかに何かの意図的な操作があると思われ、ちょっと気持ちが悪いです)

 それでもマメにこれを読むと、帰国直後からベトナム中で広範囲に渡って洪水も起きている事が分かりました。
改めて調べ直したら、ベトナム中部では雨期の中でも11月~12月が集中豪雨が特に多く、この時期は旅行は控えるのが賢明となていました。
我々が旅行中、全く雨に会わなかったのですが、これは極めて例外中の例外であることが分かりました。
本当に運が良かったと思います。(・・・知らないという事は恐ろしい!!)

  
 さて日本では以前から”ベトナム旅行”に人気が高いとみえて、海外旅行ランキングでは何時も上位にランクされていました。
又旅行で一緒になった海外旅行好きの人達からも、”ベトナムは良かった”という声が多かったのが、昨年末に行く事になった理由です。

 しかし今回の旅行実施結果からは、どうして人気なのか残念ながらイマイチ良く分かりませんでした。
この国は意外に観光資源に乏しい国だと感じました。(ハロン湾やフエ、ホイアンは別)
これは戦争による破壊の影響です。
アメリカは本当に酷い事をしたと思います。
同時に米国はその戦争の補償をこれまで全く行っていないという事実を知って改めて驚きました。(・・・知りませんでしたね)
これまでベトナムの戦後復旧を支援してきたのは、中国、インド、日本だそうです。
特に日本は、全土で多くの学校建設や枯葉剤で壊滅した山の再生(植林)で貢献していて、文化的な援助で貢献度が最も高く非常に感謝されているのを知り嬉しくなりました。

 それと今回の旅行中に、米軍の蒔いた”枯葉剤”の影響に関するニュースが流れていました。
枯葉剤を直接浴びた世代(これを第一世代)からこれまで第三世代(孫の世代)までに枯葉剤の影響(奇形児の出産だと思われます)があることが分かっていましたが、ここで初めて第四世代(ひ孫の世代)まで影響が出ていることが確認されたそうです。・・・酷い事です!!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて今回のベトナム旅行ではベトナム中、田舎でも都市部でも、観光地でも個人の庭でも、非常に綺麗でゴミが無く快適だったのには感心しました。
先進国でも道路沿いの植え込みや飲食店の店先にもゴミは必ずあるのですが、これがまずありませんでした。
店舗前や家の廻りを清掃している人を良く見ましたので、ベトナム人は日本人以上に綺麗好きだと思われます。
この辺が隣国のカンボジアとの大きな違いで、ベトナムはカンボジアと比較して多少生活に余裕があるのだと思います。(隣国のカンボジアが酷すぎか・・・?)
ベトナムでは「お前はカンボジア人か」と言うのが一番の侮辱言葉だそうです。(この真違は不明)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 又上にも書きましたが、現在ベトナムでは日本の支援で建てられた学校が多くあり、お陰で義務教育はほとんどの人は受けられる状況にあるそうです。
ところが学校は都市部でも二部制、地方では三部制の処もあるそうです。
子供が多く、学校の数が全く足りないのです。

 この国の子供の数はとにかく多い様です。
背景はベトナムは社会主義国ながら、社会補償制度が全く無い為です。
年金制度なし、医療保険制度なし、学校を卒業しても若い人の就職口がない、・・・・。
その為一家の生活は家族頼みで、特に長男に家族全員を養う責任がある事になっているそうです。(兄弟の教育費や小遣い、結婚式の費用も全て長男が出さないといけないので長男の責任は重大・・・長女ではダメ)
ですから、男の子が生まれるまで子供を産み続けないといけないのだそうです。(最終日の現地ガイドの御隣さんは、子供が19人居ると言っていました・・・?)

 又戦争の影響として、親がフランスやアメリカの軍属だった家庭では、孫の代まで影響があり、公務員(特権階級)になれない、会社の経営者になれない、職業も制限され、海外旅行にも出られない。(現地ガイドにはこのような境遇の人が多いそうです・・・当然日本に来た人はいないようです)
因みにベトナムで歩道を駐車場代わりにして車を停めている人は、全て公務員だそうです。(これが非常に多く観光にも非常に迷惑・・・役人天国、普通の人がやると罰金?)
最近”外国人研修制度”で日本に働きに来ているベトナム人が沢山居て、私の廻りの農村地帯でも多くのベトナム人が働いています。
これらの人達や海外旅行で日本に来る事の出来るベトナム人はベトナム国内では意外にも優遇されている一部の人たちだけの様です。


 さて当初ベトナム旅行は最初縦断旅行として全体をザット見て、次回都市別にじっくり巡りたいと思っていましたが、結果今回限りとなりそうです。
それはツアーなので表面だけしか見れなかった結果、観光資源が乏しいと思っているだけかもしれません。
新興国ですが何処に行っても清潔ですし、人も優しい人ばかりで問題はありませんでした。
又何処に行っても人が非常に多く、活気に溢れているのは今の日本では全く見られなくなった光景です、やはりこれから大きく発展する国だと思います。
多くの日本企業の進出も加速されている様で、今後が非常に楽しみな国です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(注)
”尻切れトンボ”という言葉で思い出しました。
ベトナムの陶器”バッチャン焼き”の絵柄にトンボがあります。
ベトナムの人は昔からトンボに特別な愛着を感じていたのだと思います。

トンボ バッチャン焼き
<バッチャン焼きのトンボの絵柄>


 ベトナムには昆虫は居ないそうです。
現地ガイドは「日本のガイドブックには、ベトナム旅行では”防虫剤は必須”と書かれているが、ベトナムには蚊もハエも、その他の虫もいません!!」と言っていました。(枯葉剤の影響です・・・「蛇も蛙いない」と言っていましたがこれはベトナム人が好き過ぎて食べ尽くしてしまった結果?)
実際その通りで、この旅行中、何処でも蚊やハエには会いませんでした。(快適でした?)
ただ世界遺産の”ミーソン遺跡”では、トンボや蝶に遇いました。
数は多くはありませんでしたが、そこそこ飛んでいました。
ようやく自然が再生されてきたという事でしょうか・・・?


2019.01.06
関連記事

タブレットのトラブル

 最初に購入したタブレットの調子がおかしくなってきました。
この現象は突然では無く、既に昨年の頭位から次第しだいに動きが悪くなっていました。
タッチパネルでの動作が緩慢だったり、反応が無い事があります。
この原因はタッチパネルの劣化(寿命)だと考えていました。

 又1ケ月位前から、インストールしてあるアプリの動きが悪くなるものがポツポツと出だしました。
そうしているうちにいままで問題無く動いていたアプリを立ち上げると、『データーの取得が出来ません』とか『このアプリはお使いになれません』との表示が出て、全く正常に動作しないアプリが続けて2個でました。
又久し振りに開くと既に全く動かないアプリやスクロールが極端に遅いアプリも沢山出てきました。
 最近は新たにアプリをインストールしようとすると『お使いのバージョンには対応していません』とか、”ストアー”でアプリを検索しても有るはずの目的のアプリそのものが表示されない事も多くあります。(本体のバージョンが古いと存在そのものも表示しない)


タブレット1号
<最初に購入したタブレット: 7インチ>


 この最初のタブレットは5年前の購入品です。
OSはAndroid4.2.です。
現在販売中のスマホやタブレットのOSはほとんどAndroid ver 6や7となっています。
バージョンアップすれば良いと考えて色々NETで調べましたが、タブレットの場合、OSのバージュンアップはパソコンと違ってほとんど出来ない事が分かりました。(スマホも同じ様です)
又最近は1回の充電での使用時間もかなり短くなってきたので、これはタブレットの寿命だと考えて、更新(再購入)の検討を開始しました。

 このタブレットはスマホの学習用として最初に購入した安物(中華製)でしたが、学習という範囲を超えて実践でも予想外に役立ちました。
以来奥さん専用で積極的に使用していますし、スマホもすんなり使えるようになったりで、価格以上の学習成果がありましたから、ここで廃却しても十分元は取ったと思います。

 そんな訳でタブレットの使用は諦めて、暫くスマホでNET検索していましたが、スマホは画面が小さいので、どうしても時間が掛かってストレスが溜まります。

 毎年の事ながら正月は何もする事が無いので、そのタブレットをいじっていた結果、ダメ元で”初期化”してみることにしました。(・・・タブレットはやはり捨てがたいです)
その結果、メールアカウント再設定や新規アプリのインストールが必要になりました。(これには結構時間が掛かりました)
再インストール出来たアプリのほとんどは古いVerに対応している物だけなので、ほぼ一新となりましたが、動きは回復しました。
タッチパネルの反応も問題ないので、タッチパネルの反応が鈍くなっていたのは、パネル寿命では無く、不要な大量のデーター等で、内部メモリーが喰われて処理が遅くなったいた為だと思われます。

 お蔭で再度タブレットが使える様になりました。・・・バンザイ
惜しいデーターも一部消えてしまったものがありますが、これから又再構築します。(・・・今年の初仕事です)

2019.01.03
関連記事

明けましておめでとうございます

 新年明けましておめでとうございます。
本年も相変わらず宜しくお願いします。



2019年賀状 ブログ用
<2019年 年賀状: 中国の剪紙(切り絵)による干支の”亥”ならぬ『豚』>


 今年は亥年ですね
アジア圏ではほとんどの国で干支を使っています
その中で日本以外の全ての国では、今年の干支は『豚』です (注)

 さて今年は年賀状を出していません。
ですからこの”ブログ年賀状”で失礼させていただきます。

 今年は”イノシシ年”、実を言うと日頃から”猿”や”イノシシ”被害に悩まされている身には、素直に年賀状を作る気にならなかったのです。
そしてたぶんこれを機会に来年以降も年賀状は出さないと思います。(・・・?)


2019.0101.

続きを読む

関連記事

1年間大変お世話になりました

 いよいよ2018年も大晦日です。
何時もの事ながら、あっという間の1年間でした。
今年もしっかり充実した1年間だったと思います。


 ここで年末恒例の『2018年我が家の重大ニュース』を投稿します。
”十大ニュース”ではありません。(ウェイト付けはしてありません)

 詳細は都度ブログに投稿してありますので興味があればご確認ください。(一部未投稿もあります・・・今後投稿があるかも?)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<旅行>
・ベルギー・オランダ旅行実施(4月)

オランダ キュヘンホフ公園
<オランダ・キューヘンホフ公園: 4月>

・岩手旅行実施 ・・・初レンタカー利用(6月)
・ベトナム旅行実施(11月)
■(総括): 今年は国内、海外含め良い旅行ができました。 来年も出来るだけ旅に出たいと思っています。

<DIY>
・蛇籠自作 ・・・石垣造り実施

自作蛇籠
<自作蛇籠>

・日除け/風防室設置 (自宅及び知人宅)
・イブリガッコ製造器(発煙炉)製作・・・イブリガッコ20kg漬け込み
■今年は中々有用な設備や装置を造ることが出来たと思いますが、木工からは大分遠ざかってしまった1年でした。


<IT>
・ガラケイ解約(2台) ⇒ 格安スマホ購入(2台) ・・・便利、やはりこれからはスマホですね!
・スマホ+海外SIM使用(ベルギー・オランダ/ベトナム)
■格安スマホデビュー元年です。・・・多いに活用させて貰いました。料金もガラケイの時より安くなり、これは便利です。


<農業・園芸>
・初めて白菜栽培実施
・耕作放棄地を開墾してインゲン栽培(在来種で半年間連続で収穫出来ました)
・玉ネギ(長ネギ)苗作り実施・・・出来は?
・キウイ人工受粉・摘果で初めて大量収穫・・・ 28kg
・市販電柵電源新規購入でクレーム騒動勃発・・・まだフィールドテスト中
■今年は意欲的な栽培の取り組みと、それなりの成果を得られたと思います。


<山登り>
・山岳会の登山参加年間2件のみ(過去最低の参加率)・・・ 国内・海外旅行の反動

大姥山の大穴
<今年登った大町市の大姥山の”大穴”: 10月>

・山岳会60周年記念誌自作(原稿~印刷~製本まで実施)
・スマホの登山アプリ(YAMAP)利用で有効性確認(ルート捜索/遭難防止等)
■体力的な面もあり、山登りは来年以降中々厳しくなると思われますが、無理せずボツボツやります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◇1年間、ブログのご愛読ありがとうございました。
 また来年も宜しくお願いします。


 今年もこれから恒例の”年越し蕎麦”を打ちます。(何時もの”ボクチ蕎麦”です)
年末にご近所の方から、蕎麦粉を頂きました。(この粉あっての年越し蕎麦です)
今年の蕎麦打ちはこれを含めてもたったの2度きりです。・・・全く腕に自信がありませんがどうなりますか?

 そいれでは良いお年をお迎えください!!


2018.12.31
関連記事

風防室設置

 今年の夏は、暑さに耐え切れず、これまで40年近く必要としなかった”日除け”を初めて設置しました。
ベランダを利用して設置した日除けですが、その設計時冬場には”風防室”としても利用出来る様に考慮した設計をしてありました。


a-夏の日除け
<今年夏に設置した”日除け”: 風防室も基本構造は同じ>


 日除けシートの代わりに”ビニールシート”を張るだけだと、風防室としては側面から風が吹き込んで寒さ対策としては不十分です。
その為側面をビニールシートで覆う事が出来るように追加工事を行い、”風防室にしました。
ただ不定期ながらプロパンガスボンベの交換や、水道メーターの検針等でここを通る必要がある人が居るので、両側面部は固定せず出入り出来る様にしてあります。



自宅 風防室 (2)
<新設した”風防室”(6m×3m×1.2m): 文字無しのビニールシートを探すのに苦労しました>


自宅 風防室 (1)
<出入り口: ”シャワーカーテン”と同じ構造・・・イマイチなので、その内改良します>


 基本構造は、昨年知人宅や自宅に日除けを設置した時の”農用鉄パイプ(Φ19mm)”を使った物です。
ベランダの支柱に農用鉄パイプをネジ止めした枠に農業ハウス用のビニールシートを被せて、”パッカー”でパイプに嵌め込んで固定します。
”ビニールハウス”と全く同じ資材を使って、平面的に作りました。


 完成した”風防室”の中の温度は、晴れた日には30℃を軽く超える日があります、又曇りの日でも昼間は20℃前後ありますので中々のものです。
ですから寒い日に外に出入りする時にも、”温度ショック”をほとんど感じません。
奥さんは「天気の心配をせずに洗濯物が干せるし、乾きが早いのでありがたい。」と言っています。(確かに!)


 さてここで使った”透明ビニールシート”ですが、購入時に全面に”白い粉”が付いていました。
これは”コーンスターチ”だそうです。
折りたたんであるので、シート同士が貼り付かないように塗布されています。
人畜無害ですが、外観が悪いし、服がシートに触れると真っ白になって大変です。

 そこで洗車ブラシで水洗いしてみました。
ところが乾くと拭き痕がくっきり筋状に残って、やる前より一層見苦しく見えます。
 仕方ないのでもう一度、水を掛けながら洗車ブラシで洗ってから、綺麗な雑巾で丁寧に拭いてみました。
ところが今度も乾くと全く綺麗になっていないどころか、全体が真っ白な”すりガラス状態”で、外の景色も良く見えません。
何もしなかった時の方がよっぽど綺麗に見えました。
 これはどうも、しっかり乾かしてから柔らかいホウキなどで履き落とすしかなさそうです。・・・(トホホッ!!)

 製品の説明文には、「張っておくと自然に落ちます。」とは書いてありましたが・・・ 

2018.12.28
関連記事

本年度の農作業終了

 ここで畑に残っていた野沢菜と白菜、ゴボウ、里芋の収穫を行い、本年度の農作業は全て終了です。(例年より相当遅い収穫です・・・暖冬なので出来た事です)
本当は最後に野菜クズの始末や、マルチの片付け、来年度の準備でトラクターで畑の耕うんをすればよいのですが、”霜柱”の為、一輪車もタイヤに泥が詰まって動かなくなったり、そもそも畑の中を歩くのも大変なので、止めました。


ハクサイ収穫
<収穫した白菜: 定植時期が遅すぎたのでサイズが小さい・・・種蒔時期等、来年への反省材料です>

 これで今年の農作業は全て終了となるので、全ての機械からガソリンの抜き取り作業を行いました。
以前は使ったまま冬越したり、農機具販売店の勧めで”水抜き剤”なども使っていましたが、イマイチでした。
特にトラクターは春先の調子が毎年悪かったのですが、昨年この抜き取り作業を行ったところ春の農作業開始時から機械の調子が良くなりましたので、今年も全ての機械で実施する事にしました。(トラクタ、管理機、刈払い機、チェンソー)


 さて今年は猿被害にもほとんど遇わず、栽培した作物はほぼ全部収穫することが出来ました。(・・・出来、不出来は別です??)
ご近所では相変わらず猿被害がある中、我が家がほとんど被害無しだったのは電気柵のお陰ということに尽きます。
ただこの電気柵も今年で造ってから丸5年を迎え、木製支柱が腐ってきていて、ところどころ傾きが出てきました。
猿が登るとその重さで折れる危険性が高いので、来年は全面的に電気柵を更新する予定です。

 尚今年春先購入してクレーム騒ぎがあった市販の電柵電源ですが、設置後これまでは問題無く稼働しています。(それでもまだ3ヶ月経過しただけですが)
今は電柵内には何も作物はありませんが、このまま冬中24H稼働させて不具合を起こさないか様子を見るつもりです。
冬場は1カ月に1度位しか畑の見回りはしないですが、状況は都度報告させていただきます。

2018.12.21
関連記事

冷蔵庫故障

 ここで冷蔵庫が壊れ、新品を購入しました。

壊れた冷蔵庫
<故障した23年前の冷蔵庫>


 少し前から冷蔵庫の動作音(コンプレッサーの音)がおかしくなってきていました。
ところが1週間位前から、コンプレッサの始動、停止の度に、”ゴツン、ゴツン”と大きな音を発して驚く事がありました。
これは何時壊れてもおかしくない状態だと思います。
そこで急遽、量販店に行って新しい冷蔵庫を調達してきました。

 今回具合が悪くなった冷蔵庫は、我が家としては2台目ですが調べてみると丸23年間経過していました。(これは恐ろしい事です・・・持ち過ぎ)
昔の機械なので前々から消費電力を計算すると、最新の冷蔵庫に更新した方が良いことはわかっていましたが、冷蔵、冷凍能力の劣化も無く、容量的にも不満は無かったのでここまで来てしまっていました。

 新しい冷蔵庫を購入するに当たり、以下を選考基準としました。
  ①電気料金半減(これが最重点ポイント) :消費電力<現>708kwh/年  → <新>現行の半分350kwh以下
  ②メーカは国産:国産の方が耐用が長い?(これまでの2台はいずれもP社:1台目15年、2台目23年の耐用でした)
  ③容量は同等以上: <現>430リットル 
  ④サイズ:幅68cm以下(現在のスペースに置けること)
  ⑤値段:出来るだけ安く!!

上記基準でじっくり選考した結果(店での検討時間30分・・・ほぼ即決)、国産のH社となりました。
P社も同等の性能でしたが、値段は高く、納期が年明けとなるとの事で却下となりました。(今は冷蔵庫のシーズンでは無く在庫無し・・・壊れやすいのは夏に入りたてでフル稼働になる時とのこと)

 この結果、
 ・容量 :<現>430㍑ → <新>520㍑
 ・サイズ:現有品より幅が狭い65cm(高さは10cmアップ)
 ・消費電力:<現>708kwh/年(¥15,000(概算))→<新>省エネ(5★):239kwh(電気料金¥6500/年:カタログデータ)
 ・23年前の冷蔵庫とほぼ同じサイズながら、容量は90リットルアップ、電力量では1/3です。 
  断熱材の性能が上がったり、制御方法が向上した結果だと思いますが、それにしてもこの23年間の進化は驚異的だと思います。 

新規冷蔵庫
<新規購入した冷蔵庫: 結構スリムです>


 今回出来るだけ安く購入したいと思って、色々検討した結果、支払いに今話題の”PAYPAY”を使いました。
TV・CMで”100億円あげちゃうキャンペーン”が流れていて、NETを見るとあと数日で終了見込みとの書き込みもあったので、早速スマホにインストールして使ってみました。
結果的に購入はキャンペーンの最終日となった日でしたが、私の場合全く問題無く支払いが出来、加えて20%のポイント還元となりました。(10万円の”当たり還元”とはならず残念)
お陰で、量販店のポイントと合わせて5万円強のポイントゲットです。(このキャンペーン初期に壊れたお蔭・・・ベトナム旅行で運を使い果たしたと思ったのですが、まだ運が残っていたようです)


 さて今回購入した冷蔵庫の保証期間は量販店の保証も付いて11年間です。
今回壊れた冷蔵庫の23年は持たないとしても、15年位は持って欲しいと思っています。
仮に15年持てば現有機との電気料金の差額だけでも13万円弱なので、ほぼほぼ良い買い物が出来たのではないかと納得です。(ほぼ投資金額0円?)

  今回古い冷蔵庫から新しい冷蔵庫へ中身をそっくり移し替えましたが、昔放り込んだままで忘れていた物も沢山ありお陰でスッキリ整理ができました。
ただこの新しい冷蔵庫を設置してから、ひとつ予想外の困りごとに気が付きました。
正面ドアにマグネットが貼り付かないのです。(プラスチック製の為・・・側面はOK)
その為、国内旅行、海外外旅行で購入した記念の”マグネット”を貼り付けられません。(・・・キッチンタイマーが貼り付かない方が大問題なのですが)
今後この改善策の検討が必要になりました。


 尚自宅には、同じく23年の耐用を迎える洗濯機があります。(同じP社製)
前回もどちらが先に壊れたか忘れましたが、冷蔵庫とほぼ同時期に前後して壊れて購入しています。
現在全く異常は無いのですが、こちらも近々壊れるのではないかと少々心配があります。・・・??


2018.12.15
関連記事

鼠被害

 今朝は今季の最低気温だそうです。
しかし我が家の温度計の記録では、-1.4℃でまだまだたいしたことはありません。
それでも雪が降る前にやっておきたいと、午前中に車のタイヤを”スタッドレスタイヤ”に交換をしました。


 それが終わったら、今度は”鼠被害”を見つけました。
『生ゴミ堆肥製造機』が鼠に齧られました。
何時もの年なら連日最低気温がマイナス数℃になっていて、内部は凍り付いて使えないのですが、今年は温かいので相変わらず使い続けていました。


生ごみ処理機鼠被害 (1)

生ごみ処理機鼠被害 (2)

<被害を受けた”生ごみ堆肥製造機”>


 鼠が生ゴミ堆肥製造機に入って容器が齧られるのはこれで4回目位だと思います。(毎年1回位被害があります)
どうも鼠は堆肥製造機の中にいる”ミミズ”を狙っているようです。
入り口の掛け金をしっかり閉めて置けば良かったのですが、最近はメンドクサイので閉めずにいたので隙間があり入り込まれた様です。
鼠にやられるのは何時もこのいい加減な対応の間隙を突かれている様な気がします。


この対策としては、とりあえず”消石灰(粉)”を大量に投入しておきました。

生ごみ処理機鼠被害 (3)



 恒久対策としては、入り口に”トタン”を巻きつけてかじられないように補強しないといけないと思っていますが、これは今日タイヤ交換で疲れたので後日やる事にしました。


2018.12.10
関連記事